FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2018.02.27更新

外為どっとコム

外為どっとコムの評判|FX初心者に嬉しいチャート機能と注意点

FX取引を始めようとは思っていても、「どこでどのような情報を集めて参考にすれば良いの?」といった不安があり、なかなか口座開設に踏み込めないという方も多いのではないのでしょうか?

今回解説していくFX会社【外為どっとコム】は、情報収集用の口座として開設する方もいるくらい、情報面のサポートが充実しています。キャンペーンは初心者向けとは言い難いですが、自分に合ったトレード方法を見つけやすいシステムが揃っています

外為どっとコム公式サイトキャプチャ
 

外為どっとコムの特徴まとめ

【長所】
  • どこにも負けない情報量!勉強しながらトレードに慣れていける
  • 取り扱い通貨ペアが豊富!主要通貨に加え、他社ではあまり見られない通貨ペアの取引も可能
  • 時間や値幅を指定できる多様な注文方法で自分好みのトレードがしやすい!
  • Apple Watchとの連携も!より気軽にレートやチャートをチェックできる
    • 【短所】
      • キャンペーンが初心者にはハードルが高い
      • スマホアプリでチャートを1画面しか表示できない
        • 【こんな人におすすめ!】
          • 知識や情報量に自信がないけどFXを始めたい人
          • 幅広い選択肢からトレードスタイルをみつけたい人

外為どっとコムの長所

圧倒的な情報量

外為どっとコムは、情報量に定評があります

外為どっとコム総合研究所(外為どっとコム総研)を設立し、投資情報の配信はもちろん、金融市場および外国為替市場等に関する調査や研究を行い、発信しています。なかなか自分で情報を集めるのが難しい初心者や、FX口座を開設する前になるべく多くの情報量を得たいという方にとってはうれしいポイントですね。

【ここがすごい!「外為どっとコム総研」の情報量】
  • FX会社が外国為替専門のシンクタンクを設立するのは業界初であり、世界的にもあまり類例を見ない試み
  • 首席研究理事にはあの竹中平蔵氏を迎え、ホームページ上では、外為トゥデイや研究員のレポートなど定期的に為替に関する情報を提供
  • 取引ツール内で配信しているニュースが豊富(ニュース速報、フィスコライブ、GI24、ロイター、の4社)
  • レポートも充実(フィスコ朝刊、フィスコ夕刊、酒匂レポート、外為トゥデイ、G.com、の5つ)
  • 各国の政策金利もチェックできる

情報量での他社との連携は費用もかかるため、他のFX会社はどんどん契約数を減らして1社や2社であることも多い中、外為どっとコムはしっかり4社で配信しており、手厚い情報を入手することができます。レポートに関しては、ニュースとは異なりじっくり読むことでまた違った視点からのトレードアイデアが浮かぶことに繋がるかもしれません。

これらすべてスマホアプリでの閲覧も可能となっています。

もちろん、経済指標のチェックも可能です。特に「外貨ネクストネオ」の週間予測カレンダーでは、その週に発表予定の主要経済指標を一覧でき、各経済指標の前回の結果と今回の予想値、そして今回の発表結果の3項目をそれぞれ確認する事ができます。

これらのニュースやレポートは口座開設をすれば無料で利用することが可能です。口座開設自体も無料なのでこれらの情報源を得るためだけに口座開設をする方もいます。充実した情報サービスのみならず、無料セミナーを実施するなどサポートも充実していますので、口座開設をしてからぜひ足を運んでみてください。

外為どっとコム総研の詳細(公式サイト)はこちら

取り扱い通貨ペアが豊富

外為どっとコムでは、豊富な種類の取引通貨ペアを取り揃えています。ドル円、ユーロ円、豪ドル円などの主要通貨はもちろん、さらにトルコリラ円、人民元円、ノルウェー円、スウェーデン円、メキシコペソ円といった他社ではなかなか扱わない通貨を取り入れている点が長所の1つ。

特に最近では、スワップポイントの高さからトルコリラ円への注目が高まっています。しかし実は、カバー先の銀行などの関係でなかなか導入に踏み切れないFX会社が多いのが実情です。そんな中外為どっとコムは比較的マイナーな通貨ペアも導入していますので、この点だけを見ても外為どっとコムの口座を開設するメリットがあると言えます。

また、これらの通貨ペアはスマホアプリで気軽に取引することも可能です。

豊富な注文方法で自分好みのトレードが可能

成行・指値・逆指値・IFD・OCO・IFDOといった基本的な注文方法はもちろんしっかり備わっています。しかし外為どっとコムなら、他社ではまだまだ取り入れているところが少ないトレール注文も利用することが出来ます。

【トレール注文】

決済の損切り注文の一つで、指定した値幅(トレール幅)以上に不利な方向へ進んでしまった場合に、ストップ注文が自動的に執行される注文方法。上昇相場で利食いを伸ばし続ける注文方法として使いこなせれば、大きな利益をもたらすこともある注文方法として人気。

時間指定による注文も可能です。具体的には、時間指定成行時間指定指値時間指定ストップがあります。いずれも「仲値までに決済したい」「NY市場のオープンと同時にポジションを建てたい」「ビックイベント前にポジションを手仕舞いたい」というように時間で区切られた売買を可能にしてくれる機能です。従来のレートによる注文と比較しても、劇的にトレードの選択肢が増えることになります。

【時間指定成行】

指定した日時に成行注文が自動的に執行される注文方法。例えば、「大きくレートが変動するアメリカの雇用統計(日本時間21:30)の前の時間帯に決済をしてしまおう」といったときに活用できます。

【時間指定指値、時間指定ストップ】

指定した日時までに指定レート等に達した場合は指値またはストップ注文が執行され、達しなかった場合は時間指定した日時に成行注文が執行される注文方法。

※いずれも指定できる日時は注文発注した日から30営業日後まで

画像左:「時間指定指値」設定画面(スマホアプリ画面)
画面右:「時間指定ストップ」設定画面(スマホアプリ画面)

外為どっとコム・時間指定ストップ 外為どっとコム・時間指定指値

こういった注文は数年前のFX業界ではほとんど見られなかったものの、近年徐々に取り入れる会社が増えてきています。

スマートデバイスにも力を入れている

特に力を入れているのがApple Watch(アップルウォッチ)です。Apple Watchと連携してレートの確認、チャート、経済指標をチェックすることができます。iPhoneユーザーでかつApple Watchも利用している方にとってはFX取引がより便利になるに違いありません。

外為どっとコムの短所

キャンペーンの達成難易度が高い

外為どっとコムでは口座開設キャンペーンを行っていますが、その内容は活発にトレードをしない方や初心者にとってはあまりオススメできるものになっていません。詳しくはキャンペーン(当ページ下部)をご覧ください。

スマホアプリ「外貨ネクストネオ」のチャートが1画面しか表示できない

現在FX取引の主流はパソコンからスマホにシフトしつつあり、多くのFX会社がスマホアプリの利便性向上に注力しています。その結果、多くのFX会社はスマホアプリで複数チャート画面の表示を可能にしています。

しかし、外為どっとコムのスマホアプリ「外貨ネクストネオ(NEXTneo)」ではまだ1画面しか表示できません。スマホで気軽に異なる時間軸・通貨ペアを一目で分析できないという点で、すこし使い勝手が悪いといえます。1画面に4分割でチャートを表示できるDMMFX社のスマホアプリ画面と比較してみると、その都度取引画面を切り替えないと他のチャートをチェックできないイメージが湧きやすいのではないでしょうか。

画像左:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」で見るチャート
画像右:DMMFX「スマートフォンアプリDMMFX」で見るチャート(4分割)(DMM FXの詳細はこちら)

外為どっとコム・外貨ネクストネオ(iphone) DMMFX・4分割チャート(iphone)
外為どっとコムの詳細(公式サイト)はこちら

実際の口座開設方法3ステップ

外為どっとコムの口座開設は公式サイトから手続きを行うことで出来ます。手続きと聞くと面倒に思えてしまう方もいるかもしれませんが、口座開設の手続きは思っている以上に簡単です。

外為どっとコムは口座開設に関しては特に速いFX会社で、手続きもシンプルで分かりやすくなっています。具体的な手順についてはこちらで解説しているのでご覧ください。

会社概要紹介

外為どっとコムは、口座数が44万件を超えていて業界でも知名度の高いFX会社です。深田恭子さんのテレビCMをご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。相場の解説や指標の発表に関するコンテンツを発信する「外為どっとコム総合研究所(外為どっとコム総研)」があり、情報提供に定評があることが大きな特徴の1つです。
初心者から上級者まで幅広くカバーできるFX会社であると言えます。

スマホアプリ

外為どっとコムのスマホアプリは「外貨ネクストネオ(NEXTneo)」です。iPhone・Androidの両方でダウンロード可能です。

【長所1:注文画面が使いやすい
  • 1タップ注文、一括決済注文、全決済、などの機能がすべて1画面に集約されている
  • 保有しているポジションの損益なども確認できるので、利食い・損切りの素早い判断が出来る
  • 注文変更画面も1タッチで表示される
(右の画像はスマートフォンを横向きにしたときのものです)

外為どっとコム・スマホアプリ「外貨ネクストネオ」注文画面 外為どっとコム・スマホアプリ「外貨ネクストネオ」注文画面

ほかにも、両建てのオンオフがボタン一つで変更できたり、レート画面をL・M・Sサイズと三段階に分けて表示できたり、注文完了をサウンドとバイブレーションで知らせてくれる機能があったりとユーザー目線に立った使いやすいアプリといえます。

【長所2:チャート機能が使いやすい
  • テクニカル指標が充実している(※以下詳細)
  • チャートのお気に入り機能を遣えばよく使うチャートにすぐアクセスできる
  • チャート上にラインを引けるので、分析がしやすい

1つ目に挙げたテクニカル指標について、詳しく説明していきます。

トレンド系は、単純移動平均、指数平滑移動平均、 一目均衡表、ボリンジャーバンドといったメジャーなものはもちろん、パラボリックやエンベロープといった他社ではPCのチャートでしか扱っていないようなテクニカル指標も利用可能!
今人気のスパンモデルとスーパーボリンジャーもスマホアプリで描画することができます。

オシレーター系も、MACD、スローストキャスティクス、DMI、RSI、ストキャスティクス、RCIといったメインの指標がしっかり備わっています。さらに、 サイコロジカルライン、乖離率といった上級者向けのオシレーター系のテクニカル指標も備わっています。

外為どっとコム・「ネクストネオ」チャート 外為どっとコム・「ネクストネオ」お気に入り機能 外為どっとコム・「ネクストネオ」チャートにライン
【短所:Apple Watchへの対応が不十分
  • チャートのチェックは出来ても、購入などの手続きができるわけではない

いつでもどこでもチャートやレートを確認できても、その場でアクションを起こせないのはもどかしいですよね。
しかしこればかりは、今後のアップデートに期待して待つしかありません。

取引ツール

パソコンで外貨ネクストネオ(リッチアプリ版)を利用すると、パソコンの強みを活かした高機能の取引ツールを用いたトレードが可能になります。ここではそのリッチアプリ版の主な機能を4つご紹介します。

【1.スピード注文が3種類ある】
用途に合わせてスピード注文が3種類から選べます(「Plus」「Standard」「Mini」)。また、ショートカットキーに対応しているので注文数量の変更や売買がスピーディーに行えます。

【2.チャートから直接注文できる】
新規注文はもちろん、決済注文まで出来るようになっています。決済注文に関しては成行だけではなく指値やストップ、トレール注文まで可能です。注文の変更もチャート上から行うことができます。

【3.チャート自体も高機能】
最大6画面まで表示が可能(以下画像あり)で17種類のテクニカル分析が可能です。チャート上に分析のためのメモを書き込むこともでき、アイコンまで置くことができます。

外為どっとコム「ネクストネオ」PCキャプチャチャート6画面表示

【4.オリジナルチャートの作成が可能】
チャートの背景、各目盛線、周期線、ローソク足のカラー、テクニカルチャートカラー、などを変更できます(以下画像あり)。テンプレートとして利用する事ができるのでいつでも、自分だけの見やすいオリジナルチャートを使う事ができます。

外為どっとコムPCキャプチャ取引ツール

キャンペーン

外為どっとコムは口座開設キャンペーンを行っていますが、初心者におすすめの内容とは言えません。開催されているのは、口座開設後に一定量以上取引を行うことで現金がFX口座に振り込まれるというキャンペーンです。対象取引期間中であれば、新規注文の取引量200万通貨以上で2,000円、400万通貨以上で6,000円、以降取引量に応じて現金がもらえます。

【口座開設キャンペーンの手順】
  1. 『外貨ネクストネオ』を新規ご開設(転送不要簡易書留郵便を受け取られた時点で口座開設となります)。
  2. 『外貨ネクストネオ』への初回入金額として10万円以上をご入金。
  3. 『外貨ネクストネオ』にて新規注文でお取引。

ただしこの条件は他のFXの会社と比較するとかなり達成難易度が高いです。新規注文で200万通貨以上だと、頻繁にトレードをするスキャルピングや大口取引でないと達成が難しいといえます。達成してもそれに見合ったキャッシュバック額とはいえないので、キャッシュバック目的で取引をすることはおすすめできません。

キャンペーンに関する詳細はこちら(公式サイト)

スプレッド

外為どっとコムと、業界トップGMOクリック証券の主要取引通貨ペアを比較してみます。

外為どっとコム GMOクリック証券
ドル円 0.3銭 0.3銭
ユーロ円 0.6銭 0.5銭
豪ドル円 0.7銭 0.7銭
ポンド円 1.1銭 1.0銭
ユーロ米ドル 0.5銭 0.4銭

※GMOクリック証券のスプレッドは原則固定

このように比べてみると、取引通貨ペアによってはGMOクリック証券の方がわずかにスプレッド幅が狭い通貨ペアもあるようです。とはいえドル/円などの幅は同じですし、いずれにせよ全般的にどの通貨ペアも業界トップクラスの最安スプレッドと言えるでしょう。

FX会社に多く注文が入るのは圧倒的にドル円ですので、いかにドル円のスプレッドを狭めた上で会社の収益化ができるかがFX会社の経営の腕の見せ所です。その点、ドル/円でスプレッド0.3銭と業界最狭の水準で提供できている両社は高評価に値します。

ちなみに、このスプレッドは固定されたものではありません市場が急変した時、市場のリクイディティ(流動性)が低下している日本時間の早朝や年末年始、重要指標の発表時間前後などのタイミングでスプレッドは拡大しやすくなります。

数字では表しにくいですが、例えば雇用統計というアメリカの重要指標発表時にドル円のスプレッドがどのくらいワイドになるか、また発表後どのくらいでスプレッドを元に戻すのかなどを各FX会社のレート画面を比較して行うことも、より良い取引環境を求める方にとっては重要です。

スワップポイント

次に、外為どっとコムのスワップポイントについて見ていきましょう。
外為どっとコムの主要通貨の買いスワップポイントは以下です(1万通貨単位)。

ドル円 32円
ユーロ円 −16円
豪ドル円 20円
英ポンド円 12円
南アフリカランド円 80円(10万通貨)
トルコリラ円 83円
メキシコペソ円 15円

他のFX会社と比較してもかなり高スワップを維持できていて良い状態といえます。特にメキシコペソ円は期間限定で固定で提供していたこともあり、魅力的な数字となっています。ただ、スワップポイントも固定ではなく、日によって変わるので単純に他社と比較するのが困難です。スワップ運用で取引を予定されている方は、直近のスワップポイントを他社と比較してみて下さい。

さらに外為どっとコムは、「貯まったスワップをその場で振替ができる」というサービスを行っています。保有しているポジションを決済することなく3,000円貯まるごとにFX口座内に振替が可能です。振替手数料、出金手数料もかかりませんのでお小遣い感覚でスワップを受け取ることができます。

約定力

次に外為どっとコムの約定力について見ていきます。約定力の優劣にはカバー先が大きく関係しています。

FX取引というのは、FX会社と顧客の間で行われる相対取引です。約定力を上げるためには、できるだけ多くのカバー先を取り入れる必要があります。一般にカバー先が3社だけのFX会社よりも、7社や8社もあるFX会社の方がレートが安定し、約定力も大きくなりやすいです。

カバー先といっても、数だけではなくその中身も重要です。例えば、日本の銀行だけ揃えているよりもアメリカの銀行、オセアニアの銀行、ヨーロッパの銀行などメインとなる時間帯が異なるカバー先を揃えているFX会社の方がムラがなくなります。

【外為どっとコムがカバーする主な外資系銀行】
・シティバンク エヌ・エイ
・JP モルガン・チェース銀行
・モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インコーポレーテッド
・香港上海銀行 香港本店
・バンク・オブ・アメリカ エヌ・エイ
・ゴールドマン・サックス・インターナショナル
・ドイツ銀行
・バークレイズ銀行 東京支店
・ユービーエス・エイ・ジー
・コメルツ銀行
【外為どっとコムがカバーする主な邦銀】
・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行
・みずほ銀行

いずれも為替ではビッグプレーヤーであり、これらをカバー取引先にできていれば基本的に約定力は安心できると言えます。この他にもリクイディティプロバイダーであるシタデルやバーチュなどもカバー先に名を連ねており、より強固な体制となっていることがわかります。
例えば取引高が世界2位のDMMFXではこういった銀行などとの取引はほとんどなく、そのためカバー方法も制限されているので、この点外為どっとコムは優位にあるといえます。

情報力

外為どっとコム1番の特徴ともいえる情報量に関しては外為どっとコムの長所(当ページ上部)でご紹介していますので、そちらをご覧ください。

デモトレード

外為どっとコムではデモトレードの提供をしています費用は無料です。
デモトレードアカウントの有効期限は登録日より90日間となりますが、切れても再度申し込めば何度でも利用できます。
また、パソコンのリッチアプリ版だけでなく、スマートフォン版のデモも利用できます。デモトレードは操作を覚えるのに最適なのでぜひ利用することをおすすめします。

一点、デモトレードに関しては注意が必要です。デモトレードは、あくまで現在のレートをもとに仮装売買するだけなので、本番トレードの注文の仕様とはシステムが異なります。レートの約定力が本番口座と異なるのでデモトレードで調子がよくても、実際のトレードに移行した途端、値動きを反映した注文になるのでなかなかうまくいかなくなるケースもあります。デモトレードの結果を過信せず本番口座でいきなり大きな利益を狙ってのトレードをしないよう十分注意して下さい

さらにデモトレードとは別に「バーチャルFX」というサービスもあります。バーチャルFXとは、外為どっとコムが主催するコンテストです。仮想通貨500万円を3ヶ月以内にいくら増やせるかを競うもので、入賞すると豪華賞品のプレゼントがあります。無料でエントリーできるので、FXに慣れるために参加する方も多くいます。

取引時間

外為どっとコムの取引時間は以下となっています。

冬時間 夏時間
対象期間 11月第1日曜日~3月第2日曜日 3月第2日曜日~11月第1日曜日
取引時間 月曜07:00-06:55 火曜~金曜07:10-06:55
取引時間 月曜07:00-05:55 火曜~金曜06:10-05:55

月曜は1年を通して取引時間が変わりませんが、火曜~金曜は冬時間と夏時間で異なるのでご注意ください。他のFX会社は週末クローズが06:50でクローズするところも多いので5分ですが多く取引チャンスがあります。こういった週末クローズではレートが大きく動くこともあるので、その時間帯に少しでも多く取引ができるという点は便利といえます。

入出金

入金について

外為どっとコムの入金方法にはクイック入金と振込入金の2種類があります。

クイック入金

提携している金融機関(以下一覧)でインターネットバンキングの契約をしておけば、24時間いつでも入金できるのがクイック入金。近年ではFX会社において一般的なサービスとなっております。振込手数料は無料で、1,000円以上から利用することができます。

【外為どっとコムでは下記の10行に対応しています】

・ゆうちょ銀行
・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行
・みずほ銀行
・スルガ銀行
・ジャパンネット銀行
・楽天銀行
・住信SBIネット銀行
・セブン銀行
・じぶん銀行

外為どっとコム「ネクストネオ」入金画面

振込入金

口座開設時に顧客独自の振込専用口座が作成され、そこに振込む入金方法を振込入金と呼んでいます。クイック入金を利用できない金融機関から振込を行いたい場合や、インターネットバンキングの契約を行っていない方はこの振込入金を利用することになります。
この場合、各銀行の振込手数料がかかってしまうので注意が必要です。

出金について

外為どっとコムでは基本的に通常3営業日以内に出金します。ただ、200万円以下の場合、営業日の午前中に依頼をすれば当日午後には出金が完了します。正午を過ぎての依頼でも、翌営業日の午後に出金が完了します。これらを踏まえると、200万円以下であればかなり出金は早いといえます。
また、出金回数制限は1営業日あたり1件までとなっています(未処理の依頼がある場合は、その完了まで追加依頼は不可となります)。

スマホアプリ上での出金も可能です。

ロスカット

外為どっとコムでは、口座の「有効比率」(=有効評価額÷必要保証金額)が100%を下回った場合、ロスカットが執行されます。数秒から十数秒に一回の頻度で値洗いを実施しており、ロスカットが執行されると全ポジションが強制決済されます。また、有効比率が200%に達した場合、ロスカットの注意喚起のためのアラートメールが送信されます。

追加証拠金(追証)の制度はありません。

外為どっとコムの会社概要表

会社名 株式会社外為どっとコム
登録番号 関東財務局長(金商)第262号
本店所在地 東京都港区東新橋2丁目8-1パラッツォアステック4階
代表者 竹内 淳
電話番号 03-5733-3065
資本金 778,500,000円
外為どっとコムで
無料で口座開設

掲載会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

YJFX!

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • YJFX!
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
ページトップ