FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2019.11.20更新

DMMFX

DMMFXの評判|口座開設の前に確認したい長所と短所の5つを解説

DMMFX
タイプ別:DMMFXを利用するメリット
  • デイトレ―ドなど短期トレードをメインとしているトレーダー
    →取引数に応じて現金に交換できるポイントがたまる!
  • これから本格的にトレードを始めようと考えている初心者トレーダー
    →業界初のLINEカスタマーサポートで、いつでもどこでも相談可能
  • 長期のトレードをメインにするファンダメンタルズ重視のトレーダー
    →「売買比率の確認」機能など独自の情報量が多い!
タイプ別:DMMFXのデメリット
  • 取引は1万通貨単位(※必要金額4万円)からなので少額(1万円以下)から始められない
    →まだ不安が大きく少額で始めたいユーザーはこちら
  • 上級者向けの手法であるスキャルピングトレードをしたい人→スキャルピングが公認されているヒロセ通商でトレード

取引コストを抑えるならDMMFX

DMMFX公式LPキャプチャ

口座開設数 第1位
DMMFX

  • 取引コストが低い|業界最狭水準のスプレッド
  • FX口座数 国内第1位の実績 (※)
  • スマホアプリの操作性が高くて使いやすい
取引手数料スプレッド(ドル円)取引通貨単位
無料0.2銭(原則固定)1万通貨
通貨ペア数サポート体制キャンペーン
20通貨ペア平日24時間最大24,000円

※2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)

DMMFXの最大の特徴は、全20通貨ペアのスプレッドが業界最狭水準であることです。つまり、どの通貨ペアも低コストで取引ができます。各種取引手数料も無料です。

また、100%の信託保全がついているので、万が一のときも資産が守られます。

今なら当サイトから口座開設&取引すると、最大24,000円のキャッシュバックをプレゼント!!

FXをスムーズに始めるために
  • 本人確認書類やマイナンバー記載書類を提出すれば最短2~3日で取引ができます
  • 書類提出は全てのFX会社で必要です
  • 提出はスマホで写真をアップロードするだけ
  • 免許証やマイナンバーカードがなくても代用できます

DMMFXの長所と短所まとめ

まずは、DMMFXの長所と短所をまとめて紹介していきます。

DMMFXの長所

  1. 初心者でも大丈夫!業界初のLINEカスタマーサポートで相談可能
  2. スマホアプリの開発に力を入れているので、スマホトレードが行いやすい
  3. 「売買比率の確認」機能で他のトレーダーの情報がわかる!
  4. 取引するだけで、現金に交換できるポイントがたまる

(1)これからトレードを始める初心者には嬉しい充実カスタマーサポート

DMMFXのLINEカスタマーサポート機能は、DMMFXのLINEアカウントを友だち追加するだけで利用できるようになります。

いちいち個人情報を打ち込んだり、挨拶文を打つ必要もありません。会社の休み時間でも、通勤途中でも思いついたときに質問ができます。

DMMFX・LINE問い合わせPC1 DMMFX・LINE問い合わせPC2 DMMFX・LINE問い合わせPC3
ググってもわからなそうなことだけど、電話できる状況じゃないし、メールじゃ遅い…」というようなときに最適です。
LINEできちんとした回答がもらえるのは他社にはない大きな差別化ポイントといえそうです。

業界で初めてLINEカスタマーサポート機能を導入するほど、DMMFXはトレーダーのサポートに力を入れているFX会社です。

(2)これからのスマホトレードには、DMMFXのスマホアプリ

DMMFXの開発したFXトレード用スマホアプリ「スマートフォンアプリDMMFX」は、見やすさで評判の高いアプリです。
FXを副業として始める人が増えている最近では、出先などでトレードしたいというニーズが高まってきています。
DMMFXはそうしたユーザーの声を取り入れたスマホアプリの開発を行っています。今のアプリは2017年7月に最初にリリースされたアプリですが、基本的な機能の充実度や視認性・操作性の高さは、外出先で取引をするのに十分といえるでしょう。

【DMMFXアプリの長所まとめ】
  • 外出先でのトレードに必要な情報が見やすい
  • トレーダーの操作を考えた画面になっている
  • 基本的なテクニカル分析用の機能が充実している
  • LINEカスタマーサポートをすぐに使うことができる

DMMのスマホアプリが気になる人は、より詳しく解説しているスマホアプリの見出しを確認してみてください。

(3)「売買比率の確認」機能で他のトレーダーの注文状況がわかる!

DMMFXの取引ツールには「売買比率の確認」機能があります。

この機能では各通貨ペアが実際にどのくらい買われ、どのくらい売られているのかを見ることができます。

この数値を見ることで、他のトレーダーたちが現在の市場をどう捉えていて、今後どう動いていくと予想しているかがわかるわけです。

もちろん、FXに必勝法はありませんから、あくまで参考程度にとどめなくてはいけません。ですが、自分の読みが他のトレーダーの読みとどう違うのかを確認できるだけでも、初心者にとってはうれしい機能といえるのではないでしょうか。

DMMFX・売買比率
こういった情報を公開しているところは現状かなり少なく、主要FX会社の中ではDMMFX、DMMFXが運営している外為ジャパン、そしてSBIFXくらいです。

(4)取引するだけで、現金に交換できるポイントがたまる!

新規取引1lot (=1万通貨単位)ごとに1ポイントがつきます。

たまったポイントは、1ポイント=1円として換金できます。その後は現金としてお使いいただけるため非常に便利です。

ふだん通りの取引をするだけでポイントがたまるので嬉しいですね。

DMMFXキャッシュバック流れ

DMMFXの短所

  1. 少額取引ができない
  2. スキャルピングが認められているわけではない

(1)少額取引ができないのである程度の資金が必要

DMMFXの通貨単位は、各通貨ペア10,000通貨単位です。

1ドル=100円と仮定すると10,000通貨は100万円となります。レバレッジを最大の25倍にしても証拠金として最低4万円が理論上必要です。普通にトレードを続けようと考えたら、20~30万円前後はあった方がよいでしょう。

もっと少ない資金でFXをはじめたい場合には、DMMFXではなくYJFX!ヒロセ通商などの1,000通貨単位から取引可能なFX会社の利用を検討しましょう。

1,000通貨単位であれば、4,000円からトレードを始めることができる(※レバレッジ25倍で1ドル=100円として計算)ため、まだトレードに慣れていない方でもリスクを抑えて取引ができます。

(2)スキャルピングが認められているわけではない

DMMFXの約款の第7条(禁止事項)において、「(8)短時間での注文を繰り返し行う行為」という記載があり、短時間で複数回取引する手法は禁止されています。
これは他のデイトレ―ドやスイングトレードのユーザーを守るためでもあります。短時間で複数の注文を処理することはサーバーに大きな負荷を与え、他のトレーダーの注文がすべる可能性も高まります。
利用者の取引の安全を守るためにこうした取り決めをDMMFXは行っているので、スキャルピングをしないユーザーは快適にトレードできるFX会社といえるでしょう。

スキャルピングを行いたい人は、スキャルピングを公認しているヒロセ通商で取引を始めるといいでしょう。

DMMFXのスマホアプリを解説

DMMFXのスマホアプリは開発に力を入れているため使いやすく、また機能も充実していると評判です。

チャート上で注文可能 経済指標アラート スマホで出金 経済カレンダー ニュース数
1
トレンドライン 注文可能数 自動売買可能 詳細
× 6 × アプリ詳細へ

DMMFXのスマホアプリ「スマートフォンアプリDMMFX」は、iPhoneとAndroidそれぞれでのダウンロードが可能です。

取引画面がとても見やすいと評判で、外出先でもトレードができます。他社のスマホアプリと比較するとテクニカル分析手法が非常に充実しています。

【長所まとめ】
  • ユーザーファーストな機能が満載
  • 操作性・視認性に優れている
  • テクニカル分析の種類が豊富

(1)ユーザーファーストな機能が満載

ポップアップ機能

あらかじめ設定したレートに到達すると、アプリを起動していなくてもスマートフォンの画面上にポップアップで通知される「ポップアップ機能」が使い勝手が良いと評判です。こちらはレートアラートだけではなく、経済指標アラートにも対応しており、経済指標の重要度と通知時刻を設定すると、 指標発表前にポップアップで通知されるので外出先でも取引チャンスを逃すことがありません。

DMMFX・通知

売買比率の確認


長所のところでも紹介した売買比率の確認機能がスマホアプリにも搭載されています。

外出先でも、現在どのくらい買われどのくらい売られているのかを見ることができるわけですから非常に便利ですよね。

DMMFX・売買比率

LINEでの問い合わせ

サポート体制も整っており、メールや電話はもちろんLINEからも問い合わせが可能です。まさしくユーザーファーストな取り組みを最先端で行っているといえます。

両建ON/OFF機能

「両建ON/OFF機能」という他社ではあまり見られない機能も備えています。この機能を使うことで両建をするかしないかを素早く選択することが可能です。

(2)操作性・視認性に優れている

「スマートフォンアプリDMMFX」は取引画面が見やすく、操作性にも優れていると評価が高いです。ワンタッチでスピード注文もできるようになっています。一括決済も簡単なので、場所を選ばずスピーディーな取引が可能です

DMMFX・チャート画面  DMMFX・スピード注文

(3)テクニカル分析の種類が豊富

テクニカル指標は他のFXのスマホアプリと比較してもトップクラスの充実度です

まずトレンド系は、移動平均線、指数平滑移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンドはもちろん、今話題のスーパーボリンジャーやスパンモデルもスマホのチャートで見られます。さらにオシレーター系もMACD、RSI、DMI/ADX、スローストキャスティクス、RCIが使用可能です。そして、それぞれ設定値(パラメーター)も自由に変更ができます。

チャートは4分割で表示することが可能です。チャート上でそのまま注文を行う機能も備えています

DMMFXアプリ・テクニカル指標  DMMFXアプリテクニカル指標  DMMFXアプリ・チャート4分割

DMMFXのスマホアプリについてもっと知りたい方は⇒DMMFXのスマホアプリを解説!

DMMFXのキャッシュバックキャンペーン

DMMFXのキャンペーンは以下のとおりです。

キャッシュバック 適用条件
100,000円 新規口座+期間中に新規取引を200Lot以上行われた方に抽選で1000名
4,000円 当サイト経由で新規口座開設+口座開設お申し込みから60日以内に新規お取引1lot以上

当サイトのオリジナルキャンペーン

ただいまエフプロでは特別タイアップキャンペーンを実施中です。口座開設お申し込みから60日以内に1lot以上の新規取引で、4,000円をキャッシュバック!

また、10周年記念キャンペーンとして、「期間中の新規口座開設+期間中に新規取引を200Lot以上行われた方」から抽選で1,000名様に「100,000円」をプレゼントしています。

ほとんどの方が条件を満たせるものとなりますので、試してみる価値はあるでしょう。

DMMFXのキャンペーン
  • 【エフプロ限定】キャッシュバック4,000円+【通常】抽選で1,000名様にキャッシュバック100,000円=104,000円

エフプロ限定のキャンペーン

新規口座開設キャンペーン以外のキャンペーン

DMMFXは、他のFX会社が行っているような口座開設後のキャンペーンにはあまり積極的ではありません。

キャンペーンが充実しているのはヒロセ通商です。取引キャンペーンが豊富で、取引高に応じて食品がもらえるというおもしろいキャンペーンを頻繁に行っています。

また、YJFX!では取引高に応じてTポイントがたまるキャンペーンを行っています。全員が対象のため、誰でも恩恵を受けることができるのがうれしいポイントです。

DMMFXでチェックしておきたい詳細項目

これよりさらに各項目を詳しく見ていきます。
気になる項目をクリック!

5.実際のユーザーの口コミ

実際に使った人の感想・口コミ
FX会社の口コミを言う男性20代 男性 FX歴:未回答
LINEを使って問い合わせや質問できるので、大変便利といえます。サポートを受け付けている時間帯も長めです。FXについては詳しくない方でも始めやすいのではと思いました。困ること自体がそれほどありませんでしたが、疑問が発生してもすぐに質問できます。スマホアプリも使いやすくなっています。リニューアルされたことで使い勝手が向上しています。
FX会社の口コミを言う男性40代 男性 FX歴:半年~1年
DMMのいいところはスワップポイントが売り買い同等というところです。他のFX業者でスワップポイントに売りと買いに差を設けているところもあるので、ここのところは一番良いメリットだと思います。PCが古いと結構メモリを使うせいかたまに落ちることもあります。DMMはスキャルピングをすると滑りやすいのでスキャルピングメインの人には不向きなFX会社です。
FX会社の口コミを言う男性20代 男性 FX歴:1~3年
DMMFXを3年間使わせてもらっている者ですが、何も問題なく取引ができ、トレードもスムーズで特別なエラーが起きるわけでもないので、何の問題もなく使わせてもらっています。 他社でも設けているところはありますが、開設してからの初めてのトレードを行えば、キャッシュバックキャンペーンで少し金額が戻ってくるので、初心者の方はとても開設しやすいようになっていると思います。 キャッシュバックキャンペーンがあるからといってすぐにリアルトレードをするのはおすすめできません。まずはデモトレードでの練習からの取引してみるのもいいでしょう。というのもどれだけ優れていて使いやすい業者だからといって、相場の値動きがわからなければ、損をしてばかりなのでまずは値動きの癖を覚え、そこからトレードをすることですね。

6.取引ツール

取引ツールは各社が独自に開発しており、対応している注文方法、使用できるテクニカル分析など、それぞれ仕様が異なります。自分に合ったものを探しましょう。

DMMFXのツールは見やすく、機能も充実していると評判です。

DMMFX PLUS+プレミアチャート
取引ツール利用料 新規注文の種類 決済注文の種類 時間足の種類 テクニカル指標数
無料 7 7 12 29
チャート表示数 チャート上からの発注 チャート上の注文状況表示 描写ツール 経済指標アラート機能
6 8

DMMFX PLUS

DMMFX PLUSは、DMMFXの中でも標準的な取引ツールです。パソコンでのみ利用することができます。

DMMFX PLUS パソコン版取引ツール

ダウンロード形式ではなくウェブサイトからログインして使用できるので利便性が高く、多くのDMMFXの口座保有者がこのツールを使っています。

DMMFX STANDARD

DMMFX STANDARDは、パソコンとiPadで使用することができるツールです。

DMMFX STANDARD パソコン版取引ツール

利用頻度の高い通貨ペアを4つまで登録でき、ワンクリックで選択した通貨ペアの取引画面に切り替えが可能です。

また、チャートやポジション照会も一括で切り替わりシンプルなつくりながらも使い勝手が良いツールです。

プレミアチャート

プレミアチャートは、テクニカル分析の面で非常に優れたツールです。
(※こちらのプレミアチャートは単体で利用できる取引ツールではなく、DMMFX PLUSなどPC版ツールを起動後、メニューより選択可能なチャートです。)

DMMFXプレミアチャート・テクニカル分析

スーパーボリンジャーやスパンモデルといった今話題のテクニカル分析を利用できます。経済指標の「指標発表時の値動き」や「値動きが大きい時間帯の指標発表」なども一目で分かり、分析の幅が広がります

チャートをドラッグするだけでアラートを設定しておけるので、他の作業をしていてもチャンスのときにすぐに気がつくことができます。

7.スプレッド

スプレッドとは、通貨ペアを買うときと売るときの手数料のことで、取引における実質的なコストとなるものです。そのため、スプレッドが狭ければ狭いほど、短期の取引をする人や多く取引を重ねる人にとっては有利となります。

DMMFXはいずれの通貨ペアにおいてもスプレッドが狭い会社です

ドル/円
ユーロ/円
豪ドル/円
ポンド/円
NZドル/円
0.2銭
0.5銭
0.7銭
1.0銭
1.2銭
カナダドル/円
スイスフラン/円
南アランド/円
ユーロ/ドル
ポンド/ドル
1.7銭
1.8銭
1.0銭
0.4pips
1.0pips
豪ドル/ドル
NZドル/ドル
ユーロ/ポンド
ドル/スイスフラン
ドル/カナダドル
0.9pips
1.6pips
1.0pips
1.6pips
1.8pips

※スプレッドは全て原則固定

DMM FXは業界トップクラスのスプレッドで提供すべく、他社のスプレッドをかなり意識し、それに合わせてレート配信を行っています。低コストで取引をしたい方にはメリットが大きいなFX会社です。

スプレッドの詳細はこちら(公式サイト)

8.スワップポイント

スワップポイントとは、2つの通貨の金利差を利用して得られる利益のことです。低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買ってポジションをもつことで、その2つの通貨の金利差にあたる分をスワップポイントとして得ることができます。一度の利益は少額ですが、毎日利益が入ってくる点が魅力です。

総じてDMMFXのスワップポイントは他社と比較しても遜色なく、スワップポイント目的の利用にも向いていると言えます。

ドル/円
ユーロ/円
豪ドル/円
24円
-3円
37円
ポンド/円
ニュージーランドドル/円
南アフリカランド/円
23円
43円
18円

DMMFXではスワップポイントについて他社と大きく異なる点があり、買いスワップポイントと売りのスワップポイントの絶対値が常に同じです。(例:ドル円の買いが10円なら売りもマイナス10円)

多くのFX会社の絶対値は「買いスワップポイント<売りスワップポイント」となっています。(例:ドル円の買いが10円なら売りはマイナス15円)この「買いスワップポイント=売りスワップポイント」はくりっく365の取引所と同じ形式で、透明性を担保することができている証拠です。

さらに他社と比較して、豪ドル円や南アフリカランド円などの高スワップ通貨ペアに力を入れている点も長所です。スワップポイント狙いの長期トレーダーににとっては大きなメリットです。

1円未満のスワップポイントについては、受け取りの場合は切捨て、支払いの場合は切上げとなります。
スワップポイントは固定ではなく、日によって変わるので単純に他社と比較するのが困難です。スワップ運用で取引を予定されている方は、直近のスワップポイントを他社と比較してみて下さい。

DMMFXスワップカレンダー(公式サイト)

9.デモトレード

デモトレードとは、入金をせず仮想チャート上で取引を行うことです。実際のトレードに伴うプレッシャーがない環境での取引であることに注意する必要がありますが、ツールの練習などにはもってこいです。

デモトレード スマホ対応 期限
〇(無料) 3ヶ月間(利用期限後も再登録可能)

DMMFXでは、無料でデモトレードが行え、仮想資金500万円を運用することができます。パソコンやスマホの取引画面の使い方などに慣れるには最適です。また、3ヶ月間と他社に比べて長い期間デモトレードを行える点が長所です。

期限が切れた後でも再度申し込みをすれば、データは引き継がれませんが何度でもデモトレードを試すことが可能です。無料ですので、実際にいろいろな注文機能を使って操作に慣れておくと良いでしょう。
DMMFXデモトレードについて(公式サイト)

10.取引時間

トレードは年中無休でできるわけではありません。取引所が閉まってしまう関係で基本土日の一部の時間は取引ができない他、会社によっては平日のメンテナンスがあるためその時間帯は取引ができません。

DMMFXの取引時間は以下のようになっています。

冬時間適用時
11月第1日曜日~3月第2日曜日
月曜日の午前7:00〜土曜日の午前6:50
夏時間適用時(サマータイム)
3月第2日曜日~11月第1日曜日
月曜日の午前7:00〜土曜日の午前5:50

取引時間は他の多くのFX会社と大差はありません。
夏時間と冬時間では、アメリカの重要経済指標の発表時間なども異なりますので注意して下さい。また毎営業日10分間のメンテナンス時間があり、その時間帯は売買をすることができません。

11.入出金

取引をするためには、証拠金として口座に入金する必要があります。また、トレードで利益が出たらその分を引き出すことができます。

DMMFXは、ネットバンク上で即座に手数料無料で入金できる「クイック入金」がなんと約380の金融機関で利用できます。他社では10行前後しかないことが多い点を考えると、この数は大変多いと言えます。

対応銀行数 クイック入金 リアルタイム出金 通常出金
約380 24時間 即時 当日15時までの申請で最短翌営業日
入金手数料 出金手数料
無料(クイック入金) 無料

入金

最近のFX会社では基本的に入金方法は2種類用意されています。振込入金クイック入金です。すぐに口座に入金でき、24時間対応で、かつ手数料もかからないクイック入金が便利です。

DMMFXももちろんクイック入金に対応しています。

また、クイック入金の対応金融機関が約380と業界トップクラスの豊富です。三井住友銀行、三菱UFJ銀行などのメガバンクやゆうちょ銀行などのメジャーな銀行はもちろん、ジャパンネット銀行、楽天銀行、イオン銀行、じぶん銀行などの銀行からも選ぶことができます。この点はDMMFXの長所の一つといえるでしょう。

入金をすれば夜中でもすぐに反映され、取引が可能になります。振込手数料もかからないので大変便利なサービスです。

クイック入金 主要な対応銀行
みずほ 三井住友 三菱UFJ JNB 楽天 住信SBIネット ゆうちょ セブン

その他の対応銀行については公式サイトクイック入金 提携金融機関一覧でチェックできます。

実際の入金までの手順

まずはFX口座を開設する必要があります。

口座開設が完了すると、DMMFXから自宅宛に郵送物が届きます。その中にID初期パスワードが記載されている紙が入っているため、その紙を手元に準備してください。

マイページにログイン
PCで取引をする場合はDMMFX公式HPにアクセスし、左上にある緑色の「ログイン」ボタンからログイン画面に進んでください。

DMMFXでは、「DMMFX STANDARD」と「DMMFX PLUS」の2種類の取引画面が提供されており、以下の特徴があります。

DMMFX2種類の取引画面
入金方法

DMMFXでは、インターネットバンキングを利用した「クイック入金」銀行窓口やATMなどから入金する「振替入金」があります。

中でも「クイック入金」は入金にかかる手数料が無料なのでコストが抑えられる上に素早く入金できます。今回はその「クイック入金」の手順をご説明します。

PCの場合

PCの場合は画面下の「入出金」をクリックすると、金融機関を選択できる画面が開きます。

金融機関を選択して入金額を入力すると、確認画面が表示されるので「実行」を選択すると入金完了です。

出金

出金の最低額は2,000円となります(ただし、口座解約などによる全額出金の場合は、2,000円未満の出金も可能)。1回1万円以上の最低出金額を設けるFX会社もあるので、DMMFXは比較的少額の出金が可能といえます。また、当日15:00までの依頼は、翌営業日に出金され、15:00以降だと翌々営業日に出金されます。

DMMFXの詳細はこちら(公式サイト)

12.ロスカット

取引で損失を出して証拠金が一定以下になってしまうと、それ以上損失を大きくさせないために「ロスカット」といって対象ポジションの強制的な決済が行われます。このロスカットのルールも会社により異なるのであらかじめチェックしておきましょう。

DMMFXの場合、ロスカットは証拠金維持率が50%以下となった場合に執行されます。相場の状況などによってはその損失額が預けた証拠金以上になる場合があります。

また、追加証拠金についても注意が必要です。DMMFXでは毎営業日クローズ時点に証拠金維持率の判定を行い、この時点で「証拠金維持率が100%を下回っていた場合」に追加証拠金が発生します。この場合、翌営業日の4時59分までに追加証拠金額以上の入金もしくはポジション決済によって追加証拠金額を解消する必要があります。解消期限までに追加証拠金が0円とならない場合には、保有しているポジションが強制決済(マージンカット)されてしまいます。

ちなみに、その後の相場変動などにより証拠金維持率が100%以上に回復したとしても追加証拠金は0円とならず、必ず入金かポジション決済が必要となります。「相場変動で回復したからもう大丈夫」と油断してマージンカットされてしまう人がよくいますので、十分注意してください。

DMMFXの詳細はこちら(公式サイト)

13.FXの口座開設の手順はたったの3ステップ!

DMMFXQRコード画像

「DMMFXでFXを始めたい!でも、口座開設って面倒なんでしょ?」と心配になるかもしれません。
しかし、口座開設は想像している以上に難しくなく、最短で翌日に口座を開設することも可能です。FXを始めるためには、口座開設入金が必要です。今からその手順を詳しく解説していきます。

【口座開設の完了までの3ステップ】
  • 「口座開設(無料)はこちら」ボタンをクリック
  • 申込フォームに必要情報を入力
  • 本人確認書類とマイナンバー記載書類を提出

ここからは実際にDMMFXで口座を開設する手順を画像を用いて説明します。

(1)「口座開設(無料)はこちら」というボタンをクリック

公式サイトにアクセスし下にスクロールすると、「口座開設(無料)はこちら」というボタンが出てきます。

そちらをタップすると実際に手続きを始めることができます。

(2)申込フォームに必要情報を入力

DMMFXの場合、まず開設する口座の種類を問われます。今回は「個人」を選択します。

DMMFX口座開設フロー2

注意事項個人情報の取り扱いに関する説明に目を通したうえでチェック欄を埋めていきます。

DMMFX口座開設フロー3.2
DMMFX口座開設フロー3.2

ここからは自分の情報をフォームに入力する作業です。居住地国・氏名・性別・生年月日・電話番号・メールアドレス・住所を入力します。

DMMFX口座開設フロー4.1
DMMFX口座開設フロー4.2
DMMFX口座開設フロー4.3

次は職業について入力します。「会社員」と選択すると、具体的に業種・勤務先名・勤務先電話番号を問う質問が出てきました。

DMMFX口座開設フロー5.1

財務情報としての年収・自己資産自身の資産であるという確認に続けて、投資に関しての質問が続きます。投資目的だけでなく、取引の動機投資経験について入力します。
これらはすべて正直に選択すれば何も問題ありません

DMMFX口座開設フロー6.1
DMMFX口座開設フロー6.2

一番下にある、メールでの案内の希望の有無を選択し、「確認画面へ」を押して進みます。

DMMFX口座開設フロー7

このとき、上記の投資経験すべてに「未経験」と回答すると、以下のような「リスクに関するご案内」という画面が出てきます。「これまでにお取引経験がないようでございますが」という文面から始まるので戸惑ってしまうかもしれませんが、安心してください。FX取引をするうえでリスクがあることを説明してくれているものです。3つの項目にしっかり目を通してチェックを記入し、もう一度「確認画面へ」を押します。

DMMFX口座開設フロー8

最後に、ここまで入力した内容を確認していきます。

DMMFX口座開設フロー9.1

特に問題がなければ「申し込む」を押しましょう。ステップ2は完了です!

DMMFX口座開設フロー10.1

(3)本人確認書類とマイナンバー記載書類について

本人確認書類とマイナンバー記載書類をアップロード送信、郵送、メールやFAXのいずれかの方法で提出しましょう。

「本人確認書類」、「マイナンバー記載書類」は以下に該当するものです。
(顔写真がない書類に関してはいずれか2点提出する必要があります)

【本人確認書類】
  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 個人番号カード(表面)
  • 各種健康保険証・共済組合員証
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
【マイナンバー記載書類】
  • 個人番号カード(裏面)
  • マイナンバー通知カード
  • 住民票(マイナンバー記載有)

これらの書類は、申し込み後に郵送することも可能ですが、スムーズに口座開設をするなら、書類を撮影またはスキャンしてアップロードすると良いでしょう
また、個人番号カードなどは表裏の両面が必要になることもあるので注意しましょう。

審査に通過すれば、IDとパスワードが記載された書面が登録住所に届きます(※だいたい1〜2営業日)。そのため、口座開設にかかる日数は2〜3営業日であることがほとんどです。

DMMFXで
無料で口座開設

DMMFXで口座開設する時のQ&A

Q:勤務先に電話がかかってくる?

A:まず、基本的にかかってくることはありません。

FX取引においてマイナスが非常に大きくなり、証拠金が足りなくなったとします。そこで、追加のお金が必要になるのですが、入金せずしかも自宅や携帯で本人に連絡が取れない場合にのみ勤務先にかかってくることがあります。

Q:普通のサラリーマンがFXを始めた場合、確定申告はどうすればいい?

A:サラリーマンの場合、セミナーや筆記具、書籍といった経費を除き、年間で20万円を超える利益が発生した場合は確定申告をする必要があります。

14.会社概要紹介

DMMFXは、株式会社DMM.com証券が提供するFXサービスです。株式会社DMM.com証券はDMMFXの他に、外為ジャパンFXというFXサービスも提供しています。タレントを起用したテレビCMも積極的に行っており、FX業界でも知名度がかなり高いFX会社です。

また、月間取引高もGMOクリック証券に次いで2位です。まさに業界をけん引するFX会社です。

設立は平成18年12月6日、資本金は98億円です。信託保全は、日証金信託銀行株式会社、株式会社SMBC信託銀行の2行で行っています。

会社名
株式会社DMM.com証券
登録番号
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号
本店所在地
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー26階
代表者
谷川 龍二
電話番号
03-3517-3280
資本金
98億円

掲載FX会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

みんなのFX!

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • YJFX!
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • みんなのFX
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • YJFX!
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
ページトップ