FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2016.11.21更新

SBIFXトレード

【SBI_FX】SBI証券のFX取引システムは使いやすいと思います。

33歳自営業 SF取引歴0年6ヵ月

通過ペアが多く、取引画面での操作が分かりやすかったからです。

私がSBI_FXで口座開設をしようと思った理由は、他社と比べてもスプレッドの幅が小さかったことや通貨ペアの種類が比較的多かったためです。

また、パソコンやスマートフォン上の取引画面が見やすく、操作しやすかったことも理由の一つです。口座を開設する際に他のFX会社と比較検討した結果SBI_FXを選択したので、他のFX会社の口座は開設していません。

FX口座開設時に困ったことは、それまでに独学で勉強はしていたのですがFX取引に関する知識が十分ではなかったため、取引に関するルールやリスクを理解するまでに時間がかかったことです。

良かったことは、元々SBI証券を利用していたためその日のうちに口座開設ができたことや、口座開設までの流れの中でFX初心者に対する「FXゼミナール」という講座があったため、勉強しながら口座を開設することができたことです。

また、現在はSBI証券の口座を新規で開設するとキャッシュバックされるキャンペーンを行っているようですが、私の場合SBI証券の口座自体は十年程前に開設していたので、キャッシュバックキャンペーンは利用していません。

スプレッドの幅が狭く基本的には固定制なので安心できました

SBI_FXのメリットは取引手数料が無料で、他社と比較してもスプレッドの幅が狭いため利益が出しやすく、基本的にはスプレッド固定制なので損益の計算がしやすいということだと思います。

また、取引コースに「ハイレバレッジコース」として25倍のレバレッジをかけられるコースがあることもメリットの一つでした。あくまで選択肢の内の一つですが、スキャルピングなどの短期売買を行う際には、ある程度のレバレッジをかけないと値幅がでないために、レバレッジの高いコースがあると助かりました。

私の場合、当初は数分で決済を行う短期売買のスキャルピングを行っていましたが、一度大きな損失を出してしまった際に、証拠金維持率を残し余裕を持った投資を行う方が良いのではないかと思いました。

そのため、株式でいうところの指値決済にあたる「IFD」や、買いと売りの両方で指定した値段になった場合に、決済を行うことのできる「OCO」などの自動売買機能を使ってスイングトレードに転換しました。

個人的にはどちらが良いかというよりは、一長一短という感じです。なぜかというと、まずスキャルピングは短い時間で利益がでますが、損切をしなければならない場面でも、短い時間で判断しなければならないのでその判断が難しかったです。

また、スイングトレードはレバレッジを落として長期的に投資している分、短期的には利益が出にくいですし、ナンピンをしていくとさらに損失が拡大する可能性もあるためです。

取り引きツールは初心者にありがたい機能がついています

取引ツールで良かった点はスマホやパソコンでの操作画面が一目で分かるように作られていますので、操作に悩むことがなかったことや、自分の好きなように画面をカスタマイズできることなどです。

また、SBI_FX独自のツールとして「FX総合分析チャート」というものがあり、FX口座を持っている人は無料で利用することができます。

このツールには「基本分析」、「ファンダメンタルズ分析」、「形状予測」という3種類の機能があり、基本分析にはテクニカル指標が28種類も用意されているため今後の値動きについて検討しやすいですし、ファンダメンタルズ分析には重要な指標はもちろん、さほど重重要視されていない指標まで様々な指標を為替データ上に表示しますので、相場が大きく動いた時になぜ動いたのかがすぐわかるため便利です。

また、過去のチャートの形状から今後のチャートの動きを予測する「形状予測チャート」という機能もあり、特にFX初心者には非常に参考になりました。

悪かった点としては、システム自体は使いやすいのですが毎朝5時30分ぐらいから7時ぐらいまで、システムが開けない時間があるのでその時間の相場変動には対応できない可能性があることです。また、SBI_FXには〇分後に値上がりするか、値下がりするかの二択を予想する「バイナリーオプション」はないことも他のFX会社と比べるとマイナス材料かもしれません。

Pocket

~2017年5月 口座開設数ランキング~
FX会社
6月キャンペーン
詳細
GMOクリック証券
最大30,000円
詳細
DMMFX
最大20,000円
詳細
ヒロセ通商
最大10,000円
詳細

※ランキングは当サイト経由の口座開設申込数が多い順となっています(対象期間:2017/1/1~2017/5/31)。

掲載会社一覧

GMOクリック証券

DMMFX

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • GMOクリック証券
  • DMMFX
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
ページトップ