FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2019.08.20更新

FX口座開設

FXの審査って厳しいの?基準と落ちる人の特徴を一挙公開

「FX取引をはじめたい!」と思った人がまず気になるのは、FXの口座開設の審査のことですよね。
「FX会社の審査は厳しいのか?」「どんな人が審査に通るのか?」など、疑問や不安もあることでしょう。
このページでは「審査について」、「受かる人の特徴」、「落ちる人の特徴」、「申し込み手順」、「おすすめのFX会社」を解説していきます。

記事のまとめ

【FX会社の審査は心配しすぎなくても良い】
  • FXの審査はそこまで厳しくありません。
  • そのため、学生でも通ることが可能です。
  • また、口座開設の申請はWeb上で完結するためすぐに申し込むことが可能です。
  • 初心者におすすめの3社は「DMMFX」「GMOクリック証券」「外為どっとコム

口座開設の審査基準はどうなっている?

FXの口座解説をするに当たって避けて通れない道が「審査」です。
それでは、この審査は厳しいのか、どういう人なら通るのかとても気になりますよね。
一緒に勉強していきましょう。

FXの口座開設の審査は厳しいの?

一番きになる審査が厳しいかどうかというところなのですが、FXの口座開設の審査基準は、実はそこまで厳しくありません

FX会社のホームページには「お客様のお申込み状況を当社の審査基準に照らして総合的に判断させていただいております」と記載してあるのみではあるものの、レベルとしては銀行の口座開設と同じと考えていいでしょう。

20歳以上の人であれば、基本的に誰でも口座開設は可能です。

FXの口座開設において審査基準のハードルは高くない

残念ながら審査内容や基準というものはFX会社が公開しているわけではありません。

FXの口座開設において、必要になってくる条件は以下のようなものになります。

【口座開設に必要な条件】
  • 20歳以上
  • 日本国内に居住している
  • ネット環境が整っている
  • メール、電話などで常時連絡が取れる
  • 個人情報が正確に提供されている

上記の条件を見ていただければわかると思いますが、決してハードルは高くありません。
そのため、多くの人が気軽に申し込むことができます

「20歳以下の未成年は?」と疑問を持つ人もいるかもしれませんが、残念ながら多くのFXの会社では、未成年は口座開設できません。

SBI FXトレード」では、18歳から口座開設できるものの、その場合には親権者(法定代理人)の同意が必要になります。そのため、未成年の人にはハードルが高いと言えるでしょう。

FX会社で口座開設の審査は学生でも通ることが可能

FXは投資なので、「収入が少ない学生は口座開設ができないのでは」と不安になる人もいるでしょう。
しかしFXの口座開設に職業は関係ありません

学生や専業主婦の方でも問題なく審査を通過し口座を開設することができます。

ただ、FX会社は金融資産の項目を他の要素より重要視していると言われています。
そのため、投資金額がほとんどないという方は落ちてしまう可能性があります。

例えば、GMOクリック証券は「100万円以上の金融資産」が審査条件。他にも「30万円以上」等の審査基準を設けている会社があります。

実際にはそこまで厳密なものではなく、FX会社があなたの資産を調べるわけでもありませんが、あまりに事実とかけ離れた申告をするのは避けましょう。

そもそもFXは、生活資金を注ぎ込むのではなく余剰資金でやるのが基本。申告するときに、あらためて「FXの資金」についても考えてみましょう。

口座開設の審査に落ちる人の特徴は?

FXの口座開設の審査に落ちる人の特徴

先ほど、FXの口座開設の審査はそこまで厳しくないと説明しましたが、やはり落ちてしまう人も中にはいます。
その人たちはなぜ落ちたのでしょうか?
その理由について解説していきます。

【落ちる人の特徴】
  • 高齢である(75歳以上)
  • 犯罪歴がある
  • 未成年者
  • アフィリエイト目的
  • 投資用資金と資産の関係(余裕のある資金で投資をすることができているか)

