初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

GMOクリック証券のCFDroidって?使い方とスペックを紹介

女性のイラスト

CFDroidの使い方が知りたい。

CFDroidはGMOクリック証券がAndroid端末専用で提供しているCFD取引アプリです。

取引銘柄が出来高や値上がり率などでランキングされるので、銘柄を選びやすい特徴があります

この記事では、CFDroidのメリットデメリットに加えて、使い方やスペックについて記載していますので、参考にしてみてください。

CFDroidの特徴

CFDroidとは、GMOクリック証券が提供する金融商品のひとつであるCFDをスマートフォン(Android)で取引できるアプリの名称です。
ほとんど同様の機能を持つiPhone用アプリには、iClickCFDがあります。

CFDとは

為替や株式など、馴染みの金融商品から、株価指数、原油や金などの商品のような資産に対して売り・買いで投資する金融商品です。FXは、広義には為替に投資するCFD商品の一種です。

取扱銘柄数が非常に多く、銘柄ごとに取引数量単位やレバレッジが決まっている点がFXとは異なる点です。ロスカットも銘柄ごとに行われます。

証拠金維持率の計算は、株価指数CFD・商品CFD・株式CFD・バラエティCFDの取引口座ごとに計算されます。

まずは、FX取引アプリに慣れている方から見て、CFDroidにはどのような良い点があるか、逆に使いづらい点はどこにあるのかについて見ていきましょう。

CFDroidの良い点

一般的なFX取引アプリと比較して、CFDroidの良い点は主に3点あります。

CFDroidの良い点

  • 銘柄検索時にランキングや銘柄カテゴリからも検索可能
  • FX取引アプリと同じ操作感で発注できる
  • トレール注文も可能

CFDは、FXに比べて取扱銘柄が多く銘柄選びのやりやすさは、トレードをする上で重要なポイントです。

CFDroidは、銘柄を「指数・商品」「米国株」「中国株」「ETF」と分類し、それぞれの分類ごとに、探しやすいカテゴリを提供しています。

例えば、指数・商品カテゴリでは、ランキング形式や銘柄カテゴリから探せるようにすることで、銘柄選びをサポートしています。

ランキング形式では、前日比の値上がり率・値下がり率や出来高などがあります。銘柄カテゴリは、アジア・米国・欧州・商品・その他指数から選べます。

カテゴリが分からなくても、銘柄名さえ知っていれば、テキスト検索で銘柄を探すことも可能です。

検索結果一覧では、その銘柄のチャート形状が確認でき、視覚的に分かりやすく表示している点が特徴的です。

検索結果一覧の各行左側には星印が付いており、クリックするとウォッチリストに追加できます。トレードしたい銘柄、気になる銘柄は毎回検索せず、ウォッチリストに入れておくと便利です。

銘柄検索部分はFX取引アプリではあまり見られません。ただ、CFDroidのチャートや注文に関する操作感は、FX取引アプリとかなり似ています。

アプリの操作では大きく戸惑うことがない点も、CFDroidの良さです。

また、決済でトレール注文を指定することもできます。初期設定でトレール幅を設定しておくことも可能です。トレール注文は、損失を少しでも抑えるために活用できます。

CFDroidの使いづらい点

CFDroidは、CFDのトレードに利用するため、FX取引アプリと機能面で異なる部分も多々あります。その中でも、取引アプリとして使いづらい点を3点紹介します。

CFDroidの使いづらい点

  • チャートが横表示に対応していない
  • チャートを表示しながらの注文ができない
  • アラート通知機能がない

チャートが横表示に対応していない点は、CFDroidの使いづらい点です。

チャートは横長で表示する方が多くの情報を確認できるため、他のFX取引アプリで横表示に慣れている人は、余計に使いづらさを感じる可能性があります。

チャートを表示しながらの注文もできません。チャートはチャート画面でテクニカル指標などを用いて分析を行ってから、トレード画面を呼び出して取引します。また、アラート通知機能がない点も少々不便です

CFDroidの便利な機能

CFDroidには、トレードを進める上で便利な機能もあります。
中でも特に便利な機能について2点ほどピックアップしました。それぞれの機能について、詳しく説明します。

ウォッチリスト

ウォッチリストは、数多くの取引銘柄の中から、自分が取引したい、チェックしたいと思った銘柄をピックアップして一覧表示する画面のことです。

銘柄の検索結果一覧で銘柄を選んでウォッチリストに溜めていきます。

銘柄検索結果一覧と同様、ウォッチリストも、銘柄の背景にチャートの形状は表示されています。
表示チャートの時間足は、ウォッチリスト右上にある時間足の文字部分をタップすると変更することも可能です。

また、ウォッチリストに登録した銘柄の中で保有している銘柄があれば、「保有銘柄」タブの表示対象となります。

CFDトレードをする場合は、まずウォッチリストに銘柄を登録し、保有中の銘柄も合わせて定期的に確認する、という流れが使いやすいでしょう。

出来高や値上がり率などのランキング機能

銘柄を選ぶときは、何を判断基準にすればよいか迷うのではないでしょうか。

その悩みに答えてくれる機能が、出来高や値上がり率などをランキング形式で表示する機能です。

出来高が大きい銘柄や値上がり率・値下がり率が大きい銘柄は、それだけ流動性が高くトレードチャンスを見つけやすいという特徴があります

どの銘柄でトレードするか迷っている場合は、ランキング機能を活用して、トレードしやすい銘柄を選ぶことも検討してみてください。

CFDroidに向いている人とトレードスタイル

ここまで説明してきたCFDroidの特徴を踏まえて、CFDroidに向いている人とトレードスタイルを紹介します。
CFDroidが自分に合っているかどうかの判断材料のひとつとしてご覧ください。

CFDroidに向いている人

CFDroidを使ってCFD取引をするのに向いている人は以下の通りです。

CFDroidはこんな人に向いている

  • FX以外にレバレッジを効かせたトレードに挑戦してみたい人
  • 銘柄の検索方法が充実しているCFD取引アプリを探している人
  • これまで利用してきたFX取引アプリと似たような操作感でCFDトレードをしたい人

CFDは難しそうなイメージだがトレードをしてみたいという人は、CFDroidを使ったトレードに向いています。

レバレッジや取引数量など、FXと違う部分のみその都度確認しながら取引することで、少しずつCFDの勉強も進むのではないでしょうか。

FX取引アプリと同じような操作で注文やチャート分析ができるので、CFDroidはFX取引アプリの操作に慣れている人にも向いています。

CFDroidなら、CFDの銘柄に詳しくなくても、検索機能を使ってトレード機会の多そうな銘柄を見つけ出すことも可能です。

CFDroidを使ったトレードスタイル

CFDroidを使ったトレードに向いているトレードスタイルは以下の通りです。

  • 少額の資金でレバレッジを利かせた短期トレード
  • さまざまな資産に分散投資する長期トレード

CFDroidを使ったCFD取引は、少額の資金で現物を持たずに売買できる点が大きな特徴です。少額でトレードできる点はFXと同じですが、さまざまな資産に投資することでリスク分散ができますので、長期投資にも向いています。

CFDroidの使い方

ここからは、CFDroidの基本的な使い方を紹介します。

ログイン→入金→レート一覧→チャート表示→注文画面→出金の5画面の画面キャプチャを示すと、一連の流れが分かるかと思います。

1.ログイン→入金→余力確認

ログイン画面のキャプチャ

CFDroidをAndroid端末にインストールしたら、早速起動してログイン画面を立ち上げます。

2回目以降のログインでユーザーIDとパスワードを入力したくない場合は、自動ログインまたは指紋認証ログインを選択しましょう。

ログイン時の初期表示画面は、ウォッチリストか前回表示画面を指定できます。

入金ページのキャプチャ

ログインしたら、CFDの口座に入金しましょう。ログインしたら、軽く左から右側に向かってスワイプしてみてください。

すると、メニュー画面が表示されます。入金画面は外部のWebページとなります。

入金が完了すると、提携金融機関から元の画面に門ドルボタンをタップしましょう。

余力確認画面

入金した金額が反映されているかどうかは、余力確認画面で確認できます。

余力確認画面では、株価指数CFD・商品CFD・株式CFD・バラエティCFDごとに取引余力が確認できるなど、口座の状況が把握できるため利用頻度の高い画面です。

2.銘柄検索→ウォッチリスト

銘柄検索 ウォッチリストの画

銘柄をまだ何も選んでいない場合は、銘柄検索からウォッチリストに取引したい銘柄を追加していきます。

何を使いしていいか分からない場合は、出来高の多い銘柄や値上がり率・値下がり率の大きな銘柄を選んでトレード機会を探ってみましょう。

3.ウォッチリストから新規注文・スピード注文

銘柄情報

ウォッチリストの銘柄をどれかひとつタップしてみると、画面下部に選択肢のメニューが表示されます。

「トレード」を選ぶと新規注文ができるトレード画面へ。

新規注文画面では、「銘柄情報」が確認できますので、この情報でレバレッジや取引数量について確認してください。

画面上部の売り・買いどちらかの注文ボタンをタップすると、注文内容を入力する画面が表示されます。
注文画面では注文方法と取引数量、スリッページなど、注文方法に応じた指定をして発注完了です。

スピード注文の場合も基本的にはトレード画面と同様です。スピード注文の場合は、発注直前の確認画面表示がなくなり、ワンクリックでの注文ができます。

4.チャート画面

チャート画面 ローソク足
トレンド系 オシレーター系

チャート画面は、FX取引と同じようなテクニカル指標が利用可能です。

チャートに適切なテクニカル指標を表示して、チャート分析を行えます。
別の銘柄のチャートに切り替えたい場合は、チャート画面右上の「銘柄検索」をタップして別の銘柄を選びます。

チャート画面に戻り、画面の目盛り部分をタップすると、可動のライン(縦・横)2本を表示。

トレンドラインは引けませんが、2本の線でチャート上のポイントを確認することができます。

5.出金

チャート画面から右スワップした状態 入出金/振替画面→出金依頼

CFD取引で利益が出た場合は、出金手続きを進めます。メニューを表示して入出金/振替をタップ。入出金/振替画面を表示します。

後は、入金のときと同様に出金手続きを進めてください。

CFDroidを使う上での注意点は?

CFDroidを使う上での注意点は2点ほどあります。大きな問題ではありませんが、念のため確認しておいてください。

レートや経済指標アラート機能はないので他のツールなどで補完

CFDroidには、レートや経済指標のアラート機能がありません

特に問題ない場合は良いのですが、気になるようなら他のツールで補完しましょう。

経済指標アラートなら、GMOクリック証券のFXネオのアプリで通知することが可能です。レート通知は「はっちゅう君CFD」でできますが、PCでしか利用できません。

通常のFXとは違う取引ルールに注意

FXトレードとCFDトレードは、似ていますがルール面でいくつかの違いがあります。

CFDトレードの場合、レバレッジは銘柄ごとに違うほか、ロスカットの判断もFXのように口座全体ではなく銘柄ごととなります。

似ているからこそ、相違点をしっかり確認しつつ、CFDトレードを勉強していきましょう。

GMOクリック証券「CFDroid」の機能

最後に、GMOクリック証券「CFDroid」の機能について、一覧表としてまとめます。他社のCFD取引アプリと比較するときなどに利用してください。

機能名 詳細機能 有無 機能詳細
動作環境 iPhone × (iPhoneはiClickCFD:iOS 9~13)
Android Android 4.1〜9.0
iPad ×
Android
タブレッド
Android 4.1〜9.0
その他 ×
注文系機能 成行
ストリーミング ×
指値・逆指値 通常
IFD
OCO
IFDOCO
FIFO系 ×
トレール 逆指値指定時に、トレーリングストップのチェックボックスをチェックし、トレール幅を設定するとトレール注文が可能
また、トレールは初期設定も可能
自動売買系 ×
両建て可否
一括決済 通貨ペアごとの一括決済
注文の初期設定 設定単位の選択 全体設定
スリッページ pips
損切り設定 ×
利益確定設定 ×
取引数量 指定単位は銘柄ごとに異なる
両建て ×
チャート表示 足種 12種類
Tick/1分/5分/10分/15分/30分/1時間/2時間/4時間/日/週/月
チャートの種類 ローソク足
テクニカル指標 10種類
トレンド系5種
単純移動平均/指数平滑移動平均/ボリンジャーバンド/一目均衡表/平均足

オシレーター系5種
MACD/RSI/DMI・ADX/ストキャスティクス/ RCI
描画ツール ×
比較チャート ×
複数のチャート画面を表示 ×
現在レートライン表示 ×
保有建玉の平均レート表示 ×
チャート上からの注文 ×
口座状況情報表示関連 【余力確認画面】
<口座情報>
・取引余力
 株価指数CFD
 商品CFD
 株式CFD
 バラエティCFD
・振替可能額
・拘束証拠金
 必要証拠金
 任意証拠金
 注文中必要証拠金
 注文中任意証拠金
マーケット情報表示関連 ニュース Market Win24、日本証券新聞、ダウジョーンズ
経済指標 経済カレンダー内に記載
スワップポイント ×
画面レイアウトのカスタマイズ関連 ×
画面の横表示対応 ×
入出金関連 対応金融機関数 制限なし
入金関連 入金手続き後、数分以内に反映
(指定の総合口座から取引口座に入金)
クイック入金 制限なし
出金関連 リアルタイムで反映
(出金予定金額として拘束されます)
レート通知アラート ×
デモ取引 × PC版のみ
操作性 チャート画面でのピンチイン・アウトの操作可能
その他独自性のある機能 銘柄のウォッチリスト
決済のトレール注文が可能
CFDroidのみ、タップで機能呼び出しできる(銘柄検索画面やウォッチリストなど)

RANKINGランキング

DMMFX 案件バナー
  • FX口座数国内第1位!(※)
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • FX情報量に絶対的自信
  • 1,000~500万通貨まで幅広い取引に対応
  • 今なら最大111,000円キャッシュバック
詳細を見る
YJFX
  • 1,000通貨で少額から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
GMOクリック証券
  • FX取引高7年連続世界第1位 (※)
  • 去年8月に11通貨ペアのスプレッドを縮小
  • 最大34,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • オリコン満足度ランキング第1位
  • 1,000通貨に対応
  • 取り扱いペア数が豊富
詳細を見る

※1:2019年1月末時点 ファイナンス・マグネイト社調べ。DMMFXと外為ジャパンを合算した数値。
※2:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー