FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2016.11.28更新

GMOクリック証券

【GMOクリック証券】パソコンと携帯を同時に使うことで、より効率的にFXができるようになりました

32歳会社OL  FX取引歴2年5ヵ月

携帯とパソコンの両方で投資ができる会社をリサーチし、GMOクリック証券を選びました。

OLの給料だけでは生活に余裕が持てなかったので、以前から副業としてFXトレーダーをしていました。仕事から帰った後や休日などに、主にパソコンで投資を行っていたのですが、相場の状況は短時間で大きく変動することもたくさんあるので、平日など仕事先から携帯でも投資ができたら良いと考えるようになり、パソコンと携帯の両方で取引が可能なFX会社をリサーチしてみました。

その中で、ウェブ上の広告を出していたGMOクリック証券を見つけ、試しに同社が提供している携帯アプリの取引を無料で体験することにしました。

使い始めて感じたのは、携帯からでもパソコンと変わらず取引ができる上に、他社と比較して安定した約定力があるということです。FX投資においては、一瞬で外貨の値段が上下することもあるため、外貨の注文や相場の分析においてスピーディーな操作が求められます。GMOクリック証券では携帯でもこちらの動作がスムーズに反映されるので、非常に便利だと思いました。3週間ほどデモ取引を行った後、正式に口座を開設することを決定しました。

申し込みは全てオンラインで行い、5分もかからずに全ての手続きが終了しました。その2日後に口座に関する書類が届き、投資を開始することができました。

高い約定力やスワップ金利がありますが、ロスカットの際、手数料が取られてしまいます。

メリットとしては、他社と比較して高い約定力に加え、相場動向に関する情報網も充実しているという点があります。他のFX会社では、サーバーが重く、取引に時間がかかったり、こちらの想定と異なった内容で反映されてしまったりすることがあったのですが、GMOクリック証券では迅速に外貨のやり取りや分析ができるので、不便に感じたことは一度もありません。

また、GMOクリック証券では外貨の金利も業界内でトップクラスの高さが保持されているので、スワップ運用で利益が得やすいところも良いと思います。私はデイトレードとスワップ運用でFX投資を進めていますが、分析を間違うと思わぬところで損を出してしまうデイトレードと比較して、特定の外貨で取引を一定期間続けていくスワップ運用は、少しずつでも毎日着実に利潤を出していくことができるため、私のFX収入を支える大事な部分になっています。金利が大きければ大きいほど、一日ごとに積み重なる金額も増えるので、トレーダーにとっては非常に有利な設定になっていると言えます。

デメリットは、ロスカットの際に手数料として500円かかるところです。しかし、この制約があることでロスカットに気を付けるようになり、結果的に勝率を上げることができるので、利用者の注意を喚起するという点では良いと思います。

レイアウトや書き込みが自由にできるのは良いですが、線の種類や画面上の操作において改善点があります。

GMOクリック証券のサービスツールは、チャートのレイアウトを自由にすることができます。私は幾つかチャートを画面に並べて閲覧することが多いのですが、複数のグラフを分割して同時に見ることができるので、いちいちウィンドウを新しく開く必要がなく、分析の際はとても便利です。この機能はパソコンと携帯の両方に対応しており、携帯の小さな画面においても見えにくい部分は拡大できるため、同じように分析をすることができます。

さらに、チャート内に書き込みも自由にできるので、相場の流れを考察し、予想する上で重宝しています。今までは手元に別紙を用意してメモを書いていたのですが、指やマウスを使って画面上に線を簡単に引けるので、効率的な分析ができるようになりました。

一方で、書き込みをする際、線の色や太さが変えられないため、チャート上に引かれた複数の線を区別できない可能性があります。分析の上で混同してしまったり、自分が意図した内容を忘れてしまったりするので、線の種類を増やし、書き込みの機能をもっと充実すればより使いやすくなると思います。

また、携帯で操作を進めている場合、単に画面をスライドさせるつもりが、クリックで投資を決定してしまったということもあるので、些細な動きでも注意しながら取引しなければならないのが不便な点と言えます。

Pocket

~2017年 口座開設数ランキング~
FX会社
8月キャンペーン
詳細
GMOクリック証券
最大30,000円
詳細
DMMFX
最大20,000円
詳細
ヒロセ通商
最大10,000円
詳細

※ランキングは当サイト経由の口座開設申込数が多い順となっています(対象期間:2017/1/1~2017/5/31)。

掲載会社一覧

GMOクリック証券

DMMFX

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • GMOクリック証券
  • DMMFX
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
ページトップ