FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2017.09.28更新

FX自動売買

MT4を使った無料トラリピEAの検証。3分で出来るEAの設定方法

取引高世界1

総合力No.1!GMOクリック証券

絶対開設しておきたい万能型のGMOクリック証券
  • FX取引高5年連続世界第1位 (2012年1月~2016年12月)
  • 11通貨ペアのスプレッドを縮小!さらに低コストで取引可能に!
  • 高機能で使いやすい取引ツール&安定したシステム
  • 今なら最大30,000円キャッシュバックキャンペーン中!
キャンペーン期間
2017年5月1日~終了時期未定
キャンペーンスプレッド(ドル円)通貨ペア数
最大30,000円0.3銭(原則固定)19通貨ペア
取引単位スマホ対応手数料
10,000通貨無料
キャンペーン最大30,000円
スプレッド
(ドル円)
0.3銭
(原則固定)
手数料無料
取引単位10,000通貨

GMOクリック証券は2012年から2016年12月までFX取引高ランキング世界1位を維持し続けている最強のFX会社。

業界最高水準のスプレッドと取引ツールの充実、バイナリーオプションとサービスもTOPクラス!

24時間電話サポート、口座年会費、維持費も無料!さらに充実したFX取引情報サービスも無料でご利用できます。 短期トレードにも中長期トレードにも向いていてまさに万能なFX会社!GMOクリック証券は口座開設しておくべき1社です!自信を持ってオススメします!

現在の資金:1116,525円(100万スタート)

100万円のリアルマネーで、手数料無料・狭いスプレッドで取引できるMT4を使ったトラリピEAで運用を開始しました。(正確には9月頃からスタートしていました。)

今回の記事は、MT4でトラップリピートイフダンを始める為に無料のEAを探す所から、MT4にトラリピの自動売買システムを設定する所までを解説していきます。

過去の運用成績

なぜMT4でトラリピなのか?

トラップリピートと言えばマネースクエアジャパンのトラリピが有名ですね。

マネースクエアジャパンでも今回ご紹介するMT4で行うトラリピと同じ設定ができます。

ではなんでわざわざMT4を使ったトラリピをご紹介するのか。

その理由は「手数料」にあります。

50pipsごとに1000通貨のトラップをする場合、マネースクエアジャパンのトラリピだと1000通貨の取引対して手数料50円+スプレッド5pipsがかかるため、実際は10pipsのスプレッドが掛かっている事になります。

例えば年間200回の取引があった場合、2000pips分が手数料となることを考えるともったいないということで、今回はMT4を使う事になりました。

現状のMT4トラリピEAの運用結果とトラリピの設定

2012年9月からMT4でのトラリピEAの運用をおこなっていました。

約2ヶ月の運用結果

スタートから約2ヵ月間の利益は月利で1%~2%ほど。低リスクでの運用を考えれば結構いい成績じゃないかと。

トラリピEAの設定

運用口座:FXCMジャパン証券

運用資金:100万円

取引する通貨:豪ドル/円(AUD/JPY)の買い

取引ロット:1000通貨

トラップの幅:85円~60円

トラップの間隔:20pips

1トラップの利益:500円(50pips)

この設定は今後の様子を見つつ、調整していく予定です。

DMMFX無料で口座開設

無料のトラリピEAを探してMT4に設定する方法を解説。

※MT4を設定するにはMT4を予めダウンロードしておく必要があります。
まだダウンロードしていないという方はFXCMの口座開設を申し込みMT4をダウンロードしてからこの先をお読みください。

MT4用のトラリピEAは有料・無料含め検索するといくつか出てきますが、今回はこちらのサイト(※現在非公開になってしまいました)で公開されているトラリピEAの無料版を使わせてもらいました。


1.まずはサイトからトラリピEA用の設定ファイルをダウンロードします。

「TrapRepeatIFD.mq4」を右クリックして「対象をファイルに保存」


2.ダウンロードしたファイルをMT4がインストールさせているフォルダに移動します。

実際に運用しているFXCMジャパン証券のMT4を使って説明していきます。

MT4をインストールする際に特別な変更をしていなければ「C→Program Files→FXCM MetaTrader 4」


3.「experts」のフォルダを開き、先ほどダウンロードしたファイルをこのフォルダの中に入れます。


4.MT4を立ち上げてインストール出来ているか確認する

フォルダへの移動が完了したら、MT4を立ち上げて下の画像の部分に「TrapRepeatIFD」という項目が追加されていれば、インストールは完了


5.トラリピEAをチャートにドラッグして設定する。

「TrapRepeatIFD」をチャートにドラッグすると下記のポップアップが出ますので、下の画像のようにチェックを入れます。


6.トラリピEAのパラメーターの設定する。

今回の運用する設定をトラリピEAに設定していきます。

名称
今回の設定
説明
lots
0.01
1トラップあたりの取引量。基本的には01.で1万通貨
maxOpenPrice
85
一番上のトラップ注文のレート
trapCount
125
トラップの本数。買い売りどちらも「maxOpenPrice」で
入力したレートから下方向にここで指定した本数を仕掛けます
profitPips
50
利益確定の幅(pips)
trapIntervalPips
20
トラップを仕掛ける幅(pips)
stoploss
0
ストップロスを設定する場合はレートを入力
isBuyTrap
True
買いトラップか売りトラップかを設定(true:買い、false:売り)
magic
変更なし
マジックナンバー
isTrendFollowOnly
False
逆指値モードか指値モードか(true:逆指値モード、false:通常発注モード)
stopOrderSpreadPips
変更なし
doOrderRangePips
変更なし

7.全ての設定が完了すると、指値注文が入ります

トラリピEAの設定が完了し、OKをクリックすると指値注文が自動的に入り、下の画像のようにチャート上にトラップを仕込んだ位置に注文のラインが入ります。これでEAの設定は完了。あとはほったらかしで自動売買してくれます。

MT4を使った事がない人でも簡単にトラリピEAの設定はできてしまいます。マネースクエアジャパンのトラリピでは扱いがない通貨ペアでもトラリピが可能な事や、設定も細かく出来る事、手数料が安い事を考えると、MT4でトラリピをやるメリットは大いにあると言えます。

今日の記事、MT4トラリピEAのメリットまとめ

  • MT4トラリピならマネースクエアジャパンのトラリピより手数料が安い
  • 取引ができる通貨ペアが圧倒的に増える。
  • トラップの本数や幅など細かく設定することが出来る

まだMT4が使えるFX口座をお持ちでない人は「【はじめてのMT4】口座開設するならコノFX業者」のページを見て最適なMT4の取り扱いがあるFX会社を見つけましょう。

Pocket

FX会社 ドル円
スプレッド
取引
単位
10月
キャンペーン
詳細
GMOクリック証券 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大30,000円 GMOクリック証券の詳細
DMMFX 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大20,000円 DMMFXの詳細
ヒロセ通商 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大50,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭
(原則固定)
5,000通貨* 最大10,000円 インヴァスト証券の詳細
YJFX! 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大27,000円 YJFX!の詳細
マネーパートナーズ 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大10,000円 マネーパートナーズの詳細
初心者に1番オススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高5年連続世界第1位(2012年1月~2016年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

取引コストを抑えるならDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの安定性も高い

* 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載会社一覧

GMOクリック証券

DMMFX

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • GMOクリック証券
  • DMMFX
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
ページトップ