• B!
  • twitter
  • facebook

2016.11.17更新

通貨単位

1000通貨でFXを始める為の基礎知識と1000通貨単位対応のFX業者5社比較

content-252
キャッシュバックキャンペーン
GMOクリック証券 最大25,000円 GMOクリック証券の詳細
DMMFX 最大20,000円 DMMFXの詳細
ヒロセ通商 最大12,000円 ヒロセ通商の詳細
※新規口座開設かつドル/円通貨ペアで取引した場合

1,000通貨の総合力で選ぶならヒロセ通商

ヒロセ通商

  • 低スプレッドで約定率99%。低コストで取引が可能
  • 毎月開催されるキャッシュバックキャンペーン

1,000通貨取引が出来る事以外にもキャッシュバックや約定率、チャート(Lionfx)など総合力がかなり高い老舗のFX業者。取引できる通貨ペアも多く、総合力は全FX業者の中でも高いので、1,000通貨取引を1つのFX業者のみで取引する人はこちら。

ヒロセ通商公式HP

1,000通貨でFXを始める際の必要な資金や1000通貨で取引するメリットの基礎知識から、1,000通貨単位の取引に対応しているFX業者をスプレッドやアプリなどのサービスを徹底比較し、最適のFX業者を紹介しています。これから少額でFXを始めようと思っている人にはこの1ページで1,000通貨のすべてが分かります。

このページのメニュー

FXの1,000通貨取引とは?どれぐらいの資金で始められる?1000通貨の基礎知識

FXの1000通貨取引に必要な資金

FXは各国の通貨を取引するものであり、1通貨というのはその国の通貨単位になります。

日本円だったら1円、アメリカドルだったら1ドルといった感じですね。

つまり、1000通貨単位というのは、米ドルだったら1,000ドル単位(1ドル100円なら10万円)から取引ができますよ!という事になります。

計算をすると逆にややこしくなってしまいますが、単純に考えるならば、1万通貨単位での取引がFXでは主流ですが、その10分の1の単位で取引が出来る。=少ない資金でもFX取引が出来ますよ。という事です。

1,000通貨取引って実際はいくらの資金で出来るの?

FX業者によって多少の違いはありますが、1万円あれば大体どのFX業者でも取引を始める事が出来ます。ただし、初回入金額に指定があるところはその額がそのFX業者で始める為に必要な資金になりますので、少し注意が必要です。

1,000通貨単位の取引を行うにあたって最低資金額が決まる要素は大きく分けて2つあります。

1.FX業者が決める初回入金額
2.取引する通貨のレート

1.FX業者が決める初回入金額

1,000通貨取引に関係なくFX業者には初回入金額という口座開設をする為に○○万円を入金しないと口座開設できません。という決まりがあるFX業者もあります。(初回入金額に指定がないFX業者も多々あります)

各FX業者の初回入金の指定は「指定なし~5万円」となっています。1,000通貨単位の取引をするにしても、強制ロスカットなどのリスクを考えると3万~5万円は資金を考えておく必要があるため、初回入金はそれほど気にしなくてもいいかもしれません。

2.取引する通貨のレート

初回入金額の指定ない場合、この取引する通貨のレートで1,000通貨で取引する為に必要な証拠金が決まります。

ただし通貨のレートは常に変動しますし、取引する通貨によってレートが違うため、必要な資金というのは常に変動します。それを前提にある程度の余裕を持った資金を用意する必要があります。

ここは全てのFX業者同じで、取引レートから算出した1000通貨分の4%の証拠金があればOKという事になります。

例えばドル/円のレートが100円だった場合

1,000通貨=1000ドル=10万円

レバレッジが25倍までかけられるので

10万円÷25=4,000円(10万円の4%)

という事になります。

ただし、この計算で出せるのは証拠金の最低ラインのため、この額では1円程度の変動で強制ロスカットされてしまいますので、リスクを低くするためには最低証拠金の5倍~10倍程度の資金で運用するのがいいでしょう。

1000通貨取引の資金はいくら必要

1,000通貨で取引するメリット。為替変動リスクが小さい

上記では必要な資金が10分の1というお話をしましたが、為替の変動リスクも1,000通貨単位は1万通貨単位の10分の1となります。利益も10分の1となりますが・・・。

実際にチャートを使って1,000通貨取引と1万通貨取引の資金の差を見ていきましょう。

※米ドル/円を77円、売りで取引した場合(ヒロセ通商のチャートを使っています。)

1万通貨で取引した場合

1万通貨で取引した場合の損益

1,000通貨で取引した場合

1,000通貨で取引した場合の損益

このように同じ売買をしていても通貨単位が違うだけでここまで損益の差が出てきます。

FXのサイトや書籍でも書かれている事がありますが、FXで勝つ為に最初に大事なことは「相場から退場しないこと」です。

今ではこうやってFXのサイトを作っている管理人もFXを始めた頃に3ヶ月で200万円を無くした経験があります(汗

FX初心者の頃はなぜか儲けられるという根拠のない自信があり、今思えばむちゃな取引を繰り返していたので当然と言えば当然なんですが、FXをしている人の多くは同じ事を何故かしてしまうので、是非練習のつもりで1,000通貨取引をして頂けたらと思います。

1,000通貨取引のFXを始める際の口座選び、3つのポイント

ここからは、1,000通貨でFX取引を始める時に使うFX業者をどうやって選ぶのがいいのかを解説していきます。1,000通貨に限った事ではないですが、FX業者によって手数料やスプレッド、そのほかのサービスなどいろいろな違いがありますので、解説していきます。

1,000通貨単位の取引が出来るFX業者を選ぶ。

FX業者の半数近くは最低取引単位を1万通貨に設定しているため、1,000通貨というのは、通常の単位より少ない通貨量の取引が可能なFX業者という事になり、少ない資金でも始められます。

一昔前までは1,000通貨単位の取引に対応したFX業者はそこまで多くなく、さらに手数料もかかってしまっていましたが、2011年8月のレバレッジ規制もあり少額資金での取引の需要も増えたことから、今では半数以上のFX業者が1,000通貨取引可能になり、手数料も無料になった事で以前より1000通貨単位での取引環境は大幅に良くなりました。

取引環境は大幅に良くなりましたが、全てのFX業者が1000通貨取引に対応しているわけではないので、1000通貨取引を始める際は、対応しているFX会社のなかから口座を選びましょう。

スプレッドが狭いFX業者。

一部のFX業者を除けば、1,000通貨取引も手数料は無料のため、取引コストを一番下げるためにはスプレッドの狭いFX業者を選ぶことを一番重要視したい。GMOクリック証券やDMMFXのようにスプレッドがTOPクラスのFX業者は1,000通貨単位に対応していない会社も多いので1,000通貨対応のFX業者のみで比較する必要があります。

初回入金額が少ないFX会社。

口座開設をする際に初回に入金しなければいけないFX業者もあります。10万円以下の資金で始めようと思っている人は、初回入金で10万円以上必要なFX業者もありますので、注意してください。

1000通貨単位の取引が出来るFX業者一覧


FX業者 取引手数料 初回入金額 平均スプレッド
ランキング※
詳細
ヒロセ通商 無料 \10000 04位 詳細
外為ジャパン 無料 \0 04位 詳細
YJFX! 無料 \0 06位 詳細
フォレックス・ドットコム 無料 \30000 09位 詳細
みんなのFX 無料 \0 10位 詳細

上の表が1,000通貨単位の取引が可能なFX業者の一覧になります。

ここでは先ほど3つのポイントでお話しした、「2.スプレッドの狭さ」、「3.初回入金額」の2つの項目を見ながら各FX会社を比較していきます。

1.スプレッドの狭さ

上の表ではFXCUBE独自の基準「平均スプレッドランキング」を使っています。(平均スプレッドランキングとは主要10通貨ペアのスプレッドを平均し、ランキングにしたものです。)

表を見ていただくと分かる通り、ヒロセ通商外為ジャパンがこの中で1番スプレッドが狭いということがわかります。

YJFX!位とヒロセ通商・外為ジャパンに続きスプレッドは狭いですが、手数料がかかるため取引コストで見るとヒロセ通商と外為ジャパンに劣ります。

2.初回入金の金額

続いて初回入金の額ですが、0円~10万円とFX業者によって差があります。

スプレッドの狭いヒロセ通商は初回入金が1万円、外為ジャパンは0円ですが、「1,000通貨取引って実際はいくらの資金で出来るの?」の項目でもお話したとおり取引をするなら1万円は必要になってきますので、気にする必要はありません。

つまり、FXを1,000通貨で取引するなら、ヒロセ通商か外為ジャパンのどちらかが1,000通貨取引の最適の口座となります。

スプレッドの平均値では差がないため、ここからはヒロセ通商と外為ジャパンの2社に絞ってどちらのほうが1,000通貨取引に最適かを詳しく比較していきます。

1,000通貨単位の取引、ヒロセ通商と外為ジャパンはどっちがいいのか?

どちらのFX業者もスプレッドはTOPクラスですが、主要通貨ペア(USD/JPY・EUR/JPY・GBP/JPY)は外為ジャパン、それ以外の通貨はヒロセ通商とスプレッドの中でも通貨ペアによって変わってくる部分と、とにかく主要通貨ペアのスプレッド重視の外為ジャパンと比べヒロセはチャートやiPhoneアプリなどサービス面でも強くバランスが取れているという違いがあります。

それではここから2つのFX業者を細かく比較していきます。

1,000通貨のスプレッドの比較

項目名 外為ジャパン ヒロセ通商
スプレッド ドル/円 0.3銭(原則固定) 01位  04位
ユーロ/円 0.7銭(原則固定) 02位
 06位
ポンド/円 1.2銭(原則固定) 01位  04位
豪ドル/円 1.2銭(原則固定) 03位  03位
NZドル/円 1.8銭(原則固定)
 03位

 01位
カナダドル/円 2.4銭(原則固定)
 06位
 01位
スイスフラン/円 2.4銭(原則固定)
 04位
 01位
南アランド/円 1.9銭(原則固定)
 02位
 01位
ユーロ/ドル 0.6pips(原則固定) 02位
 05位
ポンド/ドル 1.5pips(原則固定)
 03位
 02位

外為ジャパンとヒロセ通商のスプレッドで見てみると、主要通貨の中でも取引量が多い通貨ペア「ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、ユーロ/ドル」では外為ジャパンのほうがスプレッドが狭く、それ以外の通貨ペアではヒロセ通商の方がスプレッドが狭い形になっています。

とにかく主要通貨ペアでスプレッドの狭いFX業者で1,000通貨取引を!という人は外為ジャパンがおすすめ。外為ジャパンはDMMFX参加のFX業者なので、スプレッドに関しては今後もずっとFX業界TOPの水準で続くでしょう。

その他のスペックで比較(通貨ペア・チャート・信託保全等)

項目名 外為ジャパン ヒロセ通商
通貨ペア数 15通貨ペア 50通貨ペア
約定率 不明 99.9%以上
テクニカル 12種類 29種類
時間足 15種類 13種類
バイナリーオプション ×
無料オンラインセミナー ×
クイック入金対応銀行数 370銀行 380銀行
信託保全先が複数ある ×
自己資本規制比率 ×
デモトレードあり ×
初回入金 指定なし 10,000円
Mac対応
キャッシュバックキャンペーン
レートアラート機能
iPhone 注文方法 6種類 9種類
テクニカル 7種類 12種類
時間足 8種類 13種類
iPad 注文方法 6種類 9種類
テクニカル 7種類 12種類
時間足 8種類 16種類
android 注文方法 6種類 6種類
テクニカル 7種類 12種類
時間足 8種類 14種類

上記の表からも分かりますが、外為ジャパンのメリットは主要通貨のドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、ユーロ/ドルのスプレッドがヒロセ通商より狭い。

逆にヒロセ通商のメリットは主要スプレッド以外は外為ジャパンよりスペックが高くバランスがいい。という事になります。

つまり

チャートなどのツールは既に使っているFX業者やツールなどがあり、1,000通貨の取引をとにかく低コストでやりたい!という人は外為ジャパン。1つのFX業者だけでチャートなども含め1,000通貨取引をしたい場合はヒロセ通商を選ぶという形が良いでしょう。

1,000通貨の総合力で選ぶならヒロセ通商

ヒロセ通商

  • 低スプレッドで約定率99%。低コストで取引が可能
  • 毎月開催されるキャッシュバックキャンペーン

1,000通貨取引が出来る事以外にもキャッシュバックや約定率、チャート(Lionfx)など総合力がかなり高い老舗のFX業者。取引できる通貨ペアも多く、総合力は全FX業者の中でも高いので、1,000通貨取引を1つのFX業者のみで取引する人はこちら。

ヒロセ通商公式HP

1,000通貨のスプレッドで選ぶなら外為ジャパン

外為ジャパン

  • 主要通貨ペアのスプレッドは業界TOPクラス
  • 信託保全も複数、自己資本規制比率も高い

主要取引通貨のスプレッドは業界TOPクラス。1,000通貨取引をとにかく低コストでやりたいという人は外為ジャパン。ただし、チャート機能やその他のサービスはイマイチなので、取引専用口座として1,000通貨取引をする人にオススメ

外為ジャパン公式HP

Pocket

掲載会社一覧

GMOクリック証券

DMMFX

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • フォレックス.com
  • バイナリーオプションなら みんなのFX
  • ひまわり証券
  • GMOクリック証券
  • DMMFX
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • フォレックス.com
  • みんなのFX
  • ひまわり証券
ページトップ