初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

【初心者向け】トレーダーが選ぶ!スキャルピングができるFX会社を比較

男性のイラスト

スキャルピングが公認されている会社ってどこなの?

デイトレード以上に早い決済注文を行う手法として知られるスキャルピング。

しかしスキャルピングはFX会社によって禁止されている場合があり、知らずに行ってしまうとアカウント凍結の対象になることも

この記事ではスキャルピングが公認されている会社と、トレーダーが選ぶスキャルピングがやりやすいFX会社を紹介します!

執筆者

鹿内武蔵

FXライター

鹿内武蔵

SHIKAUCHI MUSASHI

【FXでスキャルピングする前に】推奨されているFX会社と禁止されているFX会社

FXのスキャルピング取引を始めたいと考えている人にとって、FX会社選びは非常に重要です。

というのも、FX会社によってはスキャルピングが非推奨だったり、スキャルピングを禁止していることもあるからです。

禁止行為にはペナルティが伴うので、FX会社選びを始める前にその大前提と、FX会社各社のスキャルピングに対する考え方について解説します。

スキャルピングを禁止している会社でやると口座凍結される可能性も

FX会社のスキャルピングに対するスタンスは、大きく分けて2つあります。

その2つは、以下の通りです。

  • スキャルピングを推奨しているFX会社(禁止していない会社も含む)
  • スキャルピングを禁止しているFX会社

前者の場合はスキャルピングをしても大丈夫ですが、問題は後者です。

スキャルピングを規約で明確に禁止しているFX会社で規約に違反してスキャルピングをしていると、ある日突然口座を凍結される可能性もあります。

以下に、スキャルピングを禁止している主要FX会社の規約原文をご紹介しますのでご覧ください。

DMM FXのスキャルピング禁止規定

第 7 条 (禁止事項)
1 お客様は、お客様が次の各号に定める行為を行ってはならないことに予め承諾することとします。

なお、お客様の行為が当該禁止行為に該当するかどうかの判断は当社が行い、お客様は当社の判断に従うこととします。

(9) 短時間での注文を繰り返し行う行為
【参考】店頭外国為替証拠金取引(DMM FX)約款

外為どっとコムのスキャルピング禁止規定

当社の店頭FX(外国為替保証金取引)『外貨ネクストネオ』取引約款の以下各条項におきまして、以下の事例に該当するケースが確認された場合、当社の判断により、契約約款等に基づく契約の解除や取引に制限を実施することができることとなっております。
短時間に、頻繁に行われる取引であって、他のお客様または当社のシステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼす行為
【参考】取引約款に抵触する行為について

YJFX!のスキャルピング禁止規定

第 21 条(強制決済)
お客さまについて、次の各号の事由のいずれかが生じたと当社が合理的に認めた場合には、第 12 条、第 20 条のみにかかわらず、当社から通知、催告等を要せず、当社は当該時点においてお客さまが保有するポジション(建玉)につき、強制的に反対売買等をし、決済を行うことができるものとします。

(7) お客さまが短時間のうちに、または高頻度で取引を行い、それにより当社が行うリスクの減少を目的としたカバー取引に影響を与えると当社が合理的に認めた場合。
【参考】【外貨 ex】店頭外国為替証拠金取引約款

この他にもスキャルピングを規約上で明確に禁止しているFX会社は多くあるので、それについては後述します。

ところでこれらの規約を見ると、「カバー取引」という言葉が登場しているのが見て取れます。

実はこのカバー取引が、FX会社がスキャルピングを禁止する最大の理由です。

FX会社が提供している取引サービスは店頭取引と呼ばれ、トレーダーはFX会社と1対1の取引をしています。

つまり、トレーダーが外貨を買えばFX会社は同額の外貨を売るといった具合です。

自社の顧客同士でそれが釣り合っているのであれば、FX会社はその両者を取り持つだけで良いので、スプレッドがFX会社の実質的な手数料収入となります。

しかし、売りと買いが同数になることのほうはむしろ少なく、自社内だけでバランスを取れないことも多々あります。

その時、FX会社はインターバンク市場に注文を出してトレーダーからの注文に応えることになりますが、これをカバー取引といいます。

スキャルピングは秒単位でも頻繁に売買注文を出すため、FX会社のカバー取引が間に合わないリスク(つまりFX会社が損をするリスク)が高くなります。

先ほどご紹介した規約文に「カバー取引に悪影響」という文言があるのはそのためで、これが多くのFX会社がスキャルピングを禁止する理由です。

ではどの程度の頻度で取引をするとスキャルピング禁止規定に抵触するのでしょうか。

これについては明確な基準は明かされていませんが、秒単位の売買を10回、20回などと連続で行うことや、1日の取引上限や目安を設けているFX会社でそれを上回る取引をすると目立ってしまうため、スキャルピングをしていることが発覚しやすくなると言われています。

また、スキャルピングによって多くの利益が出ている場合もFX会社に発覚しやすくなり、口座を凍結されてしまったという報告もあります。

この場合、気になるのは「どこのFX会社がスキャルピングを禁止しているのか」だと思います。

次項ではFX会社それぞれのスキャルピングに対するスタンスについて解説します。

スキャルピングが推奨されている会社、されていない会社

主要なFX会社16社について、スキャルピングに対するスタンスや禁止規定の有無について一覧表にしました。

スキャルピングを推奨、もしくは禁止していない主なFX会社 スキャルピングを禁止している主なFX会社
LIGHT FX(トレイダーズ証券)
ヒロセ通商
JFX
外為ジャパン
FXプライムbyGMO
マネースクエア
外為オンライン
マネーパートナーズ
FXブロードネット
IG証券
DMM FX
外為どっとコム
YJFX!
GMOクリック証券
みんなのFX
インヴァスト証券

スキャルピングがOKであることをはっきりとアナウンスしているFX会社は非常に少なく、そういったFX会社(LIGHT FXやヒロセ通商など)はスキャルピングOKであることをセールスポイントにしています。

それ以外のFX会社については、規約などに禁止する文言がないだけの可能性もあるので注意が必要です。

その一方でスキャルピングを禁止しているFX会社については、規約に明確な文言があります。

スキャルピングはコストと約定力で選ぶ|本当に知っておきたいFX会社の選び方

スキャルピングトレードで重要なことは、売買コストと約定力です。

短期売買を繰り返すことになるため1回あたりの売買コストが安いことは重要ですし、少ない利幅を狙っていくため、目標のレートでしっかり約定できなければ意味がありません

意図したとおりの約定ができないと、利幅が取れないばかりかマイナスになってしまうこともあるため、スキャルピングそのものが成立しません。

先ほど「スキャルピングを推奨しているFX会社・禁止していないFX会社」をご紹介しましたが、仮にスキャルピングOKであってもこの2点において十分なスペックであるかどうかが重要になるわけです。

スキャルピングが可能なFX会社には、大きく分けて2つの種類があります。

  1. スプレッドが狭く低コストだがスリッページが発生しやすく不安定な会社
  2. スプレッドが広くコストが掛かるものの約定率が高い会社

この両方を兼ね備えたFX会社であることが理想的ですが、現実は(1)か(2)のどちらかに寄っている会社か、もしくは中間的な会社から選ぶことになります。

さらに、(2)についても2つの種類があります。

1つ目は完全約定といってスリッページがなく希望のレートで100%約定する会社

もう1つはスリッページが発生するものの、希望のレートで約定するとスプレッド以外の別途手数料が発生する会社です。

約定率100%の実績があるFX会社としては、FXプライムbyGMOやマネーパートナーズが挙げられます。

また、手数料が発生するものの約定率100%を保証しているサービスとしては、IG証券の「ノースリッページ注文」があります。

スキャルピング向きの通貨のスプレッドでFX会社を選ぶ【一覧表】

スキャルピングのコストとなるスプレッドについて、比較表を作成しました。

通貨ペアについては取引量の多さや注目度の高さ、どのFX会社でも取り扱いがあることなどを中心に、4つの通貨ペアをピックアップして比較してみます。

ドル円
スプレッド
ポンド円
スプレッド
ユーロ円
スプレッド
ユーロドル
スプレッド
GMOクリック証券 0.2銭 1.0銭 0.5銭 0.4pips
YJFX! 0.2銭 1.0銭 0.5銭 0.4pips
外為どっとコム 0.2銭 1.0銭 0.5銭 0.4pips
ヒロセ通商 0.2銭 1.0銭 0.5銭 0.4pips
FXプライムbyGMO 0.6銭 1.1銭 0.6銭 0.6~最大12pips
インヴァスト証券 0.3銭 1.0銭 0.5銭 0.3pips
外為オンライン 1.0銭 4.0銭 2.0銭 1.0pips
マネーパートナーズ 0.3銭 0.9銭 0.4銭 0.3pips
FXブロードネット 0.2銭 1.0銭 0.5銭 0.3pips

(2020年4月現在)

各社ともスプレッドはかなり狭く設定されており、0.1銭程度の違い。

この差を大きいと見るか小さいと見るか個人差がありますが、「少しでも安い方がいい」という人はスプレッドの狭いFX会社を選んだ方がいいでしょう。

FXトレーダーが選んだスキャルピングをするならこのFX会社

それでは最後に、スキャルピングに適しているかどうか総合的な観点でFXトレーダーが選んだFX会社を2社(FXプライムbyGMO、ヒロセ通商)ご紹介します。

スキャルピングで滑りたくない人は完全約定のFXプライムbyGMO

FXプライムキャプチャ

約定率の高さをセールスポイントにしているGMOグループのFX会社です。

IT大手のGMOグループなので安定したシステム環境が高い約定率を実現しています。

また親会社であるGMOインターネットが東証一部上場企業であり、他にもグループ会社のうち9社が上場企業という安定感も、トレーダーにとって重要な部分。

中上級者から高い支持を集めているのも同社の特徴です。

スキャルピングトレードにおける解説

FXプライムbyGMOは公式サイトにおいて「スキャルピングOK」としっかりと記載があります。

つまり、規約違反による口座凍結の心配がありません。

またスキャルピングトレードをする場合に抵触しがちな1日あたりの取引数量についても無制限です。

同社の最大の売りは100%を誇る高い約定率で、これらはスキャルピングをはじめとする短期売買に適したスペックといえます。

高い約定率を維持するためにはスプレッドが広くなりがちですが、例えばドル円のスプレッドは0.3銭、ユーロ円は0.6銭といったように、比較的狭い水準を提供しています。

コストと約定力の分類においては、「コストを支払ってでも約定力を優先したい」トレーダー向きのFX会社です。

中上級者など複数の口座でFXトレードをしている人の中には短期売買専用に同社の口座を利用している人もいます。

FXプライムbyGMOでスキャルピングトレードを行ってみた

女性のアイコン

スキャルピングがOKというFX会社が少ないので、重宝しています。
当然ながらスキャルではちゃんと約定してくれないと役に立たないので、ちょっとだけスプレッドが広いですが、その分はスキャルで充分取れるので、これからもこのままのサービスを続けてほしいです。
こういうところが、さすがIT会社のグループだと思ってしまいます。

女性のアイコン

スリッページがないのでとても気に入っています。スキャルとかデイトレで使うには滑ってばかりだと困るので。
IT大手のGMOグループということでシステムの安定度が高いそうですが、やっぱりそういう部分も見て口座を選ばないといけないと実感しました。
スプレッドの比較だけだと良さが分からない、シブいFX会社です。

女性のアイコン

いくつかのFX会社の口座でトレードをしていますが、このFXプライムbyGMOでは主にスキャルピング中心の短期売買で使わせてもらっています。
理由は何といっても約定率が高く、約定してほしいレートできっちりと約定してくれるからです。
他社と比べるとちょっとコストが高いですが、短期売買の時はむしろ約定率が優先されるので、短期勝負では迷わずこちらを使っています。

スプレッド重視でスキャルピングのコストを抑えたい!スキャルピング公認会社のヒロセ通商

ヒロセ通商は、「LION FX」サービスを展開しているFX会社です。

業界では珍しくスキャルピングを公認しており、規約違反などによって突然口座が凍結されるといった心配はありません。

FXトレーダーにとって必要なものを徹底的にリサーチして採り入れているため、南アフリカランドやトルコリラといった高金利通貨のスワップが高いことや約定率が高いこと、24時間電話サポートのサービスが充実していることなど、最初に開設する口座としても高い評価を得ています。

スキャルピングトレードにおける解説

スキャルピングを明確に公認しているのがヒロセ通商のスタンスなので、スキャルピングトレードを希望しているトレーダーにとっては有望な選択肢となります。

約定率は99.9%と非常に高いのですが100%ではないため、指標発表直後など相場が大きく動いている時のスキャルピングトレードでスリッページが発生する可能性は残ります。

その一方でスプレッドは業界で最も狭い水準と肩を並べているので、スキャルピングOKを謳っているFX会社の中では約定力とコストのバランス面で中間的な位置にあるFX会社と言えるでしょう。

また、同社にはユニークなキャンペーンがあります。

例えばポンド円の取引量に応じてキャッシュバックするキャンペーンを行っているのですが、対象通貨ペアが短期売買向きのポンド円というところに、スキャルピングをを容認、推奨しているスタンスが見て取れます。

他社がIT企業のグループ会社であったり、多角経営を展開する企業のグループ会社である一方で、ヒロセ通商は独立系のFX専業会社です。

FXに特化していることで、こうしたユニークなサービスを展開できるのかもしれません。

ヒロセ通商でスキャルピングをやってみた

女性のアイコン

かつてはデイトレメイン、今はスキャルピングメインでFXをやっているので、長らくヒロセ通商のお世話になっています。
言うまでもなくスキャルピングでは頻繁にトレードを繰り返すのでコスト面で譲れないところがあり、コストと約定力のバランスが取れていることが気に入っています。

男性のアイコン

ドル円を中心としたスキャルピング専用の口座として使っています。
他の会社と比較してスプレッドが「スキャルピングOKのFX会社」とは思えない狭さなので、システムの安定感も相まって優れていると思います。ドル円のスプレッドが今後も変わらないのであれば、これからも使い続けます。

女性のアイコン

オリコン調査で色んな分野の1位を取っているということで特に深く考えず口座を作りましたが、すっかり気に入っているので今も使い続けています。
最近になってスキャルピングに興味が出てきたので始めてみたんですが、他のFX会社では禁止されている場合が多いんですね。
最初からOKの口座だったので、そのことすら知りませんでした。

この記事の執筆者

鹿内武蔵

FXライター

鹿内武蔵

SHIKAUCHI MUSASHI

略歴

国内唯一の月刊FX情報誌、FX攻略.comの元副編集長として、2008年の創刊時より取材・編集・執筆に携わる。 多くの勝ち組トレーダーや証券会社を取材してきた経験を活かし、FXが国民的投資になることを目標に活動中。各種メディアでの執筆の他、トレーダーとしてFXの運用も行っている。

ARTICLE LIST比較編の記事一覧

RANKINGランキング

DMMFXのLPキャプチャ_SP
  • FX口座数国内第1位!(※)
  • ドル円のスプレッドは0.2銭
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1,000通貨で少額から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 高金利通貨ペアのスワップが高水準
  • 売り買いのスワップ差が0円
  • 最大53,000円キャッシュバック
詳細を見る
GMOクリック証券
  • FX取引高8年連続国内第1位 (※)
  • 去年8月に11通貨ペアのスプレッドを縮小
  • 最大33,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • オリコン満足度ランキング第1位
  • 1,000通貨に対応
  • 取り扱いペア数が豊富
詳細を見る

※1:2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ。DMMFXと外為ジャパンを合算した数値。
※2:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー