FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2019.10.01更新

FXのスマホアプリ

外為どっとコムのスマホアプリ「外為ネクストネオ」を解説!充実した情報量とFX初心者に優しい機能

この記事では、外為どっとコムのスマホアプリ「外為ネクストネオ」の使い勝手を知りたいという方に向けてアプリの便利な機能や、注文方法などを詳しく解説していきます。
良い点ばかりではなくデメリットも紹介するので、リアルな使用感がしっかりイメージできるはずです。

外為ネクストネオのイメージ画像
外為どっとコムのアプリ「外為ネクストネオ」の良い点
  • 独自の経済研究機関を持ち、FX業界トップクラスの情報量を誇る!
  • 決済注文の豊富さ
  • オリジナルカスタマイズで注文がよりスムーズに
外為ネクストネオのアプリのデメリット悪い点
  • チャート画面に注文機能が付いていない
  • アプリの調子が悪い時もある

外為どっとコムのスマホアプリ外為ネクストネオの総評

外為ネクストネオは外為どっとコムのスマホトレード用アプリです。シンプルなトレード機能と複数のカスタマイズ性を備えているため、初心者から中級者まで取り扱いやすいアプリに仕上がっています

外為ネクストネオのチャート画像PC版

初めてのログイン後には、レート画面での操作方法やホーム画面の使い方、チャート機能、スピード注文画面で操作方法を説明してくれるレクチャーが再生されます。
これは設定画面でONにすることでから何度も確認できるので、初めてのFXトレードでアプリに不慣れな人でも扱いやすいでしょう。

中級者以上の人は、ログイン後に表示する画面の変更や、ホーム画面に表示する通貨ペアのカスタマイズ、注文時に毎回Lot数などを指定しなくても良い注文Lot数設定機能などの機能性の高さをチェック。自分なりのトレード環境を整えられるのが外為ネクストネオだといえるでしょう。

外為ネクストネオの3つの良い点を紹介

ここでは外為ネクストネオの良い点を3つ紹介します。

FX業界トップクラスの情報量を誇る

外為ネクストネオでは、豊富な情報にアクセス可能です。ニュース速報などはアプリ上でそのまま閲覧でき、そのほかのレポートや動画はボタン一つでニュースサイトに移動して閲覧可能です。

また外為どっとコムは「外為どっとコム総合研究所」という独自の経済研究機関を運営しています。これまでの経済研究所などと違う点は、母体がFX取引の専門会社である外為どっとコムである点です。さらに、これまで機関投資家や法人向けだった経済レポートを一顧客向けに配信していることもポイントです。

外為どっとコム総合研究所から配信される情報を見られるのが「外為情報ナビ」というサイトです。ここにはアプリからボタン一つでアクセス可能です。トレードの隙間時間で経済レポートを読んだり、専門家の解説動画を確認したりすることができ、最新の情報はこのサイト一つで完結できてしまいます。これは外為ネクストネオの良い点の一つです。

このように「外貨ネクストネオ」は経済情報が充実しているので、メインで取引でなくてもサブ口座としてアプリを入れてきましょう

しかし、ここ最近アプリのニュースは取引量に応じて閲覧が制限されるようになりました。通常会員はアプリの中で2社のニュースの閲覧が可能で、取引量に応じてレポートやより多くのニュースの閲覧が可能となります。

決済注文の豊富さ

次にチェックポイントは、決済注文の豊富さです。全11種類の決済方法から厳選した、珍しい注文方法を3つ紹介します。

外為ネクストネオの注文画面 外為ネクストネオの注文画面

まず1つ目は時間指定ストップ注文です。

【ストップ注文とは】
  • 時間を指定して一時的に有効なストップ注文を入れることができるというものです。例えば、仕事の付き合いなどで米国の雇用統計がチェックできないけれど、結果次第で今のポジションが大きな含み損になってしまう時などに有効です。一時的な急変で、予想外の損失を出す可能性を事前に抑えられます。

2つ目はOCO決済注文です。

【OCO注文とは】
  • 聞き馴染みがないかもしれませんが、One Cancel Otherの略称で、現在保持しているポジションに対して、指値注文とストップ注文の両方を設定できます。長時間レートを見られない時でも予想通り動けば自動で利確してくれますし、ストップ注文で予想外の損失を被る可能性を抑えられます。

基本的な注文方法である成行・指値・逆指値・IFD・IFO・OCOはもちろん、他のFX会社ではあまり見られないトレール注文もスマホアプリで取引可能です

【トレール注文とは】
  • 決済の損切り注文の一つで、指定した値幅(トレール幅)以上不利な方向へ進んだ時にストップ注文が執行される注文方法です。上昇相場で利食いを伸ばし続ける注文方法で、使いこなせれば大きな利益をもたらすこともある注文方法です。

この方法なら、最初に注文した時に設定した値幅以上の損失が出てしまう可能性を抑えることができます。さらに自分が予想した方向へレートが伸びた時には、ストップ注文がレートを追いかけるように変化していきます。そのため指値で利益幅を決めてしまうことなく、利益が伸びきるまでじっくり待つことが可能になります。

これらの注文方法は、今まであまり考えられなかった注文方法で、FX会社で取り入れているところはかなり珍しいです。しかし、実際使うと非常に便利な注文方法となっており、これまで他のFX会社では決して実現できなかった取引が可能になります。

オリジナルカスタマイズで注文がよりスムーズに

3つ目のポイントは、注文Lot数などを自分好みにカスタマイズできることです。初心者なら毎回同じLot数での取引からはじめてみましょう。毎回Lot数を変えてしまうと、損益の大きさや重大さに気付きにくくなってしまうからです。

アプリのカスタマイズ機能を用いることで、デフォルトの注文Lot数を指定したりストップ注文の初期値幅を指定しておくことも可能です。これらを設定しておくことで、素早く注文を設定したい時などに、わざわざLot数やストップ注文の値幅を入力しなくても注文が完了します。

外為ネクストネオの2つの悪い点

これまでは外為ネクストネオの良い点についてお伝えしましたが、ここからは外為ネクストネオの残念な機能について解説していきます。

チャート画面に注文機能が付いていない

外為ネクストネオには、非常に高性能なチャートツールが付いており、各種インジケーターやトレンドラインの描写が可能です。
一方でチャート機能の中では発注や決済注文を行うことができず、新規注文やスピード注文、決済注文の画面に移動してからの注文になってしまいます。これを使いづらく感じる人もいるでしょう。

外為ネクストネオのチャート画面

スピード注文ではチャートを見ながら注文ができるのですが、スピード注文時に見られるチャートにはインジケーターを表示する機能が付いていません。インジケーターを見ながらトレードを行いたい人には使い勝手が悪いかもしれません。

アプリの調子が悪い時もある

Androidユーザー限定ですが、ブラウザバックで一つ前のページに戻れないことが使い勝手を悪くしています。例えばチャート画面から注文画面に移動したあとで、もう一度チャート画面に戻りたい場合にブラウザバックボタンで戻れません。
アプリ終了のコマンドが出てきてしまうので、チャート画面に戻るためには一度全体のメニューに移動してから、再度チャートを選ばなければなりません。
これは非常に使い勝手が悪い部分といえるでしょう。

外為ネクストネオのアプリのチャート機能と使い方

外為ネクストネオでは、非常に多くのインジケーターを表示することができます。テクニカル系インジケーター8種と、オシレーター系インジケーター8種です。基本的なものはもちろん、特定の機関によって商標登録されているインジケーターも利用可能です。

テクニカル 種類
トレンド系 単純移動平均線(SMA)、指数平滑移動平均線(EMA)ボリンジャーバンド、一目均衡表、スパンモデル、スーパーボリンジャー、パラボリック、エンベロ
オシレーター系 MACD、RSI、RCI、DMI、ストキャスティクス、スローストキャスティクス、サイコロジカルライン、乖離率

次は外為ネクストネオのチャートについて説明していきます。

最大3つまで!複数インジケーターを表示可能

外為ネクストネオでは、テクニカル系1種とオシレーター系2種の最大3つのインジケーターを同時に表示可能です。もちろんテクニカル系1種や、テクニカルとオシレーター1種ずつの出し分けもできます。

外為ネクストネオのインジケーターを表示したチャート画面 外為ネクストネオのインジケーターを表示したチャート画面

他のFX会社では、トレンド系は豊富でもオシレーター系が少ないというパターンが多いです。その点「外貨ネクストネオ」ではオシレーター系も充実しているので、パソコンの高機能チャートと比較しても遜色ないトレード環境をスマホで構築できます

自分のオリジナル設定をお気に入りに保存することが可能

外為ネクストネオのアプリには、自分が設定したチャートをお気に入りとして保存できます。FXでトレードできる通貨ペアには、それぞれ異なる特徴があるので、通貨ペアごとに特徴を捉えた分析方法を用いることもあるでしょう。

しかし、通貨ペアごとにインジケーターを毎回設定し直すのは大変な手間がかかります。外為ネクストネオのお気に入り機能を活用すれば、以前に設定したチャートを呼び出せます。お気に入り機能を活用して、通貨ペア別の分析を行ないましょう。

⇒外為どっとコムのスマホアプリ『外為ネクストネオ』の公式操作マニュアルはこちら

外為ネクストネオの使い方!初心者向けに注文方法を解説

ここでは初めて外為ネクストネオを利用する人に向けて、入金方法から注文方法までを順に説明します。

アプリをダウンロードしたらまずは入金

入金と出金については、残念ながらアプリ上で操作が完結しません。アプリ上のメニューで入出金を押すと別のページに移動します。

移動した先のページでは、通常ではクイック入金のページが表示されます。クイック入金を行いたい金額、入金先のFX口座(通常のトレードには外貨ネクストネオ)、金融機関の設定を行い確認ボタンで次に進みます。

その後は入金依頼をタップすると、基本的には即日反映されます。クイック入金は仲介システムを使って銀行口座を認証しています。クイック入金を用いない場合は銀行振込という方法がありますが、振込手数料が自己負担になり、さらに入金までに時間がかかってしまうというデメリットがあります。

注文方法

続いては、外為ネクストネオでの注文方法について見ていきましょう。

1.スピード注文でライブ注文が可能に

外為ネクストネオでは、保有ポジションを見ながら、チャートを見ながら、の2パターンでスピード注文を行えます

スピード注文とは、あらかじめ指定した条件に従って成行注文、またはライブ注文ができる機能です。また設定次第では、すでに保有しているポジションの決済注文としても使えます。

1pipsでも利益に繋げたい場合には、リアルタイムで「レートを見ながらのスピード注文」が向いています。
また、現在持っているポジションの決済注文には、「チャートを見ながら転換を見極めてのスピード注文」を。

外為ネクストネオの注文方法 外為ネクストネオの注文方法

2.ワンクリック決済と全決済で即時決済を可能に

もう一つ気になる注文機能が、ワンクリック決済機能と全決済機能です。どちらも保有しているポジションを即時決済する機能です。ワンクリック決済機能は、保有しているポジション単位で即時決済を行うことができます。ポジション一覧の設定ボタンからON/OFFの切り替えが可能です。

全決済機能は、通貨ペア別に保有しているすべてのポジションを決済する機能です。特定の通貨ペアで大きな変動があった時などに有効な機能です。

利益が出たら出金

外為ネクストネオアプリからの出金は、入金時と同じように入出金ボタンから行います。新しく開いたページの上部にある「出金依頼・取消」をタップして、出金元のFX口座と出金依頼額を指定しましょう。

また銀行営業日の午前中までに出金依頼を行うと、当日に出金可能です。

外為ネクストネオのスペック一覧表

基本情報 詳細
注文種類 マーケット、成行、指値、ストップ、時間指定成行、時間指定指値、時間指定ストップ、IFD、IFO、OCO、トレール
時間足種類 記載なし
レート更新時間 記載なし
テクニカル指標(トレンド) 単純移動平均、指数平滑移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド、パラボリック、エンベロープ、スパンモデル、スーパーボリンジャー
テクニカル分析(オシレーター) DMI、RSI、ストキャスティクス、RCI、サイコロジカルライン、乖離率、MACD、スローストキャスティクス
マーケット情報 ニュース(ニュース速報、フィスコライブ、GI24、ロイター)レポート(フィスコ朝刊、フィスコ夕刊、酒匂レポート、外為トゥデイ、外為マンスリー、G.com)
トレンドライン種類 指で描写可能
二段階認証 記載なし
自動ログイン 可能
デモトレード 記載なし
プッシュ通知 可能
スワップポイントの表示 記載なし
カスタマイズ機能 チャート表示(トレンド系1つオシレーター系2つの同時表示)、チャートお気に入り保存
チャート表示 縦画面表示、横画面表示、トレンド系1つオシレーター系2つの同時表示可能
Pocket

FX会社 米ドル円
スプレッド*1
取引
単位
今月の
キャンペーン・特典
詳細
DMMFX 0.3銭 10,000通貨 最大24,000円 DMMFXの詳細
GMOクリック証券 0.3銭 10,000通貨 最大34,000円 GMOクリック証券の詳細
YJFX! 0.3銭 1,000通貨 最大77,777円 YJFX!の詳細
外為どっとコム 0.3銭 1,000通貨 最大105,000円 外為どっとコムの詳細
ヒロセ通商 0.3銭 1,000通貨 最大55,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭 1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭 5,000通貨*2 最大10,000円 インヴァスト証券の詳細
初心者にオススメなのはDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの提示率も高い

総合力でオススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高7年連続世界第1位 ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

*1 スプレッドはすべて原則固定(例外あり)
*2 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載FX会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

YJFX!

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • YJFX!
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
ページトップ