• B!
  • twitter
  • facebook

2016.12.09更新

FXの始め方

FXを始める前に絶対知っておきたい4つのリスクと回避法

キャッシュバックキャンペーン
GMOクリック証券 最大25,000円 GMOクリック証券の詳細
DMMFX 最大20,000円 DMMFXの詳細
ヒロセ通商 最大12,000円 ヒロセ通商の詳細
※新規口座開設かつドル/円通貨ペアで取引した場合

為替相場の変動リスク

 常に為替の相場は変動しています。様々な要因によって変動していますし、時には大きくレートが動きます。FX取引を行っていれば自分の持っているポジションと反対の方向に動いて含み損を抱える事があります。特に高いレバレッジでエントリーした場合、わずかな為替変動でも大きな含み損を抱えてしまう可能性があります。

 為替変動リスクをコントロールするには、なるだけ低いレバレッジで運用するとよいでしょう。資金の何倍もの取引を行えるFXですので、為替の動きの予想だけでなく取引する際にはどれぐらい動いても資金的には大丈夫なのかを予め把握した上で取引するのが重要です。

金利変動リスク

 為替相場の変動ほどのリスクではありませんが、長期投資としても人気の高いスワップ金利を受け取ることを目的としてトレードしている人はこのリスクは少し考えておかなければいけません。

 スワップ金利は各国の金利の差を受け取るというシステムなので、その国の金利の変動が直接影響します。現在の日本は超低金利なので、どの国の通貨を購入してもスワップ金利は基本的には「受け取れる」状態ですが、この状況がいつ反転するかは誰も分かりません。日本の金利が上がり、ポジションを持っている国の金利が日本より低くなった場合は今までスワップ金利を受け取っていたものが逆に支払わなければいけなくなってしまいます。

 経済関連オニュースをチェックするなどして、各国の金利動向を意識しておく必要があります。

システムリスク

 FXの取引はFX業者を介して行うため、FX業者のシステムに障害がおこると新規注文や決済注文が出来なくなってしまうリスクがあります。また、インターネット回線やPCの動作が不安定だと狙っていたタイミングで決済注文ができないケースが起こり得ります。

 新規の注文が出来ない場合はチャンスを逃しても資金が減ることはありませんが、決済ができなくなってしまうと本来は利益が出ていたものが逆に損失が出てしまったり、損失がさらに膨らんでしまう可能性があるので要注意です。

 信頼できるFX業者を使う事と動作の安定したインターネット環境を利用することである程度回避可能です。

スリッページのリスク

 経済指標の発表などレートが大きく動いている時に注文をすると起こりやすいのがこのスリッページ。90円で新規買注文を入れたのに、レートが短時間で大きく変動し、実際に注文が通ったレートは90.2円。といった形で本来注文したかったレートより不利な方向で注文が通ってしまう事をスリッページと言います。

 このリスクを防ぐためにはスリッページが少ないFX業者を選ぶか、レートが大きく動いている時は取引を控える事である程度のリスクは回避できます。

このようにリスクが多いので大失敗をしないためにも、FX初心者の方はまずデモトレードからはじめることをおすすめします。

 FXのデモトレードはバーチャル取引と呼ばれる実際の資金を使わず仮想資金でリアルな取引と同じ取引を体験できるシステムです。

 全てのFX業者ではないですが、多くのFX業者がデモトレードを提供しているので、リアル資金でFX取引を始める前に同じシステムやチャートを使って注文方法を覚えたり操作を覚える事が出来ることから、これからFXを始めるのであれば出来るだけデモ口座は作るようにしましょう。

デモトレード取引を使う目的は大きく分けて4つあります。

1.FX取引の練習をする。

 これからFXを始める人はこの目的でデモトレードを始める方が多いです。デモトレードを利用することで、FXを全くやったことがない人でも実際の取引とほぼ同じ環境でスタートすることができます。

ただし、注意が必要なのは、FX業者によってはデモトレードが出来る期間が決まっている業者もありますので、ある程度の期間デモトレードをする予定の人は期間をしっかり確認してから口座開設するようにしましょう。

2.リアル取引をする予定のFX口座の操作方法を覚える為

 これが本来のデモトレードの目的です。FX取引の操作はそれほど難しくないですが、ある程度慣れておかないと売買の方向を間違えたり、決済したいのに決済の方法が分からなかったり、ただのミスで資金を減らしてしまうような事にならないためにデモトレードが使えるFX業者は使うようにしましょう。

3.チャートやツール目的

 既に取引するFX業者は決まっていたり、今使っているFX業者で取引はするけど、独自のツールやチャートを使いたいという理由でデモ口座を開設する事もあります。ただし、多くの業者が機能に制限がかかっていたり、デモトレードで利用できる期間が決まっていたりと縛りがあります。全世界で一番使われているチャートツール「MT4(メタトレーダー)」はフォレックスドットコムのデモトレードで使えますが、その他のFX業者のツール類はデモトレードで活用するのは難しいため、口座開設する必要が出てきますが、実際は入金をしなくても利用できるサービスが多数ありますので、資金がなくても高性能ツールを使う事は可能です。

⇒詳しくは「これは絶対利用したい!初心者必見のFX無料ツール特集 」のページをご覧ください。

4.自動売買システム・独自取引システムの検証

 最近様々なFX業者から提供され始めているFXの自動売買や独自取引システムの検証が出来るデモトレードも最近では出てきています。

 例えば当サイトでもリアルマネーで検証しているマネースクエアジャパンの「トラップリピートイフダン」の検証用でも取引が提供されていたり、今人気の為替オプション取引ではGMOクリック証券の「外為オプション」もデモ用の取引が用意されています。

結局デモトレードは何を基準に選べばいいの?

 FXの練習をしようと思っている人やリアル取引前の確認などで利用しようと思っている人はまず、最終的にリアルマネーでFXを始める際に利用する予定のFX業者のデモトレードを選びましょう。つまりデモトレードを選ぶのはリアル口座を選ぶのと同じという事になります。

 なかでも当サイトがデモトレードに最もおすすめなのはDMMFXです。スプレッドが最も狭く、リアル口座として使い可能性が最も高いからです。ですからデモトレードもDMMFXで行った方が、後々スムーズに取引できるようになります。

 当サイトではデモトレード以外でも様々な視点からFX業者を比較していますので、これからFXを始める人は「1クリックで分かる最強FX業者」をご覧ください。

Pocket

掲載会社一覧

GMOクリック証券

DMMFX

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • フォレックス.com
  • バイナリーオプションなら みんなのFX
  • ひまわり証券
  • GMOクリック証券
  • DMMFX
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • フォレックス.com
  • みんなのFX
  • ひまわり証券
ページトップ