FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2019.08.30更新

FX会社の比較・ランキング

FXを少額から始めたい人必見!1000通貨から取引できるFX会社を徹底比較

「FXを始めたいけど最初から何十万も使うのはちょっと不安・・・」
そんな方には、1000通貨からの取引はいかがでしょうか。

この記事では、1000通貨でFXを始めるメリット・デメリットから、1000通貨からの取引ができるFX会社を選ぶポイントについてご紹介します!

記事のまとめ
  • 今は少額から取引できる1,000通貨単位が徐々に主流になりつある
  • 1ドル=100円の場合、1,000通貨なら10万円の資金で取引できます(レバレッジなし)
  • とにかく少額で始めたいという方はキャッシュバックキャンペーンが充実したFX会社を

そもそも1,000通貨ってどういうこと?いくらの取引ができるの?

FXの取引通貨単位とは、トレードが行える通貨の単位のことを表します。

FXの取引通貨単位には「1万通貨単位」「1,000通貨単位」「100通貨単位」「1通貨単位」など、さまざまな種類があります。

例えば米ドルで見てみると、「1,000通貨=1,000ドル」となり、1,000ドル単位の取引が可能ということです。

1,000通貨なら1万通貨の10分の1の資金で取引が始められる

FX取引は、以前までは取引単位が1万通貨からというのが主流でしたが、今は少額から取引できる1,000通貨単位が徐々に主流になりつつあります。

1,000通貨単位なら、1万通貨単位の10分の1の資金で取引を始めることが可能です。

例えば米ドルで、為替レートが1ドル100円であるとき、1万通貨単位で取引を始めるには最低100万円(100円×1万ドル)の資金が必要となります。

しかし、1,000通貨単位であれば、必要な資金は10万円(100円×1,000ドル)となります。

資金が100万円では始めるのが難しいけれど、1,000通貨単位ならば、より少ない資金で取引ができるようになるというわけです。

レバレッジを利用すればさらに少額で始めることも可能

FX取引にはレバレッジという仕組みがあります。

レバレッジの画像
【レバレッジとは?】

「てこの原理」を利用したもの。レバレッジを掛けることにより、口座に入っているお金以上の金額で取引することが可能になる。

つまり、レバレッジを掛けることによって、投資効率を高めることが出来るのです。

1000通貨で取引するのに必要な資金を、レバレッジが25倍の場合とレバレッジが5倍の場合で比較してみます。

レバレッジ 必要な資金
5倍 20,000円
25倍 4,000円

各FX会社によって計算方法が多少異なる場合がありますが、みんなのFXを参考にすると、レバレッジが25倍の時に1000通貨で取引した場合は、4000円の証拠金が必要になります。レバレッジが5倍の場合は単純に倍率が1/5なので、必要な証拠金は5倍となり、20000円の取引証拠金が必要になります。

つまり、1,000通貨単位でレバレッジをかけることで、より少ない資金で取引を始めることができるのです。

レバレッジについて詳しく知りたい方は、「レバレッジとは?をわかりやすく」をご参考ください。

【目的別】1000通貨で取引できるFX会社を選ぶポイント

今では1000通貨単位から取引できるFX会社は多くあります。では、多くのFX会社の中からどのような基準で選べばいいのでしょうか。
ポイントは2つです。

  1. 少額取引をしたい人:キャッシュバックキャンペーンがあるか
  2. 少額取引で新しい手法に挑戦したい人:挑戦したい取引スタイルに合っているか

それぞれの条件を満たしているFX会社をご紹介します。

キャッシュバックキャンペーンがあるか(少額取引をしたい人向け)

FXが初めてで、少額から始めたい人は、キャッシュバックキャンペーンを行っているFX会社はいかがでしょうか。キャッシュバックがあることによって、モチベーションの維持にもつながります。

みんなのFX

1000通貨単位で取引できるのはもちろんのこと、取引のスプレッドも狭いため、取引コストも抑えられます。

みんなのFXのキャッシュバックキャンペーン画像

気になるキャッシュバックの内容は、2019年9月30日までにお申込みいただくことで、口座開設のお申込みを行った月の、翌々月までの取引量に応じて、最大50000円のキャッシュバックが貰えます。たくさん取引してくれる方には、キャッシュバックで還元しますよというキャンペーンです。

外為どっとコム

さらに多くのキャッシュバックを目指す方には、外為どっとコムをご紹介します。このFX会社のポイントは「取引をしなくても貰えるキャッシュバックがある」というところです。

外為どっとコムのキャッシュバックキャンペーン画像

マイナンバーの登録で1000円、10000円以上のご入金で1000円の合計2000円のキャッシュバックが受け取れます。条件を達成しやすく、多くの方がこちらのキャッシュバックを受け取れるのではないかと思います。

1000通貨での取引を想定した場合、10000円以上の初期投資金から始められてはとお伝えしましたが、外為どっとコムなら、キャッシュバックを受け取ることにより、12000円で取引することが可能になります。

さらに取引量に応じたキャッシュバックも、最大で100000円受け取ることが出来ます。2段構えのキャッシュバックでユーザーに優しいFX会社です。

挑戦したい取引スタイルに合っているか(少額取引で新しい手法に挑戦したい人)

ある程度FX取引の経験があり、少額取引で以下のような新しい手法にチャレンジしたいという人には、自分のチャレンジしたい取引スタイルに合わせたFX会社を選ぶことが大切です。

【FXの取引スタイル3つ】
  • スキャルピング:数分単位で取引を繰り返す
  • デイトレード:数時間から1日単位で取引を行う
  • スイングトレード:数日単位で取引を行う

スキャルピングをするならスプレッドが低いFX会社

新しい手法で主にスキャルピングを行う人は、取引回数が非常に多くなりますので、できるだけ取引手数料である「スプレッド」が低い会社を選ぶことが大切です。

スプレッドについては「FXのスプレッドとは?30秒で読める4つのポイント」を参考にしてみてください。

しかしスキャルピングについては、禁止しているFX会社も多いので注意が必要です。

少額取引が可能でスプレッドが低いFX会社は以下の2社です。

FX会社 ドル円
スプレッド
ポンド円
スプレッド
ランド円
スプレッド
詳細
SBIFXトレードのロゴ
0.27銭 0.19銭 0.99銭
外為どっとコムのロゴ
0.3銭 1.0銭 1.0銭

デイトレードをするならスマホアプリの使いやすいFX会社

デイトレードがメインで、電車での移動中や会社の休み時間など、いつでもどこでもFX取引を行いたい人は、スマホのアプリが使いやすいかどうかを重視すると良いでしょう。

注文を出したりキャンセルしたりする動作がスムーズにできたり、スマホでチャート分析が行えると、FXでより良いパフォーマンスを出すことができます。

少額取引が可能で、スマホアプリが使いやすいと評判のFX会社は以下の通りです。

FX会社 スマホアプリの
特徴
詳細
SBIFXトレードのロゴ
チャート機能とテクニカル指標が充実
外為どっとコムのロゴ
注文方法・経済情報が豊富

スイングトレードをするならスワップポイントが高いFX会社

ポジションを次の日まで持ち越すことが多い「スイングトレード」を行う人は、2通貨間の金利差である「スワップポイント」をもらえる確率が高くなります。

そのため主に取引する通貨ペアのスワップポイントが高いという評判があるFX会社を選ぶとよいでしょう。

スワップポイントは、毎日朝7時にポジションを持っていると、そのたびにもらうことができます。

スワップポイントでの利益の出し方について知りたい方は、「スワップポイントとは?スワップ狙いで利益を出す仕組みを解説!」をご参考ください。

スワップポイントが高いFX会社は以下の2社です。

FX会社 ドル円
スワップポイント
豪ドル円
スワップポイント
南アランド円
スワップポイント
詳細
SBIFXトレードのロゴ
65円 22円 110円
FXプライムbyGMOのロゴ
53円 15円 110円

*上記のスワップポイントの調査日:2019年8月14日
*1万通貨あたりのスワップです。南アフリカランド円のみ10万通貨で表記しています。

1,000通貨単位でFXを始めるメリット・デメリット

1,000通貨単位の取引には、具体的にどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

1,000通貨取引のメリット2つ

  • 少額から取引を始められる
  • 細かく売買ができる

少額から取引を始められる

上記で解説した通り、まずなんといっても、少額で始められることは大きなメリットです。

現在FXのレバレッジは最大25倍までかけることができるので、1ドル100円と仮定すると、1,000通貨単位の取引を行うためには10万円÷25=4,000円の必要証拠金から取引が始められるということになります。

つまり、1万通貨の場合レバレッジを最大に使ったとしても40,000円の入金が必要になります。4,000円と40,000円では10倍の差です。

ただし、レバレッジをかけすぎると、損失の方向に傾いた場合の強制ロスカットになる可能が高くなるので、十分な注意が必要です。

細かく売買ができる

「この先の円安になりそうなので買っておきたいが、ちょっと自信がない…」という場合でも最初に1,000通貨の発注を出して、その後思った通りの動きになれば2,000通貨、5,000通貨と買い増していくことができます。もし思った通りの値動きにならなかったとしたら1,000通貨で発注したポジションを解消すれば損失が小さく抑えられます。

1万通貨で発注した場合、資金が十分にないとこうした売買はできませんし、損失も大きくなってしまいます。1,000通貨単位での取引は細かい調整のトレードにぴったりなのです。

1,000通貨のデメリット

1,000通貨のメリットについてご紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。

  • 1,000通貨単位から取引できるFX会社が限られること

以前に比べれば、1,000通貨単位から取引できるFX会社は増えていますが、1万通貨単位からしか取引できないFX会社も多くあります。

例えば、FX業界で大手であるGMOクリック証券とDMMFXはどちらも1万通貨からとなっています。

GMOクリック証券は7年連続FX取引高世界第一位(ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月)ですし、DMMFXはFX口座数国内第一位という点から実績も信用も抜群ですが、1,000通貨には対応していません。

資金的に1万通貨単位で問題ないという方は、GMOクリック証券とDMMFXで口座開設することが向いていますが、1,000通貨単位からFXに挑戦したいという方には、1,000通貨で取引できるFX会社の一覧から選ぶようにしましょう。

記事のまとめ
  • 少額取引をしたい人はキャッシュバックキャンペーンがある会社を
  • 自分のチャレンジしたい取引スタイルに合わせたFX会社を選ぶことが大切
  • 1,000通貨単位取引のメリットは、少額から取引を始められる・細かく売買が可能
  • 1,000通貨単位取引のデメリットは、取引できるFX会社が限られてしまうこと
Pocket

FX会社 米ドル円
スプレッド*1
取引
単位
今月の
キャンペーン・特典
詳細
DMMFX 0.3銭 10,000通貨 最大24,000円 DMMFXの詳細
GMOクリック証券 0.3銭 10,000通貨 最大33,000円 GMOクリック証券の詳細
YJFX! 0.3銭 1,000通貨 最大27,000円 YJFX!の詳細
外為どっとコム 0.3銭 1,000通貨 最大105,000円 外為どっとコムの詳細
ヒロセ通商 0.3銭 1,000通貨 最大55,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭 1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭 5,000通貨*2 最大20,000円 インヴァスト証券の詳細
初心者にオススメなのはDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの提示率も高い

総合力でオススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高7年連続世界第1位 ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

*1 スプレッドはすべて原則固定(例外あり)
*2 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載FX会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

YJFX!

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • YJFX!
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
ページトップ