FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2017.11.06更新

FXのスマホアプリ

インヴァスト証券のスマホアプリの弱点は?7つの機能を徹底解説

インヴァスト証券のスマホアプリの使い勝手って実際どうなの?

インヴァスト証券での口座開設を考えているけど、実際の使い勝手はどうなのか。他社のスマホアプリと比較して優れている点や劣っている点はどこなのか

このページでは、このようにインヴァスト証券のスマホアプリに関して詳しく知りたい方に対して、メリットやデメリットはもちろんのこと、アプリの機能や注文方法などを細かいところまで解説します。

記事のまとめ
  • シストレ24はブラウザからならスマホでも可能
  • オートパイロット注文はアプリからでも使える
  • 裁量取引には不向きなアプリの仕様
インヴァスト証券

シストレ24はスマホで使えるのか

インヴァスト証券といえばシストレ24といえるほど、システムトレードでは有名なサービスですが、残念ながら現時点ではスマホアプリは提供されていません。

個人がPCから利用できるということ自体、これまでのFX会社では考えられなかったようなサービスですので、当然といえばそれまでなのですが、PCの前に張り付いていなくてもできるシステムトレードとしては、できることならスマホからも利用したいものです。

ただし、アプリでは利用できないものの、Myシストレ24からブラウザ表示によりiPhone/Android対応のスマホから取引の設定が可能となりました

ブラウザ表示ですから、PC版と同じ機能をいつでもどこからでも利用でき、ストラテジーの検索と稼働、手動による新規注文と決済なども簡単にできます。

シストレ24のストラテジー一覧シストレ24のストラテジー詳細画面1シストレ24のストラテジー詳細画面2

もちろん人気の「フルオート」もスマホから設定可能で、期間を設定して過去の実績損益などの情報を確認し、自動でストラテジーを入れ替えるトレードをスタートさせられます

フルオートは停止させることもできますので、PCから自動売買をスタートさせて外出先でスマホから稼働をストップさせるという判断もできます。

また、インヴァスト証券で連載されている人気の「シストレ24攻略ブログ」もいつでもスマホから閲覧することができます。

インヴァスト証券のスマホアプリの長所と短所

インヴァスト証券のスマホアプリの長所

インヴァスト証券のスマホアプリの長所は2つあります。

【インヴァスト証券のスマホアプリの長所】
  • 仕掛け注文もマニュアル注文も自由自在い
  • オートパイロット注文が可能

以下それぞれ解説していきます。

1.仕掛け注文もマニュアル注文も自由自在

インヴァスト証券のトライオートFX専用アプリでは、iPhone/Android版ともにスマホから仕掛けランキングを選んでそのまま稼働できたり、裁量トレードのマニュアル注文からはチャートを見ながら最短1タップでの発注が可能です。

以前は他社比で若干広かったスプレッドも業界トップレベルに改善されていますので、裁量トレードツールとしても問題なく利用可能です。

トライオートFXアプリの注文チャート トライオートFXアプリの自動売買ランキング

2.オートパイロット注文(自動売買注文)も可能

仕掛け注文やマニュアル注文だけではなく、オートパイロット注文の新規発注や設定変更、コピー作成もスマホから自由自在に設定することができ、チャート画面から売買スタイル、数量、利各幅、損切り幅など各種の条件を設定できます。

オートパイロット注文とは、AP注文、自動売買注文のことで、トライオートFXアプリは仕掛け注文・マニュアル注文にも自動売買注文にも対応しているアプリです

インヴァスト証券のスマホアプリの短所

一方、デメリットとしてあげられるのが2つあります。

【インヴァスト証券のスマホアプリの短所】
  • オートパイロット注文では売買手数料がかかる
  • 裁量トレードのアプリとしては機能性に欠ける

1.オートパイロット注文では売買手数料がかかる

オートパイロット注文では、ルールに従って自動で繰り返し注文が繰り返されますが、1万通貨未満の場合には1000通貨あたり新規・決済ともに2.0pips、1万通貨以上10万通貨未満で同様に1.0pips、10万通貨以上50万通貨未満で同様に0.5pipsの手数料が適用されます

50万通貨以上の場合には手数料は無料となりますが、例えば10万通貨単位でのトレードであればスプレッド以外に200円の手数料が発生することになります。

システム開発等にコストがかかりますので、手数料徴収ということでしょうが、それだけの価値があると思うトレーダーにとっては微々たる金額ですが、その判断をするのはトレーダー次第となります。

この問題はアプリに限った話ではありませんが、トライアートFXアプリにも引き継がれてしまう問題点となります。

2.裁量トレードのアプリとしては機能性に欠ける

トライアートFXアプリは、裁量トレードにも自動売買トレードにも利用できるという非常に便利なアプリなのですが、二兎を追うものは一途も得ずということわざもあるように、若干中途半端な作りになった感もあります。

裁量トレードのみであれば、FX24専用アプリがありますし、トライオートFXアプリを利用する必然性はあまり感じません

トライオートFXのチャート機能

トライオートFXアプリのチャート機能は、オートパイロット注文がメインと考えられているのか必要最低銀の機能となっています

時間足は1分足から月足まで8種類利用することができますが、テクニカル指標や描画ツールは搭載されておらず、裁量トレードで利用する場合にはチャートを見ながら注文することはできません。

トライオートFXアプリのチャート

インヴァスト証券では、トライアートFXアプリとともにFX24の専用アプリが提供されていますので、裁量トレードで利用する場合にはFX24のアプリのチャートを利用することで高機能なサービスの提供が受けられます

こちらのアプリでは、14種類のテクニカル指標が利用でき、3種類のテクニカル指標を同時に表示することも可能です。

YJFX!のスマホアプリのニュース・経済指標・アラート

ニュース・経済指標について

トライアートFXアプリにはニュース欄があるのですが、そこで提供されているのは他のFX会社のモバイルアプリにあるようなMarketWin24やGlobalInfo24のような経済ニュースの類ではありません。

ここで提供されているのは、インヴァスト証券の公式サイトで24時間リアルタイムに更新されているブログ「ディーラーズバトル24」となります。

このブログでは、為替のプロフェッショナルのディーラーが24時間ノンストップで為替のホットな情報を提供しています。通常の経済ニュースとは異なり、FXに特化した高品質な情報が提供されています

トライオートFXアプリのニュース トライオートFXアプリのレート一覧画面

アラート機能

有効比率が各水準以下になるとロスカットになる可能性があるという警告メールとして、プレアラートやアラートメールが送信されます。

このメールによって、建玉が決済されたり自動売買注文が取り消されることはありませんが、有効比率がロスカット基準以下となると強制売買が執行されます。

個人口座の場合には、有効比率120%以下でプレアラートメール、同じく有効比率75%以下でアラートメールが送信され、有効比率50%以下でロスカットとなります。

プレアラートメール・アラートメールは原則として1営業日に1回の送信となりますが、1営業日内にいったん有効比率以上に回復して再度有効比率以下になった場合には、再度送信されることになります。

トライアートFXアプリには、レート通知アラートなどの機能はありません。レート通知機能などの各種のアラート機能はFX24アプリに搭載されています。

トライオートFXの注文方法

スキャンピングやデイトレードなどの短期売買のための注文手法を提供するアプリは多く存在しますが、実際には、そのようなタイミングでトレードできる投資家は少なく、中期・長期トレードする個人トレーダーも多いという事実があります。

これに対応したのがトライオートFXアプリで、短期のみならず、中期投資・長期投資にも対応した注文方法を提供するアプリです

つまり、短期投資のタイミングを気にせずに、スイングトレードやポジショントレードがメインであるトレーダーのためのアプリともいえます。

裁量トレード

いわゆる通常のトレードでマニュアル注文方式ともよばれ、取引期間は1日程度の短期売買取引に向いています。

自らの判断で売買する中・上級者向けの裁量トレードとなり、売買頻度が高いため売買する時間をたっぷりととることが可能な熟練した経験と技術を持つトレーダー向きの注文方法です

通常に注文する場合には、成行き・指値・逆指値・一括決済・強制決済・ロスカットに対応できます。

オートパイロット注文

AP注文、半自動トレードとも呼ばれ、取引期間は1か月から3か月くらいの中期売買向きで、自らの判断で相場の方向を決めたら後はルールに従って連続注文を実施します

初心者にありがちな「損切りできない」という問題から解放され、「勝ち逃げ」設定なども利用できます。ほぼ自動で取引が行われますので、会社員などの裁量トレードの時間をうまく確保できないトレーダーにも向いています。

ただし、50万通貨未満のトレードでは手数料が発してしまいます。

マネーパートナーズのHyperSpeed Touchの連続予約注文は、手数料完全無料化・スプレッド変更なしをうたっていますので、オートパイロット注文も手数料の引き下げや無料化を検討してほしいところです。

自動放置トレード

仕掛け注文とも呼ばれますが、取引期間は1か月以上の長期取引となり「放置」しておきながら長期的な視野でトレードします

トレード技術や経験はそれほど必要ではなく初心者でも十分な利益が目指せる注文方法で、複数のオートパイロット注文を組み合わせることで売買戦略が作成できます。

トライオートFXのクイック入金・出金

トライオートFXアプリでは、どこにいてもトレードチャンスを逃すことのないようにクイック入金に対応しており、24時間365日ほぼリアルタイムで入金することができます

ただし、最近ではDMMFXのように全国約380行の金融機関でクイック入金に対応するところが増えていますが、トライオートFXアプリから利用できるのは、みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・住信SBIネット銀行・ゆうちょ銀行の8行のみとなっています。

せっかくのトライオートFXなのですから、地方銀行含めてもう少し対応できる銀行を増やしてほしいものです。

また、残念ながら、トライオートFXアプリからは出金することはできません。最近のFX会社のスマホアプリではクイック入金とともに出金にも対応しているものがほとんどですから、出金についても早く改善してもらいたいものです。

インヴァスト証券
Pocket

FX会社 ドル円
スプレッド
取引
単位
11月
キャンペーン
詳細
GMOクリック証券 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大30,000円 GMOクリック証券の詳細
DMMFX 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大20,000円 DMMFXの詳細
ヒロセ通商 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大50,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭
(原則固定)
5,000通貨* 最大10,000円 インヴァスト証券の詳細
YJFX! 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大27,000円 YJFX!の詳細
マネーパートナーズ 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大10,000円 マネーパートナーズの詳細
初心者に1番オススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高5年連続世界第1位(2012年1月~2016年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

取引コストを抑えるならDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの安定性も高い

* 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
ページトップ