審査に落ちてしまう人の特徴は上記の5点にあてはまる人です。
ここから詳しく見ていきましょう。

未成年者

すでに触れたとおり、保有資産に関係なく未成年者はFXの口座を作ることができません

しかし、一部のFX会社は親の同意があれば開設できるところもあります。

高齢な方

高齢すぎると審査に通らないケースがあります

例えば「YJFX!」は80歳未満、「DMM FX」は75歳未満など、年齢制限を設けています。

そのほかのFX会社でも公にはしていないものの、年齢制限を設けていることもあり、制限以上の年齢の人は申し込みをしても審査に通らないという場合があります。
高齢である人でもし審査に落ちたら、まずは年齢を疑ってみてください。

「反社チェック」に引っかかった人

また、犯罪歴がある人も審査には通りません。多くのFXの会社は「反社チェック」と呼ばれる工程があります。

これは、送られてきた本人確認書類をもとに、過去の犯罪データが載っているリストにアクセスし、申込者が該当しないかどうかをチェックするものです。
この「反社チェック」に引っかかると、審査には通りません。

アフィリエイト目的の人

さらには、審査に落ちるケースで多いのがアフィリエイト目的という人です。

FX会社はアフィリエイト報酬が高額なので、家族や知り合いに口座開設を大量にさせて報酬を得ようと考えている人が多くいます。

FX会社にとっても、口座を開設した後、まったく取引をしてくれない人に報酬だけ支払っても利益にならないので、そういった人を見極め、排除しようとしています。

具体的には、同一のタイミングでの家族数人の口座開設(父母、兄弟の口座開設の申し込みが一斉に来るなど)や、同地域(ある県のある市町村)での一度の口座開設は疑われます。

その場合、FX会社が本人に電話確認をするなどして、意思を確認することもあります。

この点、通常のバックオフィスの口座開設フローであれば、電話で確認をすることはほとんどありません。

投資用資金と資産の関係

また、落ちてしまう人の特徴に、投資用資金と資産の関係がアンバランスなため審査に落ちてしまう場合があります。

例えば、年収が100万円なのに、投資用資金が1000万円と記載している場合などです。

そのように、自分の年収、資産と整合性が取れない記載を申し込み時にしてしまうと、審査に落ちる可能性があります。

自分の年収等にあった投資用資金を記載しましょう。

いずれにしても審査に落ちた場合、メールや電話で審査に落ちた理由を聞いても、教えてくれることはありません。

書類の不備であれば書類を再提出することなどで審査は通るものの、そうでないケースは諦めて、ほかのFX会社での口座開設をしたほうがよいでしょう。

FX会社間で申込者や顧客の情報共有をしているということありません。
そのため、A社で審査に落ちても、B社では通るということもあります
FX取引をしたい人は、いくつかのFX会社に申し込みをしてみましょう

一度審査に落ちた会社に申し込める?

名目上は、審査をしてもらうことが可能です。
「審査に落ちたけれど、もう一度申し込んだら審査をしてくれるのか?」といったことをカスタマーセンターに問い合わせても、そのように言われるはずです。

ただし、実はFX会社のバックオフィス側で、一度審査に落ちた人はリストアップされているケースがほとんどです。

そのため、何度審査をしてもその人は多くの確率で落ちてしまうことになります。

そのため、この場合は諦めて、別のFX会社で申し込みをしたほうが得策です

実際の口座開設の申請手順はどうなっている?

近年の口座開設の手順は、以下に挙げるように極めてシンプルです。ほとんどのフローがWeb上で完結します。

【申し込み手順】
  1. 各FX会社のホームページにアクセスすると、口座開設ページがあるので、そこへ移動
  2. 約款に同意し、必要事項(住所や氏名など)を入力
  3. マイナンバー個人カード(自分の写真あり)or本人確認書類とマイナンバー記載書類の写真をスマホで撮り、そのままアップロード画面からアップロード

手順は、これだけです。申し込み自体は10分もあれば完了します

提出書類は、マイナンバー個人カードを持っている人はそれだけを提出、持っていない方は本人確認書類とマイナンバー記載書類が必要です。

どちらにせよ、手元にあるものが多いと思うので、すぐに揃えられるはず。
詳しくはこれから説明していきます。

本人確認書類に何が必要なのか知りたい

本人確認書類として利用できるのは、基本的には、以下に挙げるいずれかです。

【本人確認書類】
  1. 運転免許証
  2. パスポート
    ※2006年3月19日以前に申請したパスポートの場合は、上記に加えて外務大臣印ページも必要
  3. 住民基本台帳カード
    ※住所や氏名、生年月日の記載があるもの
  4. 住民票の写し
  5. 各種健康保険証※共済組合員証でも可能
  6. 印鑑登録証明書
  7. 個人番号カード(表面)

1~4の書類を用意することが一般的です。しかし、もし1~4のいずれもない場合は、5~7のうちの2点を揃えることでも口座開設が可能であるケースが多いです。

基本的には運転免許証がもっともスムーズに事が進むでしょう

マイナンバー記載書類に何が必要なのか知りたい

また、本人確認書類の他にマイナンバー確認書類も用意する必要があります

マイナンバー確認書類は以下のいずれかが必要になります。

【マイナンバー確認書類】
  1. 通知カード
  2. 個人番号カード
  3. 住民票(マイナンバーが載っているもの)

審査にかかる時間は?その実態とは

申込後、審査にかかる時間は2〜3営業日と各FXのホームページでは案内されています。

しかし最近では、9時から15時ごろまでであれば、その場でバックオフィスが登録作業を行ってくれるため、当日中に口座開設が完了します

そして、早ければその日のうちにバックオフィス側で、IDとパスワードが記載された書類を登録された住所に送ります。

早く口座を作りたいと思っている方は15時までに申し込み、書類提出を行うことをおすすめします

書類不備の場合はどうなるの?投資経験は審査に左右される?

審査と聞くと厳格なイメージがあり、不備が少しあるだけで審査に落ちてしまうのではないかと不安になると思います。

しかし、FX会社の審査は書類不備があったからとそれが理由で審査に落ちることはありません

書類不備などのケースがあれば、再度の入力やアップロードの案内のメールが届きます。その案内に従ってアップロードし直してください。

よくある例としては

【書類不備のよくある場合】
  1. 運転免許証の再提出
  2. 運転免許証に記載されている住所と登録された住所が違う

等があります。
以下に詳しい内容を載せているので一緒に確認しておきましょう。

  • ①運転免許証の再提出

免許証の右下に記載されている「◯◯県公安委員会」の文字が、スマホの写真で撮ったときに反射して判読できず、再提出になるというケースが意外とあります。

そのため、一度で審査に通るように、光の反射に気をつけて写真を撮ってみてください。

  • ②運転免許証に記載されている住所と登録された住所が違う

口座開設が完了すると、取引に必要なIDとパスワードが記載された書面は、登録された住所に送ることになっています。

そのため、相違があるとIDとパスワードが記載された書面が手元に届かず、取引ができないという事態になります。

この場合、登録住所が記載されている別の本人確認書類を送るか、本人確認書類の住所変更を行う以外に方法はありません

申し込みはWeb上で簡単に行えるのに、IDとパスワードの記載された書面だけが郵送というアナログな手法を用いているのは、法律で決まっているからです。どんなに頼み込んだとしても、メールで送ってもらうことなどはできません。

嘘を記入すると審査に落とされてしまう?

申し込み項目を埋めていく中で、審査が不安なあまり「嘘を書いてもいいのでは?」と思う方もいることでしょう。

しかし、これは得策ではありません。

仮に虚偽であることが発覚した場合、口座解約の対象になり、二度とそのFX会社では口座が作れなくなってしまうおそれがあります

すでに説明した「落ちる人の特徴」に当てはまっていなければ何の心配もないのです。嘘を記入しなければならないほど、切羽詰まった状況でFXをやるのはおすすめできません。

繰り返しになりますが、FXはあくまで「余剰資金でやるもの」ということを理解しておきましょう。

FXの口座は複数持っていたほうが便利

FXの口座は複数持つことをお勧めします

その理由としては、大切な資産を守るため、リスクヘッジのため、情報を取りに行くため、損失を少なくするためです。

FXは世界情勢によって、ときに大きな金額が動くことがあります。

その際にシステム障害が起きて取引できなくなったら、利益を出すチャンスを逃してしまったり、小さく抑えられていたはずの損失が大きくなってしまったりと、大変な事態になる可能性があります。

自分の大事な資産を守るためにも複数口座を作り、システム障害等が起きた場合に備える必要があります。

過去に、注文を一定期間することができなくなったり、ログインができなくなってしまったりということが大手のFX会社でも起こっています。

その際にFX会社が全て補填をしてくれるわけでもないため、自分でリスクヘッジをする必要があります。

初心者にオススメなFX会社を紹介

これまで、FX会社の審査について見てきましたが、結局どの会社に口座を作れば良いかわからない人もいるでしょう。そんな人たちのために持っておくと便利なFX会社をご紹介します。

DMMFX

DMMFX

DMMFXは業界最狭水準のスプレッドで安定しているため人気です。
取引可能な20通貨ペア全てのスプレッドが業界最狭水準であり、相場が動いた時も広がりにくく低コストで取引ができます。

DMMFXの特徴
  • FX口座数国内ナンバー1
  • 全20通過ペアのスプレッドが業界最狭水準で安定している
  • 操作性に優れたスマホ取引アプリ
  • 今なら最大20000万円キャッシュバック

また、スマホ取引アプリがシンプルなので使いやすく初心者の方でも使用することができ人気があります。

GMOクリック証券

GMOクリック証券キャプチャ

「GMOクリック証券」は、月間取引高が7年連続世界第1位*の実力を誇っています。

GMOクリック証券の特徴
  • 月間取引高が7年連続世界第1位*
  • 取引ツールが使いやすい(高性能取引ツールもすべて無料)
  • 安定的なシステムを保持
  • スプレッド業界最狭水準

FX業界でとても重要視される「月間取引高」が7年連続世界第1位*という実績があるFX会社です。

親会社(GMOインターネット株式会社)の技術力を生かして開発した取引ツールに強みを持っています。

その他にもスプレッドが業界最狭水準であることや取引ツールが使いやすいなど初心者に優しいFX会社です。

*(ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月)

外為どっとコム

外為どっとコムは少額で取引ができるFX会社としておすすめです。

外為どっとコム
【特徴】
  • 少額(1,000通貨単位)から始められる
  • 取引ツールの使いやすさ、情報量、スワップポイント、スプレッドの全てで業界トップ水準

外為どっとコムは少額から取引をすることができるだけでなく、取引ツールの使いやすさ、スプレッド等を業界トップ水準で提供しています。

どのFX会社にも強みはあります。そのためどれか1つの会社を使うのではなく、複数のFX会社で口座を開設するものおすすめです。

まとめ

基本的な部分に注意すれば、FX会社の口座開設の審査に落ちることはまずありません。

仮に審査に落ちてしまったとしても、ほかのFX会社の審査を申し込めばいいのです。

本記事を参考にスムーズに口座を開設して、快適なFXライフを送りましょう。

Pocket

FX会社 米ドル円
スプレッド*1
取引
単位
今月の
キャンペーン・特典
詳細
DMMFX 0.3銭 10,000通貨 最大24,000円 DMMFXの詳細
GMOクリック証券 0.3銭 10,000通貨 最大33,000円 GMOクリック証券の詳細
YJFX! 0.3銭 1,000通貨 最大27,000円 YJFX!の詳細
外為どっとコム 0.3銭 1,000通貨 最大105,000円 外為どっとコムの詳細
ヒロセ通商 0.3銭 1,000通貨 最大55,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭 1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭 5,000通貨*2 最大20,000円 インヴァスト証券の詳細
初心者にオススメなのはDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの提示率も高い

総合力でオススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高7年連続世界第1位 ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

*1 スプレッドはすべて原則固定(例外あり)
*2 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載FX会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

YJFX!

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • YJFX!
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
ページトップ