FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2017.11.21更新

FX会社の比較・ランキング

FX比較ランキング|トルコリラ円でスワップポイントを稼ぐならここ!

FX経験者が選んだ【スワップポイント】比較ランキングBEST3

FX会社
米ドル円
スワップ
ユーロ円
スワップ
特徴
詳細
FX約定力比較ランキング1位のメダル
GMOクリック証券
46円
-4円
トルコリラ円が取引可能。メイン通貨のスワップが高い。
詳細
FX約定力比較ランキング2位のメダル
DMMFX
24円
-3円
どの時間帯でもスプレッドが安定している
詳細
FX約定力比較ランキング3位のメダル
SBIFXトレード
44円
-4円
各通貨のペアのスワップポイントが高い
詳細

*上記のスワップポイントは2017年8月22日時点での値を記載しています。

*ランキングは当サイトが行ったFX経験者に対するアンケート結果に基づく

「スワップポイントで稼ぎたい!」

スワップポイントはFX会社によって違います。それはただ単に数値だけではなく、そもそも通貨ペアを取り扱っているかどうか、サービス内容なども異なります。

ここでは、スワップポイントで稼ぎやすい通貨ペアとして知られるトルコリラ円について、また経験者がスワップポイントで比較したFX会社ランキングBEST3を詳しくご紹介します。

金利差で稼げるのか?スワップポイントの仕組み

「そもそもスワップポイントって何なの?」

そのように感じるFX初心者も多いはず。FX初心者が特に難しいと感じるのが、この「スワップポイント」です。

ここではまずスワップポイントの基本的な仕組みと外貨預金について説明していきます

スワップポイントの仕組み

まずは、スワップポイントの仕組みについて説明しましょう。

スワップポイント・・・取引を行ったときに発生する、各通貨間の「金利差調整分」のこと。

FXは異なる国の通貨(たとえば日本とアメリカ)の通貨を交換する取引です。

この時に金利も交換することになるのですが、各国の金利は異なるため、その差額を調整する必要があります。

一般的に、高金利の通貨を買い低金利の通貨を売れば、金利差調整分を「受け取る」ことになります。

反対に、高金利の通貨を売り低金利の通貨を買えば、金利差調整額を「支払う」ことになります。

高金利の通貨
低金利の通貨
金利差調整額
買う
売る
受け取る
売る
買う
支払う

もちろんこの場合の金利とは、各国の政策金利のみでなく、その他の為替の状況により変動する点に注意が必要です

スワップで稼ぐならトルコリラ円!

スワップ目的の取引でおすすめの通貨ペアはトルコリラ円です。

トルコリラとは、観光産業としての高い魅力を誇るトルコに着目し、ここ数年で一気に人気となっている通貨です。

取り扱うFX会社はまだ多くはないものの、やはりスワップポイントの高さは魅力です

今後の経済成長も期待されているため、スワップポイントのほかに、値上がり益も期待して保有する人が多いです。

また、銀行預金と比較すると圧倒的で、資産を有効活用したいという多くの方がこれらの通貨をつかってスワップポイント目的の長期保有を行います。

【FX会社11社の主要5通貨のスワップ比較表】はこちら

トルコリラ円で取引するデメリット

デメリットは情勢が不安定ということです

とくにスワップポイントが高いといわれている通貨ほど情勢が不安定である傾向にあります。中でも南アフリカランド円、トルコリラ円については注意が必要です。

たとえば、2015年8月のZARショック(ランドショック)がいい例です。

ZARショック(ランドショック)・・・2015年8月に週明け市場オープン直後のリクイディティ(流動性)の低さにより、南アフリカランド円が一時6%以上の下落となり、多くのFX投資家がロスカットに遭った。

コツコツとスワップポイントを積み上げていってもこういった自体によりロスカットを受けるとスワップポイント分を上回る損失となってしまいます。

対策としてはレバレッジをかけすぎず、管理できるポジションで長期保有を行うことです

現在、トルコや中国の経済情勢も緊迫しています。

裏側の話ですが、こういった情勢の場合、カバー先の外銀や邦銀がいくらでもスプレッドを広げることがあります。

特にトルコリラや中国元のようにあまり多くのFX会社が扱っていない通貨は注意が必要です。

最悪の場合、レートを提示できないということもありえます。(※その場合、ポジションを持っていたとしても決済できないという事態になります)

さらに、ずっとプラスであった買いスワップポイントがある日突然マイナスになることも考えられます。

メリット
デメリット
・スワップポイントが高い
・国の経済情勢が不安定な場合が多い

【スワップポイント】FX会社比較ランキングベスト3

1位:GMOクリック証券

GMOクリック証券キャプチャ
FX経験者が選んだスワップポイントが優れていると思うFX会社ランキング第1位はGMOクリック証券でした

GMOクリック証券は、出来高世界1位を5年連続で達成している業界最大手のFX会社です。そして、世界1位を4年連続で達成しており、FX業界の中では圧倒的な存在感を放っています。

多くの人に支持されるということはそれだけの理由があるということです。業界1位の会社でFXの口座を開くことは安心感が違います。

そして、GMOクリック証券は、なんといってもメイン通貨のスワップポイントが高い点が魅力です

特にドル円は1万通貨あたり43円から54円程度と他のFX会社よりもポイントがいいです。(なお、スワップポイントは固定ではなく、日によって変わります。直近のスワップポイントについては、以下のリンクから確認してください。)

GMOクリック証券FXネオ スワップポイントカレンダー

加えて、GMOクリック証券ではトルコリラ円の取引も可能です

トルコリラ円・・・
観光産業としての高い魅力を誇るトルコに着目し、ここ数年で一気に人気となっている通貨です。

取り扱うFX会社はまだ少なく、スワップポイントの高さは非常に魅力的です

今後の経済成長も期待されているため、スワップポイントのほかに、値上がり益も期待して保有する人が多いです。

トルコリラ円はスワップポイントが高いためおすすめなのですが、まだまだ取引できるFX会社は少ないです。

そんな中、GMOクリック証券でこの通貨ペアを取引できるのは大きなメリットです。

    また、GMOクリック証券では、毎営業日に権利が確定したスワップポイントをその都度出金することが可能です。

    具体的に南アフリカランド円の場合、80万円分を投資すれば毎日180円前後のお金が入ってきます。「ちりも積もれば山となる」ということで、年間だと65,700円のお小遣いになります。

    このように「毎日お小遣いがもらえる」ということがスワップ運用の魅力です。

  • GMOクリック証券で
    今すぐ口座開設
  • GMOクリック証券で
    の詳細へ

2位:DMMFX

DMMFX
次に、おすすめのFX会社がDMMFXです

DMMFXもGMOクリック証券に次ぐ業界大手のFX会社です。有名タレントを使ったテレビCMも積極的に行っており、FX業界でも知名度がかなり高いです。

また、月間取引高もGMOクリック証券に次いで2位であり、業界を牽引するFX会社です。

メリットはスプレッドが安定していることが挙げられます。多くのFX会社はスプレッドが原則固定と謳っていますが、相場が変動するとすぐに広がりやすいです。

DMMFXをおすすめする理由は、スワップポイントの透明性です

ほとんどのFX会社のスワップポイントは、買いスワップポイントと売りスワップポイントに差が設けられています。

【FX会社11社の主要5通貨のスワップ比較表】はこちら

たとえば、ドル円の買いスワップポイントが50円なら、売りスワップポイントは―55円という具合です。

このように、プラスの値とマイナスの値(つまり絶対値)が異なり、その差が一般的にFX会社の利益となっています。

しかしDMMFXは違います。

DMMFXのスワップポイントは取引所取引(くりっく365)と同じ形式をとっており、買いスワップポイントと売りスワップポイントの値が同じです。

つまり、ドル円の買いスワップポイントが50円なら、売りスワップポイントも―50円となります。

【FX会社11社の主要5通貨のスワップ比較表】はこちら

買いと売りで同じスワップポイントを提供することで取引所取引と同等の透明性を保っている点がメリットです。

3位:SBI FXトレード

SBIFX
最後におすすめなのがSBI FXトレードです

SBIFXトレードはなんと、1通貨単位から取引をすることができます。つまり約4円という少額から取引可能です。

他の多くのFX会社では、10,000通貨単位、少なくても1,000通貨単位からしか取引できないところがほとんどなので、この点他のFX会社を圧倒しています。

そして、各通貨ペアのスワップポイントが比較的高いです

【FX会社11社の主要5通貨のスワップ比較表】はこちら

主要通貨であるドル円のスワップは1万通貨あたり40円から43円程度と他のFX会社よりもポイントが高く、またトルコリラを扱っている少ないFX会社の1つでもあります

少額から始められるため、学生にも手が出しやすく人気のFX会社となっています。

スワップで稼げるその他の通貨

豪ドル

まず、おすすめなのが豪ドルです

トルコリラ円以外で、スワップ目的のトレードをする上で人気の通貨ペアが豪ドル円です。

オセアニア通貨といわれ、高金利通貨として世界的にも有名です。

また、高金利通貨としては、比較的経済が安定していることもメリットです

南アフリカランド

次に、スワップ目的のトレードでおすすめが南アフリカランドです

南アフリカ共和国は、我々にとってそれほど馴染みがない国であるものの、FXの世界では「ランド=スワップポイントが高い」というイメージが定着しています。

その魅力はなんといってもスワップポイントの高さです。

経済の安定性ではオーストラリアに劣りますが、その分たくさんスワップポイントを稼ぐことができます。

また、ほとんどのFX会社でこの通貨ペアを取り扱っているので安心して取引することができるのもメリットです。

FX会社11社の5主要通貨ペアのスワップ比較表!

FX会社
ドル円
豪ドル円
NZドル円
南アランド円
トルコリラ円
詳細
買い
売り
買い
売り
買い
売り
買い
売り
買い
売り
GMOクリック証券
48円
-50円
48円
-51円
51円
-54円
18円
-21円
106円
-116円
詳細
DMMFX
24円
-24円
42円
-42円
43円
-43円
18円
-18円
取扱無し
取扱無し
詳細
ヒロセ通商
2円
-57円
50円
-105円
60円
-115円
12円
-65円
116円
-201円
詳細
外為ジャパン
24円
―24円
42円
-42円
43円
-43円
18円
-18円
取扱無し
取扱無し
詳細
インヴァスト証券
50円
-61円
50円
-62円
50円
-62円
10円
-19円
93
-110
詳細
外為オンライン
30円
-60円
35円
-70円
40円
-70円
5円
-30円
取扱無し
取扱無し
詳細
YJFX!
40円
-41円
50円
-51円
47円
-48円
14円
-15円
取扱無し
取扱無し
詳細
マネーパートナーズ
10円
-65円
25円
-79円
25円
-79円
10円
-29円
98円
-108円
詳細
SBIFXトレード
41円
―42円
42円
-44円
44円
-46円
16円
-17円
97
-103
詳細
IG証券
109円
109円
86円
86円
79円
79円
8円
8円
取扱無し
取扱無し
詳細
FXプライムbyGMO
37円
-47円
40円
-50円
42円
-52円
13円
-18円
105円
-115円
詳細

*上記のスワップポイントの調査日:2017年8月22日

FX経験者が選んだ【カテゴリ別FX会社11社比較ランキング】

Pocket

FX会社 ドル円
スプレッド
取引
単位
11月
キャンペーン
詳細
GMOクリック証券 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大30,000円 GMOクリック証券の詳細
DMMFX 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大20,000円 DMMFXの詳細
ヒロセ通商 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大50,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭
(原則固定)
5,000通貨* 最大10,000円 インヴァスト証券の詳細
YJFX! 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大27,000円 YJFX!の詳細
マネーパートナーズ 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大10,000円 マネーパートナーズの詳細
初心者に1番オススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高5年連続世界第1位(2012年1月~2016年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

取引コストを抑えるならDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの安定性も高い

* 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
ページトップ