• B!
  • twitter
  • facebook

2016.11.17更新

FXトレード手法の解説

【3か月で600万円儲けた!】アベノミクス相場で勝てるトラップトレード手法を実践検証

キャッシュバックキャンペーン
GMOクリック証券 最大25,000円 GMOクリック証券の詳細
DMMFX 最大20,000円 DMMFXの詳細
ヒロセ通商 最大12,000円 ヒロセ通商の詳細
※新規口座開設かつドル/円通貨ペアで取引した場合

現在の成績:+639万円(5月10日現在)

FXCUBEが、680万円の自腹で実践検証。その結果、600万円も勝ちました!

FXCUBEでは、2013年1月から、トラップトレードといわれる手法でFXトレード検証をしています。そして今回、為替相場の大きな流れをとらえながら細かく利確していった結果、わずか3ヶ月で600万円の利益を獲得しました!現在でもなお、トレンドに乗りコツコツ儲け中。引き続き円安が進みそうなので、まだまだこの手法で儲ける余地は大きいと言えます。

そこで今回は、読者の皆さんもこの手法を実践していただけるように、FXCUBEが実践したFX取引手法と、勝つために必ず押さえるべき、5つのポイントを解説します。

「いやいや680万円の元手なんて準備できないから!」という方でも、大丈夫。1000通貨単位で取引すれば、10分の1、つまり、68万円の元手でも同様の手法を使えます

運用成績を公開

『アベノミクス相場にのって、三か月で600万も儲けました!』

日付 総資産額 利益額
1月7日 680万円スタート
3月8日 1036万円 +356万円
2月の米国雇用統計の予想以上の伸びを受け、96円台のドル高に。
3月12日 200万円引き出し
4月4日 1008万円 +528万円
日銀が金融政策決定会合を実施。異次元の量的緩和策を発表。
この日、一時は1ドル=96円41銭になった。
4月23日 1092万円 +612万円
11日・22日には一時的に99ドル90銭台と、100ドルにかなり近づいた。

今回検証したFXトレード手法、トラップトレードとは?

トラップトレードとは、文字通り「ワナ」を仕掛けて待つトレード手法。たとえば1ドル100円のときには、99円や98円で「買い」の指値注文で待ち伏せ。値が下がって指値が約定したら、これが上向いてまた100円ぐらいになるのを待ち、決済するという割と単純なトレード手法だ。

この手法のメリットは、仕掛けて待つだけなので手間がかからないこと、チャートをずっと見ていないでも済むこと。また、決済注文まであらかじめ設定しておけば(IFO注文、イフダンOC注文)、完全にほったらかしで利益が出て行くことになる。

逆にこの手法のデメリットとしては、一時的に含み損が出てしまうことがある。100円から98円まで下がっているときに「買う」わけだから、そのまま値がどんどん下がってしまう可能性もあるわけだ。だから以下の2点が超重要。「トレンド方向に仕掛けること」「資金管理をしっかりすること」

トレンド方向に仕掛けるというのは、2013年4月現在で言えば、大きくは円安方向に仕掛けるということ。しばらく円安に向かうという想定なら、買い注文で多少含み損があっても安心できる。

資金管理はもっと重要。自分の持ってる資金以上に仕掛けないこと、利益確定するごとに資金を引き出していくこと、ロスカット注文も入れておくことなど。

では、以下具体的に今回の「アレンジ版トラップトレード」のポイントを見ていきましょう。

今回のFXトレード手法で儲けるための、5つのポイント

ポイント1: トレンドに『乗る』形で、指値で注文。

なお、2013年4月現在、大まかな為替のトレンドは下記の通りになっています。その流れに乗るように、指値で注文を入れておくわけです。

【2013年4月現在、大まかな相場の方向性】

ドル円・ポンド円・豪ドル円・NZドル円:基本的に円安方向

ポンドル・ユーロドル:基本的にドル高方向

FXCUBEでは、ドル円は基本的に30pipsおきに、変動の大きなポンド円・ポンドドルは50pipsおき原則3枚ずつ指値注文をいれています。プラスで決済した後は、その50pips下からまた新しい注文を走らせることにしています。


ポイント2:事前に取引ルールを決めておくこと。

決済・損切り(ロスカット)のタイミングを決めておかないと損失をどんどん膨らませてしまいかねません。含み損を抱えたポジションを持ち続けた結果、せっかく稼いだ利益が消えてしまうことも。そうならないためにも、損切りや、利益の引き出しに関するルールは必ず前もって決めておきましょう。

ちなみに、今回のFXCUBEのトレード検証の取引ルールは下記の3つ。

①ポジションをたててから、基本的に3日以内に決済。
これは、含み損を抱えたまま、ポジションを手放せなくなるのを防ぐため。

②利益確定のときには半分もしくは3分の1だけを決済して、残りはそのままのばす
逆方向にいった場合には、最初に利益を確定した金額までの損失を許容して、トータルでトントンまで逆に行ったら決済。

③定期的に儲けの半分を引き出し、残り半分を引き続き投資に回す。
こうすることで、手元に少しづつ利益をためていくことができます。全額投資していると、相場が急に変動した際に、これまでに稼いできた利益を一気に失いかねません。


ポイント3:通貨ペアごとの特徴を把握したうえでトレードの戦略をたてる。

通貨によって、変動の大きさ・変動の多い時間帯に違いがあります。特に変動の大きさに関しては、注文を入れる幅を決める際に重要な情報となります。各通貨ごとの特性は、相場を読むのに必要な基本事項といえます。

FX取引で抑えておきたい、各通貨ペアごとの詳細は通貨ペア別トレードマニュアルを参照してください。


ポイント4:主要な相場情報を把握したうえでトレードの戦略をたてる。

トラップトレードにおいては、相場の上昇や下落にかかわらず、相場変動自体が収益源になるので、為替相場に関しての情報収集は欠かせない。常にマーケット情報の収集に努めよう。また、トレードに際しFXCUBEでは下記の通りの相場観を持っています。

FXCUBEの相場予測

・円安・オージー高が今後もしばらく続く動きと読んでいる。

・ユーロとポンドは円安の関係で徐々に上がって行くように見えるが、イタリアショックやキプロス問題みたいに爆弾(不安材料)が今後もちょくちょく出てくると思われるため、500pips分ぐらい下まで仕掛けておく。

・オージーはずっと強いと思うので、決済せずにしばらく持っておくことも考えているが、他の通過の含み損が大きくなったときにいったん決済して証拠金維持率を高く維持するようにしている。ニュージーもオージーにつられるので強い。

とはいえ、予期せぬ急な相場変動が起こることもあります。基本的には一時的なもので、すぐに元の相場に戻ることが多いですが、為替相場を大きく動かしやすい下記の出来事には要注意。トレンドを大きく変えてしまう可能性も秘めていますし、一日限りの相場の動きだって、上手くつかめれば儲けるチャンスになります。

  • 要人発言
  • 中央銀行の市場介入
  • 国際紛争・テロ等の政治的要因
  • 金利上昇期待
  • 景気・経済動向



ポイント5:頻繁にトレードをするなら、必ずスプレッドの狭い業者を選ぼう

トラップトレードは、比較的高い頻度で発注を繰り返す手法。そのため、スプレッドによる取引コストがかさみやすい。ほんの小さなスプレッドの差でも、繰り返せば大きな額になりかねないのでFX口座選びにおいて、スプレッドの狭さは特に重要。そこで、今回の手法でFXトレードをする際には、FXCUBE総合スプレッドランキングで同立1位のDMMFX
と、GMOクリック証券
がオススメだ。

また、1000通貨で取引すれば、10分の1の資金からでも同様の手法で取引できる。その場合は1000通貨取引対応FX会社でスプレッドが最も狭い外為ジャパンがオススメ。ちなみに1000通貨で取引した場合、68万円で60万円勝っていたことになっていたことになります。

いずれも口座開設は無料。他社から乗り換え、ご利用になる方も多いですよ。

※参考

全通貨でスプレッドが狭い業者を選ぶなら、FXCUBE・全通貨スプレッドランキング

1000通貨単位でFX業者を選ぶなら、少額取引(1000通貨)でFX会社を選ぶ

まとめ

わずか3ヶ月で600万円儲けた、実践検証。ポイントは5つありました。

  • 今回実践した手法はトレンドに乗りつつ指値で注文していくトラップトレード。
  • 事前に決済等、出金に関する自分なりのルールを決めておくこと。
  • 通貨ペアごとの特徴を把握したうえでトレードの戦略をたてる。
  • 主要な相場情報を把握したうえでトレードの戦略をたてる。
  • 頻繁なトレードになるので、必ずスプレッドの狭い業者を選ぼう。

今回の実践検証で利用したFX業者はDMM FX。FXCUBEのスプレッドランキングで常にトップ、オススメの口座だ。 DMMFX詳細
スプレッド総合ランキング3位の外為ジャパン。1000通貨対応FX業者の中で、圧倒的なスプレッドの狭さで人気。 外為ジャパン詳細

今ならDMMFX・外為ジャパン共に10,000円キャッシュバック中。口座開設キャンペーンは9月30日まで。口座開設は最短5分で完了、もちろん無料です。

この5つを是非実践してみてください。今後とも相場は大きく動きそうですから、皆さんもきっと勝てるはず。

Pocket

掲載会社一覧

GMOクリック証券

DMMFX

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • フォレックス.com
  • バイナリーオプションなら みんなのFX
  • ひまわり証券
  • GMOクリック証券
  • DMMFX
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • フォレックス.com
  • みんなのFX
  • ひまわり証券
ページトップ