FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2018.04.11更新

FXのスマホアプリ

外為どっとコムのスマホアプリの弱点は?8つの機能を徹底解説

外為どっとコムのスマホアプリの使い勝手って実際どうなの?

外為どっとコムでの口座開設を考えているけど、実際の使い勝手はどうなのか。他社とは異なる外為どっとコムのスマホアプリの強みと弱みは何なのか

このページでは、このように外為どっとコムのスマホアプリに関して詳しく知りたい方に対して、メリット・デメリットに加え、アプリの機能や注文方法などの細かい部分まで解説します。

記事のまとめ
  • FX業界トップクラスの経済情報量
  • 多様な注文方法でトレードスタイルが広がる
  • 複数のチャートを同時に表示できないことが弱点
外為どっとコム公式サイトキャプチャ

「外貨NEXT neo」の長所と短所

今回は、外為どっとコムのスマホアプリ「外貨NEXT neo」について解説をしていきます。

外為どっとコムは、FX業界でも知名度の高いFX会社です。特に深田恭子さんのテレビCMも行っており、初心者から上級者まで幅広くカバーできるFXの会社です。では、これより「外貨NEXT neo」の長所と短所を解説していきます。

外為どっとコムのスマホアプリの長所

【外貨NEXT neoの長所まとめ】
  • 注文方法が豊富
  • 取り扱い通貨ペア数が多い
  • 経済情報が充実している

1.注文方法が豊富

「外貨NEXT neo」は、注文方法が豊富です。基本的な注文方法である成行・指値・逆指値・IFD・OCO・IFDOはもちろん、他のFX会社ではあまり見られないトレール注文もスマホアプリで取引が可能です

【トレール注文とは】

決済の損切り注文の一つで、指定した値幅(トレール幅)以上不利な方向へ進んだ時にストップ注文が執行される注文方法です。上昇相場で利食いを伸ばし続ける注文方法として、使いこなせれば大きな利益をもたらすこともある注文方法として人気です

さらに、「外貨NEXTneo」では、時間指定成行、時間指定指値、時間指定ストップといった非常に珍しい注文の可能です。

【時間指定成行注文とは】

時間指定成行とは、時間指定した任意の日時に成行注文が執行される注文方法です(指定できる日時は注文発注した日から30営業日後までです)。

たとえば、「大きくレートが変動するアメリカの雇用統計(日本時間21:30)の前の時間帯に決済をしてしまおう」というような使い方ができます。

【時間指定指値・時間指定ストップとは】

時間指定した任意の日時までに指定レート等に達した場合は指値またはストップ注文が執行され、達しなかった場合は時間指定した日時に成行注文が執行される注文方法です。

これらの注文方法は、時間軸で注文を行うという今まであまり考えられなかった注文方法で、FX会社で取り入れている所はかなり珍しいです。しかし、実際使うと非常に便利な注文方法となっており、これまで他のFXの会社では決して実現できなかった取引が可能になります。

2.取り扱い通貨ペア数が豊富

「外貨NEXT neo」では、通貨ペアの取扱いが他社と比較して豊富な点がメリットです。主要通貨はもちろん、トルコリラ円、人民元円、ノルウェー円、スウェーデン円、メキシコペソ円といった他社ではなかなか扱わない通貨を取り入れています。

特に最近ではスワップポイントの高さからトルコリラ円への注目が高まっています。そういった注目通貨を、スマホアプリで気軽に試せるのは便利です。

これら注文方法と通貨ペアの豊富さにより、「外貨NEXTneo」を使うことで他のFX会社よりも多くのトレードチャンスを得ることができます。

3.経済情報が充実している

「外貨NEXT neo」では、経済情報がかなり充実しています。ニュース配信会社は、ニュース速報、フィスコライブ、GI24、ロイターの4社です。

他の多くのFX会社では、ニュース配信会社が1社か2社というところがほとんどですが、「外貨NEXT neo」では4社見ることができるのでかなり情報量が多いです

また質に関しても、ロイターはもちろん、GI24はFX業界の中でもかなり質がよいニュース配信会社と評価されているので、アプリを見るだけでトレードに役立つ情報のキャッチアップが可能になります。

さらに、ニュースだけでなく、レポートの閲覧も可能です。レポートはフィスコ朝刊、フィスコ夕刊、酒匂レポート、外為トゥデイ、G.comと多岐にわたる閲覧が可能です

以上にとどまらず、各国の政策金利も確認できる徹底ぶりです。

「アメリカが利上げをした」などのニュースは比較的どのFX会社のアプリでも確認することができますが、「今政策金利は実際何%なのか?」「過去にはどのくらいだったのか?」を知ることができるアプリは珍しく、かなり貴重といえます。

「外貨NEXT neo」は経済情報が充実しているので、メインで取引をしないとしてもサブ口座としても口座開設してアプリを入れておくことをおすすめします。トレーダーの多くがこの経済情報を得るために「外貨NEXT neo」をダウンロードしています。

外為どっとコムのスマホアプリの短所

次に、「外貨NEXT neo」の短所について。「外貨NEXT neo」の短所は、チャートが1画面しか表示できないことです。

現在多くのFX会社は4画面表示などに対応しているのでこの点短所といえます。
複数のチャートを表示させられないということは、異なる時間軸や異なる通貨ペアを一目で分析するといったトレード方法が制約されてしまいます。

しかし、1画面しか表示できないこと以外に大きな短所はないとも言えるため、複数画面のチャート表示を重要視しない人にはとてもおすすめできるFX会社といえます

外貨NEXT neoのチャート機能

次に、「外貨NEXT neo」のチャート機能について解説していきます。

まずはテクニカル指標について。
上述したように、「外貨NEXT neo」で利用できるテクニカル指標はかなり充実しています。

トレンド系は、単純移動平均、指数平滑移動平均、 一目均衡表、ボリンジャーバンドといった有名なものはもちろん、パラボリックやエンベロープといった、パソコンのチャートでしか扱っていないようなテクニカル指標も利用できます

そして、今人気のスパンモデルとスーパーボリンジャーもスマホ上で描画することができます。

次に、オシレーター系では、MACD、スローストキャスティクス、DMI、RSI、ストキャスティクス、RCIといったメインのオシレーター系のテクニカル指標がしっかり備わっています。

さらに、 サイコロジカルライン、乖離率といった上級者向けのオシレーター系のテクニカル指標も揃っています

他のFX会社では、トレンド系は豊富でもオシレーター系が少ないスマホアプリも多くありますが、「外貨NEXT neo」ではオシレーター系も充実しているので、パソコンの高機能チャートと比較しても遜色ないトレード環境をスマホで構築できます

また、「外貨NEXT neo」の特徴的な機能としてチャートのお気に入り機能があります。よく使うチャートをお気に入りに保存すれば、すぐに呼び出すこともできるので大変便利です。

次に、描画ツールについて。
「外貨NEXT neo」では、チャート上に直接ラインを引くことができます。

他の多くのFX会社のスマホアプリでもラインを引く機能が備わっていることが多いのですが、「外貨NEXTneo」の場合、なぞるだけ(長押し&ドラッグ)で引けるため、直感的な操作で操作性に優れています。

外貨NEXT neoのニュース・経済指標

上述したように「外貨NEXTneo」はニュースが豊富です。配信会社は、ニュース速報、フィスコライブ、GI24、ロイターの4社です

レポートも充実しています。フィスコ朝刊、フィスコ夕刊、酒匂レポート、外為トゥデイ、G.comと5つ用意してあり、これらすべてスマホアプリで閲覧が可能です

もちろん、経済指標のチェックも可能です。「外貨NEXT neo」の週間予測カレンダーでは、その週に発表予定の主要経済指標を一覧でき、各経済指標の前回の結果と今回の予想値、そして今回の発表結果の3項目をそれぞれ確認する事ができます。

加えて、各国の政策金利までアプリで確認することができ、情報の量と質はFX会社でもトップクラスです

外為どっとコムのスマホアプリの注文方法

こちらも上述しましたが、「外貨NEXT neo」は注文方法がかなり豊富です。まず、成行・指値・逆指値・IFD・OCO・IFDOはもちろん、まだ取り入れているところが少ないトレール注文が可能です

そして、もっとも特徴的なのは時間指定による注文です。時間指定成行、時間指定指値、時間指定ストップといった時間軸で注文をおこなうという一風変わった方法が「外貨NEXTneo」では可能です。

「仲値までに決済したい」「NY市場のオープンと同時にポジションを建てたい」「ビックイベント前にポジションを手仕舞いたい」といった時間による売買が可能なので、従来のレートによる注文と比べるとトレードの戦略の選択肢が劇的に増えることになります

これから可能性がある注文方法である時間指定注文をいち早く取り入れることができ、かなり魅力的なスマホアプリであるといえます。

外貨NEXT neoの出入金機能

まず、入金について。「外貨NEXT neo」では、スマホアプリ上でクイック入金が可能です

クイック入金対応銀行は、じぶん銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、セブン銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行の10行です。

次に、出金について。「外貨NEXT neo」では、スマホアプリ上で出金も可能です

当日出金は、上限200万円で平日午前中までに依頼すれば、金融機関を問わず当日に出金されます。ただし、出金回数制限は1営業日あたり1件までです(未処理の依頼がある場合は、その完了まで追加依頼は不可となります)。

入出金がすべてスマホ上で簡潔するので、急な売買チャンスでの入金から利益確定後の出金までPCを使わずに行うことができ、とても便利です。

その他スマホアプリの魅力的なサービス

他に「外貨NEXT neo」で特徴的な点は、スマートデバイスでの利用にも力を入れているということです。

具体的には、Apple Watchとの連携によるレートの確認、チャート、経済指標のチェックができます。iPhoneとApple Watchを利用している方に特におすすめです。

外為どっとコム
Pocket

FX会社 ドル円
スプレッド
取引
単位
今月の
キャンペーン
詳細
DMMFX 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大22,000円 DMMFXの詳細
GMOクリック証券 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大33,000円 GMOクリック証券の詳細
外為どっとコム 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大103,000円 外為どっとコムの詳細
YJFX! 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大27,000円 YJFX!の詳細
ヒロセ通商 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大50,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭
(原則固定)
5,000通貨* 最大20,000円 インヴァスト証券の詳細
初心者にオススメなのはDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの提示率も高い

総合力でオススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高6年連続世界第1位(2012年1月~2017年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

* 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載FX会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

YJFX!

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • YJFX!
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
ページトップ