FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2016.11.14更新

FXの通貨ペアを選ぶ基準とは?各通貨の特徴と取引量ランキング

ポンド/円:通貨ペア別トレードマニュアル

通貨の紹介

   イギリスの通貨です。第二次世界大戦が終了するまでは基軸通貨でしたが、その後、米国による戦後復興のための欧州への救済によって地位が低下し、基軸通貨の地位を米国ドルに明け渡しました。さらに、お隣のヨーロッパ大陸では、ユーロが導入され、流通量も世界三位になってしまいました。

変動の特徴

取引の多い時間帯

   英国は、ニューヨークに次いで為替取引が多く行われるロンドン市場のある国です。ですから、ロンドン市場が開いている、日本時間で17時から翌1時(夏時間の場合)に取引が多く行われます。このときは、お隣のユーロ圏の金融機関も市場取引に参加しますので、大量の取引が行われます。

   また、英国の場合、重要な経済指標の発表は日本時間で8時(夏時間の場合)と17時30分(同)のニ回に分けて行われます。ですから、英国ポンド―日本円の取引の場合、この時間の前後に売買が活発に行われるケースが多いといえます。

主な変動要因

   英国は世界の金融の中心に位置しています。ですから、中国などの新興国を含めた世界の金融情勢に大きな影響を受けます。特に世界的に有名な金融機関の破たんや、不正が明るみになった場合、ポンドも大きく下落する可能性があります。

   また、英国ポンドは一般的には英国内だけで流通している通貨ですので、英国国内の経済情勢に影響を受けます。例えば、英国の雇用統計や、住宅関連統計などは為替に大きな影響を及ぼします。

   一方、ユーロ圏の経済情勢に対しては、ユーロと逆の動きをする傾向にあります。例えば、ユーロ圏の景況が悪化したと認識できるような統計が出た場合、英国ポンドは上昇しやすくなります。これは、同じヨーロッパにあってもユーロとは一線を画しているという意味で、英国ポンドの信頼が増すためです。

   ただ、このような傾向は、今のユーロ圏が深刻な債務危機に陥っているという特殊な要因によるものだともいえます。基本は、英国とユーロ圏の経済は強く結び付き合っているということです。

どのような人に向いているか

   世界第三位の流通量といっても、世界中の投資家が自由に取引できるほどの量ではありません。人気はありますが、FXの中級以上の方に適した通貨といえるでしょう。初心者で、どうしても手掛けたいという方も、レバレッジはせいぜい2~3倍までとして、多額の取引は行わないほうがよいでしょう。

《エフプロ 通貨ペア別トレードマニュアル》

米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
カナダドル/円
南アランド/円
ユーロ/ドル
ポンド/ドル

Pocket

~2017年 口座開設数ランキング~
FX会社
7月キャンペーン
詳細
GMOクリック証券
最大30,000円
詳細
DMMFX
最大20,000円
詳細
ヒロセ通商
最大10,000円
詳細

※ランキングは当サイト経由の口座開設申込数が多い順となっています(対象期間:2017/1/1~2017/5/31)。

掲載会社一覧

GMOクリック証券

DMMFX

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • GMOクリック証券
  • DMMFX
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
ページトップ