FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2017.11.06更新

FXのスマホアプリ

外為オンラインのスマホアプリの弱点は?7つの機能を徹底解説

外為オンラインのスマホアプリの使い勝手って実際どうなの?

外為オンラインでの口座開設を考えているけど、実際の使い勝手はどうなのか。他社のスマホアプリと比較して優れている点や劣っている点はどこなのか

このページでは、このように外為オンラインのスマホアプリに関して詳しく知りたい方に対して、メリットやデメリットはもちろんのこと、アプリの機能や注文方法などを細かいところまで解説します。

記事のまとめ
  • 特許出願中のiサイクル注文が使える
  • スマホでは珍しいテクニカルのGMMAが使える
  • 虎の子のiサイクルは手数料がかかる
外為オンライン

外為オンラインのアプリの長所と短所

今回は外為オンラインのスマホアプリについて解説していきます。

【外為オンラインの基本情報】
  • 株式会社外為オンラインが運営するFXサービス
  • 有名女優を使ったテレビCMも積極的に行っており、FX会社としての知名度はかなり高い
  • 資本金は3億円で、口座数は44万口座を超えている日本でもトップクラスのFX会社
  • 外為オンラインのスマホアプリはiPhoneとAndroidそれぞれでダウンロードが可能

以下では、外為オンラインのスマホアプリの長所と短所を説明していきます。

外為オンラインのスマホアプリの長所

外為オンラインの長所は3つです。

【外為オンラインのスマホアプリの長所】
  • 画面が見やすい
  • システムトレードができる
  • テクニカル分析が豊富

以下それぞれ解説していきます。

1.画面が見やすい

外為オンラインのスマホアプリはなんといっても画面が見やすいことがメリットです。特にレート画面が大きくて見やすいです。

外為オンラインのチャート画面 外為オンラインの横チャート画面

レート画面は、大きな見やすい画面から一度に多くの通貨を確認することのできるスタイルまで、お好みのスタイルを選ぶことができます

また、表示する通貨ペアや順番のカスタマイズも可能。「使わない通貨は表示させなくていい」といったニーズにも対応しています。

2.システムトレードができる

外為オンラインで目玉となる注文方法がiサイクル注文です。

【iサイクル注文とは】

自動売買の一種です。具体的にはリピート系注文といわれるものの一つで、複数のIFD-OCO注文を入れ、設定した変動幅に合わせて自動発注を繰り返す注文方法です。

この、iサイクル注文は特許も出願している注文方法で、外為オンラインがかなり力を入れて推しているサービスです。そしてこのiサイクル注文は外為オンラインのスマホアプリでも発注可能です。

ここまで本格的な自動売買をスマホアプリで行えるFX会社はなかなかないので特徴的です。この注文方法を使えば、パソコンやスマホに張り付いて取引をしなくても、設定さえ行えば取引を行ってくれます。

さらに、自動的に行うので人間の戸惑いなどの感情が入ることもありません。FX取引はパフォーマンスにメンタルが関係してきます。どうしてもトレードには不安や戸惑いなどの感情が生じて、自分の決めたルール通りにトレードできないことがあるのが常です。

しかし、自動売買はこの点を克服してくれるのでうまく使いこなせれば大きな利益を上げるチャンスがあります。ちなみに、iサイクル注文及びサイクル注文は、新規及び決済取引のそれぞれに取引手数料がかかるのでその点デメリットです。

例えばドル円であれば1,000通貨あたり20円の取引手数料がかかります。

外為オンラインのiサイクル注文画面 外為オンラインのボラティリティ方式注文画面

iサイクルは「ランキング方式」や「マトリクス方式」、「ボラティリティ方式」から気軽に自動売買を始められます。特に自動売買やシステムトレードに興味がある方にはおすすめのスマホアプリといえます。

3.テクニカル分析が豊富

外為オンラインのスマホアプリは、トレンド系は5種類(SMA、EMA、一目均衡表、ボリンジャーバンド、GMMA)を表示させることができます

とくにGMMAは、かなり有用なテクニカル分析なのですが、他のFX会社では使うことがなかなかできないテクニカル分析です。

また、オシレーター系も6種類(MACD、RSI、ストキャスティクス、スローストキャスティクス、乖離率、DMI)と充実しています。

外為オンラインのGMMA表示チャート 外為オンラインのオシレーター系テクニカル選択画面

特に、乖離率、DMIといった他のFX会社では、PCの高機能チャートでしか搭載していないテクニカル分析を外為オンラインではスマホアプリで利用できる点がメリットです。

外為オンラインのスマホアプリの短所

一方、外為オンラインの短所はテクニカル分析が1つしか表示ができない点です。

上述したように、テクニカル分析の種類は豊富なのですが、他のFX会社のようにテクニカル分析を一度に複数(SMAと一目均衡表など)表示させることはできないのが短所です。

