• B!
  • twitter
  • facebook

2012.06.04更新

通貨ペア

スイスフラン/円:通貨ペア別トレードマニュアル

キャッシュバックキャンペーン
GMOクリック証券 最大25,000円 GMOクリック証券の詳細
DMMFX 最大20,000円 DMMFXの詳細
ヒロセ通商 最大12,000円 ヒロセ通商の詳細
※新規口座開設かつドル/円通貨ペアで取引した場合

通貨の紹介

   スイスフランは、スイスとリヒテンシュタインの通貨です。スイスは永世中立国であると同時に、その金融機関は顧客の情報を絶対に外部に漏らさないということで世界的に知られている国です。ですから、スイスフランも世界で最も信頼できる通貨として、今でも、米国ドル同様、貿易決済などに使われています。ユーロが不安定な現状においては、返ってその信頼性が高まり、世界中のリスクマネーの逃避先として再評価されています。

変動の特徴

取引の多い時間帯

   世界のリスクマネーの逃避先として評価を受けている通貨ですので、世界で最も通貨トレードの多い時間帯、つまり、ニューヨークとロンドン市場が活発な取引を行っている時間帯がスイスフランにとっても取引の多い時間帯といえます。ニューヨークとロンドンの取引が重なる日本時間22時~25時は、特に活発になります。

主な変動要因

   米国や欧州、主要新興国など、世界経済に大きな影響を与える国・地域の経済情勢が悪化した場合には、現在の円に並ぶ逃避先としてスイスフランが買われます。反対に、これら国・地域の経済情勢が好転した場合には、売られるという側面があります。

どのような人に向いているか

   スイスフランは、安定性が一番の特徴です。しかも、世界経済が不安定になった、2008年秋のリーマンショック以降、世界のリスクマネーの逃避先として一段と注目されるようになり、一時、高騰したときがありました。そのため、現在、スイス政府は、スイスフランの為替安定を目的に一定のレンジを超えてフラン高となった場合、レンジの範囲に戻るまで、フランを無制限に売るという政策を取っています。

ですから、スイスフランの変動によって短期で利益を得ようとしても、かなり難しい状況にあります。しかし、安全性の高い通貨ですので、FX初心者にとっては、決して不向きだとはいえません。投資というよりも、貯蓄のつもりで、レバレッジを効かせず、長期的な視点からポートフォリオの一部に組み込むという姿勢がお薦めです。

Pocket

掲載会社一覧

GMOクリック証券

DMMFX

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • フォレックス.com
  • バイナリーオプションなら みんなのFX
  • ひまわり証券
  • GMOクリック証券
  • DMMFX
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • フォレックス.com
  • みんなのFX
  • ひまわり証券
ページトップ