初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

初めてのFX取引にお勧めの手法!デイトレードとスイングトレードを解説

男性のイラスト

FXってどうやって取引すればいいの?

FXトレード手法を決めるには、自分が取引に使える時間がどれくらいなのかが密接にかかわってきます。

普段の生活や仕事をこなしながら、FX取引を継続して続けていける手法を見つけることが重要です。

そこでこの記事では、時間が限られている方でも行えるデイトレードとスイングトレードについての解説を行っていきます。

執筆者

高城泰さん

投資ライター

高城泰

TAKAGI YASUSHI

初めての取引におすすめなのはデイトレードとスイングトレード

FXで利益を出す方法はひとつではありません。

毎晩のように取引する人もいれば、「取引は週1回くらい」なんて人もいます。

FXのやり方は人それぞれです。

FXのやり方でもっとも有名なのは「デイトレード」ではないでしょうか。

デイトレードとは、その名の通り、「デイ」、つまり1日のうちに取引を終了させてしまう短期のトレードスタイルです

保有時間がもう少し長くなると「スイングトレード」と呼ばれます。

保有時間が長くなる分、チャートから読み取る値動きだけでなく金融政策や政治事情などのファンダメンタルズ分析も重要になります。

スイングトレードよりもさらに長い「ポジショントレード」や、デイトレードよりもさらに短い「スキャルピング」などもありますが(下記の表を参照)、いずれもある程度の経験を積んだ人向け。

これからFXを始める方に検討してほしいのはデイトレードとスイングトレードです。

取引開始~決済までの時間による分類

  • ポジショントレード(長期トレード)…数週間~数年
  • スイングトレード…2、3日~数週間
  • デイトレード…1日以内
  • スキャルピング…数秒~数分

デイトレードとスイングトレード、あなたに向いているのはどちらなのかを考えていきましょう。

デイトレードを徹底解説

実際にトレーダーたちはどんなスタイルでFXに取り組んでいるのでしょうか。

外為どっとコム総研が行なったアンケート があります。

「取引頻度について最も近いものは?」との質問に対して、41%の人が「デイトレード(1日複数回)」と回答し、2位以下を大きく引き離してトップに立っています

なぜ多くの人がデイトレードを選択するのでしょうか。

デイトレードの基本などを解説しながら、理由を探ってみましょう。

デイトレードのやり方

デイトレードがどんなスタイルなのか、あるデイトレーダーの1日を追いかけながら見ていきましょう。

7時 起床し出社。通勤途中に10分ほど為替ニュースをチェック
12時 昼休みにアプリでレートを確認
19時 退社。帰宅途中にチャートを見ながら今夜の値動きを予想
21時 食事などを済ませ取引を開始
24時 決済して取引を終了

このように隙間の時間で情報をアップデートし、まとまって時間が取れるときに集中してトレードするのが一般的なデイトレーダー像です。

デイトレードの定義のひとつが「ポジションを翌日に持ち越さないこと」。

為替市場ではニューヨーク市場の終了が1日の区切りとなりますから、夏時間だと朝6時、冬時間だと朝7時までに取引を終了するのがデイトレードの目安です。

向いている人

デイトレードでは、1取引にかかる時間は数分からせいぜい数時間程度です

短時間で取引を終えるため、時間の限られた人でも無理なく取り組めるトレードスタイルです。

家族を送り出したあとの午前中、仕事から帰ってきた深夜、あるいは出社前の早朝――。

自分の都合のいい時間にできるのが特徴です。

時間を区切って取引することはメリットとも言えます。

FXに使える時間が多い方は、熱中してトレードをやりすぎてしまう傾向があるためです。

「明日も仕事だからFXは23時までに終了しよう」、「子どもが出かけた9時からがFX時間」、「次の講義が始まるまで1時間だけデイトレを」といったように時間を決めて取り組めることはデイトレードにおいて利点ともなるのです。

予算・レバレッジ

デイトレードを始めるにあたって、多額の資金は必要ありません。

FXの特徴はレバレッジにあります。

レバレッジをひと言でまとめれば、「本来必要な資金より少ない金額で大きな取引ができる仕組み」です。

レバレッジを上限の25倍近くまでかけるとハイリスクですが、5倍程度ならリスクはそこまで高くありません。

2万円の5倍なら10万円相当の外貨を取引できることになります。

1000通貨から取引できるFX口座も多いですから、1ドル100円とすれば1000ドルは10万円相当。

つまり「2万円×レバレッジ5倍」で1000通貨でのデイトレードができます

1000通貨での取引は、相場が1円動いたときでも1000円の利益しか出ません。

しかし1000通貨からスタートし、慣れてきたら資金を追加して取引量を増やしていくことが、リスクを抑えながらステップアップしていく近道です。

おすすめ通貨ペア

デイトレードで大切なことのひとつが「通貨ペア」選び。

デイトレードを釣りに例えるなら、通貨ペア選びは釣り場選びに相当します。

どこの釣り場に魚が多いのか――それを見誤るといくら釣り糸を垂らしても何ら釣果が得られないということになってしまいます。

ここでは2つの視点から通貨ペア選びを考えていきましょう。

取引コスト/スプレッド

一つが取引コストです。

FXでは取引手数料無料が一般的なので、取引コストといえばもっぱらスプレッド(買値と売値の差)となります。

米ドル/円だと一般的なスプレッドは0.3銭程度。

1000通貨なら1取引のコストは30円ほどです。

しかしデイトレードは取引回数が増えやすいこともあり、スプレッドをおろそかに考えることはできません

スプレッドがなるべく狭い通貨ペアを選びましょう。

ボラティリティ(変動率)

もう一つが「ボラティリティ」、つまり為替レートの変動率です。

為替レートがずっと横ばいであれば、いくらデイトレードしても利益も損失もゼロのままです。

1円、2円と為替レートが動くからこそ、チャンスが生まれます。

ただし、1円上昇するのに1か月かかるようだと、デイトレード向きの相場とは言えません。

デイトレーダーにとって望ましいのは、数時間で1円、2円と動くような相場です。

デイトレードの通貨ペア選びでは「ボラティリティが高いこと」を条件にしましょう。

おすすめは米ドル/円と英ポンド/円

以上の2つの側面からデイトレードにおすすめの通貨ペアを紹介しましょう。

取引コストの低さで群を抜いているのが米ドル/円です。

取引コストが安ければエントリー時の心理的負担も下がるので練習にも最適です。

ただし、ボラティリティが低いという難点があります。

イベントが何もない日だと「いつ見ても同じレートだ」と感じることもあるかもしれません。

1日の予定をチェックし、経済指標発表や金融政策の発表、要人発言など、値動きが活発になりやすいイベントがある時間の前後を狙ってみるといいでしょう。

もう一つのおすすめ通貨としては、英ポンド/円が挙げられます。

英ポンドは「殺人通貨」と言われることがあるほどボラティリティが高いのが特徴

安易に手を出すと大損させられてしまうことからついた異名です。

そのくらいボラティリティが高いので、とくにイベントがなくとも値動きは活発で、短時間に大きな値幅を狙いやすい通貨ペアです。

その代わり、スプレッドは米ドル/円と比べると広く、取引コストが安いとは言えません。

取引回数にも注意を払いつつ、きっちり損切りしながら取引しましょう。

分析方法

デイトレードの分析において、基本となるのは5分足や15分足といった短い時間軸のチャートです。

チャートの見方は人それぞれ。

ローソク足のフォーメーションから判断する人もいますし、移動平均線やボリンジャーバンド、RSIなどのテクニカル分析を利用する人もいます。

分析方法に正解はありませんから、自分が好みのものを利用するのがいいでしょう。

デイトレードでは時間への意識も非常に重要です。

とくに仕事が終わったあとの夜に取引する人はなおさらです。

21時ころから24時にかけては米経済指標の発表が集中し、また米欧の要人発言も多く、米国株市場が開く時間でもあるためダウ平均株価などの値動きによる影響も受けやすいためです。

なかでも毎月第一金曜日に発表される米雇用統計は為替市場に与える影響が大きく、毎月注目されるイベントのひとつ。

こうしたイベントの発表予定を調べておくことはデイトレーダーの欠かせない日課です。

メリットとデメリット

自分がデイトレードに向いているのかを確認するために、最後にメリットとデメリットをまとめておきましょう。

いい点、悪い点を見比べながら自分が向いているのかどうかを考えてみてください。

デイトレードのメリット

  • 短時間で利益を狙える
  • ライフスタイルに合わせて好きな時間に取引できる
  • ポジション保有時間が短いため、リスクを軽減できる
  • 取引回数が増えるため、短期間に経験値を積みやすい

デイトレードの最大のメリットは短い時間で利益を狙えること。

為替市場が大きく動くタイミングを捉えて取引できれば、1取引で資金を20%、30%と増やすことも不可能ではありません。

為替市場が大きく動きやすいのは日本時間の21時ころからの数時間

仕事が終わった人でも取引しやすい時間にチャンスが眠っているのはデイトレードの大きな魅力です。

朝型の人は早朝や午前中に取引してもいいですし、勤務時間が不規則な人なら、1時間でも2時間でもまとまった時間が取れるときに取り組むこともできます。

時間帯を選ばず、自分のライフスタイルに馴染みやすい時間を選べるのがデイトレードです。

また、保有する時間が長いほど不測の事態で大損失を被るリスクが高まりますが、デイトレードは短時間での決済を前提にしたスタイル。

損切りさえきっちり行なっていればリスクを限定できます。

もうひとつ見逃せないのが、デイトレードは「経験値稼ぎ」に最適なスタイルだということです。

FXでは経験がものを言う世界でもあります。

取引回数が少ないスタイルだと経験値が積みにくく1年、2年とかかってしまうかもしれません。

その点、デイトレードなら毎日のように取引することになるため、上達速度も高まります。

デイトレードのデメリット

  • 値動きが小さな相場では勝ちづらい
  • 熱くなると損失を重ねやすい

デイトレードで最大の敵となるのは「低ボラ相場」。

値動きが極小になることです。

為替レートが動かなければどんなに優れた分析力の持ち主でも利益は出せません

逆に「高ボラ相場」で大敵となるのは己のメンタルです。

上下によく動く為替レートを見ていると、つい取引したくなり、安易に手を出し失敗し、心が熱くなりさらに不要な取引を重ねて損失が積み上がり――といったように、「負けが負けを呼ぶ」ようなことが起こりやすくなります。

スイングトレードを徹底解説

今度はデイトレードと双璧をなすスタイル「スイングトレード」について概観していきましょう。

冒頭に紹介したアンケートでは、デイトレードをしている人がもっとも多いという結果でした。

しかし「1日1回程度」から「週1回程度」までの人を合計すると約40%となり、41%だったデイトレードと拮抗します。

取引は1日1回から週1回程度、そのくらいの頻度で取引するスタイルが「スイングトレード」です。

スイングトレードのやり方

スイングトレーダーがどんなやり方をしているのか、典型的な1週間を追いかけてみましょう。

週末 主要通貨ペアの日足や週足チャートでトレンドを確認し、翌週のイベント予定をチェック。狙う通貨ペアと戦略を決定する
月曜日 週末に決めた戦略のイメージどおりに動いているか確認し、指値を発注
火~木曜日 指値の約定や、戦略を狂わせるようなニュースがないかチェック
金曜日 翌週まで持ち越すかどうかを検討。持ち越しリスクがあるなら決済

このようなイメージです。

スイングトレードでは1日に費やすFXの時間はそれほど多くありません

その代わり、週末などまとまった時間が取れる日に為替市場全体を俯瞰し、どの通貨でトレンドが生まれているかを確認します

次にトレンドの発生要因――金融政策や財政政策、膨らんでいたポジションの巻き戻しなど――を探り、今後の見通しをイメージします。

最後に「どこで買うか、売るか」、「いくらで、いつ決済するか」と戦略を具体化し、必要な発注を行ないます。

デイトレードよりも保有期間が長くなるため、狙う利幅は大きくなり、またファンダメンタルズ分析の比重はより大きくなります

また、睡眠中や仕事中もポジションを持つことになるため、指値注文や複合注文であるIFD注文やIFO注文が欠かせません

向いている人

「平日は仕事や育児、飲み会で忙しいから、FXに費やせる時間がない…」。そんな人はスイングトレードが向いています

スイングトレードなら、平日は為替レートやニュースをななめ読みして、異変がないか、自分のプランどおりに市場が動いているかを確認すれば充分です。

休日など、まとめて時間が取れる日に向こう1週間程度の戦略や見通しを組み立てればいいだけなので、多くの時間は必要ありません。

デイトレードのようにあくせく取引したくない、デイトレする時間がない人はスイングトレードを検討してみましょう

予算・レバレッジ

デイトレードでは「予算2万円・レバレッジ5倍」での1000通貨取引がスタートラインの目安でした。

スイングトレードでも同様です

ただ、スイングトレードでは保有期間が長くなるため、損切りはデイトレードより深めに想定し、レバレッジも「目安5倍」ではなく「上限5倍」と厳しく考えておきましょう

2万円はあくまでも「最低金額の目安」であり、リスクを下げるなら少し資金を追加して、取引に余裕を持たせたいところです。

おすすめ通貨ペア

デイトレードでは取引コストとボラティリティの2つの側面から通貨ペア選びを考えました。

この2点はスイングトレードの通貨ペア選びでも重要ですが、さらに重要なことがあります。

テーマ性/トレンド

スイングトレードの通貨ペア選びで重要となるのが「テーマ」です

「コロナショックによるリスクオフの円高」や「ブレグジット懸念による英ポンド安」など、為替市場では時期に応じてテーマと、そのテーマが生み出すトレンドがあります。

スイングトレードは基本的に、トレンドに乗ることで利益を狙います。

そのため、「今、為替市場では何が旬のテーマとなっているか」を探り、そのテーマがトレンドをもたらしている通貨を選ぶことが重要です。

情報

スイングトレードの戦略を立案するのに情報は欠かせません。

しかし、日本語で得られる通貨の情報は米ドル/円やユーロ/円など、円の絡む通貨ペアに偏りがちです。

また円が絡んでいたとしても、カナダドルや北欧通貨、人民元などの情報は豊富とは言えないのが実情です。

チャートを見てわかりやすいトレンドが発生していても、トレンドが生まれている原因がわからなければ取引する根拠が得られません。

チャートと情報はスイングトレードの両輪です。

そのため、スイングトレードの通貨ペアを選ぶときには、「充分な情報が得られるか」という視点も加えてみましょう

おすすめは豪ドル/円(豪ドル/米ドル)と米ドル/円

テーマ性と情報、2つの視点からスイングトレード向きの通貨ペアを2つほど紹介します。

ひとつは豪ドル/円、あるいは豪ドル/米ドルです

ワールドカップのアジア予選でも同じ組に入ることがあるようにオーストラリアと日本は地域的な結びつきもあり、馴染み深い国です。

それに豪ドルはかつて高金利通貨として人気だったこともあって、情報が豊富に揃っています

中国経済との結びつきの強さから人民元の「代替通貨」として豪ドルが取引されることもあり、テーマ的にも旬になりやすい特徴があります。

もうひとつ注目したいのが、米ドル/円。米ドル/円は2017年以降、為替市場の旬からは外れていました。

しかし、為替市場は一定の周期で旬になったり、旬から外れたりを繰り返しています。

米ドル/円も2017年以前にはアベノミクス円安で脚光を浴びました。

旬から外れ値動きが停滞したあとには大きなトレンドが発生するのが為替市場の常です。

米ドル/円なら取引コストも安く、また情報がもっとも豊富な通貨ペアです。

気を抜かず、スイングトレードのチャンスを待ってみましょう。

分析方法

木を見て森を見ず――スイングトレードで忘れてはならないことわざです。

チャートを見るとき、つい5分足や1時間足といった短い時間軸を開いてしまいがちです。

しかし大きなトレンドを狙うスイングトレードで重要なのは日足、週足、月足といった「森」を見せてくれるチャートです。

長い時間軸のチャートで大局的なトレンドを確認し、注文する位置を検討するときに「木」を示す短い時間軸のチャートを見るという順番を間違えないようにしましょう。

また、スイングトレードではファンダメンタルズ分析の重要性がデイトレードよりもグッと高まります。

狙っている通貨の専門家が発信する情報やレポートへの目配りを忘れないようにしてください

メリットとデメリット

最後にスイングトレードのメリットとデメリットを確認することで、自分とスイングトレードとの相性を確認してみましょう。

スイングトレードのメリット

  • 仕事や家事、趣味と両立しやすい
  • 実際にトレードする時間が少なくとも大きな値幅を狙える
  • スワップポイントが狙える場合も

スイングトレードの特徴は「長い保有期間で大きな値幅を狙う」ことです。

一度、取引を始めると決済するまで、やることは多くはありません。

ニュースの確認などに費やす時間は1日10分、20分程度ですから、仕事が忙しい人、家事に追われる人でも取り組みやすいのはメリットといえます。

取り組む時間は短いものの、保有期間が長くなることで期待できる利幅は大きくなります。

短時間で大きな利幅を狙える効率のよさもスイングトレードのメリットと言えるでしょう。

また、FXでは2国間の政策金利差によってスワップポイントが発生します。

スワップポイントが受取になる方向でスイングトレードのポジションを持てば、収益性を高めてくれる心強い味方となります。

スイングトレードのデメリット

  • チャンスを待てるメンタルが必要
  • 経験値の獲得ペースが遅い

スイングトレードのデメリットはメンタル管理の難しさです。

スイングトレードのチャンスはそう多いわけではありません。

為替レートをチェックしても、「見送りだな」と判断することも多いでしょう。

動いているチャートを見ると、つい取引したくなってしまうのが人の性ですから、チャンスをじっと我慢できるようメンタルを管理できるかどうかは、成否を分けるポイントのひとつとなります。

またチャンスが少ないということは取引頻度も減ってしまいます。

FXは場数がものをいう世界でもありますから、経験値を積みにくいことはスイングトレードのデメリットと言えるでしょう。

デイトレード・スイングトレードにおすすめのFX会社を紹介

デイトレードやスイングトレードを始めるならFX口座も慎重に選びましょう。

ここではデイトレード、スイングトレード向けのFX口座を3つの視点から紹介します。

1000通貨から始められるFX会社

とくに「数万円程度の資金から始めてみたい」という人の条件と言えるのが「1000通貨で取引できること」です。

FX口座の最低取引単位は1万通貨がスタンダードです。

1万通貨だと20万円、30万円といった資金が必要です。

数万円程度の金額で始めるならヒロセ通商やYJFX!といった1000通貨で取引できるFX口座を選びましょう

YJFX!

YJFX!は1000通貨から始められ、またヤフーグループでもあるため技術力にも定評があり、オリジナルのレポートなども充実しています。

取扱通貨ペア数で物足りなさを感じるかもしれませんが、充分おすすめできる会社です。

IG証券

IG証券も1000通貨取引が可能です。

取扱通貨ペア数も屈指のレベルで、CFDやオプションなど幅広い商品が取引可能なことも魅力です。

ただ、取引ツールには独特のクセがあるため、他社のツールに慣れた人はとまどうかもしれません。

総合的に評価が高いFX会社

総合力の高いFX口座もやはり押さえておきたいところです。

1000通貨取引はもちろん、スプレッドなどの取引コスト、情報力、サポート体制など、さまざまな要素が充実しているFX口座を選んでおくと、あとに後悔することもありません。

外為どっとコム

外為どっとコムは老舗ある会社で、独自の情報も非常に豊富です。

スプレッドも狭く、総合力といえば外為どっとコムと言っていいでしょう。

ただ、情報量が非常に多いため、最初は「どれを見ればいいんだろう……」と迷ってしまうかもしれません。

FXプライムbyGMO

また、GMOインターネットグループのFX会社であるFXプライムbyGMOも1000通貨で取引できますし、何より約定力の高さには定評があります。

オンラインセミナーも頻繁に開催しており頼りになるFX口座ですが、取扱通貨ペア数では見劣りする点もあります。

スマホでの取引がしやすいFX会社

兼業でFXに取り組む人に欠かせないのがスマホアプリです。

扱いやすいアプリの開発に各社とも注力しているのですが、なかでも注目なのが次の2社です。

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商ではスマホアプリの使いやすさに定評がありますし、食品などがもらえるキャンペーンも好評です。

株式上場していることによる信頼感もあります。

みんなのFX

8/3 みんなのFX

スマホアプリの使いやすさではみんなのFXも注目です。

この数年、取引ツールや取引条件の改善を進め、急速に支持を広げたFX会社です。

自動売買なども利用できるのですが、信頼性を示す指標である自己資本規制比率が改善傾向とはいえ低めなのが気がかりです。

エフプロなら嬉しい特典が充実

6つのFX口座を紹介しましたが、使いやすさには相性もあります。

どこが自分に合っているのかは自分の目で確かめてみましょう。

エフプロから口座を開くことで、独自のメリットがあります。

このチャンスを活用して、いろんなFX口座を試してみましょう!

関連する記事を紹介

最新版おすすめFX会社・口座比較!初心者向け18社を短所も隠さず解説

FX会社選びのポイントコスト:ドル円のスプレッドが0.2銭に近いこと信頼性:会社が破綻しても資産が守られること会社独自の特徴:魅力•••続きを読む

この記事の執筆者

高城泰さん

投資ライター

高城泰

TAKAGI YASUSHI

略歴

FXや仮想通貨、株など投資関係の記事を幅広く執筆。個人投資家への取材を得意とし、億り人(投資で1億円以上の資産を築いた人)とのネットワークも豊富。ツイッターでは為替や仮想通貨についてのニュースを発信する。著書に『FXらくらくトレード新入門』(KADOKAWA)『ヤバイお金 ビットコインから始まる真のIT革命』(扶桑社)など。

→エフプロ執筆者・監修者一覧

ARTICLE LIST入門編の記事一覧

RANKINGランキング

DMMFXのLPキャプチャ_SP
  • ドル円のスプレッドは0.2銭
  • 24時間LINEで問い合わせ可能
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
YJFX
  • 1,000通貨から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • FX情報量が豊富
  • 1,000~500万通貨まで幅広い取引に対応
  • 今なら最大106,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1通貨から取引が可能
  • スプレッドが業界最狭水準
  • 新規口座開設で500円キャッシュバック
詳細を見る
  • FX取引高8年連続国内第1位 (※1)
  • アプリもチャート上から発注可能
  • 最大33,000円キャッシュバック
詳細を見る

※1:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

SELECT無料診断

診断ページへ進む

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー