FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2018.11.16更新

ヒロセ通商

【プロが語る!】FX初心者にヒロセ通商をおすすめする5つの理由

児山将
2018年に個人投資家として独立。FX取引は2009年より開始。FX以外にも、株、CFD、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。

児山将おすすめのFX会社はココ!
    ヒロセ通商

プロが語る!FX会社選びで重要な3つのポイント

私がFX会社選びで重要視するのは、以下の3つです。

  1. 取引コスト
  2. 取引ツール
  3. 通貨ペア

どうして上記の3つが重要になるのか、それぞれの項目における、FX会社の具体的な比較観点について、以下で詳しく解説していきます。

(1)実質的な取引コストを下げることで収益最大化

収益を最大化するためには、取引手数料やスプレッドだけではなく、「約定力」「キャンペーンでのキャッシュバック」などを含めた実質的な取引コストに注目する必要があります。

なぜならほとんどの会社が取引手数料を無料にしていますし、スプレッドも大手FX会社間ではそう大きくは変わりません。

そうなると、雇用統計などの経済指標発表前後や要人発言が行われ、相場が激しく動くことが予想される際などのスプレッドの開きと約定力、スリッページの少なさが重要と言えます。

また、FX会社によっては取引量に応じたキャッシュバックを行っています。上手く活用すれば、実質的なコストが抑えられることになります。

(2)取引ツールはデイトレーダーの勝敗を分ける

とくにデイトレーダーにとっては取引ツールの使いやすさは機動力に関わるので非常に重要です。

取引ツールを選ぶ観点はいくつかありますが、ツールの配置の好みなどは個人で変わってきます。よって、まずは注文パネルが小~大と何種類かある会社を選びましょう。

注文設定では、スピード注文機能が重要となります。枚数、両建て、スリッページなどのデフォルト設定があると、機動的に注文を行うことができます。

通貨ペア別の全決済注文はほとんどのFX会社で利用できますが、ドテン注文やポジション別にサクサクと決済できる機能があるとベストです。

マルチモニターを利用する人は、チャートの同時表示数がいくつかも重要視すべき観点です。

モニターが1枚の場合は、タブでのアプリ内切り替え機能などで複数の画面を切り替えられるようになっていると便利ですね。

(3)豊富な通貨ペアで取引すれば為替変動のピンチがチャンスに

初心者の方は主要な通貨ペアがあれば十分ですが、中級者以上は最低20通貨ペア以上の扱いのあるFX会社がおすすめです

FXでは一番弱い通貨を売って一番強い通貨を買うことが収益の最大化につながります。

通貨ペアは幅広く取引しておくと、新興国不安や○○ショックの際に大きなチャンスを得ることができます。

また、マイナー通貨ペアの取引ができれば、より効率的に値幅をとることができますし、例え取引しなくとも、通貨の強弱を確認するために利用できます。

例えば、英ポンドNZドルや、トルコリラ円などのマイナー通貨ペアは取扱がない会社も多いようです。会社選びの際は取り扱っている通貨ペアも意識しましょう。

プロがヒロセ通商をおすすめする5つの理由

筆者がヒロセ通商をメイン口座として利用している理由は、オールラウンドに優れたFX会社だからです。

その理由は大きく次の5つです。

  1. 主要通貨ペアのスプレッドが業界最狭水準
  2. 取引高に応じた2つのお得なキャンペーンがある
  3. 高金利通貨のスワップポイントが非常に高い
  4. カスタマイズ性の高い取引ツール
  5. 国内FX会社最多数!50種類の通貨ペアを網羅

(1) 主要通貨ペアのスプレッドが業界最狭水準

ドル円のスプレッドが0.3銭というのは当たり前の時代ですが、ヒロセ通商は主要通貨ペアのスプレッドも業界最狭水準となっています。

FX会社
米ドル円
ユーロ円
英ポンド
豪ドル円
NZドル円
ユーロ米ドル
ヒロセ通商 0.3銭 0.5銭 1銭 0.7銭 1銭 0.4pips
GMOクリック証券 0.3銭 0.5銭 1銭 0.7銭 1.2銭 0.4pips
外為どっとコム 0.3銭 0.5銭 0.9銭 0.7銭 1.2銭 0.4pips
YJFX! 0.3銭 0.5銭 1銭 0.7銭 1.2銭 0.4pips
DMMFX 0.3線 0.5銭 1銭 0.7銭 1.8銭 0.4pips

※スプレッドは全て原則固定

経験上、ストップハンティングのような突っ込んだ値動きが起こった際にもスプレッドが開きづらかった点が評価できます。

ブレグジット(英国のEU離脱の是非を問う国民投票)後の英ポンドのスプレッドも他社よりも狭く、安定していると感じます。

ただ、経済指標前後のスプレッドは他社よりも開きやすくなっているように感じるので、この点は注意が必要です。

指標発表直後に果敢にトレードされる方は向いていないかもしれません。

99.9%の約定力

矢野経済研究所調べでは、約定力は99.9%、約定スピードは最速0.001秒を誇ります。

私の感覚的な部分から言っても、ヒロセ通商は約定力、固定スプレッド配信率が他のFX会社よりも優れています

さらに、スプレッド配信実績などのデータを全て公表している点にも好感をもてます。

LION FX鉄板の約定率99.9%
※ヒロセ通商公式サイトより画像抜粋

ヒロセ通商で無料で口座開設

(2) 取引高に応じた2つのお得なキャンペーンがある

取引量が多ければ多いほど重要となるのがキャンペーンです。

ヒロセ通商では、取引高に応じた「食品キャンペーン」と「キャッシュバックキャンペーン」が実施されています。

このキャンペーンが、私がヒロセ通商を使い続ける理由の1つです。

一人暮らしに嬉しい!食品キャンペーン

ヒロセ通商といえば食品が大量に届くキャンペーンが有名です。

毎月変化するプレゼント賞品は、例えば餃子が500個、パスタセットが32人前も届くなどかなりインパクトのあるものとなっています。

賞品となる食品は社員さんが数多くのサンプルから試食し選んでいます。そのため毎月本当においしいものが届くので、私も満足しています。

ただし、冷凍食品の月は保管できないほどの量が届く可能性があるので、申し込みの際に調節するようにしましょう。

一人暮らしの男性で1ヶ月分の晩ごはんが浮くと考えれば、1食700円で計算しても、食費約2万円分の価値があると思います。

6通貨ペア対象のキャッシュバックキャンペーン

キャッシュバックキャンペーンも非常にお得な内容になっています。

2018年6月時点では、6つの通貨ペアがキャッシュバックの対象になっており、それぞれ取引高に応じてキャッシュバックを受け取ることができます。

ヒロセ通商キャッシュバックキャンペーンポンド円ヒロセ通商キャッシュバックキャンペーン豪ドル円ヒロセ通商キャッシュバックキャンペーンユーロ円ヒロセ通商キャッシュバックキャンペーンユーロ米ドルヒロセ通商キャッシュバックキャンペーンNZドル円ヒロセ通商キャッシュバックキャンペーンポンド豪ドル
それぞれの通貨ペア別に、100万通貨以上で1,000円から最大9,000万通貨で30万円ものキャッシュバックがもらえます。

対象となる6通貨ペアのキャッシュバック金額の簡易表をご覧ください。

通貨ペア数/取引高
100万通貨
300万通貨
600万通貨
1,200万通貨
3,000万通貨
6,000万通貨
10,000万通貨
ポンド円 3,300円 10,000円 20,000円 40,000円 10万円 20万円 30万円
豪ドル円 1,000円 3,000円 6,000円 12,000円 30,000円 60,000円 10万円
NZドル円 1,000円 3,000円 6,000円 12,000円 30,000円 60,000円 10万円
ユーロ円 1,000円 3,000円 6,000円 12,000円 30,000円 60,000円 10万円
ユーロ米ドル
1,000円 2,000円 4,000円 10,000円 20,000円 25,000円
ポンド豪ドル 3,300円 10,000円 20,000円 40,000円 10万円 20万円 30万円

ワンショット100万通貨を取引するような大口投資家さんであれば、月々10万円程度はすぐにもらえます。

また、20~30万円の少額取引の方でもコツコツと積み上げていけば年間で数万円ものキャッシュバック金額になります。

(3) 高金利通貨のスワップポイントが非常に高い

ヒロセ通商のスワップポイントは、いわゆる高金利通貨のスワップポイントが高いのが特徴です。

一方で、他の通貨のスワップポイントは著しく低いという特殊な状況となっています。

ヒロセ通商HPに掲載されている業界高水準スワップポイント
※ヒロセ通商公式サイトより画像抜粋
高金利通貨として近年急激に人気になったトルコリラ円は、ヒロセ通商では95円(2018/06/12現在)となっております。そもそも取り扱いをしている会社が少なく、扱っているところでも80円前後であるのを考慮すると非常に有利な価格と言えます。

一方米ドル円については、他社が60~70円(2018年6月)のスワップポイントを提供する一方、ヒロセ通商では20円足らず。

他の通貨ペアのスワップポイントを思い切って下げ、スワップポイント狙いで個人投資家が保有する高金利通貨のスワップポイントを上げるという大胆な戦略が見て取れます。

注意点としては、ドル円を売り建てた場合に1万通貨あたり、100円以上ものスワップポイントを支払わないといけないところです。

他の通貨ペアも同様ですので、スワップポイントを支払う方向のポジションをロールオーバーする際には注意してください。

(4) カスタマイズ性の高い取引ツール

ヒロセ通商の取引ツールには、「タブ機能」や「C2」などがあり、カスタマイズ性が非常に高く便利であることが特徴的です。

とにかくチャートが見やすい!

筆者がヒロセ通商を使い始めたのは2011年の秋でした。当時は今は無きFX会社を使っていたのですが、スプレッドの狭さからヒロセ通商に口座開設をしました。

開設後に一番驚いたことは、チャートが見やすかったことです。

ヒロセ通商のチャートの絶妙なグリッド線が視覚的にとても見やすく感じました。

「チャートの背景は白がいい」とか、「ローソク足の上昇は青色がいい」とか、デザインの好みはトレーダーによって様々です。

LIONFXの取引ツールは、背景色やローソク足、テクニカル指標の色や太さなど細かな設定の変更が可能となっています。

また、レートパネル、発注画面、ニュース、チャートなどの大きさ、幅の変更が可能で、全てのアプリの独立表示対応。ネットサーフィンをしながら、レートパネルだけ前面に出して価格をウォッチするなどの使い方ができます。

「タブ」機能で複数の画面設定を保持しながら切り替えが可能

ヒロセ通商の取引ツールには、エクセルのような「タブ」が付いており、多くの画面設定を保持し切り替えることができます。

※ヒロセ通商公式サイトより画像抜粋

多くの個人投資家はノートパソコンやデスクトップPCの1画面で相場に向き合っていると思います。

そういった方にとっては、ディスプレイを複数用意しなくても仮想的にそれに近い状態が作れて便利ですね。

筆者が1画面しか使っていない時は、メイン画面はレートパネルと2つの通貨ペアのチャートとポジション一覧を表示。その他のタブに、ユーロ円とユーロ米ドルなど各通貨ごとのチャートを2つずつ表示するようにしています。

カスタマイズ性がさらに高い取引ツール【C2】がある

C2の良さは使ってみないとなかなか分からないのですが、文字色やサイズ、テクニカル指標や各アプリの大きさ、配置などとにかく細かくカスタマイズすることができます

また、そんなに細かくされても分からない!という人の為に、18種類の画面レイアウトも用意されており、ヒロセ通商の顧客想いが伝わってきます。

LIONFX C2
※ヒロセ通商公式サイトより画像抜粋
日本人のトレーダーさんはデイトレーダーがほとんどだと思います。小さな画面を最大限に活用し、素早い注文と自身に合ったテクニカル分析、情報収集を行うことが大切です。

カスタマイズ性の高いヒロセ通商の取引ツールはデイトレーダーにマッチする取引ツールだといえます。初心者の方は最初の設定を行うのが面倒に思うかもしれません。

しかし、一度設定してしまえば保存できますし、様々な画面をテンプレートとして保存できますので、設定の変更も簡単ですよ。

(5) 国内FX会社最多数!50種類の通貨ペアを網羅

ヒロセ通商は取り扱い通貨ペアが50種類と、国内FX会社のなかでも最大です。

多くのFX会社では19~26通貨ペアの取扱を行っていますが、ヒロセ通商は2倍ほどの取扱数を誇ります。もちろん、多くの通貨ペアがあっても取引しない通貨も多いでしょう。

しかし、トルコリラ円はトルコでクーデターが発生した時に大きく変動しましたし、トランプ氏が大統領に当選した際にはメキシコペソが暴落しました。

さらにはユーロトルコリラという通貨ペアは4年間ひたすら上昇し続け、価格が2倍になるという事態になっています。

こういった通貨ペアを全て網羅しているヒロセ通商であれば、何か大きなイベントが起きた際にも取引する機会があり、大きな収益に結び付く可能性があります。

このことから、筆者は取扱通貨ペアの豊富なヒロセ通商をメインに取引しています。

まとめ

ここまで一方的にヒロセ通商の良さを語ってきましたが、何も筆者だけがヒロセ通商を評価しているわけではありません。

オリコンランキングにおいても、顧客満足度ランキングFX取引部門総合第1位を3年連続で獲得した実績があるのです。

ヒロセ通商はとにかく顧客の声に耳を傾けることで成長しており、顧客サポートは平日24時間対応。投資家の座談会を行ったり、HPで意見を募集し、良い意見をくれたユーザーには食品や商品券などを送るなどしています。

同社の食品プレゼントや取引高に応じたキャッシュバックなどの多くのキャンペーンは、会社の収益を悪化させます。

これは、ヒロセ通商の「たとえ相場で負けたとしても、FXを楽しいと思って欲しい」という温かい思いの表れでしょう。

2016年にはジャスダックに上場し、取引量では国内3番手に位置、ますます成長するヒロセ通商は仮想通貨の取引も開始するようです。

顧客想いで多くの個人投資家から支持されているヒロセ通商。もし使ったことがなければ、是非1度使ってみることをオススメします!

ヒロセ通商で無料で口座開設する

Pocket

FX会社 米ドル円
スプレッド*1
取引
単位
今月の
キャンペーン
詳細
DMMFX 0.3銭 10,000通貨 最大24,000円 DMMFXの詳細
GMOクリック証券 0.3銭 10,000通貨 最大33,000円 GMOクリック証券の詳細
YJFX! 0.3銭 1,000通貨 最大27,000円 YJFX!の詳細
外為どっとコム 0.3銭 1,000通貨 最大104,000円 外為どっとコムの詳細
ヒロセ通商 0.3銭 1,000通貨 最大50,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭 1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭 5,000通貨*2 最大20,000円 インヴァスト証券の詳細
初心者にオススメなのはDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの提示率も高い

総合力でオススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高6年連続世界第1位(2012年1月~2017年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

*1 スプレッドはすべて原則固定(例外あり)
*2 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載FX会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

YJFX!

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • YJFX!
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
ページトップ