FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2017.05.17更新

シストレ24

初心者がシストレ24で失敗しないためのストラテジーの選び方4つ

シストレ24の自動売買は興味あるけど、初心者だし失敗しそうだな…

「シストレ24=自動売買(システムトレード)」というのは何となくわかる。でも、実際にはじめるのに抵抗がある人はかなり多いのではないでしょうか?
そんなあなたに、このページでは「これだけ分かればシストレ24で稼げる!」と言えるほど、シストレ24について徹底的に解説いたします。

【そもそもシステムトレードとは】
・投資のプロ、あるいは自ら考えた売買プログラム(=ストラテジー)を使って取引をする
・長期戦のため、ある程度の資金が必要
初心者には困難な、最適なストラテジーの選択・作成しなければならない中上級者向けの取引手法

このように、システムトレードはFXに対して高いレベルの知識が求められる、FX初心者にはハードルの高い取引手法です。
しかし、この常識に革命を起こしたのがシストレ24でした。

【シストレ24の特徴】
・数種類のパターンから選ぶだけの、業界初のフルオート機能で初心者にも優しい
・必要な最低資金は2万円*、FX会社の最低推奨資金は5万円
(フルオート機能の場合は20~30万円)
世界一の6000を超えるストラテジーの数
・口座開設をすれば、無料デモトレードができる
*1ドル=100円の場合

業界初のフルオート機能により初心者でも簡単に、無料デモトレードにより取引ツールに慣れることでミスなく取引できるシストレ24は、FXで自動売買をしたい方にはこれ以上ないオススメのサービスです。

シストレ24はどんなツールなのか?

シストレ24とは、インヴァスト証券が提供している自動売買サービスのことです。
世界中の投資のプロが考案した「ストラテジー」とよばれる自動売買プログラムを選ぶだけで、自動的にFX取引ができるサービスです。

最近は、「トラリピ」など各FX会社がリピート系の注文サービスをリリースしていますが、それらとは異なり、より複雑なシステムでの自動売買が可能です。

運営しているインヴァスト証券とは、どんな会社なのか?

シストレ24のサービスを提供している会社は、インヴァスト証券というFX会社です。
インヴァスト証券は自動売買に力を入れている会社で、システムトレードでFX業界をリードするかなり知名度の高い会社です。
頻繁に各雑誌やテレビなどでも広告を出しており、認知度が日増しに高まってきています。

シストレ24を利用するメリット・デメリット

そもそもシストレ24とは、システムトレード、つまり自動売買の一種です。

自動売買の場合、裁量取引(自分で通貨ペアを買ったり売ったりすること)に比べて余計な心情が働かず条件通りに注文を執行します。FXはどうしても上述の感情(メンタル)な部分にパフォーマンスが左右されてしまい、その結果多くの裁量トレーダーが損を出してしまっているのが実情です。はじめからこういった自動売買を行うことは上記のメンタル面を克服でき、メリットといえます。
また、シストレ24の場合は、他の多くのFX会社が提供するリピート系注文と異なり、より複雑なストラテジーで運用が可能です。リピート系だけでは対応しきれない難しい相場も、これらのストラテジーを使えば大きく利益を挙げるチャンスがあります。

一方、一般的にシステムトレードは専門的な用語も多く、「そもそもFXをまったくしらない」という方には少し敷居が高い点がデメリットです。

とはいえ、上述の理由から実は初心者こそシステムトレードをしっかり利用するメリットがあり、そこに儲けのチャンスがあると言えます。また、シストレ24は従来のシステムトレードとは異なり、かなり初心者にわかりやすい取引画面なので、取引画面の見方や専門的な用語も一度覚えてしまえばすんなり理解できるので安心です。

ログインしてサービスがたくさんあるけどどれを選べばいいの?(サービスごとの特徴)

インヴァスト証券の口座を開設して、マイページにログインをすると、いろいろなFXサービスがあり、初めての場合どれをクリックすればよいか迷ってしまう方もいます。そこで、まずはそれぞれのサービスの説明を行っていきます。

口座開設後、通常は以下の5つのログイン画面が表示されます。

・「Myシストレ24」
・「MIRROR TRADER(ミラートレーダー)」
・「トライオートFX」
・「FX24」
・「くりっく365」

「Myシストレ24」

シストレ24を行うのに一番ベーシックな取引ツールです。初心者でもわかりやすくストラテジーの選択や分析などが行なえます。また、後述するフルオートやジョイントレードなどの操作も簡単に行うことが可能です。

「MIRROR TRADER(ミラートレーダー)」

選択型の自動売買取引プラットフォームとして世界中で利用されているツールです。かなり性能が高いのがメリットですが、一方、ストラテジーの選択や分析等を行うのに初心者ではとっつきにくい面も多くあるのがデメリットです。この「MIRROR TRADER(ミラートレーダー)」を使えば、いくつかのストラテジーを損益曲線を表示させて比較したり、ストラテジーを運用するだけでなく手動で決済ライブシグナル注文などの取引も可能です。

シストレ24を行いたい場合は、この「Myシストレ24」「MIRROR TRADER(ミラートレーダー)」のどちらかを選択することになります。初心者の方はまずは「Myシストレ24」の方が使い勝手が良いのでこちらをおすすめします。

「トライオートFX」

シストレ24とは別のサービスです。具体的には、シストレ24のストラテジーよりも単純な自動売買のサービスとなります。他のFX会社にもみられるいわゆるリピート系注文の一種です。If Done(イフダン)注文という新規決済注文を繰り返す条件を設定(AP注文、オートパイロット注文)して売買を行います。「トライオートFX」は、シストレ24よりもスプレッドが狭い点がメリットです。ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭、ポンド円1.0銭の原則固定配信です。
一方のデメリットは、トライオートを利用するには下記の手数料がかかる点です。
手数料は下記になります。

1万通貨未満  →    2.0pips(新規決済それぞれ)     
1万通貨以上10万通貨未満 → 1.0pips(新規決済それぞれ)
10万通貨以上50万通貨未満 → 0.5pips(新規決済それぞれ)
50万通貨以上    →     無料

また、シストレ24のように複雑な売買シグナルを発する本格的なストラテジーは行えません。シストレ24がプロのヘッジファンドなどに運用を任せるイメージであれば、トライオートFXはあくまで裁量取引をなるべく自動化したいという要望に応えたものというイメージです。

「FX24」と「くりっく365」

こちらは、それぞれ裁量でFXをしたい場合のサービスです。
FX24は相対取引で、他のFX会社が一般的に提供しているFXサービスと同一です。

一方のくりっく365は、取引所取引です。東京金融取引所というところが上場したFXです。上記のFX24のような相対取引の場合、各FX会社によって通貨ペアのスプレッドやレートそのものも異なりますが、くりっく365はそういったことがないので透明性のある取引をしたい方には向いています。

シストレ24をするのに知っておくべき注意点

シストレ24で取引を行う前に知っておくべき「必要資金」「ロスカット基準」「手数料」「スプレッド」「税金」についてお話します。

必要な資金は?

まずは、シストレ24をはじめるのに最低限必要なお金(必要証拠金)について説明します。
シストレ24は、全通貨ペア最低5k(5,000通貨)から取引が可能です。

例えば、ドル円のストラテジーの場合。
最低限必要な証拠金は5,000ドル分なので、20,000円から取引を始めることが可能です(ドル円100円のケース、レバレッジ25倍)。必要証拠金はリアルタイムで計算されます。
最近の必要証拠金が知りたい方は下記をご覧下さい。
http://www.invast.jp/st24mr/service/summary/list.html

次に、推奨証拠金について。
上記は、必要証拠金で取引をするために最低限必要な金額でした。しかし、シストレ24の場合は運用をストラテジーに任せるため、運用中に発生する損失も考慮して多めに資金を入れておくことが鉄則となります。そこで、シストレ24の場合、必要証拠金の他に推奨証拠金という考えがあります。この推奨証拠金は、各ストラテジー選択の画面で確認することが可能です。
推奨証拠金の具体的な計算方法は下記の2通りがあります。下記の2通りの金額が多い方をシストレ24上で表示しています。

1.(10kあたりの必要証拠金額×最大ポジション)+(最大ドローダウン×2)
2. 10kあたりの必要証拠金額×最大ポジション×2

注意しておくべきことが、この推奨証拠金はあくまでも目安ということです。この金額を入れていれば絶対に安心というわけではないので資金管理は余裕をもって十分注意しましょう。ちなみに、いずれのストラテジーもまずは「6ヶ月以上」運用することでストラテジーの性格をつかむことができるといわれています。6ヶ月以上という長期運用をするには、やはり余裕をもった入金が必要となります。インヴァスト証券の公式ページでは、ひとつのストラテジーで余裕をもって取引を行うための入金額はおおよそ10万~40万円程度(1万通貨=10kの場合)、そしてロスカットにならないよう最低でも50万円以上の入金をおすすめしています。

ロスカットの基準は?

シストレ24の場合、必要証拠金率が100%以上の場合にロスカットされます。
この場合、未約定の注文をすべて取消されて、 すべての建玉が自動決済(ロスカット)されます。
必要証拠金率とは、有効証拠金に対する必要証拠金の割合です。計算式は下記となります。
必要証拠金率(%)=必要証拠金÷有効証拠金×100 (小数点以下切り上げ)

※有効証拠金とは、証拠金預託額に評価損益等をプラスした金額のことです。

例えば、10万円を入金して、ドル円の必要証拠金が80,000円だった場合、必要証拠金率は80%(80,000円÷100,000円×100)となります。

手数料はいくら?

シストレ24は、投資助言報酬として10,000通貨につき片道10円の手数料がかかります。
FX会社の裏側の話ですが、裁量取引のサービスのみを行っても顧客がなかなか取引をせず出来高が増えないケースが多くあります。ですので、ストラテジーを選ぶというサービスを提供することによって取引高を増やし会社の収益の安定化につなげようという流れが業界であります。他のFX会社がリピート系の自動売買を多くの広告で宣伝する理由もそこにあります。
今後こういった自動売買のサービスはどのFX会社でも少なからず打ち出してくることになりそうです。

シストレ24のスプレッドは?

シストレ24のスプレッドは、固定制ではなく変動制です。
口座開設後の「MIRROR TRADER(ミラートレーダー)」にログインして確認することができます。
ちなみに直近のスプレッドのレベルは以下です。

ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
4銭前後 5.6銭前後 8銭前後 7銭前後

他の裁量のFXサービスがドル円0.3銭などで提供しているのと比較するとスプレッドはかなりワイドと言えます。

シストレで得た利益は税金でどれくらい引かれるの?

シストレ24の税金は、他の一般的な裁量のFXサービスと同様です。
シストレ24で得た利益は雑所得として申告分離課税の対象となります。申告分離課税とは、他の所得とは分離して税額を計算し、確定申告によって納税する課税方式です。
税率は一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%) です。
※復興特別所得税は、平成25年から平成49年末まで上乗せされます。

まずは概算で「利益の20%」と念頭に置いておけば問題ないです。具体的には、1月1日から12月31日までの1年間が対象期間となり、その間に最終的な合計額が年間で20万円を超えた場合に確定申告をする必要があります。

いいストラテジーの選び方

シストレ24で利益を上げるには、いかに「いいストラテジーを選べるか」にかかっています。そこで、ストラテジーの具体的な選び方を以下では説明していきます。

まずは「ステータス」をチェック

シストレ24では、各ストラテジーごとに「ステータス」と呼ばれるアイコンがいくつも表示されています。
それぞれのアイコンが「このストラテジーはどんな性格でどんなパフォーマンスなのか」を知る重要な手がかりになります。気になるストラテジーにどんな「ステータス」が表示されているのかをまずはチェックしましょう。
各「ステータス」の詳細はこちらからご確認下さい。

次にT-Score(ティースコア)をチェック

各ストラテジーにはT-Score(ティースコア)と呼ばれる最大10までの数字がつけられています。これは、Tradencyという会社が独自にストラテジーを評価したものです。この数字は成績によって更新されていきます。

ストラテジーの利益が上がれば数字も上がり、一方損失になれば数値が下がります。初心者の方は、なるべく数字が大きいストレテジーを選ぶのがよいでしょう。
具体的な算出方法は非公開ですが、このT-Score(ティースコア)は直近の実現損益が大きく反映されます。

通貨ペアにも注意が必要

そして意外と見落としがちなのがストラテジーの対象通貨ペアです。裁量トレードにも当てはまりますが、FXの場合通貨ペアの選定も非常に重要なポイントです。

例えば、ポンド絡みの通貨(GBPJPYやGBPUSD)などは、ボラティリティが高く、大きく利益を上げることもあるけれど、その反面大きな損失も出しやすい傾向にあります。その他、世界情勢によって旬となる通貨もあります。

ストラテジーを選ぶときはぜひこの通貨ペアにも留意して下さい。まずは、動きが素直なドル円、ユーロ円、ユーロドルの通貨ペアを少額から試してみるのがいいかもしれません。

取引履歴もチェック

最後に、各ストラテジーでは取引履歴を見ることもできます。
どんな取引をしているのか、特に直近の取引がどのくらい損益を出しているのかの確認ができます。

さらに大切なのが、そのストラテジーのエントリーから決済までの期間です。
長くポジションを保有するのか、すぐに決済をするのかをこの取引履歴でチェックすることで自分が求めるストラテジーを見つけることができます。

ストラテジーの機能・使い方

次に、ストラテジーを運用していくうえで大切なことを説明していきます。

ストラテジーはどのくらいポジションを持つのか?

各ストラテジーには最大ポジション数というものがあります。

最大ポジション数とは、その名の通りそのストラテジーが最大で保有するポジション数のことです。最大ポジションが4のストラテジーは、同時に4つまでのポジションを保有します。
具体的には、1ポジション当たりの取引額を10K(1万通貨)に設定した場合、最大ポジション4のストラテジーは40k(4万通貨)まで保有する可能性があるということです。このストラテジーが4つのポジションを保有している場合は、新規建てシグナルは発信されず、またそれ以上のポジションを保有することはありません。
ストラテジーのカスタマイズが自由に行えるのもシストレ24のメリットです。

ストラテジーに乗り遅れても間に合う「ジョイン」とは

さらにシストレ24にはジョインという機能があります。

ジョインとは、パフォーマンスが良いストラテジーに乗り遅れたときでも後から参加できる機能です。
具体的には、ストラテジーが保有しているポジションに途中から参加することができます。
ストラテジーを稼働させたが、すでに最大ポジション数の建玉を保有しているため、自動売買がなかなか始まらないようなケースでも有効です。

もちろん、ジョインしたときのレートでポジションを保有するので、ストラテジーと全く同じ取引ではない点に注意が必要です。決済はストラテジーの決済シグナルを利用します。

ジョインについての注意点があります。
ジョインは、あくまでもそのポジションのみでの参加です。そのポジションが決済されるとジョインは終了します。引き続きそのストラテジーを利用したい場合は、ジョインではなくストラテジーをポートフォリオに追加する必要があります。
さらに、自分で逆指値注文(ストップ)や指値注文(リミット)も設定が可能です。

ちなみにジョインとは別に「エクストラ」という機能もあります。
こちらはジョインと本質的には同じ意味です。稼働していないストラテジーに対して行う2度目以降何度もジョインできる状態を「エクストラ」といいます(1度目のエントリーを「ジョイン」)。すでに稼働しているストラテジーの場合は、1度目から「エクストラ」となります。

エクストラの使い方としては、直近パフォーマンスが良好なストラテジーで、かつそのストラテジーが、比較的取引時間が短めで頻繁に取引を行っている場合、「エクストラ」でエントリーを複数回行い、決済をストラテジーのシグナルに任せるという方法があります。この方法を使えば、パフォーマンスの良いストラテジーを利用して、そのストラテジーが本来発揮する以上のパフォーマンスを上げることが可能になります。

ストラテジーには波があります。調子の良いストラテジーにうまく乗ってエクストラを重ねることで大きな収益を得られるチャンスが広がります。

ストラテジーはどうやって組み合わせればいいのか?

上述しましたが、ストラテジーには波があります。調子の良いストラテジーもあれば調子の悪いストラテジーもあります。選んだストラテジーが永遠に勝ち続けることはないので、不調の場合はストラテジーを入れ替える必要があります。

インヴァスト証券の公式見解でも、「シストレ24の運用では複数のストラテジーを運用することでリスクが抑えられるポートフォリオ効果はあまりない」と実は明言しています。同時に4つも5つもストラテジーを稼働させるのではなく、不調なストラテジーを入れ換えることを重視する方がパフォーマンスの向上につながります。そのためには、ストラテジーを稼働させた後も定期的なチェックを行うことが不可欠です。

入れ替えが自動で行える「フルオート」とは?

入れ替えが大切とはいっても、なかなか定期的にチェックができない方も多くいます。
そんな中、シストレ24ではフルオートという便利な機能があります。フルオートとは、ストラテジーの入れ替え作業を自動的に行ってくれるサービスです。自動で入れ替えることで好調なストラテジーを手間をかけずに選び続けることができます。具体的には、あるストラテジーの「直近1ヶ月間」の「実現損益上位」から一つ選択し、入れ替え頻度は1週間に1度などとといった設定が可能です。

6,000を超えるストラテジーの中から自分で設定した条件に従ってストラテジーを選び続けることができ、他のFX会社ではまず見られないサービスです。

シストレ24でこれだけはおさえておくべき用語を紹介

システムトレードは、裁量FXとは異なる専門的な用語がたくさん出てきます。
そんな中、実際にシストレ24を始める上で特におさえておくべき用語を見ていきましょう。

最大ドローダウン

最大ドローダウンとは、ある期間における累積損益pipsから最低累積pipisを引いた額です。

ストラテジーを分析するときに、「過去最大どのくらい損失を出しているのか」ということを把握することができるのでリスク管理に役立ちます。前述しましたが、この考え方は推奨証拠金の算出にも使われている重要な項目です。

プロフィットファクター

プロフィットファクターとは、「実現益÷実現損」で計算されるそのストラテジーがどのくらいの利益を出すのかいわば期待値のようなものです。

例えば、実現益が10万円で実現損が5万円ならプロフィットファクターは2となります。プロフィットファクターが1以上の場合は利益をだしているストラテジーということが分かります。ちなみに、勝率100%の場合はゼロとなります。

シストレ24は、スマホには対応しているのか

インヴァスト証券の「シストレ24」は専用アプリがありませんが、スマホのウェブブラウザでは確認が可能です。
ここでは、ストラテジーの稼働・変更・削除などを行うことができます。外出先などでも気軽にストラテジーのチェックや入れ替えができるのはとても便利です。

デモ口座について

シストレ24はデモ口座もあります。
はじめての方には敷居が高いシステムトレードなので、一度デモトレードを行って慣れておくことは大切です。デモトレードは1ヶ月間利用可能です。申込みの際に仮想資金10万円から100億円の間で設定をして運用を試すことができます。

デモトレードは、「儲けてやろう」というよりも操作方法などの習得に重視をするべきです。本番ではしないようなこともデモトレードではできます。いろいろ使ってみて本番口座でいいスタートダッシュを切れるようにしましょう。

デモ口座で一点注意点があります。
シストレ24のデモ口座は、インヴァスト証券の口座開設をした方のみ申込みが可能です。システムトレードを試してみたいのであればまずはインヴァスト証券の口座に申し込む必要があります。
口座開設手数料や口座維持費はかかりませんのでこの機会に口座開設をしておくことをおすすめします。

口座開設は具体的にどうやって行えばいいの?

「シストレ24の口座開設のやり方はどうすればいいのか?」について解説していきます。
口座解説は他のFX会社と同様のフローです。

1.インヴァスト証券のページにアクセスし「口座開設」のボタンをクリック
2.シストレ24の場合、「店頭取引口座申込み」をクリック
3.規約・約款を確認して同意をチェックし、申し込みフォームに情報を入力
4.本人確認書類とマイナンバー記載書類の画像をアップロード(電子メール、郵送、FAXでも可)。

申込み自体は10分程度で完了します。その後、登録の住所にIDとパスワードが記載された書面が発送されます。
インヴァスト証券は、新規の口座開設で、キャッシュバックをしたりオリジナル冊子がもらえたりとキャンペーンを積極的に行っています。
先ほども言いましたが、口座開設手数料や口座維持費などはかかりません。

口座開設をしておくとデモ口座の開設ができたり、チャンスのときにすぐにトレードを開始することができるので気になる方は早めに口座開設をすることをおすすめします。

まとめ

シストレ24はシステムトレードなのでどうしても「初心者には難しそう」というイメージがつきまといます。

ただ、用語を一つ一つ理解して、デモトレードで十分な経験をつめば決して難しくはありません。ストラテジーをうまく使うことで裁量のみのFXでは得られない利益を手にするなどチャンスの幅が広がります。

ぜひ、気になる方はまずは口座開設をしてみて下さい。

掲載会社一覧

GMOクリック証券

DMMFX

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • GMOクリック証券
  • DMMFX
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
ページトップ