• B!
  • twitter
  • facebook

2016.12.13更新

FX口座開設

外貨ジャパンを選んだ理由と背景

FX会社
ドル円
スプレッド
取引
単位
5月
キャンペーン
詳細
GMOクリック証券
0.3銭
(原則固定)
10,000通貨
最大30,000円
詳細
DMMFX
0.3銭
(原則固定)
10,000通貨
最大20,000円
詳細
ヒロセ通商
0.3銭
(原則固定)
1,000通貨
最大10,000円
詳細
初心者に1番オススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高5年連続世界第1位(2012年1月~2016年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

取引コストを抑えるならDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準&スプレッドの安定性も高い

30代前半の女です。数か月前はOLでしたが現在フリーランスで仕事をしています。FXを開始したのは約3年前ですが、デモ取引や取引休止期間もあったので実質的には2年くらいの計算になります。開設当時は土日休み、夜も時間があまり取れなかったため取引方法が中期トレードに偏っていましたので、取引に関わった時間だけを見るともっと少ないと思います。
OL時代のお給料はそこそこだったのですが、いずれフリーランスになりたいと考えていたので、リスクはあるものの時間や場所に縛られることなくお金を稼げる可能性があるFXに興味があり、口座開設をしました。

最初に口座開設したのは3年前で外為ジャパンを選びましたが、口座を開設する前にデモ取引でお世話になった事が一番の大きな理由です。知識が全くなく初心者だった当時の私は、いきなりお金を使って取引することに大きなリスクを感じていました。そのリスクを少しでも減らすために最初デモ取引で半年間くらい取引を練習し勉強してから、実際に口座開設をしてお金を運用するという手順を踏みました。
今では取り扱う会社も増えてきましたが、当時デモ取引を扱っている会社は意外と少なく、更に外出していても取引できるようメイン携帯で使っていたiphoneに対応している会社を絞り込んだ結果、2社しか見つかりませんでした。逆に少なかったことで会社選びは迷わず助かりましたが、両方の取引ツールを使ってみて使い勝手が良かった外貨ジャパンを結果的にメイン口座として選ぶことにしました。
最近口座を開設したSBI証券とDMMFXは、キャッシュバックキャンペーンがあったことも大きな要因ですが、他のFX口座の使い勝手や手数料(スプレッド)の違いを試してみたくなったことも理由の一つです。

口座開設ですが、ネット上で個人情報を入力して申し込みをする作業は数10分で終わりました。入力が終わった後に身分証明書を送付をするのですが、到着した後1~2日で審査が完了し、数日中に口座番号とパスワードが郵送されてきました。開設時の手順は3社ともあまり変わりませんでしたので、他のFX会社も同じような方法だと思います。
3社共通して良かったことは、身分証明書の送付がメール送信やネット上でのアップロードで済み、紙の書類を送らなくても口座開設できたので、切手代やFAX料金など余計なお金が掛からなかったことや、FX会社に受領してもらえたかどうかすぐに確認できたことです。
逆にちょっと躊躇したのが、2016年からマイナンバーの提示が義務付けられているので最近開設した2社はマイナンバー入りの書類を必ず送付しなければいけなかったのですが、他人にバレると危険な番号なので、メール送信時は送り先は本当に合っているか、データ送信時は詐欺サイトではないか何度も確認をしてから送信しなければいけない緊張感がありました。

マイナンバー入りの書類は、手元に個人番号カードか通知カードがあれば良いのですが、なければ個人番号付きの住民票を役所に行ってもらわなければいけません。私の場合は諸事情があって後者だったので役所に出向きました。
通常の住民票はマイナンバーを記載しない為、マイナンバー付きの住民票申請である事を伝えるのがポイントでした。申請時に防犯上の理由で取得理由を聞かれましたが、FX口座開設に必要だと伝えたらすんなりともらうことができましたので、申請時に間違えなければ特に問題はないと思います。
マイナンバー付き住民票の場合は、免許証や保険証、住民基本台帳カードなど他の身分証明書の提出も併せて必要になりましたが、個人番号カードがあればこの1点を提出すればOKのようです。FX会社によって提出書類が違うかもしれませんので、開設前に会社のHPを一度確認してみることをおすすめします。

各会社で良く口座開設キャンペーンが実施されていますが、3社ともキャッシュバックキャンペーンが適用されるタイミングだったので利用しました。口座開設時の初回入金額や取引数量によってキャッシュバックの金額が変わるシステムだったのですが、その取引で損をしたら元も子もないので、無理なく可能な限りの取引量を実行しキャッシュバックして頂きました。受け取り方法は自分のFX口座に金額が上乗せされる形式だったので、そのまま取引に利用したり、まとまった金額と併せて引き下ろしたりしました。

現在使っている外貨ジャパンは、デモ取引が口座開設前にできたこと、身分証明書がネット上でアップロードできたこと、取引ツールの使い勝手や手数料の低さなど現在不満が見当たらない点から、個人的にはお気に入りの会社になっています。
最近開設した2社と比較している最中なので、これから使い勝手や手数料などで差が出てくるかもしれませんが、最も重視しなければいけないのは「自分の利益に結びつく取引ができる会社かどうか」だと思っています。
私は今も中期トレード派なので、外貨ジャパンのようなチャートの操作性やカスタマイズの幅広さは助かりますし、自分のトレードとの相性が良いので気に入っています。そしてその点が確実に利益に結びついているので、今後比較する際もその点を重視して選んでいくことは間違いないと思います。

Pocket

FX会社
ドル円
スプレッド
取引
単位
5月
キャンペーン
詳細
GMOクリック証券
0.3銭
(原則固定)
10,000通貨
最大30,000円
GMOクリック証券の詳細
DMMFX
0.3銭
(原則固定)
10,000通貨
最大20,000円
DMMFXの詳細
ヒロセ通商
0.3銭
(原則固定)
1,000通貨
最大10,000円
ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン
0.3銭
(原則固定)
1,000通貨
最大20,000円
外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券
0.3銭
(原則固定)
5,000通貨*
最大10,000円
インヴァスト証券の詳細
YJFX!
0.3銭
(原則固定)
1,000通貨
最大27,000円
YJFX!の詳細
マネーパートナーズ
0.3銭
(原則固定)
1,000通貨
最大10,000円
マネーパートナーズの詳細
初心者に1番オススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高5年連続世界第1位(2012年1月~2016年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

取引コストを抑えるならDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの安定性も高い

* 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載会社一覧

GMOクリック証券

DMMFX

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • GMOクリック証券
  • DMMFX
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
ページトップ