FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2017.11.06更新

FXのスマホアプリ

GMOクリック証券のスマホアプリの弱点は?8つの機能を徹底解説

GMOクリック証券のスマホアプリの使い勝手って実際どうなの?

GMOクリック証券での口座開設を考えているけど、実際の使い勝手はどうなのか。他社のスマホアプリと比較して優れている点や劣っている点はどこなのか。

このページでは、このようにGMOクリック証券のスマホアプリに関して詳しく知りたい方に対して、メリットやデメリットはもちろんのこと、アプリの機能や注文方法などを細かいところまで解説します。

記事のまとめ
  • テクニカル・チャート機能が特に優れている
  • 取引が1万通貨単位であるところが数少ない弱点
  • ニュース・経済指標も豊富で使いやすい
GMOクリック証券キャプチャ

GMOクリック証券のアプリの長所と短所

今回はGMOクリック証券のスマホアプリの長所や短所、他のFX会社のスマホアプリとの違いなどを解説していきます。

そもそも、GMOクリック証券は年間取引高が5年連続「世界第1位」という業界トップのFX会社です。

そのGMOクリック証券が提供するスマホアプリは「GMO-FX DASH」といい、2017年7月にリリースされたばかりの最新のスマホアプリで、機能的にパソコンに負けない性能を持っています。

また、「GMO-FX DASH」は1つのアプリでiPhoneとAndroidにそれぞれ対応しています。FX業界No.1のスマホアプリということで多くの人が「手放せない」と感じる機能が満載です。

以下では、「GMO-FX DASH」の長所と短所を解説していきます。

スマホアプリの長所

【GMO-FX DASH の長所】
  • スピード注文機能が優れている
  • パソコンいらずになるテクニカル分析
  • システムの安定性が高い

注文機能が優れている

GMOクリック証券のスマホアプリ「GMO-FX DASH」では、スピード注文が大変優れています。まず「スピード注文チャート」という機能があり、この機能を使えばチャートを見ながら素早く注文を行うことが可能です

GMOクリック証券のスピード注文チャート GMOクリック証券の全決済チャート画面

また、画面の配置もスキャルピングなどの瞬発力が要求される短期トレードに対応できる仕様になっています。従来は短期トレードはどうしてもパソコンが必要でしたがこのアプリによりスマホ1台で十分対応できるように進化しました。さらに、ワンタッチで全決済も可能となっています。

これらの機能は、特に短期トレードで威力を発揮するので短期でのトレードをする方におすすめです

テクニカル分析が豊富

「GMO-FX DASH」は、テクニカル分析の機能が豊富な点が魅力です。

まず、トレンド系は、単純移動平均線、指数平滑移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、平均足、スーパーボリンジャー、スパンモデルの7種類の表示が可能です。

GMOクリック証券のトレンド系テクニカル一覧 GMOクリック証券のスーパーボリンジャーバンド表示チャート画面
 
特に、平均足、スーパーボリンジャー、スパンモデルをiPhoneアプリで利用できるところ少ないです。

こういった高度なテクニカル分析を利用できる点がGMOクリック証券で取引をするメリットです。そして、これらのテクニカル分析指標は、それぞれ設定値を自由に変更することが可能です。

スマホのチャートでは設定値はデフォルトのままというFX会社も多いので、この機能はより柔軟なトレードを可能にします。

GMOクリック証券のMACD表示チャート画面 GMOクリック証券の単純移動平均線(SMA)の設定値変更画面

さらに、オシレーター系のテクニカル指標は、MACD、RSI、DMI/ADX、ストキャスティクス、RCIの表示が可能です。

こちらもトレンド系と同じく設定値を自由に変えることが可能です。
その他、平行ライン(チャネルライン)や水平ライン、フィボナッチリトレースメントなどのラインを描画することも可能です

GMOクリック証券のフィボナッチリトレースメント表示画面

システムの安定性

GMOクリック証券はシステムの安定性がFX業界の中でもトップクラスと評価されています
その理由として挙げられるのが、GMOクリック証券の親会社がGMOインターネット株式会社というIT企業だからです。

多くのFX会社がシステムの大部分を外部の会社に依頼しているに対して、GMOクリック証券はシステムに費用をかけ、人員を増やして自社で構築しています。特に、取引高の割合が増えてきているスマホアプリへの注力がすすみ、いまや平均的なFX会社のパソコンのアプリ以上のシステムの安定性とシステム障害に対する耐性を誇ります

とくに昨今、たとえば楽天証券やYJFX!などがシステムの障害を起こしてログインできないというケースも目立ちます。その点、GMOクリック証券はシステム障害の心配がほとんどないのが安心です

これらのように、注文機能の充実とパソコンにも劣らないチャート機能の豊富さ、そして大事な資産を扱う以上は安心して取引がしたい人にとって大事なシステムの安定性と、どの方面でも業界トップクラスの実力を持つ「GMO-FX DASH」は、初心者から上級者まですべての人ににおすすめです

スマホアプリの短所

【GMO-FX DASH の短所】
  • 最小注文数量が1万通貨単位と少額取引ができない
  • 最大注文数量が100万通貨までに制限されている

1万通貨単位でしか取引できない

最近は多くのFXは会社が1,000通貨単位という少額からの取引が可能となっています。しかし、GMOクリック証券はまだ対応していないので、スマホで気軽に取引ができるとしても1万通貨単位となってしまいます。

1万通貨単位だと、たとえばドル円の場合10銭動いたら1,000円の損益となります。
1日で30銭、40銭動くこともあるので、まだ資産が少ないの方にとっては気軽にエントリーなどがしづらくなってしまうのが欠点です。

しかし、損失が大きくなる可能性があるということは、裏を返せば利益も大きくなる可能性があるので、利益と損失は表裏一体の関係にあるといってもいいでしょう。

最大注文数量が1注文当たり100万通貨まで

FX業界では、この100万通貨のことを1本と呼んでいます。以前は多くのFX会社が1注文2本や3本まで受けていたのですが、スプレッド競争によりスプレッドが狭く提供している関係上、1度に2本や3本の注文がくるとカバー先でカバーしきれず会社側に損失が発生してしまうというウラ事情がありこういった制限となりました。

資金がたくさんあるトレーダーがチャンスの時に一気に勝負をかけたいと思ってもこういった制限があるのが足枷になるケースもあります。

なお、GMOクリック証券では「Exモード」という一度に注文する数量が500万通貨(=5本)まで可能となりますが、スプレッドがワイドになってしまうため実際はおすすめできません。どうしてもすぐに大量の注文を約定させたい人向けの機能です。

しかし、100万通貨とは1ドル=100円の場合、レバレッジを25倍にしても400万円もの資金が必要になるので、FX取引で一攫千金を狙う方以外はあまり関係がないといっていいでしょう。むしろ、1万通貨単位での取引、すなわち約5万円以上の資金をFXに使う覚悟があるかの方が重要です

上述の通り、これらの短所を除けば他のFXにスマホアプリと比較しても機能的に優れている面が多く、資金の準備ができる人にはかなりおすすめできるスマホアプリになっています

「GMO-FX DASH」のチャート機能

「GMO-FX DASH」のアプリの良さがもっとも出ている点が、このチャート機能です。長所のところで述べたように、「スピード注文チャート」という機能はGMOクリック証券の右に出るところはないと言っても過言ではないと考えます。

その他にも多彩な機能を持っているので、長所のところではお伝えしきれなかったところをご紹介いたします。

「GMO-FX DASH」で使用できるオシレーター系はMACD、RSI、DMI/ADX、ストキャスティクス、RCIです。これらはオシレーター系を代表するテクニカル分析で重要なものを網羅しているといえます。

そして「GMO-FX DASH」の特徴としてオシレーター系を複数表示させることが可能だということです。他の多くのFX会社のスマホアプリは、オシレーター系は1つしか表示できないところが多いので、この点、GMOクリック証券の「GMO-FX DASH」は優れているといえます。

GMOクリック証券のオシレーター系2つ表示画面

また、描画機能も豊富です。数年前まではスマホで描画ができるとな考えられなかったのですが、今では当たり前のように利用できる環境が整いました。

GMOクリック証券の「GMO-FX DASH」では、平行ライン(チャネルライン)や水平ライン、フィボナッチリトレースメントなどのラインを描画することも可能です。自分自身で描画したラインと上記のテクニカル分析を掛け合わせることにより、より高度な分析が可能です。

GMOクリック証券の描画ライン表示チャート画面

このように、チャート機能においてGMOクリック証券は特に優れているため、使いやすさとチャートの機能の両面でこだわりたい人にGMOクリック証券はおすすめです

「GMO-FX DASH」のニュース・経済指標

まず、「GMO-FX DASH」で配信しているニュースについて。ニュースの配信会社は、MarketWin24、日本証券新聞、ダウ・ジョーンズと3つものニュースを1つのアプリでチェックすることができます

GMOクリック証券のニュース画面 GMOクリック証券の経済カレンダー画面

この画像は、マーケット画面から画面をスワイプすると簡単に表示することができます。さらにスワイプすると右の「経済カレンダー」も確認することができます。

経済カレンダーでは、各国の経済指標の日時や、それぞれの前回、予想、結果を確認することができます。また、10分以内のイベントは、文字色が変わります。

そして、後述しますがAndroidユーザーの場合、ウィジェット機能で、経済カレンダーをスマホの画面上に表示させておくことができます。加えて、レートのウィジェット機能を使って設定を行えば、指定レートに到達した場合、ポップアップ表示させることも可能です。

このように、豊富なニュースと経済指標を提供しているため、実際にFX取引をしなくとも、口座開設をしてアプリにログインするだけで貴重な経済ニュースを見られる便利なアプリになります

スマホアプリの注文方法

「GMO-FX DASH」の注文方法は7種類です。注文方法はそれぞれ、スピード注文、成行、指値・逆指値、IFD、OCO、IFD-OCOです。

他社と比較してもあまり特徴的な注文はありませんが、基本的な注文はすべて備わっています
IFD-OCOなどの新規と決済をあらかじめ指定する注文方法を使えば、チャートを常にチェックする必要がなくなるので便利です。

GMOクリック証券のレート一覧画面GMOクリック証券の縦チャート注文画面GMOクリック証券のIFD-OCO注文画面

ただ、トレール注文が実装されていない点が注文方法に関して唯一のデメリットです

「GMO-FX DASH」の出入金機能

クイック入金機能

「GMO-FX DASH」では、提携先金融機関からの「即時入金サービス」が利用できます

提携先金融機関は11行です。
ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、イオン銀行、セブン銀行になります。

GMOクリック証券の入金振替画面 GMOクリック証券の提携金融機関一覧

メガバンクはもちろん、セブン銀行やイオン銀行なども利用でき、このサービスを使えば振込手数料もかからず、夜中でも即時に入金が反映されるので便利です

最低入金額はないので、1円からでも入金は可能です。

スマホアプリからは出金手続きはできない

一方、出金はパソコンの会員ページ、モバトレ君からでないとできません

GMOクリック証券では、出金依頼を当日の営業日15時までに出金依頼を行えば、翌営業日に着金します。
17時以降になると翌々営業日となります。
出金依頼は、基本的にいつでも行うことが可能です(3:30から6:30、15:00から17:00を除く)。

また、出金額も入金額と同様に最低額の制限がないので1円から出金が可能です。
ただし、残高が1万円以下の場合は全額出金となり、に出金上限は1億円までです。

Androidスマホ限定「ウィジェット機能」

「GMO-FX DASH」では、Androidユーザーの場合、ウィジェット機能を使用することができます
ウィジェットとは、スマホのホーム画面に設置できる小さなアプリのことです。
アプリを直接開かなくても、ホーム画面上で常に起動させておくことができます。

「GMO-FX DASH」で利用できるウィジェットは3つです。
それが、チャートウィジェット、レートウィジェット、経済カレンダーウィジェットです。

まず、チャートウィジェットについて。
ホーム画面に簡易なチャートを表示させておくことができます。足種類はティック、1分足、5分足、10分足、30分足、1時間足より選択いただけます。

次に、レートウィジェットについて。
選択した通貨ペアのレートを表示させておくことができます。さらに、レートを指定してアラートを設定することも可能です。

最後にカレンダーウィジェットについて。
アラート機能つきがついた経済カレンダーのウィジェットです。前回・予想・結果の数字も確認することができます。また、10分以内に発生するイベントは、背景色を変えて知ることができます。

その他「GMO-FX DASH」の優れた機能

このほか、スマホアプリ「GMO-FX DASH」では「FXトレード日記」という特徴的な機能があります。

FXトレード日記とは、取引実績を指定した期間で集計することができる機能です
期間の指定は日、週、月で選択が可能です。また、通貨ペアの指定は、通貨ペア単位か、全ての通貨ペアで指定が可能です。

GMOクリック証券のFXトレード日記 GMOクリック証券のトレード日記の利益損失

自信のトレード振り返ることはパフォーマンス向上に不可欠です。
その点、とても利便性の高いサービスといえます。

GMOクリック証券キャプチャ
Pocket

FX会社 ドル円
スプレッド
取引
単位
11月
キャンペーン
詳細
GMOクリック証券 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大30,000円 GMOクリック証券の詳細
DMMFX 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大20,000円 DMMFXの詳細
ヒロセ通商 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大50,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭
(原則固定)
5,000通貨* 最大10,000円 インヴァスト証券の詳細
YJFX! 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大27,000円 YJFX!の詳細
マネーパートナーズ 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大10,000円 マネーパートナーズの詳細
初心者に1番オススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高5年連続世界第1位(2012年1月~2016年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

取引コストを抑えるならDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの安定性も高い

* 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
ページトップ