FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2019.11.12更新

FXとは何?

FXとは?をわかりやすく|投資初心者が知っておいた方がいい基礎知識

「FXって難しそう」「専門用語が多くて理解できない」

そんな悩みを抱える初心者のために、「そもそもFXとは?」の部分から基礎知識を解説します。この記事から、FXライフの第一歩を踏み出してみませんか?

これだけは覚えてほしい!FXとは
  • FXとは、他の国の通貨を買ったり売ったりして差益を狙うことです
  • 1ドル100円のときに買い、1ドル=120円になったら売る→「20円の利益」
    この仕組みを利用して利益を出します

    ⇒もっと詳しくFXについて知る

FXとは?わかりやすく解説

FXとは、「Foreign Exchange」の略で、正式名称は外国為替証拠金取引といいます。

FXを一言で表すと、異なる通貨の売買のことで、円はもちろんのこと、ドルやユーロ、ポンドなどの通貨そのものを買ったり売ったりする取引です。

FXは2つの通貨の取引が基本です。

日本円で米ドルを買ったとすると「ドル買い」と「円売り」ということ。他にも、ユーロでイギリスのポンドを買ったり(ユーロを売る)、米ドルでオーストラリアのドルを買う(米ドルを売る)などのように、日本円以外にもさまざまな通貨の売買が行われます。

FXとは何なのかを図解した画像

日々テレビのニュースで「今日の東京相場は、1ドルあたり120円10銭で取引されています」などとアナウンスされますが、これは通貨の価値のことです。日本円と米ドルを交換するときの「交換レート」とも言います。

通貨の価値(レート)は常に変動していて、FXではこのレートが変動する動きを利用して利益を出します

どのように利益を出すのか、わかりやすくFXの売買の例を挙げて見ていきましょう。

例えば、1ドル=100円のときにドルを買い1ヶ月後に1ドル=120円になったとすれば、「20円の利益」になります。もし仮に100万円分のドル(1万ドル)を買っていたとすれば、利益は「20万円」です。

一方で、10万円分のドル(1,000ドル)しか買っていなければ、利益は「2万円」です。

このようにドルが上昇した場合、多くのドルを買えば買うほど利益が出ます。

FXの仕組みの図解画像

しかし、利益を上げるためには通貨がいつ安くいつ高いのかという相場の流れを知り、決済のタイミングを知る必要があります。海外情勢に左右されるFXのレートは、チャートを見て過去の値動きの傾向を把握しながら取引をしていくのが一般的です。

チャートとは時間や価格をグラフ化したものです(※以下はPC版のチャートです)

FXのチャートの例

チャートは、「ローソク足(あし)」という縦線の連続で構成されており、この線一本一本の中にたくさんの情報が詰め込まれています。最初はちょっと難しく見えるかもしれませんが、意味さえ理解してしまえば、この線が非常に合理的であることがわかるはずです。

⇒初心者はこれさえ覚えればチャートを読める!ローソク足のパターン集

では、FXはどのような流れで取引されるのでしょうか?見ていきましょう。

どのような流れでFXは取引されるの?

FXは、まずFX取引を扱っている会社でFX専用の口座を開設するところから始まります。そして開設した口座に入金し、入金した額での取引が可能になります。

(いくら入金すれば取引ができるのかについては記事後半でご説明します)

FX取引までの3ステップの画像

また、FXはパソコンやスマートフォン、タブレットなどでそれぞれのFX会社が出している専用のアプリを使って取引することができます。

FX取引を扱っている会社は10社以上存在します。どこで口座開設すればいいのか迷ったら、初心者向きの会社はどこか、比較してみましょう。

⇒初心者向けのFX会社13社を比較!FX会社選びで損しないための3つのポイント

FXの3大メリット

ここではFXの魅力を3つに凝縮してご紹介します。

  1. 少ない資金でも大きな投資ができる
  2. FXは不況でも利益が出せる
  3. スワップポイントが毎日たまっていく

1.少ない資金でも大きな投資ができる

1つ目のFXの魅力は、「少ない資金でも大きな投資ができる」ことです。

たとえば株などの投資は、大きな利益を出すためには多くの資金が必要になりますよね。

しかしFXの場合、手元に大金がなくても「レバレッジ」という仕組みがあるため「手元の資金以上のお金」で投資をすることが可能です。

【レバレッジとは】
    レバレッジとは、「梃子(てこ)」を意味する言葉。
    「てこの原理」を使うと、小さな力でも重いものを動かせますよね。FXのレバレッジも同様で「少ない資金でも大きな投資」を可能にしてくれます。

    リスクと引き換えに大きな利益を生み出すことができる、FXならではの特徴と言えるでしょう

どういうことかというと、手元に10万円の資金があると仮定します。このとき、レバレッジを10倍かけると、資金10万円×レバレッジ10倍の計算で、100万円分のFX取引ができる(1ドル=100円だとすると、10万円で1万ドルを買える)ようになります。

このとき、為替レートでドルが1円上昇したとすると、その価値は101万円に上昇。

10倍のレバレッジをかけたことで、わずか1%の値動きで10%の利益を得ることができるということです。

レバレッジのイメージ画像

そしてこのとき注意しなければならないのは、利益が10倍になる反面、「損失も10倍になる可能性がある」ということです。レバレッジのリスクについては後ほど詳しく解説しますが、まずはレバレッジが「諸刃の剣」であることを覚えておきましょう。

現在、国内のFX会社のレバレッジは最大25倍までとなっています。

レバレッジをかけることで少額でも大きな投資をすることができ、結果として大きな利益を狙うことができるのです。

レバレッジについては別の記事でも解説しているので、基礎知識を網羅するのなら、以下の記事もぜひご覧ください。

⇒レバレッジとは|かけ方を間違えると失敗するリスク?FX初心者は5倍まで

2.FXは不況でも利益が出せる

「投資で利益を出せるのは景気が好調なときだけ」と思っている人は多いのではないでしょうか。

確かに「買った後に相場が値上がりしたら売る」という手法の投資は、好景気でなければ利益が出せません。

しかしFXは2国間の通貨の交換価値の変動を利用する取引であるため、「相場が下落していても利益を出せる」という特徴があります。円安や円高、不況といったどんな相場においても、通貨の価値に変動があれば利益を狙えるのです。

FXのトレンドの波の説明画像

その理由は、FXは外貨を「買う」という取引からだけでなく、外貨を「売って後で買い戻す」という取引が可能だからです。

どういうことかというと、1ドル=101円のときに現実には保有していないドルを売り、1ドル=100円になった時点で、ドルを買い戻すことで1円の利益を得られます。

慣れないうちは「実際にドルを持っていないのに売れる」ということが不思議に感じるかもしれませんが、これぞFXならではの特徴。

売り買いどちらからでもエントリーできるので、どんなに景気が悪く株式市場が低迷していても、FXは利益を出すことが可能ということを覚えておいてください。

3.スワップポイントが毎日たまっていく

FXでは通貨を売買して利益を出すこと以外に、「外貨を買ってもっているだけ」で資金を増やすことができます。「スワップポイント」という仕組みがあるからです。

【スワップポイントとは】
    スワップポイントとは、FXで売買を行ったときに発生する2国間の「政策金利の差」のこと

通貨にはそれぞれの国が設定した政策金利が存在します。例えば日本の場合、政策金利は年-0.1%でマイナス金利となっています。しかし、高金利通貨として有名なトルコリラの場合、年19.75%(2019年9月現在)です。

トルコリラのような高金利通貨を買って日本円のような低金利通貨を売るという取引を行った場合、2国間の政策金利の差額分を利益として受け取ることができるのです。

この2国間の金利差のことをスワップポイントといいます。

スワップポイントは高金利通貨を買い、持ち続けることで毎日付与されます

では、実際にFXではどのくらいの金額がスワップポイントとして利益になるのでしょうか?

どのくらいスワップポイントがつくの?

あくまでも試算ですが、一般的な預金、外貨預金、FXという3通りの方法で100万円を運用した場合、1年後にいくらになっているのか見ていきましょう。(米ドルで計算・為替差損益がないと仮定した場合)

一般的な預金 外貨預金 FX
約1,000,010円 約1,002,000円 約1,021,900円

一般的な預金の場合、金利はたったの年0.001%しかつきません。日本で100万円を預金したとしても、1年後の金額はほぼ変わらないでしょう。

外貨預金の場合の金利は、0.2%ですが、大きな利益とはいえません。
※2019年8月現在 みずほ銀行外貨普通預金の米ドルの場合

最後にFXの場合です。
2019年9月現在のアメリカ政策金利は2.00%。1万通貨(1万ドル)で計算をすると1日あたり60円前後が付与されることになり、年間で21,900円もプラスになります。

ただし、これはあくまでも為替差損益がないと仮定した場合。スワップポイントは預金とは違い、相場の値動きによっては元本がマイナスになることもあるので注意が必要です。

また、スワップポイントの値はFX会社によって異なります。スワップポイント狙いで取引したい方は、口座開設するFX会社が高スワップポイントを提供しているかどうかをチェックしましょう。

スワップポイントについてさらに知りたい方は以下の記事をご覧ください。
⇒スワップポイントとは?スワップ狙いで利益を出す仕組みを解説!

スワップポイントで通貨を比較したいという方は以下の記事をご覧ください。
⇒FXのスワップポイントを比較!

FXのデメリットとリスク

FXは投資である以上、当然リスクも存在します。

特に、FXはレバレッジという仕組みで資産以上の金額を投資できるため、損失のリスクもより大きくなる可能性があります

100万円の資金を投入しても、うまくいかなければ10万円や20万円損をすることもありますし、最悪の場合は100万円がすべてなくなってしまう場合もあります。

一般的にレバレッジとリスクは正比例の関係にあるので、レバレッジをかければかけるほどリスクは大きくなります

FXのレバレッジのリスクの説明画像

リスクはレバレッジ5倍よりも10倍、10倍よりも15倍のほうが当然大きくなります。レバレッジを25倍などと高く設定しすぎて取引をすると、資金の維持率がギリギリになってしまいます。

高いレバレッジで取引をしていると、少しでも損失の方向に動いただけで強制ロスカットされてしまい、取引ができなくなる可能性が高まります。

【強制ロスカットとは】
    含み損が拡大し、口座に入金している金額(証拠金額)の一定ラインを下回ると、FX会社が強制的に損失を確定し決済すること

強制ロスカットを簡単に説明すると、急激な為替の変動でトレーダーが膨大な損失を被ってしまわないための仕組みです。

つまり、資金10万円でトレードしているのであれば、10万円以上の損失を出してしまう前に強制的に損失を確定させてしまうわけです。

値動きがあまりにも急激な場合、ロスカットが間に合わない(=証拠金以上の損失が発生する)可能性があるのも事実ですが、基本的にロスカットは「証拠金を上回る損失」という最悪のケースを避ける装置と考えていいでしょう。

ただし、ロスカットにあえば当然ながら投入資金を失い、マーケットから退場せざるを得ません。そうならないようにリスク管理することが大切です。

強制ロスカットの対処方法は以下の記事でより詳しく解説しています。
⇒FXのロスカット(強制決済)とは?初心者でも大損しない2つの方法

他にも、FXにはさまざまなリスクが存在します。FXはリスクを事前に知ることで失敗する可能性を低く抑えることができます。リスクについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
⇒大損しないために知るFXの9つのリスクと回避法

FXって難しい?50万人を惹きつける4つの理由

「FXの詳しいことはわかったけど、やっぱり投資って難しそう…」「忙しくて日中は相場のチェックなんてできないし…」というようにまだFXに対してハードルを感じている方も多いと思います。

日本におけるFXの利用者は50万人にのぼるといわれています。FXはさまざまなユーザーに向いている投資であることが、利用者が増加している一因とも言えるでしょう。

【FXがたくさんの人を惹き付ける4つの理由】
  1. ライフスタイルに合わせて取引できる
  2. スマホアプリで取引可能
  3. 株と比べて選択肢が狭い
  4. 少額で始められる

1.ライフスタイルに合わせて取引できる

株の取引時間が平日9:00~15:00(昼11:30〜12:30を除く)であるのに対し、FXは24時間取引可能なのでライフスタイルに合わせて取引できます。

24時間取引可能の説明画像

FXのマーケットがにぎわうのは日本時間の夜22:00~2:00。この時間帯はニューヨーク市場が開いていることもあり、大口のトレーダーが売買するためチャートの動きも活発になります。

つまり、日中に仕事をしている人が帰宅し、就寝するまでの時間帯に大きく利益を出すチャンスが巡ってくるということ。

また、学生や主婦などの属性に関わらずそれぞれの方に合った時間帯や期間で自由に取引をすることができます。
以下の記事でFXのトレードスタイルを紹介していますので、参考にしてみてください。
⇒FXのトレードスタイル4つの特徴と自分に合った選び方とは

2.スマホアプリで取引可能

FX取引はパソコンに張り付いていなきゃできないと思っていませんか?FXは、パソコンだけではなくスマホやタブレット端末でも取引が可能です。

ワンタッチで注文できる仕様や、パソコンに引けをとらないチャート機能が付いており、経済ニュース速報なども受けとれ、いつでもどこでもトレードできるのがスマホ取引の魅力です。

スマホで取引することができれば、通勤時間やお昼休みなどの手の空いている時間を有効活用できますよね。

各FX会社はスマホアプリの開発に力を入れているため、PCに劣らない使い勝手の良いアプリを利用することができます。

スマホアプリについては以下の記事で詳しく解説しています。
⇒FXアプリの選び方|使いやすいスマホアプリはコレ

3.株と比べて選択肢が狭い

FXは株のように銘柄選定に時間をかけることがない分、取引をスタートしやすいと言えます。

2つの投資の大きな相違点は投資対象の数にあります。

FX
投資対象の数 約20 約2000

FXで取引できる通貨ペアは20ほどと限られているのに対して、株はその投資対象の数が膨大です。東証一部だけでも2,000以上の銘柄が存在します。

かなりの数の投資対象の中から、自分に合った銘柄などを分析し、スクリーニングして探し出すことは大変な労力を要します。

一方、FXは株に比べれば銘柄(通貨ペア)が限られており、大多数の人がメジャーな「米ドル円(USD/JPY)」での取引をしています。

マイナー通貨はハイリスクで初心者にはハードルが高いことを考えると、FXは株のように「銘柄に迷う」ことは少ないと言えるでしょう。

株とFXの違いについて詳しく知りたい人は、以下の記事もぜひご覧ください。
⇒「FX」と「株式投資」の違いとは|投資初心者はどっちが向いている?

4.少額で始められる

「FXは投資なので、始めるにはお金がかかりそう」と初心者の方は思うかもしれませんが、FXの場合、レバレッジをかけられるため数千円からの少額取引が可能です

FX会社の中には1通貨の取引が可能なところ(SBI FXトレード)もあるので、理論上はFXを始めるための最低額は「約4円」です。

本当に4円で始めるのはおすすめできませんが(すぐにロスカットされる可能性が高い)、レバレッジという仕組みのおかげで少額取引が可能なのは事実です。

一方、株はレバレッジをかけることができないため、現物を買うのに必要な資金を用意しなければいけません。

例えば、トヨタの株価は約7,000円で取引単位が100株なので、70万円の資金が必要。

少額から買える銘柄でも5万円前後の資金が必要なケースがほとんどです。

FXは「少額の資金しかなくても投資を始められる」という点で、幅広いユーザーに適しているといえます。

→少額なら4,000円から始められます。詳しくはこちら!

取引するために最低限知っておいた方がいい知識

FXの取引にも手数料(スプレッド)がかかる

FXの取引には売買手数料はかかりませんが、代わりにスプレッドが実質の手数料となります

FXでのレートは「ドル円 100.00円 99.997円」という形で2つのレートが表示されます。

それぞれ前者を買値(かいね)、後者を売値(うりね)と呼びます。これは、ドル円を買うときは「100.00円」で、売るときは「99.997円」で売ることができるということです。

スプレッドとは買値と売値の差であり、上記の場合0.003円(0.3銭)がスプレッドとなります。

スプレッドとはの説明画像

つまり、ドル円を買って(100.00円)レートが変わらないうちにすぐに売ると(99.997円)0.3銭分損をすることになります。これがFXのコストです。

スプレッドの値は為替の急激な値動きによって変動することがあり、どの程度変動するかについてもFX会社によって異なります。

コストを可能な限り抑えたいという人は、スプレッドの狭さをチェックしておくといいでしょう。

ただ、スプレッドというコストそのものは、外貨預金の手数料と比較して低めなのも事実。スキャルピング(超短期で売買を繰り返すトレード手法)をするのでなければ、過剰に気にする必要もないでしょう。

⇒スプレッドとは?FXの手数料を初心者向けにわかりやすく解説

通貨単位とは?FX取引は1万通貨単位が基本

多くのFX会社には最低取引ができる通貨単位というものが存在します。

【通貨単位とは】
    1通貨とはその国の通貨の単位のこと。
    つまり、ドル円で1ドル=100円の場合、1通貨は100円分の取引
通貨単位とはの説明画像
ドル円の場合、1通貨は1ドル。
ユーロ円の場合、1通貨は1ユーロ。
ユーロドルの場合は、1通貨は1ユーロ。

ほとんどのFX会社で最低取引通貨単位というと、1,000通貨や10,000通貨であることが多いです。

つまりFX会社の通貨単位の記載が、「1,000通貨」の場合、1,000ドル=約10万円分。この場合、最低でも1回あたり1,000ドル=約10万円分の取引をしてくださいねということです。

しかしFXはレバレッジという資産の何倍もの額を投資する仕組みもあります。

レバレッジを10倍かければ「1万円しかなくても10万円分の取引が可能」になるわけです。

Lot(ロット)は通貨単位のこと

参考までにご紹介しますが、通貨単位はLot(ロット)という呼び方をすることもあります。
こちらもFX会社によって異なるのですが、1Lot(ロット)は10,000通貨とするのが一般的です。
(一部では、1,000通貨を1Lotと呼ぶところもあります)

つまり、ドル円1万通貨が1Lot、10万通貨を10Lot、1,000通貨を0.1Lotと呼びます。

どの通貨で取引すればいい?各通貨の特徴を一挙紹介

FXは、2つの通貨を組み合わせて取引します。日本人にとって最も馴染みがあるのが、アメリカのドルと日本円のペア、「ドル円」でしょう。ドル円の相場はニュース番組でも紹介されるので、誰しも一度は耳にしたことがあるはずです。

FXではドル円以外にもさまざまなペアを取引することができ、「ユーロドル」や「ポンドドル」のように、外貨同士の組み合わせもあります。

ただ初心者の場合、やはり自国通貨である円をからめたペア(専門用語で「クロス円」といいます)の方が何かとわかりやすいでしょう。
参考までに、それぞれの通貨の特徴を紹介していきます。

日本円(JPY)

我々に最も身近な通貨です。日本は、現在金融緩和の真っ只中にあり、マイナス金利通貨としておなじみです。
日本円を売って、外国の通貨を買うことで多くの場合スワップポイントを得ることができます。

米ドル(USD)

米ドルは、日本円の次に馴染みがある通貨と言えるでしょう。
豪ドルや南アフリカランドなどの高金利通貨と比較するとスワップポイントは高くはありませんが、日本ではアメリカに関しての情報が入手しやすく豊富であるため、分析や予想が立てやすく初心者向けの通貨といえます。

ユーロ(EUR)

第二の基軸通貨として地位を築きつつあるユーロはドルの次に取引される通貨です。

ユーロがらみの取引をする場合には、EU加盟国の他、ヨーロッパ各国の動きにも注意する必要があります。

英ポンド(GBP)

ポンドは、値動きの大きい通貨として有名です。初心者にはあまり向かず、中上級者向けの通貨と言われています。
値動きが荒いため大きな利益も狙えますが、一気に損失に振り切ってしまう場合もあるため注意が必要な通貨です。

カナダドル(CAD)

カナダドルは地理的にアメリカに近く、アメリカの影響を大きく受ける通貨です。
いわゆるマイナー通貨で、取引高はそこまで高くありません。

豪ドル(AUD)

オーストラリアドルは、2008年には7.25%という高金利通貨でしたが、その後政策金利は下がり続け、現在は0.75%となっています。そのため現在はスワップポイントの魅力は薄れていると言えるでしょう。

オセアニア時間という日本時間の朝に重要な経済指標の発表があったりします。

ニュージーランドドル(NZD)

ニュージーランドドルもかつては高金利通貨のひとつでしたが(2008年には8.25%)、豪ドルと同様に金利は下がり続け現在は1.0%となっています。

オーストラリアとは地理的に近く経済的なつながりも強いため、値動きが豪ドルと相似しやすいという特徴があります。

スイスフラン(CHF)

永世中立国であるスイスは、有事の際に買われる通貨として有名です。
現在政策金利がマイナスとなっています。

2015年にスイスフランショックという歴史に残る暴落を起こし、FXマーケットを騒然とさせたことがあります。

南アフリカランド(ZAR)

経済成長の著しい国々、いわゆるBRICS(ブラジル・ロシア・インド・中国・南アフリカ共和国)の一角です。
FXの世界では政策金利が高いことで有名で、スワップポイント狙いのトレードで選好されます。

スワップポイントを狙ったFXトレーダーの多くは南アフリカランドか、トルコリラを買う傾向にあります。

トルコリラ(TRY)

トルコの通貨トルコリラは高金利通貨としてよく注目されます。トルコの政策金利は19.75%と高金利ゆえに高スワップポイントが期待できます。

トルコリラを取引できるFX会社はそう多くないので、FX会社がトルコリラを扱っているかどうかを確認しましょう。
またトルコにおいては財政リスクが伴うため、財政状況や経済状況をきちんと把握することも大切です。

FXはいくらから始められるの?1,000通貨取引なら4,000円から

1通貨から取引できるFX会社もあるので、理論上は「約4円からFX取引が可能」です。

ただ現実的な最低額を考えるのであれば、約4,000円~1万円といったところでしょう(1,000通貨単位で取引の場合)

投資というと大きなお金がないとできないイメージもありますが、FXは少額から始めることができるのです。

では、FXを始めるにはまず何をすればよいのでしょうか。

FXを始めるには?まずは口座開設!

FXを始めるにはまず、FX会社で口座開設をしましょう。

FX口座の開設にかかる期間は2〜3日です。では、どこのFX会社を選べばいいのでしょうか?

ここでは、代表的なFX会社を3社ご紹介します!

YJFX!

1社目にご紹介するのは、YJFX!です。YJFX!は、最低取引通貨単位が1,000通貨で少額取引に対応している他、スマホアプリ「Cymo(サイモ)」に定評があるFX会社です。

YJFX!
【特徴】
  • 少額(1,000通貨単位)から始められる
  • 定評のあるスマホアプリ「Cymo(サイモ)」
  • ヤフーグループであるという知名度

YJFX!は上記の特徴をはじめとし、業界最狭水準のスプレッド、Yahoo! JAPANでおなじみのヤフーグループならではの情報提供力などが特徴のFX会社です。

デモトレードや充実したセミナーなど、中上級者へとステップアップできるコンテンツもそろっており、1社目の口座開設として十分の機能を備えているFX会社といえるでしょう。

→YJFX!の詳細ページはこちら

外為どっとコム

2社目にご紹介するのは、外為どっとコムです。外為どっとコムは、初心者にうれしいサービスが充実しています。

外為どっとコム
【特徴】
  • 少額(1,000通貨単位)から始められる
  • 業界トップクラスの情報力
  • 20通貨ペア全てのスプレッドが業界最狭水準

外為どっとコムは、投資に関するさまざまなニュースやレポートを配信しており、情報面での手厚いサポートが特徴的です。

さらには、1,000通貨単位での取引が可能で、スプレッドも業界最狭水準なので、少額かつ低コストで取引を始めることができます。

→外為どっとコムの詳細ページはこちら

DMM FX

最後にご紹介するのは、DMMFXです。DMMFXは10,000通貨からしか対応していないため、少額取引を行うことができません。

しかし、これを差し引いてもDMMFXで取引するメリットは大いにあります。

実際、DMMFXはFX口座数が国内No.1※であり、少額取引に対応していないにもかかわらず多くの人に選ばれるFX会社となっています。
※1:2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)

DMMFX
【特徴】
  • 全20通貨ペアのスプレッドが業界最狭水準で、低コストで取引ができる
  • 充実したカスタマーサポート
  • FX口座数国内No.1!

DMMFXのFX口座数は国内No.1であり、人気なFX会社であることがわかります。

DMMFXでは24時間メールや電話だけでなく、FX業界初の「LINEからの問い合わせ」にも対応しています。思いついたときにLINEを使って質問できるのはDMMFXだけです(2019年7月現在)。

またスプレッドも業界最狭水準となっています。

→DMMFXの詳細ページはこちら

もっと多くのFX会社を知りたい方は、FX会社16社の比較ページをご覧ください

また、本格的にFXを始めようと考えている方は以下の記事に具体的な始め方がまとまっています。
⇒資金10万円以下!FX初心者のための「少額で低リスク」な始め方まとめ

記事のまとめ
  • FXとは、「Foreign Exchange」の略。米ドルなどの外国通貨を売買し、為替の値動きによる利益を得るのがFX
  • FXはレバレッジをかけることで、少ない資金で大きな投資ができる
  • 通貨ペアの政策金利差によってはスワップポイントを毎日受け取ることができる
  • FXは売りからスタートすることもできるため、不景気・円高・円安でも利益を狙うことが可能
  • FXではさまざまなトレードができるがリスクとリターンは常に隣合わせということを忘れないように注意
  • 24時間取引可能なので忙しいサラリーマンや主婦や学生の方でも、自分に合ったスタイルで取引できる
  • FXは約4,000円から投資が可能(最少は4円)
  • FXを始めるにはまずは口座開設から

掲載FX会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

みんなのFX!

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • YJFX!
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • みんなのFX
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • YJFX!
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
ページトップ