初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

FX取引で通貨ペア数を増やすメリットは?リスクも踏まえて解説

通貨ペア数を増やそうか検討中だけどそのメリットは?

男性のイラスト

実は通貨ペアは一斉に動き出すことが多いのはご存知でしたか?

つまり通貨ペア数を増やせばそれだけチャンスも増える可能性が高いということです。

通貨ペア数を増やすことのメリットについてリスクも踏まえ徹底解説していきます。

執筆者

高城泰さん

投資ライター

高城泰

TAKAGI YASUSHI

FX取引の通貨ペア数を増やすメリットとは?

さて今日のトレードはどうしようか――。

男性のイラスト

トレードの準備を終えて開くチャート、どの通貨ペアを開くでしょうか?

「自分はドル円が専門」、「米ドル/円とユーロ/米ドルだけを見る」、「知らない通貨ペアは取引しないし、見もしない」という人も多いことでしょう。

FXではさまざまな通貨ペアが取引できます。

取り扱い通貨ペアが豊富なIG証券だと約100通貨ペア、ヒロセ通商でも約50通貨ペアが取引できます

もしかしたら、その中に収益チャンスが隠れているかもしれません。

取引する通貨ペア数を増やすことのメリットについて考えてみましょう。

トレードチャンスが増える

チャートをもとにトレードするテクニカル派ならば、監視対象の通貨ペアを2倍に増やせば収益チャンスも2倍となります。

もちろん前提となるのは、「過去のチャートでしっかりと優位性があることを確認済み」ということです。

日足や4時間足といった長めのチャートを根拠にしてのトレードだと、取引対象とする通貨ペアが少ないほどエントリーも減ってしまいます。

いくら過去のデータでバックテストを行なっていても、エントリー数=試行回数が少ないと期待値通りの結果が出にくくなります。

あなたの利用する手法が優位性の高いものであればあるほど、取引通貨ペア数を増やすことのメリットは大きくなります

通貨ペアは一斉に動き出すことが多い

通貨ペアは相互作用をもたらしながら動いています。

米ドル/円が上がったとき、ユーロ/円や豪ドル/円などクロス円の通貨ペアが同時に上がりだす、というのもよくあること。

あるいは「どの通貨に対しても米ドルが売られる」といったこともあります。

通貨単体がテーマとなってトレンドが発生したとき、複数の通貨ペアを見ていると、トレンドの発生をより強い確度で判断できますし、また中でも値動きの大きくなりそうな通貨ペアを見つけることができます。

米ドル/円だけ、ユーロ/米ドルだけをトレードするのもいいですが、対豪ドルや対スイスフランではより明確でより強力なトレンドが発生している可能性もあります。

幅広い通貨ペアを監視しておくと、トレードの精度を高められるでしょう。

【比較表】FX会社の取り扱い通貨とスプレッドを一覧で徹底比較!

     
FX会社総通貨ペア数取り扱いがない通過詳細
DMMFXのロゴ 20種類 香港ドル/円
トルコリラ/円
中国元/円
メキシコペソ/円
米ドル/香港ドル
詳細
外為どっとコムのロゴ 30種類 ポンド/フラン
米ドル/香港ドル
詳細
YJFXのロゴ 25種類 トルコリラ/円
メキシコペソ/円
詳細
GMOクリック証券のロゴ 20種類 香港ドル/円
中国元/円
米ドル/香港ドル
詳細
みんなのFXのロゴ 27種類 米ドル/香港ドル 詳細
LIGHTFXのロゴ 27種類 米ドル/香港ドル 詳細
ヒロセ通商のロゴ 50種類 中国元/円 詳細
外為ジャパンのロゴ 15種類 香港ドル/円
トルコリラ/円
中国元/円
メキシコペソ/円
ポンド/フラン
米ドル/香港ドル
詳細
FXプライムのロゴ 20種類 中国元/円
ポンド/フラン
米ドル/香港ドル
詳細
インヴァスト証券のロゴ 27種類 香港ドル/円
中国元/円
メキシコペソ/円
ポンド/フラン
米ドル/香港ドル
詳細
マネースクエアのロゴ 13種類 スイスフラン/円
香港ドル/円
中国元/円
ユーロ/ポンド
ポンド/フラン
米ドル/香港ドル
詳細
SBIFXのロゴ 26種類 米ドル/香港ドル 詳細
外為オンラインのロゴ 25種類 香港ドル/円
中国元/円
米ドル/香港ドル
詳細
マネーパートナーズのロゴ 20種類 中国元/円
ポンド/フラン
米ドル/香港ドル
詳細
IG証券のロゴ 約100種類 香港ドル/円 詳細

マイナー通貨ペアに潜むリスクとは

米ドルやユーロなどの主要通貨であれば、さほど考慮しなくていいリスクについてもマイナー通貨では気を配る必要があります。

突発的なニュースによる急変や、流動性が薄いことにより値が飛ぶリスク、またスプレッドが急拡大するリスクなどです。

どんなリスクがあり、どのように対処すればいいのか、確認しておきましょう。

突発的な値動きによる損失のリスク

「スイスショック」をご存知でしょうか。

FXのベテランであれば誰もが心に刻んでいる出来事です。

2015年、スイスの中央銀行が政策を急転換したため、スイスフランが暴騰したことがありました。

スイス中銀の発表により、ユーロ/スイスフランは瞬時にして2000pips以上も下落。

2000pipsといってもインパクトが伝わりづらいかもしれませんが、米ドル/円でいえば、120円から96円へと数分で暴落するくらいの衝撃です。

売りで取引していた人にはハッピーなできごとですが、買いで取引していた人には悪夢でしかありません。

FXでは預けた証拠金以上の損失を防ぐためのロスカット制度がありますが、スイスショックは暴落のスピードとインパクトがあまりに強烈でした。

そのため、ロスカットが間に合わず、証拠金以上の損失を被った人も出たほどです。

こうしたショックは滅多に起きることではありませんが、マイナー通貨ならではのリスクとして頭にとどめておきましょう。

情報不足による分析を誤るリスク

スイスショックでは日本でも少なからぬ人が大打撃を受けましたが、一方で賢く立ち回って売りポジションを構築していた人もいます。

その差は情報力です。

スイスの金融政策について日本語の情報は決して豊富とは言えないでしょう。

「次にスイス中銀がどう動くだろうか」と思ったときに頼れるのは英語の情報です。

マイナー通貨ペアほど、英語や現地語のニュースを調べ、分析できるかどうかで、分析精度には大きな差がつきます。

マイナー通貨を取引する際には現地の大手新聞などのウェブサイトやツイッターを見て、「ヘッドライン」=見出しだけでも確認しておくといいでしょう。

語学力がない人でも、最近では自動翻訳の精度も高まっていますから記事の概要を捉えることはできるはずです。

流動性の薄さによる急変のリスク

為替市場では米ドルが基軸であり、それに次ぐのがユーロや円です。

国際決済銀行などが発表する取引データを見ると、為替市場で取引される通貨ペアはこうした主要通貨に大きく偏っています。

トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなど新興国通貨の取引割合は非常に小さくなっています。

こうした取引する人が少ない状況を「流動性が薄い」と表現したりします

流動性が薄いと、何が起きるのでしょうか? 大口の注文のインパクトが大きくなり、普段よりも少し大きな注文が入っただけで価格が急変しやすくなります

とくに日本で人気の高金利通貨では、重要なチャートポイントを割り込んだときに日本からのロスカットが一斉に発動したため、勢いよく落ちてしまうことがありました。

マイナー通貨ペアでは損切り(逆指値注文)で指定したレートよりも不利な約定となることも起こりえますから注意しましょう。

人気通貨ペア数ランキングBEST3

取引通貨ペアを増やしてみようかと思ったら、まずは取引環境を整備してみましょう。

IG証券やヒロセ通商、SBI FXトレードなど取り扱い通貨ペアの豊富なFX口座をひとつ持っておくと、監視できる通貨ペアが一気に増えます。

どの口座でどんな通貨ペアが取引できるのか、以下のページで確認してみましょう。

関連する記事を紹介

FX会社人気ランキングBEST3|400人の経験者に満足度調査してみた!

FXを始めるなら、まずはFX会社に口座を開設する必要があります。しかしFX会社は膨大にあるため、どこで口座開設したらいいのか迷って•••続きを読む

この記事の執筆者

高城泰さん

投資ライター

高城泰

TAKAGI YASUSHI

略歴

FXや仮想通貨、株など投資関係の記事を幅広く執筆。個人投資家への取材を得意とし、億り人(投資で1億円以上の資産を築いた人)とのネットワークも豊富。ツイッターでは為替や仮想通貨についてのニュースを発信する。著書に『FXらくらくトレード新入門』(KADOKAWA)『ヤバイお金 ビットコインから始まる真のIT革命』(扶桑社)など。

ARTICLE LIST比較編の記事一覧

RANKINGランキング

DMMFXのLPキャプチャ_SP
  • FX口座数国内第1位!(※)
  • ドル円のスプレッドは0.2銭
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1,000通貨で少額から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 高金利通貨ペアのスワップが高水準
  • 売り買いのスワップ差が0円
  • 最大53,000円キャッシュバック
詳細を見る
GMOクリック証券
  • FX取引高8年連続国内第1位 (※)
  • 去年8月に11通貨ペアのスプレッドを縮小
  • 最大33,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • オリコン満足度ランキング第1位
  • 1,000通貨に対応
  • 取り扱いペア数が豊富
詳細を見る

※1:2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ。DMMFXと外為ジャパンを合算した数値。
※2:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー