FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2017.06.29更新

DMMFX

DMMFXって実際どうなの?公式サイトに載ってないリアルな評判15項目

DMMFXで口座開設を考えてるけど、実際どうなの?

FX口座数が日本一多いDMMFXですが、実際のところ他のFX会社とどう違うのでしょうか?

このページではDMMFXについて、公式サイトには載ってないリアルな長所・短所を紹介します!

15項目にわたる機能ごとの詳しい解説や、豊富なユーザーの口コミを通して「DMMFXが実際おすすめなのかどうか」を解説していきます!

DMMFX

DMMFXロゴ

DMMFXサムネイル
  • FX口座数国内ナンバー1!※1
    最も多くの人に使用されているFXサービス
  • スプレッド(取引コスト)が業界最低水準!
    提示率も各通貨ペアにおいて高水準
  • 操作性・デザインに優れた最新スマホアプリ
    2017年7月にリリース

※1:2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ
(2017年1月口座数調査報告書)

総合評価

★★★★★

95

※当社が独自に行なったFX満足度アンケート調査より

※2

キャンペーン 最大22,000円
スプレッド(ドル円) 0.3銭(原則固定)
手数料 無料
取引単位 10,000通貨

総合評価

DMMFXは、FX口座数国内1位の誰もが認めるFX業界のリーディングカンパニーで、基本性能全般において非常に優秀です。

特に業界最狭水準のスプレッド、操作性と機能を両立させた最新のスマホアプリが高く評価されています。

これから口座開設をしようという初心者の方にも、FX歴が長い方にも、どなたにでもおススメできるFX会社です。

FX口座数国内1位ってすごいなあ!DMMFXで口座開設しておけば安心だね。

チェックしておきたい項目一覧

これより各項目の詳しい解説です。気になる項目をクリック!

DMMFXの長所

  1. FX口座数国内No.1の実績
  2. 全20通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準
  3. スマホアプリが充実している
  4. クイック入金の対応金融機関数が380と業界トップクラス

FX口座数国内No.1の実績

DMMFXはFX口座数が国内No.1です。様々な面からDMMFXは評価されていますが、なによりもこの実績が全てを物語っていると言えます。

FX口座数が多いということは、それだけ幅広い層のユーザーがその実力を評価しているということ。

初心者から熟練者まで、様々な方にとって開設しておいて間違いはないFX会社ということが出来るでしょう。

DMMFX・通知

スプレッドが全20通貨ペアで業界最狭水準

DMMFXの一番の長所ともいえるのが、業界最狭水準のスプレッド提示率の高さです。

スプレッドは取引の実質的な手数料となりますから、このスプレッドが狭い程コストを抑えて無駄なく有利に取引が行えると言えます。

提示率とは
一定期間内にユーザーに表示されたスプレッドが、実際に標準スプレッドの範囲内であった時間の割合

この提示率を見ることで、提示しているスプレッドがどれだけ実現されているのかをチェックすることができます。また、複数社が同じスプレッドを謳っていたとしても、提示率が違えば実態も異なるということも言えます。

DMMFXは平均で98.41%の提示率(2018/1/2 マーケットオープン~2018/1/31 マーケットクローズにおける米ドル/円の提示率)を誇ります。

つまりDMMFXが提示する標準スプレッドが業界最狭水準であるだけでなく、その業界最狭スプレッドで取引できる割合が非常に高いということです。この点は取引コストを抑えたいという人には大変うれしいですね。

すぐにスプレッドが広がってしまい取引がしづらい」と他のFX会社に不満をもたれている方にもおすすめです。詳しくはスプレッド(当ページ下部)で解説していますので、そちらをご覧ください。

また、最新のスプレッド及び提示率についてはこちらでチェックできます。

スマホアプリが充実している

DMMFXのスマホアプリは見やすさ、操作性、機能、どれにおいても非常に優秀と言えます。

これら基本要素がバランスよくかつハイレベルなものであることに加え、通知機能、売買比率の確認など独自の便利機能も見逃せません。

他のFX会社と比較しても特にアプリ開発には力を入れているFX会社と言えます。スマホで取引をしようと考えている方はぜひ口座開設しておきたいFX会社です。

DMMFX・チャート画面  DMMFX・スピード注文
詳細はスマホアプリ(当ページ下部)の項目で紹介していますので、そちらをご覧ください。

クイック入金の対応金融機関が業界トップ

次に、DMMFXはクイック入金の対応金融機関が業界トップクラスに豊富です。最近では多くのFX会社が対応しているクイック入金ですが、対応しているのがメジャーな銀行10行前後に限られている事が多いのが実態です。そんななか、DMMFXはなんと約380の銀行でクイック入金に対応。

クイック入金は口座開設をするとなればほとんどの方が利用するサービスですからぜひチェックしておきたいポイントです。

入金に加え出金含めた詳細については入出金(当ページ下部)で解説しているので、そちらもご覧ください。

DMMFXの短所

  1. 少額取引ができない
  2. スキャルピングが推奨されていない

少額取引ができない

DMMFXの通貨単位は、各通貨ペア10,000通貨単位です。

1ドル=100円と仮定すると10,000通貨は100万円となります。レバレッジを最大の25倍にしても証拠金として最低4万円が理論上必要です。普通にトレードを続けようと考えたら、20~30万円前後はあった方がよいでしょう。

最近では1,000通貨から取引できるFX会社も増えてきているので、少額から取引したいという方はそういった少額取引対応のFX会社の方がよいかもしれません。

スキャルピングが推奨されていない

DMMFXの約款の第7条(禁止事項)において、「(9)短時間での注文を繰り返し行う行為」という記載があり、スキャルピングの推奨がされていません。

ですが、そもそもスキャルピングを推奨しているFX会社はかなり少数であり、短所と言うほどの点ではないかもしれません。

スキャルピングをしようと思って口座開設をしないようにだけは気を付けてください。

DMMFXで
無料で口座開設

口コミ

実際に使った人の感想・口コミ
FX会社の口コミを言う男性20代 男性 FX歴:3~5年
DMMFXを利用した理由は、他のFX会社よりもスプレッドが狭くなっているので何度も取引するメリットがあったからです。自宅や外出先など1日に何度も取引することはありますが、スプレッドが広すぎると損した気分になりますが、その点スプレッドが狭いDMMFXに魅力を感じました。実際に利用してみると、期待通りスプレッドが狭いことはもちろん、システムが安定しているので取引量が多い時でもスプレッドが大きく広がることもないです。またシステムダウンすることもないので安心して取引することができています。
FX会社の口コミを言う男性20代 男性 FX歴:未回答
LINEを使って問い合わせを行えるので気軽に質問出来て便利と言えます。サポートを受け付けている時間帯も長めです。FXについては詳しくない方でも気軽に始めやすいのではと思いました。困ること自体がそれほどありませんでしたが、疑問が発生してもすぐに解決できるので安心です。スマホアプリも使いやすくなっています。リニューアルされたことで使い勝手が向上しています。
FX会社の口コミを言う男性40代 男性 FX歴:半年~1年
DMMのいいところはスワップポイントが売り買い同等というところです。他のFX業者でスワップポイントに売りと買いに差を設けているところもあるので、このところは一番良いメリットだと思います。PCが古いと結構メモリを使うせいか偶に落ちることもあります。DMMはスキャルピングをすると滑りやすいのでスキャルピングメインの人はおすすめできない会社です。後、1000通貨単位での取引もできないので少額取引したい方もお勧めできません。
FX会社の口コミを言う男性20代 男性 FX歴:1年~3年
DMMFXを3年間使わせてもらっているものですが、何も問題なく取引が出来、トレードもスムーズに特別なエラーが起きる訳でもないので、何の問題もなく使わせてもらっています。 他社も設けているところはございますが、開設してからの初めてのトレードを行えば、キャッシュバックキャンペーンで少し金額が戻ってくるので、初心者の方はとても開設しやすいようになっていると思います。 キャッシュバックキャンペーンがあるからと言ってすぐにリアルトレードをするのはお勧めできません。まずはデモトレードからの練習からの取引をお勧めします。というのもどれだけ優れていて使いやすい業者だからと言って、相場の値動きがわからなければ、損をしてばかりなのでまずは値動きの癖を覚え、そこからトレードをすることですね。
FX会社の口コミを言う男性30代 男性 FX歴:半年~1年
DMMFXに口座を開設したのは、比較サイトなどでも上位にランキングされていて、知名度もあるため、安心して取引ができると考えたからです。また、当時、キャンペーンもやっていて2万円近くのキャッシュバックを頂きました。実際に使ってみて、特に不自由は感じないです。他の会社の口座だと数時間取引ができないなんていうこともあったようですが、私の知る限り、DMMFXでそういったことが起きたことはないです。こういった安定が良い点かと思います。また、アプリ上で相場に影響するニュースを確認することができ諜報しています。このニュースを目的として、デモトレードに登録されている方も多いようです。バランスは悪くないと思うので、初心者から中上級者まで幅広く使えるFX口座かと思います。悪い点は、特に無いのですが、スワップ狙いの方は、ほかに好条件の会社があるため、そちらを選択した方が良さそうです。

DMMFXの詳細はこちら(公式サイト)

スマホアプリ

スマホアプリを用いたトレードは最近では当たり前のものとなっています。スマホでのトレードは場所・時間を問わず行える点が最大の強みと言えるでしょう。

DMMFXのスマホアプリは、非常に充実していると評判です。

チャート上で注文可能 経済指標アラート スマホで出金 経済カレンダー ニュース数
1
トレンドライン 注文可能数 自動売買可能 対応端末 詳細
× 6 × スマホアプリ詳細ページへ

DMMFXのスマホアプリ「スマートフォンアプリDMMFX」は、iPhoneとAndroidそれぞれでのダウンロードが可能です。取引画面がとても見やすいと評判で、外出先でも気軽にトレードができます。他社のスマホアプリと比較するとテクニカル分析手法が非常に充実しています。

スマホアプリの長所

【長所まとめ】
  • ユーザーファーストな機能が満載
  • 操作性に優れている
  • テクニカル分析の種類が豊富
  • LINEからカスタマーサポートを受けることができる

1.ユーザーファーストな機能が満載

ポップアップ機能

あらかじめ設定したレートに到達すると、アプリを起動していなくてもスマートフォンの画面上にポップアップで通知される「ポップアップ機能」が使い勝手が良いと評判です。こちらはレートアラートだけではなく、経済指標アラートにも対応しており、経済指標の重要度と通知時刻を設定すると、 指標発表前にポップアップで通知されるので外出先でも取引チャンスを逃すことがありません。

DMMFX・通知
売買比率の確認

そして投資家から人気が高いのが売買比率の確認です。注文比率と人数比率で、各通貨ペアの「買いと売りどちらがどのくらいのパーセンテージなのか」を知ることができます。FX取引は相対取引でこういったパーセンテージはなかなかしることができないのでとても貴重な情報です。そして出来高世界2位の会社がこういった情報を発信することにとても意味があります。

DMMFX・売買比率
LINEでの問い合わせ

サポート体制も整っており、メール電話はもちろん、LINEからも問い合わせが可能です。まさしくスマホファーストな取り組みを最先端で行っているといえます。

DMMFX・LINE問い合わせ
両建ON/OFF機能

「両建ON/OFF機能」という他社ではあまり見られない機能も備えています。この機能を使うことで両建をするかしないかを簡単に選択することが可能です。

2.操作性に優れている

「スマートフォンアプリDMMFX」は取引画面がかなり見やすく、操作性にも優れていると評価が高いです。ワンタッチで注文が出来るスピード注文も出来るようになっています。一括決済も簡単なので、場所を選ばずスピーディーな取引ができます

DMMFX・チャート画面  DMMFX・スピード注文

3.テクニカル分析の種類が豊富

テクニカル指標は他のFXのスマホアプリと比較してもトップクラスに充実しています

まずトレンド系は、移動平均線、指数平滑移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンドはもちろん、今人気のスーパーボリンジャーやスパンモデルもスマホのチャートで見ることが可能です。さらにオシレーター系もMACD、RSI、DMI/ADX、スローストキャスティクス、RCIが使用可能です。そして、それぞれ設定値(パラメーター)も自由に変更が可能です。

チャートは4分割で表示することが可能です。チャート上でそのまま注文を行う機能も備えています

DMMFXアプリ・テクニカル指標  DMMFXアプリテクニカル指標  DMMFXアプリ・チャート4分割

スマホアプリの短所

DMMFXのスマホアプリの短所としてあげられるのがやはりスキャルピングが推奨されていないことです。

スマホアプリを利用して気軽に外出先でもトレードができれば、空いた時間に新規と決済注文も完結させられるのでFX取引をしやすいのですが、トレード方法が制限されることになってしまいます。これではせっかくスマホアプリが使いやすくても機能を十分に活かしきれないと言えます。

DMMFXで
無料で口座開設

取引ツール

取引ツールは各社が独自に開発しており、対応している注文方法、使用できるテクニカル分析など、それぞれ仕様が異なります。自分にあったものを探しましょう。

DMMFXのツールは見やすく、機能も充実していると評判です。

DMMFX PLUS+プレミアチャート
取引ツール利用料 新規注文の種類 決済注文の種類 時間足の種類 テクニカル指標数
無料 7 7 12 29
チャート表示数 チャート上からの発注 チャート上の注文状況表示 描写ツール 経済指標アラート機能
6 8

DMMFX PLUS

DMMFX PLUSは、DMMFXの中でも最も標準的な取引ツールです。パソコンでのみ利用することができます。

DMMFX PLUS パソコン版取引ツール

ダウンロード形式ではなくウェブサイトからログインすることで使用できるので気軽に利用でき、多くのDMMFXの口座保有者がこのツールを使っています。

DMMFX ADVANCE

DMMFX ADVANCEは、パソコンとiPadで使用することができるツールです。

DMMFX ADVANCE パソコン版取引ツール

利用頻度の高い通貨ペアを4つまで登録可能で、ワンクリックで選択した通貨ペアの取引画面に切り替えが可能です。

また、チャートやポジション照会も一括で切り替わりシンプルな作りながらも使い勝手がよいツールです。

DMMFX MINI

その名の通り非常にシンプルでストリーミング注文に特化した取引ツールです。

DMMFX MINI パソコン版取引ツール
コンパクトな画面に機能を詰め込み、シンプルな操作性で直感的な取引が可能です。パソコンのスペースをとらないのでPCで他の作業をしながら取引をしたい方におすすめです。裏ワザとして、他の会社のより使い慣れたチャートソフトを使いながらDMMFX MINIで売買をする方もいます。

短所はDMMFX PLUSやDMMFX ADVANCEのように高機能ではない点です。メインツールではなくあくまで補助的につかうためのツールです。

プレミアチャート

プレミアチャートは、テクニカル分析の面で非常に優れたツールです。
(※こちらのプレミアチャートは単体で利用できる取引ツールではなく、DMMFX PLUSなどPC版ツールを起動後、メニューより選択可能なチャートです。)

スーパーボリンジャーやスパンモデルといった今人気のテクニカル分析を利用できます。経済指標の「指標発表時の値動き」や「値動きが大きい時間帯の指標発表」なども一目で分かり、分析の幅が広がります

チャートをドラッグすることでアラートも簡単に設定できるので、設定しておけば他の作業をしていてもすぐにチャンスの時に気が付くことができます。

取引ツールの詳細はこちら(公式サイト)

キャンペーン

FX会社は口座開設促進のために、各社様々なタイプのキャンペーンを行っています。口座開設する方はキャンペーンの対象になるかもしれません。事前に適用条件などをチェックして、口座開設の参考にしてください。

期間 報酬 適用条件

(公式HPに記載なし)
20,000円 新規口座開設+口座開設完了日から3か月以内にスマホだけで新規お取引500Lot以上
2,000円 当サイト経由で新規口座開設+口座開設お申込から60日以内に新規お取引1lot以上

口座開設キャンペーン

ただいまエフプロでは特別タイアップキャンペーンを実施中です。口座開設お申し込みから1か月以内に1lot以上の入金で、2000円をキャッシュバックいたします!ほとんどの方が対象となりますので、ぜひご利用ください。

通常キャンペーンの具体的な条件は、「新規口座開設+口座開設完了日から3か月以内に新規お取引500Lot以上を達成された方」です。この条件を満たしたすべての方に現金20,000円をキャッシュバックしています。

キャッシュバック方法は、条件を満たしたあとFXの取引口座に20,000円が入金されます。

では、このキャッシュバックは他社と比較してどのくらいお得なのか具体的に見てましょう。

ドル円の場合、1lotで0.3銭=30円の取引コストがかかります。ですので、キャッシュバックの条件を達成する500Lotで15,000円の取引コストがかかる計算となります。15,000円の取引コストがかかる取引で20,000円がもらえる計算です。500Lotを達成しないとキャンペーンの適用が受けられませんが、頻繁に取引をしようと考えている方にとっては、実質の取引コストが安くなるのでかなりおトクなキャンペーンといえます

新規口座開設キャンペーン以外のキャンペーン

DMMFXは、他のFX会社が行っているような口座開設後のキャンペーンにはあまり積極的ではありません。その点、他社と比較すると物足りなさを感じる方もいるかもしれません。

キャンペーンの詳細はこちら(公式サイト)

スプレッド

スプレッドとは、通貨ペアを買う時と、売る時の差額のことで、取引における実質的なコストとなるものです。そのため、スプレッドが狭ければ狭いほど、短期の取引や多く取引を重ねる方にとっては有利となります。

DMMFXはいずれの通貨ペアにおいても他のFX会社と比較してかなり優秀なスプレッドの狭さです

ドル/円
ユーロ/円
豪ドル/円
ポンド/円
NZドル/円
0.3銭
0.5銭
0.7銭
1.0銭
1.2銭
カナダドル/円
スイスフラン/円
南アランド/円
ユーロ/ドル
ポンド/ドル
1.7銭
1.8銭
1.3銭
0.4pips
1.0pips
豪ドル/ドル
NZドル/ドル
ユーロ/ポンド
ドル/スイスフラン
ドル/カナダドル
0.9pips
1.6pips
1.0pips
1.6pips
1.8pips

※スプレッドは全て原則固定

DMM FXは業界トップクラスのスプレッドで提供すべく、他社のスプレッドをかなり意識し、それに合わせてレート配信を行っています。今後他社がスプレッドを狭めれば、同じくDMMFXも狭めるという経営判断をすると思われます。ですので、低コストで取引をしたい方にはとてもおすすめなFX会社です。

スプレッドの詳細はこちら(公式サイト)

スワップポイント

スワップポイントとは、二つの通貨の金利差を利用して得られる利益のことです。低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買ってポジションを持つことで、その二つの通貨の金利差にあたる分をスワップポイントとしてえることができます。一度の利益は少額ですが、毎日利益が入ってくる点が魅力です。

総じてDMMFXのスワップポイントは他社と比較しても有利であることが多く、おすすめできるFX会社といえます

ドル/円
ユーロ/円
豪ドル/円
24円
-3円
37円
ポンド/円
ニュージーランドドル/円
南アフリカランド/円
23円
43円
18円

DMMFXではスワップポイントについて他社と大きく異なる点があり、買いスワップポイントと売りのスワップポイントの絶対値が常に同じです。(例:ドル円の買いが10円なら売りもマイナス10円)

多くのFX会社の絶対値は「買いスワップポイント<売りスワップポイント」となっています。(例:ドル円の買いが10円なら売りはマイナス15円)この「買いスワップポイント=売りスワップポイント」はくりっく365の取引所と同じ形式で、透明性を担保することができている証拠です。

さらに他社と比較して、豪ドル円や南アフリカランド円などの高スワップ通貨ペアに力を入れている点も長所です。スワップポイント狙いの長期トレーダーに特におすすめできます。

1円未満のスワップポイントについては、受取の場合は切捨て、支払いの場合は切上げとなります。
スワップポイントは固定ではなく、日によって変わるので単純に他社と比較するのが困難です。スワップ運用で取引を予定されている方は、直近のスワップポイントを他社と比較してみて下さい。

DMMFXスワップカレンダー(公式サイト)

情報力

FX取引では、取引にあたってマーケット情報を知る必要があります。各社はそういった情報を口座開設者向けにシェアしていることが多いですが、その情報の量や、信頼性、アクセスのしやすさなど会社によって特長は様々です。また、口座開設者がより取引について学ぶためのセミナーや動画コンテンツなどを無料で用意している会社もあります。

DMMFXのは他社と比較してあまり情報力は高くありません。無料セミナーなどはほとんど行っていませんし、マーケット情報の配信についても積極的ではありません。大手の金融機関と異なりアナリストも擁していません。

この点に関しては、他のFX会社の口座も解説して補うか、または現在はウェブ上から無料で多くの情報を入手することができるので自ら情報収集を行って補うかをする必要があります。

DMMFXの詳細はこちら(公式サイト)

デモトレード

デモトレードとは、入金をせず仮想チャート上で取引を行うことです。実際のトレードには必ず伴うプレッシャーがない環境での取引であることには注意する必要がありますが、ツールの練習など にはもってこいです。

デモトレード スマホ対応 期限
〇(無料) 3カ月間(利用期限後も再登録可能)

DMMFXでは、無料でデモトレードをすることができます。仮想資金500万円を運用することができます。パソコンやスマホの取引画面の使い方などに慣れるには最適です。また、3ヶ月間と他社に比べて長い期間デモトレードを行える点が長所です。

期限が切れたあとでも再度申し込みをすれば、データは引き継がれませんが何度でもデモトレードを試すことが可能です。無料ですので、実際にいろいろな注文機能を使って操作に慣れておくことをおすすめします。
DMMFXデモトレードについて(公式サイト)

取引時間

トレードは年中無休でできるわけではありません。取引所が閉まってしまう関係で基本土日の一部の時間は取引ができない他、会社によっては平日のメンテナンスがあるためその時間帯は取引ができません。

DMMFXの取引時間は以下となっています。

冬時間適用時
11月第1日曜日~3月第2日曜日
月曜日の午前7時〜土曜日の6時50分まで
夏時間適用時(サマータイム)
3月第2日曜日~11月第1日曜日
月曜日の午前7時〜土曜日の6時50分まで

取引時間は他の多くのFX会社と大差はありません。
夏時間と冬時間では、アメリカの重要経済指標の発表時間なども異なりますので注意して下さい。また毎営業日10分間のメンテナンス時間があり、その時間帯は売買をすることができません。

入出金

取引をするためには、証拠金として口座にお金を入金する必要があります。また、トレードで利益が出たら、その分を引き出すことができます。

DMMFXは、ネットバンク上で即座に手数料無料で入金できる「クイック入金」がなんと380行の金融機関で利用できます。他社では10行前後しかないことが多い点を考えると、この数は圧倒的です。

対応銀行数 クイック入金 リアルタイム出金 通常出金
380 24時間 即時 当日15時までの申請で最短翌営業日
入金手数料 出金手数料
無料(クイック入金) 無料

入金

最近のFX会社では基本的に入金方法は2種類用意されています。振込入金クイック入金です。すぐに口座に入金でき、24時間対応で、かつ手数料もかからないクイック入金がおすすめです。

DMMFXももちろんクイック入金に対応しています。

また、クイック入金の対応金融機関が約380と業界トップクラスに豊富です。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行などのメガバンクやゆうちょ銀行などのメジャーな銀行はもちろん、ジャパンネット銀行、楽天銀行、イオン銀行、自分銀行などの銀行がからも選ぶことができます。この点はDMMFXの長所の一つと言えるでしょう。

入金をすれば夜中でもすぐに反映され、取引が可能になります。振込手数料もかからないので大変便利なサービスです。

 

クイック入金 主要な対応銀行
みずほ 三井住友 三菱UFJ JNB 楽天 住信SBIネット ゆうちょ セブン

その他の対応銀行については公式サイトクイック入金 提携金融機関一覧でチェックできます。

出金

出金の最低出金額は2,000円となります(ただし、口座解約などによる全額出金の場合は、2,000円未満の出金も可能)。1回1万円以上の最低出金額を設けるFX会社もあるので、DMMFXは比較的少額の出金が可能といえます。また、当日15:00までの依頼は、翌営業日に出金され、15:00以降だと翌々営業日に出金されます。

DMMFXの詳細はこちら(公式サイト)

ロスカット

取引で損失を出して証拠金が一定以下になってしまうと、それ以上損失を大きくさせないために「ロスカット」と言って対象ポジションの強制的な決済が行われます。このロスカットのルールも会社により異なるのであらかじめチェックしておきましょう。

DMMFXの場合、ロスカットは証拠金維持率が50%以下となった場合に執行されます。相場の状況等によってはその損失額が預けた証拠金以上になる場合があります。

また、追加証拠金についても注意が必要です。DMMFXでは毎営業日クローズ時点に証拠金維持率の判定を行い、この時点で「証拠金維持率が100%を下回っていた場合」に追加証拠金が発生します。この場合、翌営業日の04時59分までに追加証拠金額以上の入金もしくはポジション決済によって追加証拠金額を解消する必要があります。解消期限までに追加証拠金が0円とならない場合には、保有しているポジションが強制決済(マージンカット)されてしまいます。

ちなみに、その後の相場変動等により証拠金維持率が100%以上に回復したとしても追加証拠金は0円とならず、必ず入金かポジション決済が必要となります。「相場変動で回復したからもう大丈夫」と安心してマージンカットされてしまう方がよくいますので、十分ご注意下さい。

DMMFXの詳細はこちら(公式サイト)

FXの口座開設の手順はたったの3ステップ!

「DMMFXでFXを始めたい!でも、口座開設って面倒なんでしょ?」と心配になるかもしれません。
しかし、口座開設は想像している以上に簡単で、最短で翌日に口座を開設することも可能です。FXを始めるためには、口座開設入金が必要です。今からその手順を詳しく解説していきます。

【口座開設の完了までの3ステップ】
  • 「口座開設(無料)はこちら」ボタンをクリック
  • 申込フォームに必要情報を入力
  • 本人確認書類とマイナンバー書類を提出

ここからは実際にDMMFXで口座を開設する手順を画像を用いて説明します。

1.「口座開設(無料)はこちら」というボタンをクリック

DMMFX口座開設フロー1

2.申込フォームに必要情報を入力

DMMFXの場合、まず開設する口座の種類を問われます。今回は「個人」を選択します。

DMMFX口座開設フロー2

注意事項個人情報の取り扱いに関する説明に目を通した上でチェック欄を埋めていきます。

DMMFX口座開設フロー3.2

ここからは自分の情報をフォームに入力する作業です。居住地国・氏名・性別・生年月日・電話番号・メールアドレス・住所を入力します。

DMMFX口座開設フロー4
DMMFX口座開設フロー4.5

次は職業について入力します。「会社員」と選択すると、具体的に業種・勤務先名・勤務先電話番号を問う質問が出てきました。

DMMFX口座開設フロー5.1

財務情報としての年収・自己資産自身の資産であるという確認に続けて、投資に関しての質問が続きます。投資目的だけでなく、取引の動機投資経験について入力します。
これらはすべて正直に選択すれば何も問題ありません

DMMFX口座開設フロー6.1

一番下にある、メールでの案内の希望の有無を選択し、「確認画面へ」を押して進みます。

DMMFX口座開設フロー7

このとき、上記の投資経験全てに「未経験」と回答すると、以下のような「リスクに関するご案内」という画面が出てきます。「これまでにお取引経験がないようでございますが」という文面から始まるので戸惑ってしまうかもしれませんが、安心してください。FX取引をする上でリスクがあることを説明してくれているものです。3つの項目にしっかり目を通してチェックを記入し、もう一度「確認画面へ」を押します。

DMMFX口座開設フロー8

最後に、ここまでで入力した内容を確認していきます。

DMMFX口座開設フロー9.1

特に問題がなければ「申し込む」を押しましょう。ステップ2は完了です!

DMMFX口座開設フロー10.1

3.本人確認書類とマイナンバー記載書類について

本人確認書類とマイナンバー確認書類をアップロード送信・郵送のいずれかの方法で提出しましょう。

「本人確認書類」、「マイナンバー確認書類」は以下に該当するものです。
(顔写真がない書類に関してはいずれか2点提出する必要があります)

【本人確認書類】
  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 個人番号カード(表面)
  • 各種健康保険証・共済組合員証
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
【マイナンバー】
  • 個人番号カード(裏面)
  • マイナンバー通知カード
  • 住民票(マイナンバー記載有)

その場で写真を撮ることも可能ですし、申し込み後に提出することも可能ですが、スムーズに口座開設をするなら、事前に写真を撮っておくことをオススメします
また、写真は表裏の両面が必要になるので、注意しましょう。

審査に通過すれば、IDとパスワードが記載された書面が登録住所に届きます(※大体1〜2営業日)。そのため、口座開設にかかる日数は2〜3営業日であることがほとんどです。

DMMFXで
無料で口座開設

会社概要紹介

DMMFXは、株式会社DMM.com証券が提供するFXサービスです。株式会社DMM.com証券はDMMFXのほかに、外為ジャパンFXというFXサービスも提供しています。タレントを起用したテレビCMも積極的に行っており、FX業界でも知名度がかなり高いFX会社です。

また、月間取引高もGMOクリック証券に次いで2位です。まさに業界を牽引するFX会社です。

設立は平成18年12月6日、資本金は98億円です。信託保全は、日証金信託銀行株式会社、株式会社SMBC信託銀行の2行で行っています。

会社名
株式会社DMM.com証券
登録番号
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号
本店所在地
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー26階
代表者
谷川 龍二
電話番号
03-3517-3280
資本金
98億円

掲載会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

YJFX!

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • YJFX!
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
ページトップ