初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

最新版おすすめFX会社・口座比較!初心者向け16社を短所も隠さず解説

FX会社選びのポイント
コスト
ドル円のスプレッドが0.2銭に近いこと
信頼性
会社が破綻しても資産が守られること
会社独自の特徴
魅力的なサービスがあること

FX会社16社比較表

 
FX会社 コスト 信頼性 解説 口座開設
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ
こちら 公式
HPへ

目次

おすすめFX口座総合ランキング!

DMMFX口座数国内No.1!*

DMMFXのLPキャプチャ_PC
特徴
FX口座数国内第1位の実績*
取引コストが低い!業界最狭水準のスプレッド
申込みから最短1時間で取引ができる*

*2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)

*「スマホでスピード本人確認」を使用した場合(休業日を除く)

DMMFXの最大の特徴は、全20通貨ペアが狭いスプレッド水準で取引できることです。つまり、どの通貨ペアも低コストで取引ができます。各種取引手数料も無料です。

口座開設時の本人確認はスマホでも可能で(郵便物の受け取りなし)、申込みから最短1時間で取引が可能。しかも当サイトから口座開設&取引すると、最大24,000円のキャッシュバック!

YJFX!初心者にオススメ!

特徴
スマホアプリ40万ダウンロード達成!*
1,000通貨で少額から始められる!
24時間対応なのでサポート体制万全!

*2019年1月16日時点

YJFX!は言わずと知れた「Yahoo! JAPAN」のグループ会社が運営するサービスです。

1,000通貨から取引が可能で、トレードアプリ「cymo(サイモ)」の使いやすさにも定評があります。取引額に応じてpaypay(もしくは現金)が付与されるユニークなキャンペーンを行っているのも特徴です。

当サイトから口座開設すると、最大27,000円のキャッシュバックキャンペーンも行っています。

GMOクリック証券取引高国内1位!*

特徴
FX取引高8年連続国内第1位*
主要通貨で狭いスプレッド水準
高水準のスワップポイント

*ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

GMOクリック証券は東証一部上場「GMOグループ」の一社で、FX月間取引高ランキングで国内1位*を8年連続で獲得しており、FX会社の中ではその地位を確固たるものにしています。

当サイトから口座開設+FXネオ取引すると、特典として特別に最大33,000円がキャッシュバックされます!

→詳細にFX会社を比較したい方はこちら

おすすめ

  

日本一のFX口座数を誇る「DMMFX」(DMM.com証券)

DMMFXのLPキャプチャ_PC

テレビCMでもおなじみのFXサービス

メリット
FX口座数日本第1位(※)の実績
「取引通信簿」ツールで取引内容を分析できる
業界初のLINEカスタマーサポート
時事通信社の経済ニュースを無料提供(業界初)
取引するだけで現金に交換できるポイントがたまる
他のトレーダーの注文状況がわかる

※ファイナンス・マグネイト社調べ

デメリット
スキャルピング(短時間での売買)が推奨されていない
高金利通貨の取り扱いが南アフリカランド/円のみ

メリット

DMM FXは、FX口座数日本第1位(※1)という実績をもつDMM.com証券が提供するFXサービス。

『スマホでスピード本人確認』というサービスを使えば口座開設の手続きをスマホで完結できるほか、スマホのアプリで入金、取引ができるので、パソコンを持っていない方でもFX取引ができます。

取引サービス面では、実質的な取引コストにあたるスプレッドがドル/円0.2銭であることや、インストール不要ですぐに使える取引ツールがメリット。また、取引結果を分析してくれる「取引通信簿」というツールを活用すれば、得意、不得意なトレードを発見できます

他にも、他のトレーダーの間で各通貨ペアがどれくらい買われ、売られているのかを見ることができる「売買比率の確認」という機能があります。

また、取引するうちに、「いざというとき、身近に頼れる人がいない…」「検索してもわからなそうなことだけど、電話できる状況じゃないしメールじゃ遅い…」なんて事態になりそうで不安な方もいるのではないでしょうか? DMM FXなら、LINEの公式アカウントを友達追加するだけで平日ほぼ24時間(※2)カスタマーサポートを利用できます。

その他、ポイントを換金できるという便利な制度もあります。新規取引1万通貨(1lotという呼び方をします)ごとに1ポイントが付与。取引するほどキャッシュバックを受けられます。

※1 2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)、DMM FXと外為ジャパンFXを合算した口座数にて調査
※2 【冬時間】月曜日7時00分~土曜日6時50分、【夏時間】月曜日7時00分~土曜日5時50分

デメリット

ただし、その一方でスキャルピングと呼ばれる高速売買はできないというデメリットがあります。実際に、店頭外国為替証拠金取引(DMM FX)約款の第7条(禁止事項)に「短時間での注文を繰り返し行う行為」と記載されています。

また、取引できる通貨単位は1万通貨からとなっています。1万通貨を取引するには、最大レバレッジの25倍を適用しても約4万円程度が必要(ドル/円が100円の場合)。 つまり、資金が約4万円に満たない場合はDMMFXでトレードできません。

取り扱い通貨ペアは20種類あるものの、高金利通貨と呼ばれる通貨ペアは南アランド/円のみ。トルコリラ/円やメキシコペソ/円でのスワップポイント運用(高金利通貨を買い、低金利通貨を売り、金利差収益を受け取り続ける取引)ができません。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
1時間※1
口座数 バイナリーオプション
75万口座以上
DMM FXと外為ジャパンFXの合算(2020年4月時点)
×
預かり証拠金残高 上場
1,247億円 非上場
電話受付時間 利用者像
月7時~土6時50分 (営業日24時間) ※LINEでも受付可 取引コストを低く抑えたい人

※1お申込みで「スマホでスピード本人確認」を使用した場合(休業日を除く)

 

おすすめ

スマホアプリの使いやすさが魅力の「YJFX!」

スマホFXの時代を築いたFX会社

「YJFX!」は、ヤフーグループのFX会社です。

メリット
分析機能が増えたスマホ取引アプリ「外貨ex」
MT4で分析ができる
1,000通貨単位の取引が可能
マイナー通貨ペアの取り扱いがある
無料で外貨両替ができる
土日除く24時間対応の電話サポート
デメリット
スキャルピング(短時間での売買)が推奨されていない
MT4で取引はできない

メリット

まずはスマホ取引アプリ。40万DL(2019年1月16日調査時点)を記録した「Cymo」に加え、2020年5月30日に新たなスマホ取引アプリ「外貨ex」が登場。チャート分割機能や、オシレーター系テクニカルが2種同時表示できるようになるなど、Cymoよりもチャート分析機能が強化されています。

また、パソコンのツールでは、ロシア製のチャートソフト「MT4」によるチャート分析が可能です(取引は不可)。

取引サービス面では、実質的な取引コストにあたるスプレッドがドル/円0.2銭、ユーロ/円0.5銭、ユーロ/ドル0.4pipsで提供されていることと、1,000通貨単位の取引が可能なことがメリット。

トルコリラ/円、南アランド/円、メキシコペソ/円の高金利通貨ペアをはじめ、人民元/円、香港ドル/円といったマイナー通貨ペアの取り扱いもあります。

サポート体制は、土日を除く24時間で電話サポートを実施。突発的なトラブルが起きて困ったときに利用できます。また、YJFX!では「現受サービス」を行っている数少ないFX会社の一つ。取引口座に入金している円を無料で外貨に交換可能です。

デメリット

YJFX!ではスキャルピング(高速売買)は推奨されていません。【外貨 ex】店頭外国為替証拠金取引約款の第21条(強制決済) に『お客さまが短時間のうちに、または高頻度で取引を行い、それにより当社が行うリスクの減少を目的としたカバー取引に影響を与えると当社が合理的に認めた場合。』という記載があり、スキャルピングをすると取引を停止されるリスクがあります。

また、メリットの項目で「MT4でチャート分析が可能」とお伝えしましたが、MT4上でできるのは分析までで、取引はできません。MT4を利用して自動売買を検討している方は要注意です。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
2~3営業日
口座数 バイナリーオプション
385,340口座以上
(※2020年5月末時点)
預かり証拠金残高 上場
109,345(百万円)
(2020年5月末)
東証1部(ヤフー株式会社)
電話受付時間 利用者像
月曜7時~土曜7時
(夏時間は6時まで)
スマホアプリで取引したい人

おすすめ

FX月間取引高国内第1位!「GMOクリック証券」*1

月間取引高が8年連続国内第1位の実力*

メリット
月間取引高が8年連続国内第1位*1
ドル円のスプレッドが0.2銭*2
FX以外の投資もできる証券取引口座がある
デモトレードがしやすい
デバイスを選ばない取引ツール

*1ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月
*2原則固定

デメリット
1000通貨での取引はできない
マイナー通貨ペアの取り扱いがない
大きな数量で一度に注文できない

メリット

GMOクリック証券は「月間取引高」が8年連続国内第1位*という実績をもちます。国内でもっとも取引高が大きいFX会社です。

FX専用取引口座とは別に証券取引口座もあり、株式や投資信託、CFDなどFX以外の取引を並行して行いたい場合は後者の口座が便利です(FX専用取引口座開設後にマイページから証券取引口座の開設手続きができます)。

実質的な取引コストにあたるスプレッドは、ドル/円が0.2銭、ユーロ/円0.5銭、豪ドル/円0.7銭、ユーロ/ドル0.4pips(原則固定)で提供。

取引ツールは、パソコンにインストールするタイプやブラウザで使えるもの、スマホやタブレットで使えるものがあり、選択肢の多さが特徴。チャート分析に使えるプラチナチャートプラスには、38種類のテクニカル指標、25種類の描画機能が搭載されています

ちなみにスマホの取引アプリ「GMOクリックFX」は、わずか1タップでデモトレードが利用可能。アプリをダウンロードしたらすぐにFX取引を疑似体験できます。

デメリット

一方デメリットとして挙げられるのは、1,000通貨での取引はできないという点。GMOクリック証券の取引は1万通貨単位からなので、ドル/円を取引する場合は約4万円以上の証拠金が必要になります(レバレッジ25倍、ドル円が100円の場合)。

また、通貨ペアではマイナー通貨の取り扱いが少ないため、ユーロ/トルコリラやロシアルーブル/円などでスワップポイントを狙ったトレードができないことや、1回の最大注文が100万通貨までという特徴もあり、1度に大量の注文をすることもできないのがデメリットです。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
2営業日
口座数 バイナリーオプション
66万口座以上
(※2020年3月時点)
預かり証拠金残高 上場
1,598億円 JASDAQ(GMOフィナンシャルホールディングス株式会社)
電話受付時間 利用者像
月曜7時~土曜7時 (米国夏時間は土曜6時まで) ほぼ全ての人
 

99.9%という高い約定率を実現「みんなのFX」

トルコリラ円、南アランド円、メキシコペソ円にくわえ、人民元円も!

ここでは「みんなのFX」として解説しますが、「LIGHT FX」も同スペックの商品です。スワップ運用+デイトレードのように、異なる売買方針で同時運用する際に管理しやすくなっています。

メリット
高金利通貨ペア、マイナー通貨ペアの取り扱いがある
99.9%という高い約定率を実現
価格分布、実効レバレッジシミュレーションなどツールが豊富
デメリット
アプリのテクニカル指標が8種類のみ

メリット

トルコリラ/円、南アランド/円、メキシコペソ/円の高スワップ御三家に加え、人民元/円、香港ドル/円の取引が可能。ポーランドズロチ/円、ノルウェークローネ/円、スウェーデンクローナ/円といったヨーロッパのマイナー通貨も取り扱っています。

またスプレッドに関しても、ドル円が0.2銭、ユーロ円0.4銭、ドルストレート通過ペアでもポンドドルが0.7銭、豪ドル米ドルが0.8銭に設定されていることや、99.9%という約定率(注文通りに売買が成立する確率)もトレーダーのメリットになります。

みんなのFX口座利用者の売買状況が見られる「売買比率の価格分布」、為替ニュースを読み込んだAIが売買のサインを出す「TMサイン」といった売買の判断材料として使えるツールや、「証拠金シミュレーション」「実効レバレッジシミュレーション」「スワップシミュレーション」などのFX取引に必要な計算をサポートするツールが揃っています

※ トレイダーズ証券による調査結果。調査期間:2019年6月3日(月)~2019年6月28日(金)

デメリット

直感的な操作ができるスマホ取引アプリですが、使うことのできるテクニカル指標が8種類(トレンド系4種類、オシレーター系4種類)のみと、一般的な他社スマホアプリより少ない点がデメリットと言えます。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
翌営業日
口座数 バイナリーオプション
34万口座以上 ※1
(2020年3月時点)
預かり証拠金残高 上場
37,513(百万円)※1 JASDAQ(トレイダーズホールディングス株式会社)
電話受付時間 利用者像
24時間対応 スワップ運用をしたい人

※1 みんなのFXとLIGHT FXとの合算

食べ物がもらえるキャンペーンが豊富な「ヒロセ通商」

スキャルピングを推奨しているFX会社

「ヒロセ通商」といえば、個性的なサービスを展開するFX会社として有名です。ちなみに、2016年3月に上場を果たしました。

メリット
2020年オリコン顧客満足度ランキング FX取引総合第1位の実績
食品が貰えるキャンペーンを毎月実施
通貨ペアの取り扱いが50種類
Mac専用の取引ツール
スキャルピングを公認
デメリット
自動売買サービスがない
マイナー通貨ペアはスプレッドが広い傾向

メリット

2020年オリコン顧客満足度ランキングでFX取引総合第1位の実績を誇るヒロセ通商。

そんなFX会社を利用するメリットといえば、毎月実施している食品キャンペーンが挙げられます。一定数以上取引をするか、または抽選でラーメンや餃子、ステーキなどがもらえます。

取引サービス面では、通貨ペアの取り扱いが50種類あること、スプレッドもドル/円0.2銭、ユーロ/円0.5銭、ユーロ/ドル0.4pipsとなっています。

また、Mac専用の取引ツールが用意されている数少ないFX会社の一つです。

そして、スキャルピングという数秒から数分で新規と決済を繰り返す取引にも寛容なことで有名です。
スキャルピングはカバー取引がしづらく収益化が難しいので、FX会社では推奨していないところがほとんどなのに対しヒロセ通商では推奨しています。

さらに、「ヒロセ通商」では1,000通貨から取引が可能なので、まずは負担を抑えてはじめてみたいという方でもご利用いただけます。

デメリット

一方のデメリットは、他の会社が力を入れている自動売買サービスがないこと。もし自動売買サービスを利用したいなら別のFX会社で口座を開く必要があります。

また、マイナー通貨ペアのスプレッドが広めに設定されていることもデメリットといえるでしょう。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
翌日
口座数 バイナリーオプション
26万口座以上
(※2020年02月時点)
預かり証拠金残高 上場
468億円 JASDAQ(ヒロセ通商株式会社)
電話受付時間 利用者像
平日24時間 スキャルピングをやりたい人
 

充実した情報量と豊富な注文方法の「外為どっとコム」

初心者にうれしいサービスが充実している

「外為どっとコム」では自社でシンクタンクを設立しているくらい情報面でのサポートに力を入れています。FX初心者にとって大きな不安要素でもある情報収集がスムーズにできることが一番の特徴です。

メリット
情報量が豊富
FX投資について学べる
全30種類の通貨ペア
Macで使える取引ツールがある
多様な注文方法がある
Apple Watchとの連携が可能
デメリット
アプリでチャートを1画面でしか表示できない
スキャルピング(短時間での売買)が推奨されていない

メリット

外為どっとコムは「外為どっとコム総合研究所」(外為どっとコム総研)を設立し、さまざまなニュースやレポートを発信しています。為替の時事情報だけでなく、FXや投資全般について学べるコンテンツも展開。スマホアプリからも閲覧可能です。

通貨ペアは全部で30種類。マイナー通貨も取り扱っていて、メキシコペソ/円、人民元/円、ドル/トルコリラといったスワップ運用を狙える通貨ペアも揃っています。 スプレッドはドル/円0.2銭、ユーロ/円0.3銭、ポンド/円0.8銭、豪ドル/円0.6銭、ユーロ/ドル0.3pipsで提供(2020年6月3日時点)。

取引ツールでは、Appleデバイス用の品揃えが特徴的。パソコンにインストールするタイプの取引ツールはWindows専用しかないFX会社が多い中、外為どっとコムならMac用も用意されています。さらに、Apple Watchと連携してレートの確認、チャート、経済指標をチェックできます。

デメリット

外為どっとコムのスマホアプリ「外貨ネクストネオ(NEXTneo)」ではまだ1画面しかチャートを表示できません。スマホで異なる時間軸・通貨ペアを一目で分析できないという点でデメリットになります。

また、外為どっとコムの規約では、『短時間に、頻繁に行われる取引であって、他のお客様または当社のシステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼす行為』について『契約約款等に基づく契約の解除や取引に制限を実施することができる』という記載が。スキャルピングをすると取引を停止されてしまうリスクがあります。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
翌営業日
口座数 バイナリーオプション
50万口座以上
(※2020年3月時点)
預かり証拠金残高 上場
1,116億円 JASDAQ(澤田ホールディングス株式会社)
電話受付時間 利用者像
営業日24時間 初めてFXを始める人

みんなのFXと併用した運用がしやすい!「LIGHT FX」(トレイダーズ証券)

みんなのFXとの親和性が高いFX新ブランド

メリット
みんなのFXとほぼ同じスペックなので、トレードのやり方ごとに口座の使い分けが可能
デメリット
みんなのFXにあるオンラインセミナーなどのサービスが受けられない
デモトレードができない
シストレ、バイナリーオプションのサービスがない

メリット

「2つのトレード手法の成績を正確に記録したい」「裁量取引とスワップ運用は別々の口座で管理したい」と思ったことはありませんか?

スペックが全く違うFX会社の口座を2つ用意すると覚えることが2倍に増えてしまいますが、みんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営するFXサービスで、取引環境などのスペックはほぼ同じ。両方の口座を用意しておけば、裁量取引はみんなのFX、スワップ運用はLIGHT FXといった使い分けが少ない労力で実現できます

デメリット

LIGHT FXはFX取引のみに特化したサービスなので、みんなのFXで提供しているシストレとバイナリーオプションの口座はなく、ニュースやオンラインセミナーなどが受けられません

また、FX取引がどのようなものか体験してみたい方にとっては、デモトレードがない点もデメリットと言えます。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
翌営業日 ×
口座数 バイナリーオプション
34万口座以上 ※1
(2020年3月時点)
×
預かり証拠金残高 上場
37,513(百万円)※1 JASDAQ(トレイダーズホールディングス株式会社)
電話受付時間 利用者像
24時間対応 スワップ運用をしたい人

※1 みんなのFXとLIGHT FXとの合算

シンプルで使いやすいアプリなら「LINE FX」

LINE FXは、LINE証券が提供するFXサービス。多くの人が使い慣れているLINEアプリから直接呼び出して利用できる点が大きな特徴です。ホーム画面や、ウォレット画面には「LINE FX」アイコンが追加されるので、タップするだけですぐに取引を始められます。

メリット
LINEアプリの各種通知設定が便利!
「取引通信簿」ツールで取引内容を分析できる
LFX取引アプリはシンプルで初心者にも直感的に使いやすい
ドル円スプレッドが0.2銭
デメリット
10,000通貨からの取引なのでまとまった金額の自己資金が必要
通貨ペア数は10通貨

メリット

LINE FXの公式アカウントを友だち登録しておくことで、経済指標の内容、登録した通貨ペアの相場急変通知、LINE FXキャンペーン内容の通知をメッセージで受け取れるようになります。メッセージからは、直接LINE FXアプリを呼び出せる点も便利です。

また、LINE FXアプリの画面はシンプルで操作しやすく、初心者でもスムーズに取引ができます。4分割のチャート画面では、チャートをタップするだけでそのチャートを大きく表示でき、チャート上からのストリーミング注文も可能です。

ドル円スプレッドが0.2銭でDMMFXやGMOクリック証券と同額で、短期トレードで手数料が少なくて済む点も、LINE FXの魅力です。

デメリット

LINE FXは、最低10,000通貨からの取引となるため、自己資金が多めに必要となります。少額でFXトレードを始めたい人にとっては、少々敷居が高いと感じるかもしれません。

また、通貨ペア数は10通貨で、他社の対応状況と比較すると少なめです。ドル円やユーロドルなど主要な通貨ペアや、南アフリカランド円やトルコリラ円など高金利通貨ペアは取引できますが、マイナー通貨ペアでも取引したい人には物足りないラインナップです。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
申込当日※ ×
口座数 バイナリーオプション
1万口座以上
(2020年3月19日時点)
×
預かり証拠金残高 上場
- 非上場
電話受付時間 利用者像
9時~17時
(平日のみ)
主要通貨ペアで短期トレードをしたい人

※かんたん本人確認の場合

   

DMM FXと相性が良い「外為ジャパン」

6月外為ジャパンのキャプチャ

DMM.com証券のもう1つのFX事業

実は、「外為ジャパン」はDMM.com証券の傘下です。そして外為ジャパンは会社名ではなく、あくまでDMM.com証券のサービス名です。つまりDMM.com証券は、「外為ジャパン」と「DMM FX」という2つのFX事業を行っているということになります。同じ事業を2つ運営しているというのは、FX業界では珍しい話ではありません。

メリット
1,000通貨単位から(少額で)取引できる
親会社が同じDMM FXのサブ口座として相性が良い
デメリット
取り扱い通貨ペア数が15種類のみ
高金利通貨の取り扱いが南アフリカランド/円のみ

メリット

取引環境などのスペックはDMM FXとほぼ一緒なため、DMM FXのサブ口座として使えます

DMM FXのチャート分析ツール「プレミアチャート」はツール上から取引ができませんが、外為ジャパンの「プレミアチャート」は発注機能を搭載。また、DMM FXではできない1,000通貨からの取引に対応。DMM FXと同等の取引ツールを使った1,000通貨取引が可能です

スプレッド(実質的な取引コスト)はDMM FXと同水準。ドル/円銭、ユーロ/円0.5銭、ユーロ/ドル0.4pipsで提供しています。

デメリット

取り扱っている通貨ペアはDMM FXより少なく、15種類のみ。高金利通貨ペアが南アフリカランド/円しかなく、スワップ運用を行うには選択肢が限られています。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
翌日 ×
口座数 バイナリーオプション
75万口座以上
DMM FXと外為ジャパンFXの合算(2020年4月時点)
×
預かり証拠金残高 上場
1,241億円 非上場
電話受付時間 利用者像
月7時~土6時50分 (夏時間は5時50分まで) ※LINEでも受付可 DMMFXとほぼ同じシステムを少額取引で使いたい人

※2020年1月時点

 

約定力とスワップが強みの「FXプライムbyGMO」

短期トレード・長期トレードの良いとこ取り

「FXプライムbyGMO」は、システムが強く約定力に定評のある老舗のFX会社です。

スキャルピングを公認していることや約定力が高い特徴があります。

FXプライムbyGMOの自社アンケートでは指標前後でも、スプレッドの戻りが早い。と口コミが寄せられています。

また、マーケット情報やセミナーの種類も豊富で、1クリックでチャート分析ができる「ぱっと見テクニカル」は自分でラインを引くことに慣れていない初心者の方でも分析を行えます。

メリット
約定力が高く、取引システムも安定している
マーケット情報・セミナーが豊富
1,000通貨単位で取引できる
トルコリラ・メキシコペソも取引でき、全体的にスワップも高い
スキャルピング取引ができる
デメリット
原則スプレッドが他と比べ若干広い
対円以外のマイナー通貨ペアが少ない
1,000通貨で取引はできるが、1万通貨以下の取引では手数料がかかる

メリット

約定力が低いと、約定拒否(約定しない)されたり、意図しないレートで約定(スリッページ)するなど、表示スプレッド以上に取引コストがかかってしまうことも。 その点、FXプライムbyGMOは約定力が100%なので、スキャルピングや値動きが激しいときでも、これらのストレスをあまり感じずに取引できるでしょう。

公式サイトで「スキャルピングOK」と表記されているため、超短期売買に目が行きがちですが、トルコリラ/円・メキシコペソ/円・南アフリカランド/円の高金利通貨ペアの取り扱いもあり、スワップポイントを狙った長期運用もできます。

デメリット

デメリットは、スプレッドが他社と比べて若干広いこと。相場が動かないときに短期間で頻繁に取引する際には取引コストがかさんでしまいます。 中長期のトレードがメインの方は、取引コストがかさむ心配はないので特に気にする必要はありません。

なお、1,000通貨単位で取引する際は注意が必要です。1万通貨未満の取引では1通貨あたり片道3銭(新規取引と決済取引で往復6銭)の手数料が発生。取引コストがかかるので、1,000通貨単位で取引したい場合は他のFX会社を検討した方がよいでしょう。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
1日
口座数 バイナリーオプション
20万口座以上
(※2020年3月時点)
預かり証拠金残高 上場
182億1,000万円 JASDAQ(GMOフィナンシャルホールディングス株式会社)
電話受付時間 利用者像
平日 9時~17時 初心者の人 (口座開設者の半数以上が初心者)
 

感情に惑わされない自動売買なら「インヴァスト証券」

自動売買から裁量トレードまで幅広くできる「トライオートFX」

「インヴァスト証券」は、自動売買に力を入れている会社です。

メリット
用意されているロジックから選ぶだけでOK
デメリット
商品や機能の種類が多いので迷う

メリット

インヴァスト証券のトライオートFX」は、自動売買から裁量トレードまで、いろいろなことが一つのアカウント内でできる総合的なFX口座です。

自動売買では、あらかじめ売買ロジックが設定されているプログラムを選ぶだけで運用を開始できる「自動売買セレクト」と、売買ロジックを自分で作成できる「ビルダー」という2通りの方法があります。どちらの方法でもバックテスト機能を使えるため、テスト成績が良かったもので売買開始できます。

スプレッドはドル/円0.3銭、ユーロ/円0.5銭、ポンド/円1.0銭、豪ドル/円0.6銭、ユーロ/ドル0.3pipsで提供されています。

また、トライオートFXではトルコリラ/円のスワップポイントにも力を入れており、買いポジションの長期保有によるスワップ運用ができます。

デメリット

選べる商品や機能が豊富すぎて、少し迷ってしまうかもしれません。そんなときは電話カスタマーサポート(午前9時~午後5時。土・日・元日除く)で相談しましょう。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
1営業日 ×
口座数 バイナリーオプション
公式サイトに記載なし ×
預かり証拠金残高 上場
公式サイトに記載なし JASDAQ(インヴァスト証券株式会社)
電話受付時間 利用者像
平日 8時~18時 自動売買をしたい人
 

シストレ型FXの登竜門「マネースクエア」

シストレ火付け役「トラリピ」

メリット
為替相場のパターンを活用したシストレ型注文手法を提供
ミドルリスク・ミドルリターンの中長期資産形成を推奨
マーケット情報、投資家セミナーを数多く提供
デメリット
スプレッドが広い傾向にある
選択型シストレではない

メリット

マネースクエアのメリットは、独自のリピート系自動売買機能「トラリピ®」を使えることです。

トラリピとは、一定の値幅で上げ下げを繰り返す為替相場の特性を活かした自動売買で、その仕組みはいたってシンプル。あらかじめ新規注文と決済注文を同時に発注(イフダン注文)し、ポジション決済後もそれをシステムでリピートしてくれるというものです。必要な操作は最初の設定のみ。注文は自動的に繰り返されていくので、為替レートをずっと見ておく必要はありません。

著名な投資家やアナリストを招いてのセミナ-や動画コンテンツ「M2TV」で、FXやトラリピ、資産形成をイチから学べます

デメリット

他のFX会社と比べてスプレッドが広い傾向にあります。

また、トラリピは最初にどういうトレードをするか自分で設定する必要があるため、完全なおまかせで運用できる自動売買サービスではありません。あらかじめ用意されている売買ロジックの中から好みのものを選ぶだけ始められる選択型のシステムトレード(自動売買)をやりたい方は、他社のサービスを検討しましょう。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
2営業日 なし。口座開設にて
口座数 バイナリーオプション
非開示 ×
預かり証拠金残高 上場
非開示 非上場
電話受付時間 利用者像
9:00-17:00 *土日祝除く シストレ型FXに興味がある人

1通貨から取引が可能な「SBI FXトレード」

1通貨から取引が可能で、少額取引向き

メリット
1通貨から取引が可能
SBI FXトレードは業界最狭水準のスプレッド
(ドル円で1,000通貨までなら0.09銭で取引が可能*)
2020年オリコン顧客満足度ランキング「FX取引初心者部門」第1位の実績
全34種類の通貨ペア
高金利通貨、マイナー通貨の取り扱いがある
デメリット
大きなLotで取引をしたい人には不向き
2020年6月時点
*スプレッドは例外あり

メリット

SBI FXトレードは2020年オリコン顧客満足度ランキング「FX取引初心者部門」において第1位を獲得しています。

多くのFX会社の最小取引数量が1,000通貨、1万通貨なのに対し、SBI FXトレードのそれは1通貨。ドル/円なら4円前後(レバレッジ 25倍、1ドル100円の場合)から取引が始められます。 といっても、「たった4円からの取引でいくら稼げるのか」「FX取引はいくらから始めるのか」「少額で取引を始めるメリットは何なのか」など気になることも多いと思います。 詳しくは「最低資金でFXを始める方法」もご覧ください。

スプレッドは取引数量に応じて変化。1〜1,000通貨の注文では、ドル/円0.09銭〜、ユーロ/円0.3銭、ポンド/円0.69銭、豪ドル/円0.4銭、カナダドル/円1.4銭、ユーロ/ドル0.19pipsで提供しています。

また34種類の通貨ペアの取り扱いがあり、南アランド/円・メキシコペソ/円といったスワップ運用を狙える通貨ペアや、ブラジルレアル/円・韓国ウォン/円・ポーランドズロチ/円などマイナーなクロス円(ドル/円以外の外貨/円の組合せ)が揃っています。

デメリット

前述したドル/円のスプレッドは、1通貨以上1,000通貨以下の取引の場合は0.09銭(原則固定・例外あり)ですが、1,001通貨より大きい場合は取引数量に応じてスプレッドが広がっています。(2020年6月時点)

※1 スプレッドは例外あり

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
翌日 ×
口座数 バイナリーオプション
20万口座以上
(2017年時点6月時点)
×
預かり証拠金残高 上場
500億円 東証1部(SBIホールディングス株式会社)
電話受付時間 利用者像
平日 9時~17時 100円からFXを始めたい人

「iサイクル2取引™」が利用可能な「外為オンライン」

「iサイクル2取引™」によって取引の幅が広がる

メリット
「iサイクル2取引™」により、取引の幅が広がる
1,000通貨から取引できる
全国で開催される無料FXセミナー
デメリット
スプレッドが広い

メリット

外為オンラインのメリットは、「iサイクル2取引™」が利用できることです。 「iサイクル2取引™」とは同社の登録商標であり、自動売買の一種。通常の裁量取引に飽きた人には、取引の幅が広がるのでメリットといえます。

この「iサイクル2取引™」は、注文内容をランキングの中から選べる「ランキング方式」と、シミュレーション結果を使って注文を選べる「マトリクス方式」が用意されていて、どんな方でも設定しやすいのが特徴です。

取引を始める前に簡単な設定だけ行えば、すぐに自動で取引をしてくれます。感情に流されて無謀なトレードをしてきた方であっても、設定を止めない限りコツコツとルール通りのトレードを続けられます。 なお、外為オンラインではトレーダーのレベルに応じた無料セミナーを定期的に開催。ウェブのオンラインセミナーだけにとどまらず、会場セミナーも全国各地で行っています。

デメリット

一方、デメリットは、スプレッドが広いことです。

他のFX会社がドル円0.3銭や0.4銭のところ、外為オンラインは1.0銭と3倍近くも開きがあります。

スプレッドは、短期取引であるほど取引コストとして重くのしかかるので注意が必要です。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
3~5営業日
口座数 バイナリーオプション
54万口座以上
(2018年度時点)
×
預かり証拠金残高 上場
743億円 非上場
電話受付時間 利用者像
平日 9時~17時 説明書いらずの直感的な取引システムを利用したい人

※口座数、預かり証拠金残高は外為オンライン口座合計

 

外貨の両替や仮想通貨に積極的な「マネーパートナーズ」

外貨両替サービスと少額取引が魅力

メリット
100通貨からの少額取引が可能
外貨両替サービスが利用可能
デメリット
スプレッドが広くなりがち

メリット

ドルやユーロを購入し、そのまま現物として受け取る「外貨両替サービス」を利用できることがメリットです。
空港などで行うことができる両替サービスでは、油断しているとかなり手数料を取られてしまうこともあるのでこのサービスはありがたいですね。

さらにポンドやスイスフラン、そして韓国ウォンや中国元も両替が可能なので、FXとしてではなく、実際に旅行などで通貨を使いたいという人には便利なFX会社です。ちなみに、空港での受け取りも可能です。

この外貨両替サービスを利用すれば、銀行や両替所などよりも手数料をおさえて外貨に両替することができます。

またFX取引においては最低取引単位が100通貨からなので、ドル円であれば必要証拠金400円前後でトレードを始められます。

さらに、ビットコインなどの仮想通貨に積極的で、いち早くビットコインをFX会社で取り入れようと動いています。

デメリット

デメリットは、取引するにあたってスプレッドが広い ことです。特に早朝の流動性が低い時間帯や経済指標後のイベント時には、ほかのFX会社と比較しても広くなっていることが多いです。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
翌日 ×
口座数 バイナリーオプション
34万口座以上
(2020年3月時点)
×
預かり証拠金残高 上場
630億5000万円 東証1部(株式会社マネーパートナーズグループ)
電話受付時間 利用者像
月曜7時~23時 火~金曜7時30分~23時 約定力の高いFX会社で取引したい人

進化したリピート型自動発注機能が便利 「FXブロードネット」

6月からのFXブロードネットのキャプチャ

1,000通貨で自動売買ができるFX会社

メリット
「トラッキングトレード」でコツコツ続けられる
最小1,000通貨単位から取引可能
取引口座を最大18口座保有できる
デメリット
トラッキングトレード」の取引コストが高い

メリット

FXブロードネットは、リピート型自動発注機能「トラッキングトレード」を使えるのがメリット。 この機能は、一度買う値段と売る値段を決めておけば、それぞれに達した際に自動で注文を確定してくれます。新規建てと利食いのセットを指定することで、たとえトレンドに乗れなくても、相場全体の多くを占めるといわれる価格があまり変動しないレンジ相場の中でコツコツとトレードができます。

取引サービス面では、実質的な取引コストにあたるスプレッドが狭いこと(ドル/円、ユーロ/円0.5銭、豪ドル円0.6銭、ユーロ/ドル0.4pips)、1,000通貨単位の取引が可能なことがメリット。

なお、FXブロードネットは最大でブロードコース(取引単位:1万通貨)とブロードライトコース(取引単位:1,000通貨)の2つの取引口座があり、さらにそれぞれの口座に最大レバレッジやロスカット値が違う9つの取引コースがあります。
これら取引コースの異なる口座は最大で18口座保有できるため、トラッキングトレード用・デイトレード用で使い分けるなど、1つのFX会社で目的に応じた口座管理が可能です。

デメリット

一方で、トラッキングトレードを利用することによる取引コストが高い点がデメリットといえます。
1万通貨あたり新規手数料200円と決済手数料200円が必要で1トレードにつき400円の手数料が発生。1,000通貨取引のブロードライトコースの場合は新規手数料40円と決済手数料40円が発生します。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
翌営業日
口座数 バイナリーオプション
20万口座以上
(2019年12月時点)
×
預かり証拠金残高 上場
公式サイトに記載なし 非上場
電話受付時間 利用者像
平日 9時~17時 自動売買を検討している人
 

幅広い投資に興味があるなら「IG証券」

英国No.1※ FXプロバイダーが日本でもサービスを展開

※ リテールFX取引アクティブ口座数。Investment Trends UKレバレッジ取引レポート 2016年10月

「IG証券」は、イギリスを拠点とするFX会社です。大きな特徴としては、幅広い投資商品を持っている点です。そのため日本のFX専業会社と比較して、取り扱い通貨ペアは100種類と非常に豊富になっています。またバイナリーオプション取引も幅広く提供しています。

メリット
100種類以上の通貨がトレード可能
ノースリッページ注文なら滑らない
ノックアウトオプションも利用できる
デメリット
6か月以上取引がない場合、月500円(税抜)の手数料がかかる
大口取引ではスプレッドが広がる

メリット

IG証券はCFD取引(差金決済取引)を幅広く展開。FXの取り扱い通貨ペア数は約100種類あります。 17,000以上の銘柄があるCFD取引に加えてバイナリーオプション、ノックアウトオプションといった商品もあり、幅広い投資商品に興味のある人にとってはメリットになるでしょう。

また、「ノースリッページ注文」を活用することで、スリッページ(発注した時点の価格と約定した時点の価格との差)の発生を回避可能。価格が大きく変動する可能性のあるイベント前でもリスクを限定したトレードができます。ただしこの機能には、一定の保証料が発生します。

デメリット

IG証券は「ポジションを保有しておらず、かつ6か月以上お取引がない」場合、月額550円(税抜)の口座管理手数料が発生してしまいます。

また大口の取引では、通常のスプレッドより大きなスプレッドが適用されます。1取引あたり100万通貨以上の大口投資を考えている人は注意しましょう。

概要表

最短口座開設日数 デモトレード
2日
口座数 バイナリーオプション
公式サイトに記載なし
預かり証拠金残高 上場
公式サイトに記載なし ロンドン証券取引所(IG Group Holdings)
電話受付時間 利用者像
平日 9時~18時 豊富な種類のバイナリーオプションを考えている人
 

必要書類の提出について

提出書類についてはこちら
提出方法についてはこちら

何を提出すれば良いのか

マイナンバー「個人番号カード」がある場合

「個人番号カード」の1点を提出してください。両面の写しが必要です。

「個人番号カード」とは?
表面には顔写真や指名など、裏面には個人番号やICチップがあるプラスチックのカード。

「個人番号カード」はないが、顔写真付きの本人確認書類はある場合

顔写真付きの本人確認書類 + マイナンバー「通知カード」2点を提出してください。
裏面に記載がある場合のみ、両面の写しが必要です。
顔写真付きの本人確認書類とは?
運転免許証、パスポート(顔写真面+所持記入欄)、在留カード、住民基本台帳基本カード、特別永住者証明書が該当します。
「通知カード」とは?
表面には個人番号や指名など、裏面にはうさぎのイラストがある緑色の紙のカード。

マイナンバー「通知カード」のみある場合

「通知カード」+ 顔写真のない本人確認書類×23点を提出してください。裏面に記載がある場合のみ、両面の写しが必要です。

「通知カード」とは?
表面には個人番号や指名など、裏面にはうさぎのイラストがある緑色の紙のカード。
顔写真のない本人確認書類とは?
保険証、住民票の写し(マイナンバー記載は不要)、印鑑登録証明書が該当します。

「個人番号カード」も「通知カード」も顔写真付きの本人確認書類も ない 場合

マイナンバー記載のある住民票の写し(発行後3か月以内)+ 保険証or印鑑登録証明書2点を提出してください。裏面に記載がある場合のみ、両面の写しが必要です。

どのように提出するのか

DMMFXを例にしてご説明すると提出方法は以下の4種類から選べます。手間がかからないのは、時間もお金もかからないアップロードです

スマホでアップロード

スマホで書類の写真を撮り(スキャンでも可)、 アップロードページでカメラロールから選択しましょう。

メール

撮影もしくはスキャンした書類の写真をメールに添付し、【support-dmm@sec.dmm.com】宛てに送信しましょう。
なお、必ず件名を「本人確認書類」と記入してください。また、申し込み時に登録したメールアドレスから送信してください。

FAX

書類をコピーして、【03-3517-3292】宛てにFAXで送信しましょう。
なお、必ず余白部分に「指名」「生年月日」「登録した電話番号」を記載してください。

郵送

書類をコピーして、【〒103-8790 日本郵便局私書箱156号 株式会社DMM.com証券行】宛てに郵送しましょう。

FX会社選びにおいてチェックしておきたい5つのポイント

「自分に合ったFX会社はどこなのか」を比較検討するために、チェックしておきたいポイントはどこでしょうか。代表的なポイントとして、以下の5つを紹介します。

スプレッド

FX会社の公式サイトなどで、「ドル円 0.2銭」という表示を見たことはないでしょうか。これがスプレッドで、言ってみればFX会社の手数料です。

一回当たりのコストとしてはわずかなものですが、売買回数が増えれば増えるほどコストが増えることにもなるので、短期売買を繰り返すトレーダーにとっては会社選びの重要なポイントになります。

スワップポイント

スワップポイントとは、通貨ペアの国々の政策金利差によって日々受け取れる(あるいは支払う)もの。

2020年現在、日本はマイナス金利なので、円で外貨を買うとスワップポイントを受け取れることが多いのですが、「どのくらい受け取れるか」はFX会社によって差があります。スワップポイントを重視する人はチェックしておいた方がいいでしょう。

ただし、スワップポイント狙いの運用は長期的にポジションを保有し続けることになるので、長期的視野での為替予想が非常に重要。「スワップポイントが受け取れるから」という理由だけで安易にポジションを持っても、為替変動によってトータルの収支がマイナスになってしまう可能性も高いので注意が必要です。

キャンペーン

日本のFX会社は、多くが取引量に応じてキャッシュバックキャンペーンを行なっています。

「どうせならキャッシュバックが高い会社で口座開設しよう」と考える人も多いと思いますが、キャッシュバックの達成条件はFX会社によって異なります。高額なキャッシュバックを受けるためのハードルは高いので、安易にキャッシュバックの額面だけで選ばないように注意しましょう

また、FX会社選びは「自分のトレードスタイルに合っているかどうか」が大切なので、キャンペーンだけに注目するのではなく、さまざまな要素を確認しておくことも重要です。

取引ツール/アプリ

FXトレードにおいて、取引ツールの使いやすさやアプリの性能は、非常に重要な観点です。使ってみなければわからない部分もありますが、スマホでも取引画面は見やすいか、どのような機能を備えているのかなど、事前に調べておいた方がいいでしょう。

信頼性

日本国内で営業するFX会社には信託保全が義務付けられているので、仮にFX会社が破綻したとしても、預けたお金は全額返ってきます。その意味では、国内のFX会社ならどのFX会社を選んでも信頼性は高いと言えます(エフプロで紹介しているのはすべて国内で認可されているFX会社です)。

もし「大手の方が信頼できる」という人なら、たとえば上場の有無や口座数などが参考になるでしょう。しかし、繰り返しになりますがFX会社選びは「自分のトレードスタイルに合うか」が重要です。

各FX会社の企業情報は参考の一つとして、幅広い視野でFX会社を選ぶようにしましょう。

FXについてのQ&A!

FXとは、「外国為替証拠金取引」と呼ばれる外貨取引です。ドルやユーロ、ポンドなどの外貨を売ったり、買ったりすることができます。
レバレッジというテコの原理を利用することで、実際に保有している元本よりも大きな取引をすることができます。
少ない元本で大きな金額を動かせることで、得られるリターンも大きくなりますが、その分発生する損失も同程度に大きくなります。ハイリスク・ハイリターンということをちゃんと理解して取引をしましょう。

関連する記事を紹介

FXとは?をわかりやすく|投資初心者が知っておいた方がいい基礎知識

「FXって難しそう」「専門用語が多くて理解できない」そんな悩みを抱える初心者のために、「そもそもFXとは?」の部分から基礎知識を解•••続きを読む

FXはレバレッジという仕組みを使って大きなお金を投資できる反面、リスクもあります。
そうしたリスクを正しく認識して、リスク管理を行うことが大事になってきます。
FXトレードにおける最大のリスクは、トレードで損失を出してしまうことです。レバレッジを使って大きな投資を行うことで、大きな損失を強いられる可能性があります。元本保証型の投資ではないので、最初に入金した証拠金が減ってしまうリスクがあります。
自分が想定したのと反対に動いてしまうリスクは避けられませんが、予想外の動きを可能な限り避けることは出来ます。例えば重要な経済指標の発表前には取引を終わらせることもその一つです。どういった時に為替が大きく動くのか、ちゃんと把握しておくと良いでしょう。
損失を一定に抑えることも、トレードを続けていく上では重要です。一度で全ての証拠金を失うリスクへの対策として、「ロスカット」という仕組みがあるので、そうした仕組みを理解してリスク管理をしましょう。

関連する記事を紹介

FXのロスカットとは?仕組みとルールを初心者にもわかりやすく解説

ロスカットってなに?執行されたらどうなるの?FXの強制ロスカットとはどういうものなのでしょうか。この記事では強制ロスカットの仕組み•••続きを読む

FXで入金したお金が増えたり減ったりする要因は二つあります。
一つが、為替差損益です。為替差損益とは、取引する対象の外貨のレートが変動すること(ドル円であれば1ドル100円から101円になる、など)によって、保有しているポジションの評価額が増えたり減ったりすることです。FXでは決済するまでは、利益も損失も確定しませんので、決済した時に初めて為替差損益が確定します。ポジションを持っている状態では、未確定のの利益や損失ということになります。
スワップポイントとは、外貨を売買した際に、2国間の金利差によって受け取ることのできる利益や損失のことです。毎日受け取ることができます。また金利差の大きい通貨を売買することで、金利差も大きくなり、より大きな金額を受け取ることができます。

関連する記事を紹介

FXのやり方とは?取引を始める前に知っておきたいFXの基本まとめ

FXを始めたいけど何からやればいいかわからない…FXをこれから始めたいけど、いったい何から手を付けていいかわからないと感じている方•••続きを読む

基本的な取引をするだけなら、そこまで大きな違いを感じることは少ないでしょう。強いてあげるとすると、取引ツールの使いやすさは、気になるかもしれません。アプリなどはFX会社によって性能が違うため、思った通りに取引できないなどの不便を感じることもあるでしょう。
しかし取引頻度が多くなったり、金額が大きくなると、些細な違いが大きく影響してきます。取引ツールの使い勝手は、ある程度慣れでなんとかなる場合も多いので、将来的にどんな取引スタイルで取引したいかをイメージして、予めそのスタイルに合ったFX会社を選んでおくのも一つの方法でしょう。

国内の主要なFX会社では、入金手数料や口座維持手数料などは無料のところがほとんどです。実際に本サイトで紹介している上位5社は、実際に取引を行うまではコストは発生しません。
FXの取引を行うときのコストとして、スプレッドがあります。これは各通貨ペアに設定された買値と売値の差分になります。これは取引手数料としてFX会社が設定しているものです。スプレッドの特徴としては、取引量の少ない通貨ペアほど手数料が高くなる傾向にあります。
大手であれば主要な通貨ペアのスプレッドは狭い水準に統一されつつありますが、マイナーな通貨ペアで取引回数が多くなりそうな場合は、スプレッド起点で選ぶのも一つの方法でしょう。

FXの口座は、金融庁に認められた外国為替証拠金取引を提供できる企業の専用口座に当たります。投資用の専用口座のため、銀行で口座を開設するよりも少しだけ準備するものが多いです。ここではインターネット上で口座開設をする場合で説明します。
FXの口座開設に必要なものは、主に4つです。

FXの口座開設に必要なものは、主に4つです。

  • 「メールアドレス」
  • 「本人確認証(運転免許証、保険証など)」
  • 「マイナンバーカード(2016年1月より義務化)」
  • 「銀行口座(入金用の銀行口座)」

基本的にはこれら4つが口座開設時に、提出が求められる書類になります。またその他にも現在の金融資産の状況など質問項目があります。

関連する記事を紹介

【FXの口座開設をスムーズに】あなたが用意すべき本人確認書類は?

口座開設でどんな書類を用意すればいいのかわからないな多くの方が戸惑ってしまう本人確認書類の提出。実は今持っている書類で口座開設でき•••続きを読む

まずは、特別なこだわりがないのなら、総合力が高いFX会社で口座を開設しましょう。
口座を開設し、入金が完了したら実際のトレードです。初めての取引では、ドル円を最小のLot数で取引することから始めましょう。
ドル円は、日本人のトレーダーにとって最もメジャーな通貨ペアで、日本時間の取引量が最も多いです。また主要通貨ペアなので、ほとんどのFX会社は、コストであるスプレッドを0.3銭に設定しています。手数料が安く、動きも比較的小さい主要通貨ペアでの取引を最初はおすすめします。

FXの取引にいくら必要かは、FX会社によって違います。
ランキング表を改めて見て欲しいですが、10000通貨と1000通貨など書かれているのが分かるでしょうか。これは1回に注文できる単位を表しています。
10000通貨のFX会社であれば、ドル円で例えると10000$単位での注文になります。2019年10月時点のドル円レートだと、40,000〜50,000円が最低必要資金になります。
1000通貨のFX会社であれば、10000通貨の10分の1なので、4,000〜5,000円が最低必要資金でしょう。
ただし注意して欲しい点が、最低必要資金の入金で取引をした場合は、すぐにレバレッジの上限である25倍に達してしまい、強制決済(ロスカット)が発動してしまう可能性があります。最低必要資金の2倍程度は入金しておくと、強制決済の可能性を減らすことができるでしょう。

RANKINGランキング

DMMFXのLPキャプチャ_SP
  • FX口座数国内第1位!(※)
  • ドル円のスプレッドは0.2銭
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1,000通貨から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • FX取引高8年連続国内第1位 (※)
  • アプリもチャート上から発注可能
  • 最大33,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 高金利通貨ペアのスワップが高水準
  • 売り買いのスワップ差が0円
  • 最大53,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • オリコン満足度ランキング第1位
  • 1,000通貨に対応
  • 取り扱いペア数が豊富
詳細を見る

※1:2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ。DMMFXと外為ジャパンを合算した数値。
※2:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

SELECT無料診断

診断ページへ進む

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー