• B!
  • twitter
  • facebook

2016.11.14更新

FX会社を比較

FX会社取引高ランキング。最も取引されているFX会社はどれ?

キャッシュバックキャンペーン
GMOクリック証券 最大25,000円 GMOクリック証券の詳細
DMMFX 最大20,000円 DMMFXの詳細
ヒロセ通商 最大12,000円 ヒロセ通商の詳細
※新規口座開設かつドル/円通貨ペアで取引した場合

取引高世界第1位:7分で申込み完了のGMOクリック証券

GMOクリック証券

  • 申込み時間: 6分49秒
  • 開設完了までの日数: 2日

業界最高水準のスプレッドと取引ツールの充実、バイナリーオプションとスプレッドもサービスもTOPクラスのGMOクリック証券。DMMFXとスプレッドはほぼ同じでツールやサービスはGMOクリック証券のほうが良くキャンペーンもあるのでオススメ

GMOクリック証券公式HP

取引高が高い=トレードしている人が多い=人気のFX業者と言えます。

今回エフプロでは実際にFX業者が公開している取引高を調べていましたが、口座数は増えていても取引高が激減しているFX業者、取引高が激増しているFX業者の2極化が起こっており、日本のトレーダーが取引する口座は一部のFX業者に固まってきています。

あなたの使っているFX口座はもしかすると「取引する人が激減している不人気FX口座」かもしれませんよ・・・

ランキングの基準は2012年の年間取引高になります。月単位で見ると月によって1位の業者が変わってきます。ただし、2013年も上位のFX業者の取引高ランキングはほぼここのランキングと違いはありません。

取引高世界1位:GMOクリック証券

GMOクリック証券

  • 主要通貨ペアのほとんどが業界TOPのスプレッド
  • 高性能なFXチャート・スマホ用アプリ

常に業界TOPクラスのスプレッドで取引コストが低いのはもちろん、取引システムをほとんど社内で作成しているため、チャートツールやスマートフォン・iPadのアプリ、バイナリーオプションまで使いやすく高性能なツールを多数使える事から、現時点では最強のFX業者。取引高世界一・オリコン満足度1位も納得できる。

GMOクリック証券の詳細

  • 2012年1月~2014年12月3年連続、取引高世界1位
  • 2013年オリコン顧客満足度ランキングFX部門1位
  • 5分で口座開設申込み完了。(スマホ申込み対応)

FX取引高世界2位:DMMFX

DMMFX

  • ほとんどの通貨でスプレッド1位のスプレッド最強業者
  • 自分の過去の売買データを詳細に見る事ができる

スプレッドの狭さは常に業界TOPで取引コストの低さで一気に上位に上り詰めた。ただ、取引高ランキングは姉妹FX業者の外為ジャパン(旧:MJ)も合わせた取引高のため、1位のGMOクリック証券との差はまだ大きい。スプレッドはGMOクリック証券より狭いので、取引専用口座としてはオススメ

DMMFXの詳細

  • 10分で口座開設申込み完了。(スマホ申込み対応)
  • 新規口座開設で10,000円キャッシュバック
  • DMMFXのアプリから1回取引するだけで1000円キャッシュバック
  • 月間取引高では1位の月もある

取引高世界3位:YJFX!

YJFX!

  • 1000通貨単位の取引が可能なFX業者の中では1位
  • 高性能で人気の高いスマートフォンのアプリ(Cymo)

1000通貨の取引が出来るFX業者の中では取引高1位。YJFX!はスプレッドはGMOクリック証券やDMMFXに少し劣りますが、1,000通貨取引が可能、ツールはGMOクリック証券並みに高性能なツールがそろっているので、20万円以下の資金でFXを始める人にオススメのFX業者。

YJFX!の詳細

  • 10分で口座開設申込み完了。(スマホ申込み対応)
  • 新規口座開設で最大24,000円キャッシュバック
  • FXの取引でTポイントが貯まるプログラムあり
  • FX会社では少ない外貨両替サービスあり

結論:GMOクリック証券が最強

下にも詳しく書きますが、FX業者で公開されているデータ(取引高、口座数、預かり残高、等)を見ていると口座数はどのFX業者も伸びていますが、取引高が上がっているFX業者と下がっているFX業者の差が大きく出ています。

その中でもGMOクリック証券の取引高の伸びがとんでもない事に・・・

GMOクリック証券の取引高がヤバイ

GMOクリック証券は2012年1月~2014年12月3年連続、取引高で世界一位を獲得しています。

この推移は他のFX業者からの乗り換えがかなりの人数で起こっていると言えます。

2012年の年間取引高はDMMFXやYJFX!、ヒロセ通商などそれほど大きな差はありませんでしたが、2013年の年間取引はGMOクリック証券がダントツになるでしょう。

取引コストは低くて当たり前。それ以外の機能やサービスで比較されている

少し前までは、スプレッドが狭いFX業者はツールが弱く、ツールが充実しているFX業者はスプレッドが広いというのがFX業者の中では一般的でした。

そのため、取引用の口座とツール用の口座を複数使うトレーダーも多かったのですが、ここ1~2年GMOクリック証券は低スプレッドとツールの両方を両立しています。

エフプロでGMOクリック証券に取材に行った時に、担当者の方に「GMOクリック証券がスプレッドが狭いだけでなく、チャートやアプリなどのツールが充実しているのはどうして可能なのか?」と質問をしたことがあったのですが、その答えが「社員の半数以上がSE、全て自社内でシステムを作成する事でシステムにかかるコストを下げられるから、スプレッドも狭く出来る」との事でした。

取材させて頂いたタイミングがちょうどGMOクリック証券が年間取引高世界一位になった時なので、その理由にすごく納得しました。

GMOクリック証券は1,000通貨取引が出来ない以外は、他のFX業者と比べて全てTOPクラスなので、まだ口座を持っていない人はこのタイミングで乗り換えるのをオススメします。

GMOクリック証券の詳細

取引高世界第1位:7分で申込み完了のGMOクリック証券

GMOクリック証券

  • 申込み時間: 6分49秒
  • 開設完了までの日数: 2日

業界最高水準のスプレッドと取引ツールの充実、バイナリーオプションとスプレッドもサービスもTOPクラスのGMOクリック証券。DMMFXとスプレッドはほぼ同じでツールやサービスはGMOクリック証券のほうが良くキャンペーンもあるのでオススメ

GMOクリック証券公式HP

Pocket

掲載会社一覧

GMOクリック証券

DMMFX

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • フォレックス.com
  • バイナリーオプションなら みんなのFX
  • ひまわり証券
  • GMOクリック証券
  • DMMFX
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • フォレックス.com
  • みんなのFX
  • ひまわり証券
ページトップ