外為オンラインのSMA表示チャート

また、トレンド系だけではなく、オシレーター系も一つしか表示できません。複数のオシレーター系を同時に見ていた方にとっては不便かもしれません。

外為オンラインのスマホアプリのチャート機能

次に、外為オンラインのスマホアプリのチャート機能全般について説明していきます。

1.テクニカル分析

まず、テクニカル分析機能について。

上述しましたが、外為オンラインのスマホアプリは、トレンド系は5種類(SMA、EMA、一目均衡表、ボリンジャーバンド、GMMA)と充実しています。

外為オンラインのMACD表示チャート

さらに、オシレーター系6種類(MACD、RSI、ストキャスティクス、スローストキャスティクス、乖離率、DMI)と充実しています。

2.描画ツール

次に、描画ツールについて。

外為オンラインのスマホアプリではトレンドラインなどを引く描画ツールが搭載していません

この点、他のFX会社のスマホアプリには搭載しているところも多いので今後のアップデートに期待です。

外為オンラインのニュース・経済指標・アラート

次に、外為オンラインのスマホアプリのニュース・経済指標・アラートについて解説していきます。

まず、外為オンラインのスマホアプリで配信しているニュースについて。

外為オンラインのスマホアプリのニュース配信会社は3つです。それが、ロイターニュース、MarketWin24、FX-WAVEです。情報配信会社が1社や2社だけというところもあるなか、3社はかなり厚いといえます

個別で見ていくと、ロイターニュースをみることができるのは便利です。口座開設は無料なので実質スマホアプリで常にロイターニュースなどの上質なニュースをチェックすることができます。

外為オンラインのニュース画面 外為オンラインのレート&ニュース画面

また、レート画面の構成で、レートとニュースを並べて確認もでき大変便利です。またレートアラート機能も搭載しており、急な取引チャンスを逃すこともありません。

外為オンラインのスマホアプリの注文方法

次に、注文方法について。

外為オンラインのスマホアプリの注文機能は以下の12種類です。

それが、クイックトレード(成行)・指値・逆指値・IFD・OCO・IFDO・トレール・成行+OCO・リバース(途転)・iサイクル注文・サイクル注文です。

外為オンラインのスマホアプリは成行注文が行いやすいです。

さらに、成行注文とOCOを掛け合わせる「クイック+OCO(クイックオーシーオー)注文」も可能です。

【クイック+OCO注文とは】

現在のレートを成り行きで新規約定させる注文(成行注文)と同時に、約定したポジションの指値注文(利喰い)と、逆指値(損切り)の決済注文をあらかじめ発注できる注文方法です。

その他も外為オンラインのスマホアプリは注文機能がかなり充実しています。

まず、トレール注文が可能です。

【トレール注文とは】

決済の損切り注文の一つで、指定した値幅(トレール幅)以上不利な方向へ進んだ時に、ストップ注文が執行される注文方法です。

大変人気の注文方法なのですが、まだまだ取り入れている所も少ないので利用できる点は取引を行う上で大きなアドバンテージとなります。

また、リバース注文といういわゆるドテン(途転)注文も可能です。

【ドテン注文とは】

同一の通貨ペアで、買いポジションを売りポジション (または売りポジションを買いポジション)に、一度で転換する注文方法です。

相場観があっているときは利益を大きく伸ばすことができるFX取引では有名な取引手法です。

こういった注文方法を備えているのも自動売買に強い外為オンラインならではといえます。

外為オンラインのスマホアプリのクイック入金・出金

1.入金

まず入金について。

外為オンラインでは、スマホアプリ上でクイック入金が可能です。

提携している金融機関でインターネットバンキングの契約をしておけば、24時間いつでも入金可能となるのがクイック入金です

今は他社でも一般的となった入金サービスです。クイック入金の場合、振込手数料がかからないので顧客にとってメリットです

外為オンラインのスマホアプリの提携金融機関は、みずほ銀行・楽天銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行・ジャパンネット銀行・住信SBIネット銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・近畿大阪銀行・イオン銀行の計11行が対応しています。

スマホアプリで入金ができると、外出先でも売買チャンスのときに入金をしてすぐに反映がされて取引が行えるので便利です。入金の最低額は5,000円以上からとなっています。

外為オンラインのクイック入金画面外為オンラインの提携金融機関一覧画面外為オンラインの出金依頼画面

2.出金

次に出金について。

外為オンラインでは、出金依頼もスマホアプリ上から行うことができます

出金は、原則として依頼から起算して2営業日後となります。(営業日17:00までに依頼をした場合は当日の受付、当社営業日17:00以降に依頼をした場合は、翌営業日の受付となります)

外為オンライン
Pocket

FX会社 ドル円
スプレッド
取引
単位
11月
キャンペーン
詳細
GMOクリック証券 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大30,000円 GMOクリック証券の詳細
DMMFX 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大20,000円 DMMFXの詳細
ヒロセ通商 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大50,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭
(原則固定)
5,000通貨* 最大10,000円 インヴァスト証券の詳細
YJFX! 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大27,000円 YJFX!の詳細
マネーパートナーズ 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大10,000円 マネーパートナーズの詳細
初心者に1番オススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高5年連続世界第1位(2012年1月~2016年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

取引コストを抑えるならDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの安定性も高い

* 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
ページトップ