初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

スワップポイントとは?スワップ狙いの運用の仕組みを解説!

FXのスワップポイントってどういうものなの?

男性のイラスト

FXならではの魅力、スワップポイント。この記事ではスワップ運用の特徴や、リスクの高い通貨の紹介まで、初心者にもわかりやすく解説します!

記事内の政策金利・スワップポイントについて

昨今の世界情勢により、各国の政策金利は急激に変動しています。記事内で紹介している政策金利・スワップポイントは、あくまでも記事作成時のものなのでご注意ください。

今後、状況を見てできる限り記事内容の更新に努めてまいります。

現時点においては、FX会社の公式サイト等で最新データを確認いただけますようお願い申し上げます。

スワップポイントのまとめ

  • スワップポイントとは、FXで売買する2国間の「政策金利の差」を受け取れるというもの
  • 小さな利益を、長期的にコツコツ積み上げることを狙ったトレード手法です
  • 現在、政策金利の高い通貨の代表格はトルコリラ
  • しかし、トルコリラのような政策金利が高い通貨は通貨自体の価格が低下し、結果的に損失を被ってしまう可能性もあります

目次

スワップポイントとは

FXでは為替変動から利益を狙う以外に、「外貨を買って持ち続ける」ことでも資金を増やすことができます。それが、スワップポイントです。

スワップポイントとは、FXで売買を行ったときに発生する「2国間の政策金利の差」のこと。

通貨にはそれぞれの国が設定した政策金利が存在します。例えば2020年6月現在、日本の政策金利はマイナスとなっており、年-0.10%です。

マイナス金利とは?

マイナス金利を導入すると日本銀行(日銀)にお金を預けても金利はつかず、逆に「預かり手数料」を支払わなければならなくなります。

この政策によって一般の銀行は「日銀に預けるより企業などに貸した方がいい」と判断し企業活動が刺激されるだろう、という考えのもと導入されています。

そんな日本とは対照的に、政策金利が高い国として有名なのがトルコ。トルコの通貨リラ(TRY)の場合、年8.25%(2020年7月現在)です。

トルコリラの政策金利

トルコリラのような通貨を買い、日本円のような通貨を売るという取引を行った場合、通貨を持ち続けた期間、2国間の政策金利の差額分を受け取ることができます。

これをスワップポイントといいます。

スワップポイントは、上記のような政策金利差でトレードした場合、通貨を持ち続けることで毎日付与されます

通貨ペアごとにスワップポイントが異なる?

各国の政策金利は異なるため、どの通貨ペアを売買をするかでスワップポイントの額も異なります。

日本の政策金利は、すでに触れているとおり-0.10%。

FXにて取引されているほとんどの国がこれ以上の政策金利を掲げている(日本より政策金利が低い国はほぼない)ため、日本円を売って外貨を買うとほぼスワップポイントが得られることになります

スワップポイントの比較

高金利通貨として有名なのは、すでに紹介しているトルコリラ。その他、メキシコペソ、南アフリカランドなども政策金利の高い通貨と言えるでしょう。

スワップポイント表ってどうやって見るの?

スワップポイント狙いの場合は、買った通貨を長期的に保有し続け、毎日付与されるスワップポイントを貯めていく取引が一般的です。

FX会社の取引画面では以下のように表示されています。

スワップポイントの取引画面

上記は、1,000通貨単位の取引でのスワップポイント値を表示している表です。日本円で1,000通貨分のトルコリラを買って保有した場合、1日あたり3.6円のスワップポイントがつくという見方ができます。

逆に、トルコリラで日本円を買う取引は、比較して政策金利の高い通貨で低い通貨を買うことになる為、1日あたり6.6円支払わなければならないということです。

では、実際にスワップポイントを狙う場合はどのようにトレードしたらいいのでしょうか?

スワップポイントの長期運用をシミュレーションしてみた

政策金利の高いトルコリラを長期的に保有した場合どのくらいの利益になるか、上記の表にのっとってシミュレーションしてみます。

(※以下の試算はあくまでもスワップポイントのみに注目したものです。為替差損が発生した場合、スワップポイントで得た利益以上の損失が出る可能性もあるので、為替の値動きにも注意が必要です)

トルコリラを1万通貨買ったとすると、1日ごとに36円(ヒロセ通商のLION FXを利用した場合)のスワップポイントを受け取ることができるという計算になります。

レバレッジをかけずトルコリラを保有した際、どの程度の投資によって1日どれだけのリターンがあるか以下の表にまとめました。(計算しやすいよう、1TRY=20JPYとして計算しています)

単位 必要証拠金 1日あたりのスワップ益
1万通貨 20万円 36円
10万通貨 200万円 360円
100万通貨 2,000万円 3,600円

仮に100万通貨を保有した場合、1日にもらえるスワップポイントは3,000円を超えます。

トルコリラを長期的に保有すると1年後にはいくら?

先ほど同様、政策金利が高いトリコリラを例に、スワップポイントを狙った具体的な長期運用をシミュレーションしてみましょう。

1TRY=20JPYで為替レートの変動がないと仮定し、トルコリラを10万通貨(200万円分)保有し1日、1か月、6ヶ月、1年でどのくらいスワップポイントが積み立てられるのか算出しました。

スワップポイントのシュミレーション

レバレッジをかけないで200万円分のトルコリラを保有すると、1年間で13万1,400円の収益が発生することになります。

レバレッジをかけた場合のスワップ益を一覧でまとめたのが以下の表です。

レバレッジ倍率 1日 1ヶ月 半年 1年後
1倍 360円 10,800円 65,520円 131,400円
2倍 720円 21,600円 131,040円 262,800円
3倍 1,080円 32,400円 196,560円 394,200円

2倍のレバレッジ取引をすると1年後には26万円超、3倍の場合は39万円超のスワップ益となる計算になります。

ただし、上記の試算は「通貨ペア間の為替レートが変動しないこと」が前提であることを忘れてはいけません。

もしも暴落すれば、保有している買いポジションは強制的にロスカットされてしまうため、大きな損失を被る可能性があります。スワップ目的の運用には、リスクがともなうことを知っておきましょう(スワップ運用のリスクについては、ページ下部で解説します)。

スワップポイント、いつ引き出せる?

スワップ益を引き出せるタイミングはFX会社によって違い、スワップ益が「毎日発生する」場合と、「決済時に発生する」場合があります。それぞれ以下のような特徴があるので、FX会社を選ぶ際にはチェックしておきましょう。

毎日発生する場合

毎日スワップポイントがもらえる

ポジションを決済しなくてもスワップ益だけを引き出すことが可能です。

ただ、裏を返せば「スワップポイントだけ日々決済されている」ので、この利益は課税対象。FXで年間20万円を超える利益が発生すると(為替差益も含む)、確定申告の必要があるので注意しましょう。

【スワップポイントが毎日発生するFX会社】

  • YJFX!
  • GMOクリック証券(FXネオ)

決済時に発生する場合

決済時にもらえるばあい

ポジションを決済するまでスワップ益を使うことができませんが、裏を返せば「決済しなければ課税対象にはならない」ということ。

例えば、ある年に為替差益が15万円あり、スワップ益が5万円を超えているとき。「決済すると20万円を超えてしまう(税金がかかる)ので、決済は来年まで持ちこそう」といった選択をすることも可能です。

【スワップポイントが決済時に反映されるFX会社】

  • FXプライム byGMO
  • マネーパートナーズ

スワップ振替

スワップ振替

上記の2パターンを融合させたような、「スワップ振替」に対応しているFX会社もあります。

この場合、振替の注文を出せばポジション未決済のままFX口座に振替が可能。

つまり「スワップ益だけを引き出す」ことができるのですが(振替をした分は課税対象になる)、振替をしなければスワップ益は決済時に付与されます。

【スワップ振替に対応しているFX会社】

  • DMMFX
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • みんなのFX

スワップポイントにまつわる、「もらえる・もらえない」の注意点

スワップポイントによる収益を狙っていても、スワップポイント自体がマイナスになってしまうこともあります。

スワップポイントを支払う場合やマイナスになる場合は限られているので、その中でも特に3つの事例を紹介していきます。

【スワップポイントがもらえない場合】
  • 高い政策金利の通貨で低い政策金利の通貨を買う取引はマイナスに
  • 当日売買だとスワップポイントが付かない
  • 土日・祝日のスワップポイントは繰り越して付与

(1)高い政策金利の通貨で低い政策金利の通貨を買う取引はマイナスに

スワップポイントは低い政策金利の通貨で高い政策金利の通貨を買った時に発生するとお伝えしましたが、高い政策金利の通貨で低い政策金利の通貨を買った場合はスワップポイントがもらえないどころか、支払うことになります

例えば、トルコリラを「買い」ではなく「売り」でエントリーするとスワップ損が生じます。

もし仮にレバレッジをかけたら、スワップ損もより大きくなるので注意が必要です。

どの国の通貨にも政策金利は存在するので、ポジションを翌日に持ち越した際にはスワップ益またはスワップ損が発生します。長期投資におけるスワップ損は固定的にかかる損失となるので、なるべく抑えたいところです。

(2)当日決済だとスワップポイントが付かない

ポジションを当日決済する場合はスワップポイントがつきません

スワップポイントはポジションを保有したままニューヨーククローズ(午前7時)をまたぐ(ロールオーバー)のタイミングで付与される仕組みになっているので、当日決済ならばスワップポイントは発生しないのです。

スワップポイントが付与される時間

ここでの当日決済とは、ポジションを保有してからニューヨーク市場がクローズする前の午前7時(サマータイム期間は午前6時)までに決済することを指します。

スワップポイントを狙って取引をしてもポジションをロールオーバー時に持っていないとスワップポイントがつかないので注意してください。

また、FX会社ごとにスワップポイントが付与される時間は前後するので、時間に余裕を持って決済するようにしましょう。

ロールオーバーとは

あまり知られていないのですが、実はポジションを持つことができる期間は「2営業日」です。しかし、このルールだと長期間のポジション保有ができませんよね。

そこで営業日が切り替わったときに、FX会社が決済日を1営業日先延ばしにする取引(スワップ取引)を行っているのです。

これがロールオーバーで、この取引によってスワップポイントが発生しています。

(3)土日・祝日のスワップは繰り越し付与

FX市場は、土日・祝日が休みとなっているので、土日祝日はスワップポイントが発生しません。しかし、スワップポイントはきちんと365日分発生します。

FX取引はスポット取引(注文が約定した2営業日後に決済を行う取引手法)で行われるので、木曜日に土日を含む3日分のスワップポイントが発生するような仕組みになっています

木曜日に約定された取引は2営業日後に決済され、それは休日である土日を終えた月曜日となります。決済日までに土日を挟むため、木曜日のロールオーバー時は土日を含む3営業日分の繰り越しが行われ、通常時の3倍のスワップポイントが付与されるのです。

祝日がある場合も仕組み自体は変わりません。約定日に対して2営業日後が決済日となるので、間に祝日を挟む場合は繰り越しでスワップポイントが付与されます。(付与日などは利用するFX会社によって異なります。)

GWのように祝日が連続する日は、連休日数分のスワップポイントが一度にもらえます。

「スワップ狙いのトレード」をしている人も多い!

一般的にFXというと為替差益を狙うイメージがありますが、スワップポイントを狙ってトレードしている人はどのくらいいるのでしょうか。

外為どっとコム総合研究所が毎年まとめている『外為白書』に、興味深いデータがありました。

この『外為白書』は、外為どっとコムに口座を持つトレーダー8123人にアンケート調査を行ったもの。質問の一つにスワップポイントに関するものがあり、トレードに際して「スワップポイントを最重要視している」と答えた人は全体の13.5%もいました。

「為替差益にも関心があるが、比較的スワップポイントを重要視」と答えた26.3%を加えると、実に40%近くの人が何かしらスワップポイント狙いのトレードをしていることになります。

スワップポイントをFX会社と通貨で徹底比較

「スワップポイントに興味が出てきたけど、どの通貨ペアが良いのかわからない…」という方に、スワップポイント運用における世界の通貨とFX会社の特徴を解説します。

通貨 政策金利 スワップポイントの特徴 売買方法のイメージ 取扱いFX会社の一例
ポンド/円 イギリスの国旗 0.10% 日本円との金利差が小さい=スワップポイントも小さい。ブレグジット関連で短期的に大きな価格変動が発生するリスクあり。 スワップ運用には不向き。スワップメインで考えないようにする。 みんなのFX
豪ドル/円 オーストラリアの国旗 0.25% 価格が比較的安定しており、先進国通貨の中ではスワップポイントが期待できる。 低レバレッジでのスワップ運用を目的とした長期保有に向いている。大きな利益は期待できない。 みんなのFX
ポーランドズロチ/円 ポーランドの国旗 1.00% ユーロ円との相関性の高い通貨であるものの、高スワップになりやすい通貨。 スワップ運用に向いている。ユーロ円と相関が高いため、ユーロ円が上昇トレンド時は保有。下落トレンド時は決済と柔軟に対応できる。 FXプライムbyGMO
米ドル/円 米ドルの国旗 0.25% 米国の政策金利上げに伴い、スワップポイントが拡大している。メジャー通貨であるため値動きが安定していて取引しやすい通貨。 価格が安定しているので、レバレッジをかけたスワップポイントを狙う人も。為替差益を狙うトレードとの相性が良い。 みんなのFX
南アフリカランド/円 南アフリカの国旗 3.75% 政策金利の高い資源国の通貨として広く知られています。レンジ相場になっており価格も比較的安定している。だが、政治経済は不安定である。 価格が安定しているので、長期保有でスワップ運用する場合経済情報は追った方が良い。 みんなのFX
メキシコペソ/円 メキシコの国旗 5.00% 新興国かつ資源国である政策金利の高い通貨です。米国依存は懸念点だが、価格は安定しており経済成長も期待できる。 低レバレッジでのスワップ運用を目的とした長期保有を狙う場合、米国との関係が悪化した場合は、決済してしまった方が良い。 ヒロセ通商
トルコリラ/円 トルコリラの国旗 8.25% 政策金利が高い通貨だが、価格は現在も下がり続けているため注意が必要。 スワップポイント狙いの場合価格変動に耐えられるよう低レバレッジで保有したい。 ヒロセ通商

やはり先進国と比べると、南アフリカランドやメキシコペソ、トルコリラなどの新興国通貨の方が政策金利は高いと言えます。

ただしトルコは世界有数の政策金利を打ち出しているものの、石油や天然ガスを他国に頼っている輸入国家であり、財政も不安定なところがあります。

トルコリラ円はハイリスクな側面があるので、もう少しリスクを抑えたいなら南アフリカランド円やメキシコペソ円を検討してみましょう

ドル円なども含め、あなたの許容リスクや好みに応じて適切な通貨ペアを選びましょう。

高スワップの3通貨に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

⇒トルコリラはスワップ運用向き!賢い運用のための注意点とは

⇒メキシコペソのスワップポイント比較!高金利通貨の魅力と注意点を解説

⇒初心者がスワップポイントで利益を出すには?【南アフリカランド】を徹底解説!

「スワップポイントを基準にFX会社を選びたい!」という方は以下の記事を参考にしてみてください。

⇒スワップポイントが高いFX会社をランキングで紹介!【FX会社13社徹底比較】

スワップ運用のリスク|知っておきたい政策金利の高い通貨の落とし穴・・・

FXではスワップポイントを狙ったトレーダーも多いですが、スワップポイントの運用では注意しなければ、思いがけないことで積立したスワップポイントを失ってしまったり受け取れなかったりします。

特に、トルコリラのような新興国通貨は通貨自体の価格が下落してしまう可能性も大いにあります

もしも下落すれば、スワップポイントどころか元金割れしてしまい強制ロスカットされてしまうため、大きな損失を被ることがあります。

たとえば、2018年8月に起きたトルコショックはその典型と言えるでしょう。

米国人牧師の拘束を巡る外交問題がきっかけで、米国がトルコに対して経済制裁を発動したことにより、トルコリラが一斉に売られて価格が急落しました。

トルコリラが暴落したチャート

このトルコショックでリラは一時的に対ドルで2割も急落したので、コツコツスワップポイントを貯めていたトレーダーにとってはかなり痛い出来事になりました。

経済成長の見通しが不透明だったり財政不安を抱えたりしている新興国通貨ほど、念入りな分析が欠かせません。

トピックス

2020年2月19日、外為どっとコムから重要なお知らせが発表されました。それによると、トルコのスワップ市場が乱高下している影響で「トルコリラ/円」「米ドル/トルコリラ」「ユーロ/トルコリラ」のスワップポイント受取額がゼロになったり、受払方向が逆転する可能性があるとのこと。 

これによってトルコリラ相場が急変動する可能性についても触れており、高金利通貨のハイリスク性をあらためて感じさせます。

ポジションを持っているだけで運用できるスワップポイントは、確かに魅力。しかし「この通貨はスワップポイントが高いから」と安易に選ぶのではなく、高金利通貨ならではのリスクをしっかりと把握したうえで運用をスタートしましょう。

スワップポイントのまとめ

  • スワップポイントとは、2国間の政策金利の差のことです
  • スワップポイントは、日本のような政策金利の低い通貨で政策金利の高い通貨を買い、保有すると受け取れる ただし・・・
  • 政策金利の高い通貨は通貨自体の価格が下落してしまうリスクも大いにあります
  • スワップポイント狙いで長期運用する際は、国の経済情勢や政治状況を踏まえてトレードするか判断することが大切です

RANKINGランキング

DMMFXのLPキャプチャ_SP
  • FX口座数国内第1位!(※)
  • ドル円のスプレッドは0.2銭
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1,000通貨から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • FX取引高8年連続国内第1位 (※)
  • アプリもチャート上から発注可能
  • 最大33,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 高金利通貨ペアのスワップが高水準
  • 売り買いのスワップ差が0円
  • 最大53,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • オリコン満足度ランキング第1位
  • 1,000通貨に対応
  • 取り扱いペア数が豊富
詳細を見る

※1:2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ。DMMFXと外為ジャパンを合算した数値。
※2:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

SELECT無料診断

診断ページへ進む

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー