FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2018.01.04更新

IG証券

IG証券の評判|国内・海外業者の長所を兼ね備えたFX会社の魅力とは

IG証券
 

IG証券の長所・短所まとめ

【長所】
・グローバル企業ならではの取り揃え。豊富な利益獲得チャンス
・ドル円0.3銭をはじめ、人気通貨ペアのスプレッドが非常に狭い
・大口取引に有利。取引数量制限なし
・バイナリーもCFDも同じ口座で取引できる

【短所】
・非常に多くの銘柄が取引でき、取引システムは高機能だが複雑に感じるかもしれない
・6か月以上取引がない場合月500円程度の手数料がかかる

会社概要紹介

IG証券は、イギリスのロンドンに本拠地を構え40年以上の歴史を持つFX/バイナリーオプション/CFDのリーディングカンパニーのIGグループの日本拠点です。

外国為替、日本株・外国株、株価指数、債券先物、商品(エネルギー、農産物、貴金属)など多彩な資産クラスをFX取引、CFD、バイナリーオプションで提供しています。

IGグループは世界14か国に拠点を持つため、日本の金融仲介業者が提供できない銘柄が取引できるなどオンリーワンの取引環境が用意されています。

会社名 IG証券株式会社
登録番号 金融商品取引業者 日本証券業協会
一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1168)
本店所在地 東京都港区東新橋1丁目5番2号 汐留シティセンター10階
代表者 パトリック・マクゴナグル
電話番号 03-6704-8500
資本金 4億円

IG証券の詳細はこちら(公式サイト)

IG証券の長所

IG証券の長所は4つです。

・グローバル企業ならではの取り揃え、豊富な利益獲得チャンス
・ドル円0.3銭をはじめ、人気通貨ペアのスプレッドが非常に狭い
・大口取引に有利。取引数量制限なし
・バイナリーもCFDも同じ口座で取引できる

それぞれ解説していきます。

グローバル企業ならではの取り揃え、豊富な利益獲得チャンス

FX取扱銘柄数は約100種類。日本で唯一のブラジルレアル円取引をはじめ、さらに最近注目のアフリカランド/円やトルコリラ/円、メキシコペソ/円など多くのニッチ通貨ペアを取引できます

また、ほぼすべての資産クラスをCFDで提供しているため、ドル円とダウ平均/S&P500、ドル円と金または原油といったように相関関係の強い異なった銘柄を同時に保有して利益獲得チャンスを増やす戦略も実施できます。

個別株銘柄も充実、アップルやアマゾン、BMW、フェラーリなども株式CFDとして1株から保有できる面白さもあります。

世界の多様な市場をカバーしているIG証券ならではの優位点です。

ドル円0.3銭をはじめ、人気通貨ペアのスプレッドが非常に狭い

「外資系のスプレッドは広い」という認識がありますが、IG証券は2017年に20銘柄以上のスプレッドを大幅縮小しています。

ドル円は業界最小水準である0.3銭(100ロットまで)はもちろん、豪ドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンド円など主要通貨ペアも業界トップレベルのスプレッドを提供しています。

大口取引に有利。取引数量制限なし

IG証券は大口FXトレーダーにとってさらに利用しやすい会社と言えます。

まず、基本的に最大取引数量に制限はありません。大口オーダーでもスプレッドは他社と比べて大きく抑えられています。

例えば、ドル円の場合、100ロット以上~上限なしの大口オーダーでも0.6銭という非常に狭いスプレッドで取引可能です。大きなロット数で取引したいという方には魅力的だと言えます。

バイナリーもCFDも同じ口座で取引できる

実際のところIG証券は、単なる「FX会社」ではなく、より多様な金融商品を提供する総合オンライン証券会社です。

なんと言っても、特徴はFX、バイナリーオプション、CFDがひとつの取引システムでパソコンやスマホで取引できる便利さです。

CFDに関しては通常の証券会社でもほとんど取り扱いのない欧州株(スカンジナビア系含む)や香港・シンガポールなどのアジア株もカバー、また世界ほぼすべての株価指数を24時間取引できます。

バイナリーオプションは国内唯一、金や原油、S&P500や日経などFX以外の銘柄も提供しています。

IG証券の詳細はこちら(公式サイト)

IG証券の短所

IG証券の短所は2つあります。

・非常に多くの銘柄が取引でき、取引システムは高機能だが複雑に感じるかもしれない
・6か月以上取引がない場合月500円程度の手数料がかかる

それぞれ解説していきます。

非常に多くの銘柄が取引でき、取引システムは高機能だが複雑に感じるかもしれない

IG証券の大きな魅力に多彩な株銘柄やFXの通貨ペアを取引できる点があります。

確かにこれは大きな魅力ですが、逆に取引システムが複雑に見えてしまうということもあるようです。

またチャートに搭載されているテクニカル指標は非常に豊富でチャート描画機能も多彩です。

はじめとっつきにくく見えるデザインと感じる投資家も多少いるかもしれません。

6か月以上取引がない場合月500円程度の手数料がかかる

入金がない状態で6ヶ月以上全ての口座にポジションがない、かつ、6ヵ月以上取引をしていない場合に限り、月額540円(税込)の口座管理手数料が発生します。

レートを見たい場合など、取引する予定が全くなく、ただ口座を保有したい投資家には向いていないでしょう。

スマホアプリ

IG証券では、最先端の取引テクノロジーをウエブベースプラットフォーム、スマホ、タブレット端末に提供されています。

IG証券のスマホ専用アプリは、iOS、Androidに対応しており端末を選びません。

提供されている豊富な商品ラインナップがトレード可能で、FX、CFD、バイナリーオプションをすべて同じアプリで取引できます。

常に最新バージョンのOSに合わせてアップデートされており、最新機能を利用することができます。モバイルから出金することはできませんが、入金は可能です。 

もちろん、クイック入金にも対応しています。

また、ご存知の方もいると思いますが、アップルとグーグルはバイナリーオプションのアプリを全世界で提供禁止にしました。

IG証券では、これに代わる代替サービスとしていち早くiOSでもAndroidでも使える「ウェブアプリ」版をリリース、これまで通りスマートフォンで快適にバイナリーオプションが取引できるようになっています。

スマホアプリの詳細はこちら(公式サイト)

取引ツール

IG証券の取引システムはHTML5という最新のウェブ記述言語で開発、提供されています。

これは現在のFX業界では極めて珍しく、時代の最先端ともいえるでしょう。

IG証券の取引システムをさわってすぐに感じるのは、レスポンスの速さです。チャート画面から注文画面への切り替えまで、とにかく快適です。

また、FXから株価CFD、コモディティーまで取引できるIG証券の取引システムで特に重宝するのが「マイページ機能」です。

これは、チャートやポジション状況、発注画面などを自分の好きなようにレイアウトして保存できる機能です。

これからIG証券で取引する投資家はこの「マイページ機能」を活用することをおすすめします。自分だけの使いやすい取引システムにフルカスタマイズできて非常に便利です。

取引ツールの詳細はこちら(公式サイト)

キャンペーン

IG証券ではFX口座の新規口座開設と取引で最大5万円がもらえるキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

口座開設後30日以内に初回1回の入金額が50万円以上であれば、5,000円がキャッシュバック。さらに初回取引で5,000円がキャッシュバックされます。※キャンペーン参加申込の必要あり。

累計300ロット以上の取引
10,000円
累計500ロット以上の取引
15,000円
累計800ロット以上の取引
20,000円
累計1,200ロット以上の取引
30,000円
累計1,700ロット以上の取引
45,000円

さらにCFD口座の他社乗換えキャッシュバックキャンペーンはさらにお得です。

キャンペーン期間中に初回1回の入金額が50万円以上で、口座開設後30日以内に初回取引すれば5,000円がキャッシュバックされます。※キャンペーン参加申込の必要あり。

また、指定期日まで5ポジション以上累計保有すれば20,000円、10ポジション以上累計で40,000円。

他社取引報告書の提出で10,000円がキャッシュバックされます。

IG証券は、最近あまり見なくなった、非常にハードルが低い条件でのキャッシュバックキャンペーンを実施しています。
これからFXやCFDを両方を始めたい投資家はIG証券がおすすめです。

キャンペーンの詳細はこちら(公式サイト)

スプレッド

IG証券の主要通貨ペアの標準スプレッドは以下のようになります。

ドル/円
ユーロ/円
豪ドル/円
ポンド/円
NZドル/円
0.3銭(原則固定)
0.5銭(原則固定)
0.7銭(原則固定)
1.0銭(原則固定)
2.5銭(標準)
カナダドル/円
南アランド/円
ユーロ/ドル
ポンド/ドル
豪ドル/ドル
取引画面で確認
取引画面で確認
0.4pips(原則固定)
0.9pips(原則固定)
0.6pips(原則固定)

※原則固定は例外あり

【IG証券】
ドル円:0.3銭
ユーロ円:0.5銭
豪ドル円:0.7銭
ポンド円:1.0銭
【GMOクリック証券】
ドル円:0.3銭
ユーロ円:0.5銭
豪ドル円:0.7銭
ポンド円:1.0銭
※全て原則固定

業界でスプレッドが狭いと評判のGMOクリック証券と比較しても、IG証券のスプレッドも非常に狭いことがわかります。

また約定力にも定評があるので、本格的にFXを始めたい方、またはすでにFXをしているヘビートレーダーにはおすすめのFX会社です。

ただ全く取引をしない場合は口座維持手数料がかかるので、とりあえず口座を持ちたいという方はご注意ください。
スプレッドの詳細はこちら(公式サイト)

スワップポイント

意外に知られていませんがIG証券の特に高金利通貨の買いスワップは非常に高い水準にあります。

スワップポイントはスワップ市場からのカバーにより日々変動しますが、例えば2018年7月12日に確認時点で、外為どっとコムのトルコリラ円が1万買い持ちで84円、IG証券が102円です。

トルコリラ円はスワップポイント狙いの通貨ペアとして最も人気がある通貨ペアです。

その中でも外為どっとコムのトルコリラ円の買いスワップが高いと評判ですが、IG証券のほうが高いときもあるのです。

よくスワップキャンペーンを実施して一定期間だけスワップポイントを高くしているFX会社もありますが、

それはあくまで一時の話なので、中長期でスワップポイントを得たい方は、普通の期間スワップポイントが高いFX会社を選ぶべきなのです。

約定力

FXを始めたばかりの頃や勝てない時期には、少しでもスプレッドの狭いFX会社でトレードしたいと考えるのですが、次第にFXの実力がついてくると少しでも約定力の高いFX会社でトレードしたいと考えるようになります。

国内FX会社の中では卓越した約定力を誇っているのがIG証券となります。

卓越した約定力とは、約定拒否もスリッページもないということで、同社では希望した水準より不利なレベルでは約定しないということを保証しています。

スリッページで痛い思いをした投資家は非常に多いでしょうから、スプレッドやスワップポイントばかりに注目するのではなく、約定力にこそ注目したいものです。

実は、業界トップクラスの狭いスプレッドを実現させているFX会社は多いのですが、高い約定力を実現させているFX会社は非常に少ないのです。

この辺りを理解するようになると、FXに対する考え方も変化するようになります。約定力の高いFX会社に口座開設しておくことは、ある意味ではリスクヘッジの一つになるかもしれません。

情報力

IG証券から提供される経済ニュースはロイターのみとなり、他社と比べると少ない気もしますが、四六時中ニュースを見ている人も少ないでしょうからロイターのみで十分といえるでしょう。

そもそもテクニカル派の人たちの中には、かえってニュースは売買判断の妨げになると考える人も多く、また、ニュース情報だけで利益を上げている投資家もほとんど存在していません。

このように、IG証券ではニュースの提供のような受動的な情報はロイターのみしか提供されていませんが、逆に、能動的なコンテンツは非常に多く提供されており、やる気のある投資家ならいくらでも利用して勉強できる体制が整っています。

IG証券のホームページ上のマーケット分析や学習コンテンツには非常に多くの有益な情報が提供されています。その気になれば、いくらでも活用して学習することができます。

まさに、情報が流れてくるのを待つのではなく、自ら情報を取りに行くという感じです。

セミナーは、ライブオンラインセミナー、会場セミナー、対面式個別レッスンの3つが提供されており、用途に応じて使い分けることができます。

また、IGTVという動画サービスでは、最新のマーケット情報が解説を交えながらタイムリーに提供されています。

このように、経済ニュースだけを見ると少ない感のあるIG証券の情報提供ですが、トータル的にみてみると非常に多くの情報が提供されていることがわかります。

ただし、これらの情報を使いこなせるという点では、初心者には難しいかもしれませんので、IG証券のデモトレードを利用する際に、これらの情報を使いこなせるように訓練するのが良いでしょう。

デモトレード

他社のデモトレードの場合には、1か月限定の期限付きや仮想資金がなくなると利用できなくなるなどのものが多いのですが、IG証券のデモトレードは有効期限がありませんので納得いくまでプラットフォームでのデモトレードが行えます。

FXトレードでは、自分のトレードスタイルを確立させることが重要ですので、本番さながらの環境で自信がつくまでデモトレードが行えるというのは非常に助かります。

実際にトレードを開始して、うまくいかない場合などにも再度デモトレードを利用して練習することは非常に役に立ちます。

本番のトレードのようにお金がかかってないと真剣みにかけるということもあるかもしれませんが、そんなことすら感じないくらいにただひたすら訓練することのほうがFXトレードでは重要になるはずです。

デモトレードを利用して訓練するのであれば、なるべくIG証券のような制約のないデモトレードを利用したいものです。

取引時間

IG証券の取引時間は以下のようになります。

冬時間適用時
11月第1日曜日~3月第2日曜日
月曜日の午前5時〜土曜日の7時00分まで
夏時間適用時(サマータイム)
3月第2日曜日~11月第1日曜日
月曜日の午前5時〜土曜日の6時00分まで

なお、IG証券は英国企業のため移行期は欧州タイムとなります。

夏時間  3月26日~10月30日まで
冬時間  10月31日から3月25日まで

ほとんどのFX会社では、ニューヨーク時間クローズ後の10分前後取引できない時間帯がありますが、IG証券にはありません。
  
また、多くのFX会社が月曜日早朝の7時、早い場合には6時から取引可能となりますが、IG証券では5時から取引開始となります。

出入金

IG証券への入金方法には、日本円口座の場合にはベストレシーバー入金クイック入金の2つの方法があります。

ベストレシーバー入金とは、口座開設時に送られてくるみずほ銀行の専用振込先口座のことで、個人専用の口座となりますので安全な送金と正確な着金が可能となります。

この方法は通常の振込と同じですから、ATM、銀行窓口、ネットバンキングで振り込み可能となります。ただし、振込手数料は顧客負担となります。

最近では、ほとんどの人がFX会社への入金はクイック入金を利用していますが、IG証券でもクイック入金による瞬時振込が可能です。

大手金融機関にはすべて対応していますので、ほとんどの方には問題なくご利用頂けると思います。

利用できるのは以下の8行となります。

・三菱東京UFJ銀行
・みずほ銀行
・三井住友銀行
・楽天銀行
・住信SBI銀行
・ソニー銀行
・ジャパンネット銀行
・ゆうちょ銀行

クィック入金はネットバンキングの契約が必要となりますが、振込手数料無料で利用できますので非常に便利です。

出金については、5000円以上の出金については手数料無料となりますが、5,000円未満のご出金については、出金手数料324円がかかります

出金手続きが完了すると、確認のメールが送られてきます。500万円未満の出金額の場合には、出金手続きを平日の日本時間午後2時30分までに行えば、翌営業日に指定された口座に入金されます。

500万円以上の出金については、出金依頼から3営業日目に指定口座に入金されます。

IG証券の入出金については、クイック入金で利用できる銀行数が少ないこと以外は他のFX会社と大きく変わるところはありません。

ただし、FXではクイック入金が常識化してきていますので、Pay-easyなどを利用して他のFX会社同様に利用できる銀行数を増やしてほしいものです。今後の早期の改善を期待したいところです。

ロスカット

マージンコールの後「未実現損失」がさらに拡大し、証拠金率(証拠金有効残高÷維持証拠金額×100)が75%に達し、あるいは下回った場合に即座にロスカットが執行されます。

ほぼリアルタイムで証拠金率をモニタリングしロスカットがされるようですが、これに加え1日1回、東京時間正午(12時)におよび保有ポジションの強制ロスカットを行います。

各取引口座の証拠金率を確認し、証拠金率が100%未満だった場合は100%を上回るまで、未決オーダーのキャンセルおよび保有ポジションの強制ロスカットが行われるようです。

そもそもロスカットというと怖いと通常のFX投資家は考えますが、完全に自分の相場観が間違っており資金管理ができていない場合に、顧客資産の過度の欠損を防止する目的でロスカットは発動されます。

ロスカットにあったら頭を冷やして平常心を取り戻してから再度FXにチャレンジするようにしましょう。

口座開設について

IG証券の口座は、3つのステップを経て簡単に開設することができます。

1.申込フォームをクリックし、案内に従って必要事項を入力。
  
2.次に、運転免許証などの本人確認書類をアップロードするか、メール・郵送で送る。(マイナンバーの提出も必要)

アップロードやメールの場合には最短時間での口座開設が可能だが、郵送の場合には物理的に多くの時間が必要となりますので、なるべくアップロードやメールで送信するようにしましょう。

また、本人確認書類が到着すると審査が行われますが、審査とは言ってもローン審査のような厳しいものではありませんので、よほどのことがない限りは審査通過します。

3.取引に必要な書類が同封されたお客様専用振込口座のご案内が、登録先住所に簡易書留(転送不要)で郵送される。

送られてきたIDとPWで口座を有効化するとクイック入金して取引開始となります。

口座開設については、他のFX会社とほぼ同じ内容となっています。申し込みから、遅くとも2~3営業日目には口座開設が可能となります。

IG証券の会社概要表

会社名 IG証券株式会社
登録番号 金融商品取引業者 日本証券業協会
一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1168)
本店所在地 東京都港区東新橋1丁目5番2号 汐留シティセンター10階
代表者 パトリック・マクゴナグル
電話番号 03-6704-8500
資本金 1億円

掲載会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

YJFX!

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • YJFX!
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
ページトップ