初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

インヴァスト証券の「mirror trader」とは?「Myシストレ24」との違いを解説

インヴァスト証券が提供する自動売買ツールの「mirror trader」は「Myシストレ24」と比較して何が違うのでしょうか。

「mirror trader」の特徴として1つ挙げられるのは、好調な自動売買プログラムやチェックしなくてはいけない値はどこかという点を細かく分析・判断できる点です。

この記事では通常の「mirror trader」と「Myシストレ24」の違いや、使用する4つのメリットと3つのデメリットについて解説します!

mirror traderの概要

mirror traderとは、海外で開発されたFXの自動売買プラットフォームです。

無料で全世界の専門家が開発したストラテジー(自動売買プログラム)を自分で組み合わせて使用できます。

同じような自動売買プラットフォームのひとつにMT4がありますが、MT4との違いは、自分でサーバーを立てなくても24時間自動売買できる点です。

mirror traderでストラテジーを選ぶときは、主に以下の指標を確認します。

  • T-Score
  • 最大ドローダウン
  • 最大ポジション数

T-Scoreとは、ミラートレーダーの開発会社が、そのストラテジーの売買結果を基に独自評価している数値のことです。

T-Scoreは、ミラートレーダーのストラテジーカードから確認できます。

最大値は10で、特に直近の成績が大きく影響します。

算出ロジックは公開されていません。

現在の値だけでなく、変動履歴を確認するなどして、ストラテジーを選ぶ基準の一つとして用います。

最大ドローダウンとは、指定期間中に最も大きく損失を出した幅をpipsで表現した値です。

最大ドローダウンの説明

そのストラテジーが過去に出した最大損失幅は、将来的に起こり得るリスクとして、対応策を検討しておく必要があります。

具体的には、証拠金預託額を上げるためにもう少し証拠金を口座に入金するか、他のストラテジーと入れ替えるか、などです。

最大ポジション数は、指定期間において、最大いくつの保有ポジションができるかを示した値です。

最大ポジション数が多ければ多いほど、必要証拠金および自己資金は多く必要になります。

そのストラテジーを利用する場合、どれだけの証拠金を用意すべきかを計算する際必要不可欠な値です。

このように、mirror traderは相場の情報をトレーダーに明示して、数多くのストラテジーから、良い成績のストラテジーを探せるような機能を多く提供しています。

インヴァスト証券は、国内でmirror traderを提供しているFX会社のひとつです。

シストレ24にて、mirror traderとMyシストレ24、2種類のツールを提供しています。

両者にはどのような違いがあり、なぜ2種類提供されているのでしょうか。

Myシストレ24とmirror traderとの違い

mirror traderは、ストラテジーを選び、定期的に成績をチェックし、ストラテジーの入れ替えを行いつつ運用します。

何もせずに放置していると、ストラテジーの成績が下がってきたときに対応が遅れて、損失が大きくなる可能性があるためです。

しかし、ストラテジーの選択や入れ替えは難しいもの

mirror traderをベースにインヴァスト証券が独自開発したMyシストレ24は、そんな難しさを改善したツールです。

ミラートレードとMYシストレ24のちがい

具体的には、ストラテジーの選択と入れ替えを自動で行い、「証拠金メーター」で証拠金の変動がをひと目で確認できるようにしています。

これらの機能を追加することにより、簡単にフルオートで自動売買できるようにしている点が特徴です。

Myシストレ24は、mirror traderから定期的に情報を連携してシステムに取り込み、独自のステータスを各ストラテジーに付与して表示する、という仕組みです。

データ連携は一定時間ごととなるため、どうしてもタイムラグが生じます。この点は、Myシストレ24の弱点です。

一方、直接ストラテジーを検索し、自分の判断で稼働するmirror traderは、Myシストレ24に比べて上級者向きのツールと言えます。

ストラテジーを選択する時点で裁量部分はあり、ストラテジーの性質や、ステータスの意味をよく理解した上で初めてストラテジーの選択や切り替えが可能になります。

mirror traderでは、現在好調なストラテジーはどれか、チェックしなくてはいけない値はどこかという点を細かく分析・判断できる機能が豊富です。

また、ストラテジーが対象としている通貨ペアの性質も確認しながら、よりベストな方向にポートフォリオを調整することもできます。

mirror traderでの取引状況やストラテジーの成績などはリアルタイムで反映されるため、常に最新の情報でトレードの判断が可能です。

ストラテジーから発信されるライブシグナルもリアルで受け取ってすぐにそのシグナルによるトレードを行うこともでき、さらには裁量トレードを行うこともできます。

このように、mirror traderはMyシストレ24に比べてトレード方法についても自由度が高い点も相違点のひとつです。

mirror traderを使うメリット4つ

mirror traderを使うメリットについて、Myシストレ24と比較して優れている点も考慮しながら解説します。

リアルタイムに情報が更新され高性能

mirror traderは、サーバーに対して直接アクセスしてリアルタイムに情報を見ることができ、情報を操作する中間処理がない分高性能です。

Myシストレ24は、mirror traderからデータ連携しているためどうしてもタイムラグがあります。タイムラグを意識しなくてよい点は、mirror traderを利用する大きなメリットです。

自分で自由にポートフォリオを組んで自動売買できる

ストラテジーの性格がどういうものかがある程度判断でき、現在の相場に向いているストラテジーを選ぶことのできる知識があれば、さらにmirror traderを活用できます。

フルオートよりもきめ細かいタイミングで、臨機応変にストラテジーを入れ替え、より高い運用成績を目指すこともできる点は、mirror traderならではの特徴です。

ライブシグナルによるセミオート取引やマニュアル取引も可能

ライブシグナルとは、ストラテジーが、新規の売買シグナルを配信したときに表示されるシグナルの一種です。ライブシグナルは、過去30日間で取引成績がプラスのストラテジーのみ配信されます。

ライブシグナルが発生して30秒以内に「送信」をクリックすると、その売買シグナルを受け取って、1往復の自動売買が実行できます。

この取引をセミオート取引と言い、mirror traderでも取引が可能です。また、mirror traderではMyシストレ24ではできないマニュアル取引もできます

自動売買・セミオート・マニュアル取引と、さまざまな取引方法が選べる自由度の高さが、mirror traderを使うメリットです。

ストラテジーのきめ細やかな分析なども可能

mirror traderは、通貨ペアのチャートやストラテジーの情報、必要証拠金率を、リアルタイムで細かくチェックできます。

また、ストラテジーの統計情報について詳細を分析、いくつかのストラテジーの複合成績を確認する、といったことも可能です。

mirror traderを使うデメリット3つ

mirror traderを使うデメリットもいくつかありますので、使用前には確認しておきましょう。

ストラテジー入れ替えのタイミングが難しい

ストラテジーを自分で選び、入れ替えることは、初心者には難しいと言われています。

ストラテジーの入れ替えタイミングについては、ある程度勉強してからmirror traderを使わないと、思わぬ損失を出してしまう危険性があります。

ストラテジーの入れ替えに自信がない場合は、ひとまずMyシストレ24の「フルオート」から稼働して勉強するのも一つの方法です。

資金管理も初心者には大変

Myシストレ24には、証拠金メーターという便利な機能があります。

必要証拠金率が安全圏にあるかどうか、ひと目みて分かる仕掛けです。

mirror traderは、個別の推奨証拠金額は確認できますが、運用資金全体の見渡しについては、MYシストレ24の方が優れています。

個別の推奨証拠金率は表示されていますので、証拠金維持率が安全圏かどうかは、自分で確認して判断することになります。

資金管理をしておかないと、ロスカットになって全ポジションが決済され、想定外の損失を出してしまう可能性もあります。

スマホ版がなく外出先で気軽に操作できない

mirror traderは、モバイル端末対応ではありません。

PCでのみ動作するため、外出先で簡単にチェックできない点もデメリットです。

1日1回、ポートフォリオを定期チェックするには、PCを起動するしかありません。

mirror traderを使う際の注意点は?

mirror traderを使う際の注意点について説明します。

自動売買とは言え放置せず1日1回は確認を

複数のストラテジーを選択して自動売買をするとは言え、定期的にポートフォリオの確認を怠らないようにしてください。

ストラテジーを稼働させたまま放置していると、損失額が大きくなっていることにさえ気づかず、いつの間にかロスカットに至るリスクがあります。

インヴァスト証券では、少なくとも1日1回はポートフォリオを確認するよう呼び掛けています。

自分なりにルールを決めてストラテジーを入れ替える

ストラテジーの入れ替えには、自分なりのルールを作っておくことも重要です。

mirror traderは自分でストラテジーを選ぶ、という点で裁量トレードの要素もあります。感情に流されたトレードにしないよう、ストラテジーの入れ替えにも取引ルールを設けておきましょう。

入れ替えの目安はいろいろあります。例えば、レンジ相場に強いストラテジーを選んでいるけれど、為替相場がトレンド市場に転換した場合は入れ替える、という対応が必要なこともあるでしょう。

また、ストラテジーの成績チェックの1視点として、最大連敗数を更新していないか、最大ドローダウンの50%を超えていないかも見ます。

裁量トレードよりも運用資金に余裕を持つ

他の自動売買システムにもいえることですが、mirror traderもまた、裁量トレードよりも運用資金が多めに必要です。

自動売買システムは長期的な運用が前提のため、レバレッジをあまりかけないようにします。最大ポジション数を確認し、取引数量に注意しましょう。

具体的には、証拠金預託額が推奨証拠金額の2倍以上の状態を保つように注意してください。

同時に動かすストラテジーは2つまでにする

資産運用全般の一般常識としては、資産運用のポートフォリオを組む時は、さまざまな性格の金融資産を組み合わせます。

逆相関関係にある資産を組み合わせて、リスクヘッジをするという考え方もよくみられます。

しかし、mirror traderの場合、リスクヘッジを考えて多くのストラテジーを動かしてもリスク分散にはならない、というのがインヴァスト証券の見解です。

同時に動かすストラテジーを少なくする方が、リスク抑制になると言われています。

同時に動かすストラテジーは2つまでにして、しばらく運用を続けてみてください。

ARTICLE LIST比較編の記事一覧

RANKINGランキング

DMMFXのLPキャプチャ_SP
  • FX口座数国内第1位!(※)
  • ドル円のスプレッドは0.2銭
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1,000通貨から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • FX取引高8年連続国内第1位 (※)
  • アプリもチャート上から発注可能
  • 最大33,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 高金利通貨ペアのスワップが高水準
  • 売り買いのスワップ差が0円
  • 最大53,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • オリコン満足度ランキング第1位
  • 1,000通貨に対応
  • 取り扱いペア数が豊富
詳細を見る

※1:2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ。DMM FXと外為ジャパンを合算した数値。 ※2:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

SELECT無料診断

診断ページへ進む

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー