初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

スワップポイントとは?スワップ狙いの運用の仕組みを解説!

男性のイラスト

「スワップポイント」ってどういうもの?どうやって運用するの?

FXならではの魅力、スワップポイント。

この記事ではスワップ運用の特徴や、リスクの高い通貨の紹介まで、初心者にもわかりやすく解説します!

執筆者

鹿内武蔵

FXライター

鹿内武蔵

SHIKAUCHI MUSASHI

目次

スワップポイントとは

スワップポイントとは、二国間の金利差を調整するための仕組みで、ポジションを1日保有するごとに、受取り、あるいは支払いが発生します。

スワップポイント説明

上の例でいえば、トルコリラの金利が10.75%、日本円の金利が-0.10%なので、差引10.85%に相当する金額が毎日発生します。

トルコリラを買って円を売る売買、すなわちトルコリラ円の買いポジションを保有していた場合には、スワップポイントを受け取ることができます

ただし、トルコリラ円を売って、円を買う売買、すなわちトルコリラ円の売りポジションを保有している場合には、スワップポイントを支払うことになります

FXに限らず、投資におけるリターンは、キャピタルゲインとインカムゲインの2種類に分けることができます。

「キャピタルゲイン」とは

売買差益、値上がり益のこと

「インカムゲイン」とは

資産を保有していることで得られるリターンのこと

スワップポイントは後者に属し、売買差益狙いのキャピタルゲインとはまったく異なる資産運用であることに注意してください。

通貨ペアごとにスワップポイントが異なる?

通貨ペアごとのスワップ

二国間の金利差がスワップポイントを決めますが、金利は各国の金融政策の要であるため、主にファンダメンタルズ要因により通貨ごとに全く違い、なおかつ常に変動する可能性があります

この表では、トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランドが高金利通貨ですが、かつては豪ドル、NZランドドルが高金利通貨の代表的存在でした。

また日本円やスイスフランのように、長期に渡って低金利を維持している通貨もあります。

スワップポイント表ってどうやって見ればいいの?

スワップポイント表の見方

実際にどれくらいのスワップポイントが発生するかは、FX会社が公開しているスワップカレンダーを確認しましょう

上の表でいえば、ドル円(USD/JPY)を1000通貨、1日保有すると、買いポジションなら2円の受取り、売りポジションなら13円の支払いになります。

トルコリラ円(TRY/JPY)なら、買いで3.6円の受取り、売りで6.6円の支払いです。

またユーロ円(EUR/JPY)のように、買いでも売りでも支払になるケースもあります。

スワップポイントの長期運用をシミュレーションしてみた

トルコリラを長期保有すると1年後にはいくら?

トルコリラを200万円分保有した場合

トルコリラ円の受取スワップが1日に360円だとすると、1年間買いポジションを保有することで13万円以上のスワップポイントを受け取ることができます。

ただし、既に述べたように金利や為替価格の変動により、スワップポイントが増減し、場合によっては受取りが支払いに転じる可能性があります

また、売買差益がスワップポイント以上の損失になる可能性もあります

この場合なら、買いで保有しているトルコリラ円が下落することによって含み損を抱える可能性も考慮しましょう。

スワップ運用を成功させるポイント

スワップポイントを狙う運用をする場合、利益率を高める方法は2種類あります。

1つ目は多くのロット数の受取りになるポジションを保有することです。

スワップポイントは、保有ポジション数の分だけ発生するため、受取りになるポジション(例えばトルコリラ円なら買い)を多く保有することで、それだけたくさんの受取りスワップが得られます。

2つ目は、できるだけ長期運用することです。

スワップポイントは1日に一度発生するため、運用期間が長くなるほど受取りの機会も増えます。

ただし、前述の通り、受取りが支払いに転じたり、為替差益により受取りスワップポイント以上の損失になる可能性があることを忘れないようにしましょう。

スワップポイント、いつ引き出せる?

スワップポイントは、ロールオーバー(日をまたいでポジションを保有すること)で発生しますが、受け取れるタイミングはFX会社ごとのルールによって違ってきます。

日々、確定損益として反映される場合

スワップが毎日付与

スワップポイントが発生するポジションを保有しているだけで、日々発生するスワップポイントが証拠金に反映されるタイプです。

受取りになる運用の場合、ポジションを決済せずに、スワップポイントを受け取ることができます。

決済時に反映される場合

スワップが決算時に付与

日々発生するスワップポイントがチャージされ、ポジション決済時にまとめて受取り、あるいは支払いになるパターンです。

スワップ振替ができる場合

スワップ振替ができる場合

蓄積されたスワップポイントを、手動で口座に振替できるパターンです。

スワップポイントにまつわる、「もらえる・もらえない」の注意点

高金利/低金利ペアでの売りポジション、低金利/高金利ペアの買いポジション

これまで何度か書いてきましたが、スワップポイントはお金をもらえるだけのサービスではありません

高金利通貨ペア/低金利通貨ペアの組み合わせを売れば、原則的に支払いになります。

また、低金利通貨ペア/高金利通貨ペアの買いポジションも、支払いになることが普通です。

というのも、トルコリラ円、メキシコペソ円、南アランド円など、メジャーな高金利通貨ペアの多くは、どれも買いでスワップポイントを得られます。

このことから、スワップポイントは買い=受取り、売り=支払いと思ってしまいがちです。

ですが、あくまで「金利の高い方を買い、金利の安い方を売る」と受取り、「金利の安い方を買い、金利の高い方を売る」と支払いになります。

例えば、あまり日本の証券会社では取り扱いがありませんが、米ドル/トルコリラという通貨ペアは、買い保有でスワップ支払い、売り保有でスワップ受取りとなります。

ポジションを翌日に持ち越さないと発生しない

スワップポイントをもらうまでの流れ

スワップポイントは日をまたいでポジションを保有しないと発生しません。

この日またぎのタイミングは、米国の市場が終わる時間で(NYクローズ)、日本時間では早朝になります。

よって、デイトレードやスキャルピングといった、1日かからずに決済をする売買においては、スワップポイントを受け取ることも、支払うこともありません

土日の分は繰り越して付与

スワップポイントは毎日発生しますが、毎日受取り、あるいは支払いをするわけではありません。

多くのFX会社では、2営業日後のスワップポイントが日またぎ時に発生します

これが木曜の朝となると、土日を飛ばした2営業日後である月曜分に加え、その前にある土曜と日曜の分も発生するため、3日分のスワップポイントとなります。

これが俗に言うスワップ3倍デーで、祝日や大型連休が絡むことで、1日に発生するスワップポイントがさらに多くなる年もあります

「スワップ狙いのトレード」をしている人も多い

FXにおいて、スワップ運用はインカムゲインの代表選手で、リーマンショック以前から定番の投資方法の1つです。

私たち日本人にとっての母国通貨である円は、世界的に見てもずっと低金利水準となっているため、円と外貨を組み合わせたものをロングすることで、ほとんどの場合スワップが受取りになるため、運用としても分かりやすいというメリットがあります。

スワップポイントを狙う運用は、資金計画やファンダメンタルズの見通しがしっかりしていれば、ほぼ放置運用ができるため、時間がない人でも取り組みやすい運用といえます。

スワップ運用のリスク|知っておきたい金利の高い通貨の落とし穴

スワップ運用のリスク2点

  • 高金利通貨は、世界的な不況時には真っ先に暴落しやすい
  • 政治や経済が不安定なため、まとめて売り込まれることがある

高金利通貨は、概して経済的ショックに弱く、世界的な不況時には真っ先に暴落しやすいという側面があります。

例えば豪ドル円は、リーマンショック(2008年)から始まった下落相場で、104円前後から55円前後まで一気に暴落し、価格はほぼ半分になりました。

これは2020年3月の新型コロナ相場のときも同様で、ドル円は史上最安値からはるかに遠い100円前後が底になりましたが、トルコリラ円、メキシコペソ円などはあっさり史上最安値を割り込んでいます。

また、高金利通貨の多くは政治や経済が不安定なため、まとめて売り込まれることがあります

2018年夏のトルコリラショックはその典型で、トルコリラ円はごく短期間で15円台の史上最安値をつけました。

こういった急激な値動きが起きると、保有しているスワップ受取りポジションが大きな含み損になり、これまで受け取ったスワップポイントを含めてもマイナスに転じる可能性があります。

口座を維持しきれず強制ロスカットになることも

スワップ運用は長期ホールドが鉄則ですから、●円まで下がったら●円の含み損になるという計算は、運用前に必ずしておきましょう

この計算をしておくことで、実際にショック相場が発生しても、あわてずに値動きを見守ることができます。

また、レバレッジを1~2倍程度に保つことで、急激な暴落でもそう簡単に強制ロスカットにならない運用が実現できます。

スワップポイントのまとめ

  • スワップポイントとは、2国間の金利差を調整するもの
  • スワップポイントは、日本のような金利の低い通貨で金利の高い通貨を買い、ポジションを翌日に持ち越すことで受け取れる。しかし逆のポジションを持っている場合は支払いが発生する
  • 高金利通貨は通貨自体の価格が下落してしまうリスクもある
  • スワップポイント狙いで長期運用する際は、国の経済情勢や政治状況を踏まえてトレードすることが大切

この記事の執筆者

鹿内武蔵

FXライター

鹿内武蔵

SHIKAUCHI MUSASHI

略歴

国内唯一の月刊FX情報誌、FX攻略.comの元副編集長として、2008年の創刊時より取材・編集・執筆に携わる。 多くの勝ち組トレーダーや証券会社を取材してきた経験を活かし、FXが国民的投資になることを目標に活動中。各種メディアでの執筆の他、トレーダーとしてFXの運用も行っている。 →エフプロ執筆者・監修者一覧

RANKINGランキング

DMMFXのLPキャプチャ_SP
  • ドル円のスプレッドは0.2銭
  • 24時間LINEで問い合わせ可能
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1,000通貨から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
外為ドットコム サイドバー
  • FX情報量が豊富
  • 1,000~500万通貨まで幅広い取引に対応
  • 今なら最大106,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1通貨から取引が可能
  • スプレッドが業界最狭水準
  • 新規口座開設で500円キャッシュバック
詳細を見る
gmo サイドバー
  • FX取引高8年連続国内第1位 (※1)
  • アプリもチャート上から発注可能
  • 最大31,500円キャッシュバック
詳細を見る

※1:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

SELECT無料診断

診断ページへ進む

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー