FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2017.06.26更新

FX会社比較ランキング!初心者が口座開設すべき11社を12項目で解説

FX会社別スプレッド比較一覧11社|狭い=低コストは間違いな理由

「取引にかかるコストをなるべく低く抑えたい」

実はスプレッドが狭いだけでは取引コストが本当に低いとは言えないので要注意です!
このページではスプレッドの仕組みを説明し、本当に取引コストが低いFX会社を紹介します!

スプレッドとは取引にかかるコストのこと

スプレッドとは、一言でいうと「取引にかかるコスト」のことです。

FX取引では、たとえ同じ通貨だとしても売値(Bid)と買値(Ask)が違っており、その価格差のことをスプレッドと呼びます。

例えば米ドル/円で取引をする時、売値が99.997円で買値が100.000円だったとします。

この時のスプレッドは100.000-99.997=0.003円=0.3銭となります。

これを1ヶ月に100万通貨の取引をするトレーダーの場合、1ヶ月にかかるコストは
0.3銭×100万通貨=3,000円
という計算になります。

現在はほとんどのFX会社が取引手数料を無料としているため、実質取引にかかるコストはスプレッドのみということになります。

よって、低コストで取引したい場合はスプレッドでFX会社を比較して選ぶことをおすすめします。

銭とpips(ピップス)の違いは?

pipsとは、為替が動く際の最小単位のことを指します。

例えば対円の取引をする場合の1pipsは1銭になります。

対円 対ドル 対ユーロ 対ポンド
1pipsあたり 1銭(=0.01円) 0.0001ドル 0.0001ユーロ 0.0001ポンド

「原則固定」と「変動制」の違い

スプレッドには「原則固定」のものと「変動制」のものがあります。

【原則固定】
原則スプレッドは固定されているが、為替相場が乱高下する際(経済指標の発表前後や要人発言がある場合など)は変動する。

【変動制】
常にスプレッドが変動する可能性があり、特に明け方など流動性の低い時間帯は大きくなる傾向にある。

現在はほとんどのFX会社が原則固定スプレッドを採用しています。変動制スプレッドの方が小さい場合もありますが、その分スプレッドが大きくなるリスクもあります。

取引手数料が無料のFX会社が多い中、実質の取引手数料に相当するスプレッドが逐一変わるような状態では取引がしづらくなってしまいます。

そのため、変動制スプレッドよりも原則固定スプレッドのFX会社をおすすめします。

スプレッドが「広がる」とは取引コストが高くなるということ

「スプレッドが広がる」とは、売値と買値の価格差が大きくなり、スプレッドの金額が高くなることを指します。

変動制でなく原則固定のスプレッドであっても、スプレッドが広がることがあるため、あえて「原則」とされています。

スプレッドがよく広がる2つのタイミング

スプレッドが広がる傾向が強いタイミングは大きく2つに分けられます。

①取引する人が少ない時間帯
週の初めの月曜日の朝や、NYクローズと呼ばれるNY市場が締まる時間帯(日本時間午前5時~8時)は取引の参加者が少なく、スプレッドが広がりやすい傾向があります。

②レートが急激に変化するとき
重要な経済指標の発表の前後や、世界的に大きなニュース(戦争や大規模な自然災害、大統領選挙など)があった場合はレートが急激に変化するため、スプレッドが広がりやすい傾向があります。

スプレッドで比較してFX会社を選ぶための5つの基準

スプレッドで比較してFX会社を選ぶ際、単にスプレッドだけで選べばいいわけではありません。

スプレッドで比較する目的は「取引コストを低く抑える」ことです。

  • ドル円取引なら0.3銭以下のFX会社を選ぼう
  • スプレッドの「広がりにくさ」も重要
  • スキャルピングやデイトレードなど取引期間が短期であるほどスプレッド重視で選ぼう
  • 約定力が高いと理想的
  • 2社以上のFX会社で口座開設しておくとコストだけでなくリスクも抑えられる
  • 本当に取引コストが低いといえるFX会社はDMMFX

    DMMFX_349
    取引コストを低く抑えたいスプレッド重視の人に1番おすすめなのはDMMFXです。
    その理由は3つあります。

    全20通貨ペアのスプレッドが業界最狭水準
    ドル円のスプレッド0.3銭ももちろん業界最狭水準
    ③スプレッドが広がりにくい&安定している

    全20通貨ペアのスプレッドが業界最狭水準

    DMMFXはスプレッドが狭いことで有名で、取扱通貨ペア20種類全てで業界最狭水準を実現しています。

    この低スプレッドに加えて、シンプルで使いやすいことで人気な取引ツールなど全体的にハイスペックなサービスを提供しており、その結果FX口座数国内第1位を実現しています。

    スプレッドが広がりにくい&安定している

    スプレッドが原則固定とはいっても、多くのFX会社では急激に相場が変動するとスプレッドは広くなりがちです。

    しかし、DMMFXはスプレッドが広がりにくいという評判が多いです。

    つまり急激な相場の変動があっても、他社と比べて安定して低コストで取引ができるということになり、本当の意味で低コストなFX会社と言えます。

    ちなみにその理由は、カバー取引と呼ばれるFX会社が顧客間とは別で行っている取引を、他の会社と違ったロジックで行っているからです。

    スプレッド一覧(原則固定)
    ドル/円 0.3銭 ユーロ/円 0.6銭
    豪ドル/円 0.7銭 ポンド/円 1.1銭
    最短口座開設日数 デモトレード バイナリーオプション
    翌日 ×
    電話受付時間 レバレッジ変更可否 おすすめな人
    月7時~土6時50分
    (営業日24時間)
    ※LINEでも受付可
    不可
    入金額に応じて自動変更
    取引コストを低く抑えたい人

    11社の通貨ペア別スプレッド比較表

    FX会社名 取引通貨ペア数 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZ/円 ランド/円
    GMOクリック証券 19 0.3銭 0.6銭 1.1銭 0.7銭 1.4銭 1.4銭
    FXプライム 19 0.6銭 1.3銭 1.8銭 1.3銭 2.0銭 3.0銭
    マネーパートナーズ 18 0.5銭 ※1 1.1銭 1.9銭 1.2銭 2.4銭 1.9銭
    DMMFX 20 0.3銭 0.6銭 1.1銭 0.7銭 1.4銭 1.4銭
    外為ジャパン 15 0.3銭 0.6銭 1.1銭 0.7銭 1.4銭 1.4銭
    ヒロセ通商 50 0.3銭 0.5銭* 1.3銭 0.8銭 1.3銭 1.3銭
    外為オンライン 24 0.3銭 0.6銭 1.1銭 0.7銭 1.4銭 1.4銭
    YJFX!
    ※2
    22 0.3銭 0.6銭* 1.1銭* 0.7銭* 1.8銭 1.4銭
    SBIFXトレード
    ※3
    26 0.2銭7
    (0.2銭9)
    0.6銭9
    (0.9銭9)
    1.1銭9
    (1.5銭9)
    0.7銭7
    (0.8銭8)
    1.7銭9
    (2.1銭9)
    0.9銭9
    (1.9銭)*1
    インヴァスト証券 27 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.6銭 1.7銭 1.8銭
    IG証券 90 0.6銭 1.5銭 2.5銭 1.3銭 2.5銭 4.0銭

    ※スプレッドは全て原則固定
    -:公式ホームページに記載なし *:キャンペーン *1: 100,001通貨以上に適用

    ※1:コアタイム8:00~28:00 ※2: 9:00~27:00 ※3かっこ内は10,001~500,000通貨の場合

    FX会社名 取引通貨ペア数 カナダドル/円 スイスフラン/円 ユーロ/ドル ポンド/ドル ユーロ/ポンド
    GMOクリック証券 19 1.7銭 1.8銭 0.5pips 1.1pips 1.4pips
    FXプライム 19 1.7銭 4.0銭 1.0pips 3.0pips 2.0pips
    マネーパートナーズ 18 3.8銭 変動スプレッド 0.8pips 1.9pips 変動スプレッド
    DMMFX 20 1.7銭 1.8銭 0.5pips 1.1pips 1.4pips
    外為ジャパン 15 1.7銭 1.8銭 0.5pips 1.1pips 1.4pips
    ヒロセ通商 50 1.7銭 3.0銭-6.0銭 0.4pips* 1.0pips 1.4pips
    外為オンライン 24 1.7銭 1.8銭 0.5pips 1.1pips 1.4pips
    YJFX!
    ※2
    22 1.8銭 2.4銭 0.5銭*pips 1.5pips 1.8pips
    SBIFXトレード
    ※3
    26 1.79銭
    (2.19銭)
    2.39銭
    (2.79銭)
    0.48pips
    (0.58pips)
    1.49pips
    (1.89pips)
    0.9pips
    (1.7pips)
    インヴァスト証券 27 1.9銭 2.0銭 0.3pips 1.4pips 1.9pips
    IG証券 90 2.5銭 0.6pips 3.0pips

    ※スプレッドは全て原則固定
    -公式ホームページに記載なし *:キャンペーン
    ※1:コアタイム8:00~28:00 ※2: 9:00~27:00 ※3かっこ内は10,001~500,000通貨の場合

    まとめ

    ・スプレッドとは「取引にかかるコスト」
    ・原則固定スプレッドでもレートが大きく変動する時は広がる傾向がある
    短期取引トレーダーはスプレッド重視でFX会社を選定しよう
    ・スプレッドが狭いだけでなく、「広がりにくい」FX会社を選ぶのが重要
    DMMFXはスプレッドが業界最狭水準&広がりにくいことで評判

    FX口座数国内1

    取引コストを抑えるならDMMFX

    スプレッド業界最狭水準のDMMFX
    • FX口座数国内ナンバー1! ※1
    • スプレッドが狭い&広がりにくい!全20通貨ペアが業界最狭水準!
    • 操作性に優れたスマホ取引アプリ
    • 今なら2つのキャンペーンで最大20,000円キャッシュバック!

    ※1: 2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)

    キャンペーン期間
    2017年5月1日~終了時期未定
    キャンペーンスプレッド(ドル円)通貨ペア数
    最大20,000円0.3銭(原則固定)20通貨ペア
    取引単位スマホ対応手数料
    10,000通貨無料
    キャンペーン最大20,000円
    スプレッド
    (ドル円)
    0.3銭
    (原則固定)
    手数料無料
    取引単位10,000通貨

    DMMFXは業界最安水準の取引コストの低さで一気に人気上位に上り詰めたスプレッド最強FX会社。全20通貨ペアのスプレッドが業界最狭水準!

    もちろん取引手数料や口座維持手数料、ロスカット手数料、出金手数料、口座開設手数料、クイック入金手数料は全て無料!

    またFX業界初のLINEでのカスタマーサポートにも対応。取引ツールもかなり充実していて、納得の口座数日本一FX会社です。

    Pocket

    ~2017年 口座開設数ランキング~
    FX会社
    7月キャンペーン
    詳細
    GMOクリック証券
    最大30,000円
    詳細
    DMMFX
    最大20,000円
    詳細
    ヒロセ通商
    最大10,000円
    詳細

    ※ランキングは当サイト経由の口座開設申込数が多い順となっています(対象期間:2017/1/1~2017/5/31)。

    掲載会社一覧

    GMOクリック証券

    DMMFX

    ヒロセ通商

    • SBIFXトレード
    • 外為ジャパン
    • インヴァスト証券
    • IGマーケッツ証券
    • 外為オンライン
    • マネーパートナーズ
    • FXプライム
    • YJFX!
    • GMOクリック証券
    • DMMFX
    • ヒロセ通商
    • SBIFXトレード
    • 外為ジャパン
    • インヴァスト証券
    • IGマーケッツ証券
    • 外為オンライン
    • マネーパートナーズ
    • FXプライム
    • YJFX!
    ページトップ