初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

DMMFXスタンダードの特徴を紹介!シンプルな初心者向けツール

男性のイラスト

DMMFXスタンダードってどういうツールなの?

もっと操作がしやすい取引ツールが欲しいと思っていませんか?

DMMFXスタンダードはリスクが抑えられる注文方法が充実していたり、操作もシンプルで使いやすいツールです。

この記事では利用できる5つの注文方法の説明とDMMFXスタンダードのメリット・デメリットを紹介していきます。

DMMFXスタンダードの特徴と他ツールとの違い

DMMFXでは、FX取引用のツールを複数用意しています。

その中でも、今回はDMMFXスタンダードの特徴について紹介します。DMMFXスタンダードの位置づけについて、DMMFXで提供している他ツールの簡単な説明も絡めて解説します。

DMMFXで提供している取引ツールな以下の4点です。

  • DMMFXスタンダード:PC版の初心者向けツール、見やすく発注しやすい
  • DMMFXプラス:PC版のプロ向けツール、カスタマイズ性が高い高機能版
  • プレミアチャート:取引補助ツール、機能豊富なチャートが魅力、金や石油など為替以外のチャートも表示可能
  • 取引通信簿:取引補助ツール、自身の取引履歴を振り返ることができる

PCで取引をする場合は、DMMFXスタンダードまたはDMMFXプラスを使います。

DMMFXスタンダードは、あまりFXトレードに慣れていない初心者向けの取引ツール、という位置づけです。

DMMFXスタンダードは、Webブラウザ上で動くため、インストールなどの手間はかかりません。

Windowsマシン・Macマシン・iPad上で動作します。

スマホやフィーチャーフォンで取引をしたい場合は、別にスマホ用の取引ツール「DMMFX for smart phone」「DMMFX for smart phone」があるためそちらを使用しましょう。

DMMFXスタンダードのチャートは大画面で分かりやすく、直感的な操作で通貨ペアの切り替えも簡単です。また、注文は簡単に進められるストリーミング注文から、細やかな設定ができるIFDOCO注文やFIFO注文まででき、上級者でも必要十分な機能が揃っています。

DMMFXスタンダードの使い方と便利な機能

ここからは、DMMFXスタンダードの使い方と便利な機能について解説します。

DMMFXスタンダードの操作感をデモで試すことができるため、デモ取引の始め方を説明した後、可能な注文方法や便利な機能について説明します。

DMMFXスタンダードはデモ口座で使える

DMMFXはデモ口座が用意されており、メールアドレスを登録するだけでDMMFXスタンダードの操作感を試すことができます。

DMMFXスタンダードで可能な注文方法と便利な機能を紹介しますので、まずは、デモ口座を登録してDMMFXスタンダードの使い方を試してみましょう。

デモ口座への登録は、以下のページの「ユーザー登録」ボタンを押しましょう。
デモ口座への登録はこちら

登録画面でニックネーム・メールアドレス・パスワードを登録し、利用規約と個人情報の取り扱いについて了承するだけで、デモ口座への登録は完了です。

ユーザー登録が完了したら、ユーザー登録ボタンの右側にある「デモ口座 ログイン」ボタンを押して、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを使ってログインしてください。

ログインすると、DMMFXスタンダードかDMMFXプラスかを選ぶようになっていますので、ここではDMMFXスタンダードを選択しましょう。

ログインしてうまく画面が動かないという場合は、動作環境に問題がないか、以下のページにある「動作環境をチェックする」ボタンを押して確認してください。
動作環境をチェックしたい方はこちら

初期状態では資金として500万円が指定されているので、チャートの切り替えやさまざまな注文方法を試してみると良いでしょう。

DMMFXスタンダードで可能な注文方法

DMMFXスタンダードで可能な注文方法は5パターンあります。それぞれの注文方法について、その概要を説明します。

デモ環境で実際に使ってみると、各注文方法の特徴を確認しやすくなります。

ストリーミング注文

DMMFXスタンダード画面上部に並ぶレート情報から取引したい通貨ペアを選択し、画面右側の注文ボードで「ストリーミング」を選択して注文を行います。

成行注文に似ていますが、スリッページを指定できる点が、ストリーミング注文の大きな特徴です。
ストリーミング注文で事前に設定できる項目は以下の通りです。

  • スリッページ:発注したタイミングのレートよりも指定以上のスリッページが発生すると注文不成立
  • 決済同時発注:ONにすると損切りのpips指定可能になる、初期設定することが可能
  • FIFO:ONにすると、新規・決済関係なく発注可能、反対ポジションがある場合は古いポジションから決済される

相場が大きく変動している状況でストリーミング発注をかけると、不利なレートで約定してしまう可能性があります。

許容できる範囲のスリッページをしておくことで、不利なレートでの注文確定を回避することが可能です。

ストリーミング注文では、新規注文と同時に決済注文を同時発注できます。

指定できる決済注文は損切り注文で、pipsで指定します。

一定以上の損を出さないために、新規注文に対して損切り注文も同時に発注しておく場合が多いために備わっている機能です。

FIFOは、慣れると反対注文を出すだけで決済されるため、反対売買を素早く行いたいときによく使われます。

ストリーミング注文の素早い注文とFIFO機能は、少しでも素早く注文を出したい場合に使いやすい組み合わせです。

ただし、FIFO注文は両建てができない点には注意してください。

例えば、保有の買い建玉が3万通貨あり、FIFO注文で売り注文を2万通貨出すと、買い建玉が1万通貨分となります。

保有の買い建玉が3万通貨あり、FIFOとせずに売り注文を2万通貨出すと、買い3万通貨はそのままで、売り2万通貨の建玉も保有することになり、2万通貨分は両建ての状態です。

FIFOの動きは、実際にデモ口座で試すと分かりやすいでしょう。

指値・逆指値注文

現在のレートよりも下のレートになったら買い、上のレートになったら売り、という形で、レートを指定する注文を指値注文と言います。

逆指値注文は指値と逆で、現在のレートよりも上のレートになったら買い、下のレートになったら売り注文を出す注文方式です。

つまり、現在のレートよりも有利な条件になったら注文を出す方法が指値、不利な条件になったら注文を出す方式が逆指値と考えてください。

指値・逆指値注文の場合は、決済同時発注として「利食い」「損切り」の両方が指定できます。

あらかじめ初期設定もしておけますが、注文ボード上で指定することもできます。

指値・逆指値注文は、注文の有効期限も指定可能です。いつまで有効にするかを考えて指定しましょう。

IFD注文

IFD注文の説明

IFD注文は、新規・決済ともに指値・逆指値注文で発注する注文形式です。

指値・逆指値注文とよく似ていますが、指値・逆指値注文の決済注文はpipsで指定しますが、IFD注文の決済注文は指値・逆指値の注文レートを直接指定する点が違います。

OCO注文

新規の指値・逆指値注文を2パターン出しておく注文形式です。どちらか片方の注文が成立すると、もう片方の注文は取り消されます。

OCO注文は、相場の動きが読みにくく、レジスタンスラインやサポートライン周辺でどちらに動いても対応できるようにしておく、という場合などに使いやすい注文方式です。

ただし、発注時に決済同時発注ができない点には注意しましょう。

IFO注文

1つの新規注文(指値・逆指値)に対して、2つの決済注文を同時に発注できる注文方式です。

どちらか片方の決済注文が確定すると、もう片方の決済注文は取り消されます。

それぞれの注文方式は、新規・決済どちらでも利用可能です。

決済時は、決済注文を出したい建玉を画面下部の「ポジション照会」から選択してから、注文パネルで発注します。

DMMFXスタンダードの便利な機能

DMMFXスタンダードでFXトレードをする際。特に便利な機能を3つ紹介します。

新規注文時の決済同時発注

OCO注文以外の新規注文では、決済注文を同時発注ができます。

損失を限定的にしておきたい場合に発注する損切り注文や、利益を確定したいときの利食い注文が同時に発注できると、別途注文する必要がない分便利です。

対応しているFX会社の少ないFIFO注文

FIFO注文は、ストリーミング注文の素早さをさらに活かせる注文方式です。

操作の手間を減らして素早く反対売買を行いたい、という場面では特にその機動性が活かせます。FIFO注文が可能なFX会社は少なく、比較的珍しい発注形式と言えます。

通貨ペアの注文ボードとチャートをワンクリックで切り替え

画面上部に4種類の通貨ペアを並べておき、ワンクリックで注文したい通貨ペアを切り替えられる機能も、ストレスなくFXトレードを進めるサポートとなります。

選択中の通貨ペアはパネルが濃いグレーで表示されるため、どの通貨ペアを表示しているかも一目瞭然です。

DMMFXスタンダードを使うメリット4つ

DMMFXスタンダードを使うメリットは4点あります。どのような点が魅力なのか、その詳細を順番に説明します。

画面がシンプルにまとまっているため初心者でも操作しやすい

DMMFXスタンダードは、パッと見て、チャート・レート表示・注文パネルと分かりやすく配置され、初心者でも直感的に操作しやすくまとまっています。

発注状況やポジション一覧も、トップ画面下部に表示欄が設けられ、画面を切り替えなくても見られるようになっている点も、初心者には親切な設計です。

画面の切り替えが多いと、慣れないうちはどこから見たい画面に行きつけるのか分からなくなることもあります。

そのような混乱を可能な限りなくし、1枚の画面で主要機能をすべて表示している点は、初心者向けの取引ツールであるDMMFXスタンダードならではです。

常に同じレイアウトなので操作を覚えやすい

カスタマイズ性の高い取引ツールは、上級者にとって便利です。しかし、初心者にとっては、操作に苦労する場面も少なくありません。

例えば、ミスである画面を閉じてしまうと、その画面をもう一度表示したいという場合にそのメニューが見つからず苦労する場合もあります。

DMMFXスタンダードは画面の各パーツが固定なので、迷いなく「いつもの感覚」で利用できます。

ひと通りの注文が可能で必要十分な機能を備えている

初心者向けのDMMFXスタンダードですが、注文機能はきめ細かく指定でき、必要十分な機能を備えています。
用意されている注文方式があれば、裁量トレードで困ることはありません。

AIチャットでいつでも分からないことを質問できる

分からないことが出てきたらチャットボットでいつでも質問できる点も、DMMFXスタンダードを使うメリットです。

昼間に仕事をしていてメインの取引は夜間に行うという人の場合、夜間に質問したいことが出てくる場合もあります。

そのような時、気軽にすぐ質問できるAIチャットはとても便利です。

また、DMMFXはほぼ24時間電話での問い合わせにも対応しているため、オペレーターと会話をしたいときには、電話での問い合わせもできます。

DMMFXスタンダードを使うデメリット3つ

DMMFXスタンダードを使うデメリットについて解説します。

画面レイアウトをカスタマイズできない

画面レイアウトが固定となっている点は、初心者にとっては便利なのですが、少し慣れてくると「もっとチャートを大きく表示したい」「注文ボードの場所を変えたい」といった気持ちになってくるかもしれません。

その場合、画面レイアウトをカスタマイズできないという特徴がデメリットとなります

チャート上からの注文はできない

テクニカル分析しながらチャート上から直接発注したい場合、DMMFXスタンダードは使いにくく感じるかもしれません。

チャート上から発注したい場合は、DMMFXプラスを使うことになります。

裁量トレードのみなのでFXトレードの基礎知識は必要

DMMFXスタンダードは裁量トレードのみをサポートするシンプルな取引ツールです。

他社で見られるような自動売買ロジックは、FXトレードの仕組みについて深く知らなくても自動トレードが可能ですが、裁量トレードを行うには、FXトレードの基礎知識は必須と言えます。

DMMFXスタンダードを使っていて分からないことがあればマニュアルなどを見る他に、DMMFXの公式サイトにあるFXの初心者向け情報を読み、最低限のことは理解する必要があります。

DMMFXスタンダードを使う際の注意点は?

DMMFXスタンダードを使うメリットとデメリットを把握したら、最後に利用時の注意点についても確認しましょう。

テクニカル分析や自身の取引ルール確立にはサブツールの活用を

DMMFXスタンダードのチャート表示機能は、標準的な情報と時間足の種類については十分です。

しかし、チャートの種類は5種類のみ、描画ツールは使えないなど、テクニカル分析をするには少々物足りません

DMMFXにはチャートツールの「プレミアチャート」があるため、そちらも併用してテクニカル分析を進めましょう。

ロスカットルールを十分確認して資金管理を

ロスカットとは、保持しているポジションの損失が広がり、ある一定以上に達した場合に、全ポジションを強制決済するという仕組みです。

これは、FX会社が顧客の財産を守るためにあるのですが、強制決済時点で確実に損失は出るため、ロスカットになる前に損失を抑えるなどの工夫が必要です。

DMMFXのロスカットルールは、2段階式です。

証拠金維持率が100%を下回った場合、追加証拠金が発生します

このとき、翌営業日の4:59までに保有ポジションを減らすか追加証拠金を入れるかの対応をして、追加証拠金を0円にしなければいけません。

期日までに追加証拠金を0円にできない場合、マージンカットで全ポジションが決済されます。

さらに、証拠金維持率が50%を下回ると、ロスカットで全ポジションが決済されます。

証拠金維持率は、DMMFXスタンダードの画面上部に表示されていますので、常に確認して証拠金維持率が100%に近づかないよう、資金管理を行ってください。

注文時の初期設定を確認して必要なら再設定

DMMFXスタンダードは、初心者でもスムーズに注文を進められるよう、さまざまな初期設定があります。

損切り注文や利食い注文のpips数、スリッページなどはその一例です。

また、表示に関する設定もあります。これらの設定は変更できますので、必要に応じて再設定してください。

特に、損切り注文・利食い注文・スリッページの設定は、自分自身の取引ルールに合っているかどうかを検討した上で、変更するかどうかを決めると良いでしょう。

RANKINGランキング

DMMFX 案件バナー
  • FX口座数国内第1位!(※)
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • FX情報量に絶対的自信
  • 1,000~500万通貨まで幅広い取引に対応
  • 今なら最大111,000円キャッシュバック
詳細を見る
YJFX
  • 1,000通貨で少額から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
GMOクリック証券
  • FX取引高7年連続世界第1位 (※)
  • 去年8月に11通貨ペアのスプレッドを縮小
  • 最大34,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • オリコン満足度ランキング第1位
  • 1,000通貨に対応
  • 取り扱いペア数が豊富
詳細を見る

※1:2019年1月末時点 ファイナンス・マグネイト社調べ。DMMFXと外為ジャパンを合算した数値。
※2:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー