FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2017.11.06更新

FXのスマホアプリ

マネーパートナーズのスマホアプリの弱点は?7つの機能を徹底解説

マネーパートナーズのスマホアプリの使い勝手って実際どうなの?

マネーパートナーズでの口座開設を考えているけど、実際の使い勝手はどうなのか。他社のスマホアプリと比較して優れている点や劣っている点はどこなのか

このページでは、このようにマネーパートナーズのスマホアプリに関して詳しく知りたい方に対して、メリットやデメリットはもちろんのこと、アプリの機能や注文方法などを細かいところまで解説します。

記事のまとめ
  • 手数料無料で連続予約注文が使える
  • スマホアプリでTOPレベルのチャート機能
  • アラート機能は設定できない
マネーパートナーズ

HyperSpeed Touchの長所と短所

マネーパートナーズのアプリである「HyperSpeed Touch」の長所と短所について解説していきます。

HyperSpeed Touchの長所

【HyperSpeed Touchの長所】
  • 連続予約注文ができる
  • FXアプリではトップレベルの高機能チャート
  • 最新価格を見つつニュースをチェックできる

1.連続予約注文ができる

マネーパートナーズのPCツールであるHyperSpeed NEXTで評判の注文方法の連続予約注文に、HyperSpeed Touchも対応するようになりました。

レンジ相場で同じくらいの値幅で繰り返し利益を出したり、トレンド相場では方向性さえ予測できれば何度も利益を取りにいく、このような注文方法を実現したのが連続予約注文です。

何度も何度も繰り返し注文できるところから、他社では手数料を取るところもありますが、HyperSpeed Touchでは手数料無料、スプレッドも変更しません

スリッページなしのマネーパートナーズが提供するからこそ、非常に魅力的なサービスとなります。

2.FXアプリではトップレベルの高機能チャート

FX各社で提供するアプリでは、高機能なチャートやチャートを見ながら注文するということが当たり前の時代になっています。

しかし、本当にPC並みに利用できるチャート機能というのはそれほど多くはありません。

HyperSpeed Touchが提供するチャート機能は、仮にPCがなくてもモバイルアプリのみでもトレードすることができるようなサービスです。

マネーパートナーズの高機能チャート マネーパートナーズのニュースレート一体画面

3.最新価格を見つつニュースをチェックできる

スマホアプリからもニュースを見れるものは多いのですが、大抵は1社のみのニュースで多くても2社というところがほとんどです。

しかし、HyperSpeed Touchでは人気のMarketWin24、GlobaiInfo24に加えてフィスコのニュースも見ることができます

また、ニュース画面や経済指標画面には最新の価格も表示されていますので、タイミングを逃さずにトレードすることができます。

ニュースや経済指標はインフォバーでも流れていますので、多くの画面で確認することが可能です。

HyperSpeed Touchの短所

【HyperSpeed Touchの短所】
  • 入出金はアプリでは手続きできない
  • アラート機能が設定できない
  • 描画ツールがない

1.入出金はアプリでは手続きできない

クイック入金や出金にも対応はしていますが、アプリから直接手続きできるわけではなく、アプリから会員専用サイトにアクセスして手続きする必要があります

クイック入金についても、マネーパートナーズの提携先金融機関8行しか利用できませんので、他社には全国約380行の銀行が利用できるところもありますので、少しでも多くの銀行で利用できるようにしてもらいたいものです。

さらに、出金についても月6回以上の場合には手数料が発生しますが、他社では手数料を取るところは少ないのでこちらも改善してほしいところです。

2.アラート機能が設定できない

他社の場合にはアプリからもアラートの設定できるものが多いのですが、HyperSpeed Touchからはアラート機能を設定することができません

チャート機能や注文方法については、PCとほぼ同じレベルのサービスを提供しているのですから、レート通知や経済指標の通知くらいは設定できるようにしてもらいたいものです。

3.描画ツールがない

見やすく高機能なチャート機能で、チャートを見ながらの発注もできる優れものですが、唯一、描画ツールに対応していません

トレンドラインなどは非常に重要ですので、最低でも引けるようにしてもらいたいものです。

他社のモバイルアプリではほとんどのものが1つ以上の描画ツールを提供していますので、早く対応してほしいポイントです。

HyperSpeed Touchのチャート機能

HyperSpeed Touchのチャートでは、足種はTickから月足まで10種類、トレンド系テクニカルが9種類、オシレータ系テクニカルが6種類提供されています。

テクニカルの表示は最大3画面まで対応しています。トレンド系1種類のみの表示になりますが、個人トレーダーに人気の高いスーパーボリンジャー、スパンモデル、スーパーボリンジャーとスパンモデルの合成チャートなども提供されており、顧客の声を反映してサービスを強化しています。

マネーパートナーズの3画面表示チャート画面 マネーパートナーズのトレンド系テクニカル一覧

ただし、残念ながら描画ツールは提供されておらず、最低でもトレンドラインぐらいは引けるように改善してほしいところです。

FXでは当たり前のチャートを見ながらの発注にも対応しており、リアルタイムで更新されるチャートを見ながら新規・決済注文も同時発注が可能です。

マネーパートナーズの横向きチャート発注モード

更にはトレード画面の決済注文設定とリンクしているので値幅を間違えることもなく大変便利です。

モバイルアプリのチャート機能というのは、各社とも高機能を宣伝していますが、そのほとんどは確認するためだけに利用されているというのが実情です。

しかしながら、HyperSpeed Touchのチャート画面は実際のトレードでも十分利用できる数少ないアプリの提供するチャートといってよいでしょう。

ちなみに、マネーパートナーズに口座を所有していなくても、HyperSpeed Touchのレートやチャート機能などの一部サービスを無料で利用できるようになっていますので、口座開設前に確認してみることも可能です。

マネーパートナーズのニュース・経済指標・アラート

ニュース・経済指標

マネーパートナーズのアプリ「HyperSpeed Touch」で提供されるニュースは、人気のMarketWin24とGlobalInfo24に加えて、株式投資家にはお馴染みのフィスコの情報ニュースの3つとなります。

MarketWin24やGlobaiInfo24を提供するアプリはほかにもありますが、フィスコの情報を提供するのは珍しく、日経225との連動性の高いドル円をトレードする人にとっては希少価値のあるサービスとなります。

マネーパートナーズのフィスコニュース画面 マネーパートナーズの経済指標画面

また、経済指標画面からは各国の重要経済指標の一覧がチェックでき、前回数値・予想・結果も一覧から確認することが可能です。さらに、特質すべきはインフォバーが搭載されており、最新の価格や直近の発表予定を確認しながらニュースや経済指標をサクサクとチェックできるようになっています。

スマホアプリからこれだけの最新ニュースをチェックできるというのは、マネーパートナーズのスマホアプリへの力の入れようが感じられます。

アラート

ニュースの提供は業界トップクラスのアプリですが、アラート機能についてはアプリから設定することはできません

レートアラートとストラテジーシグナルアラートについては、PC取引ツールのHyperSpeed NEXTで設定することができます。

HyperSpeed Touchの注文方法

HyperSpeed Touchの注文方法には、チャート発注モード・ASストリーミング・新規注文があります。

新規注文は、ストリーミング注文、指値・逆指値、IF-DONE、OCO、IF-OCOなどはもちろん、スリッページなしのマネーパートナーズの特徴を活かせる注文方法が用意されています

チャート発注モードでは、チャート画面が縦でも横でも対応しており、リアルタイムで更新されるレートを見ながらトレードすることができます。

マネーパートナーズの縦向きチャート発注モードマネーパートナーズのASストリーミング注文画面マネーパートナーズの連続予約注文画面

もちろん、決済同時発注や一括決済にも対応していますので、PCとほぼ同じ状況でトレードが可能です。

【ASストリーミング注文とは】更新されるリアルタイムレートを見ながらトレードしたいと思ったそのレートで即約定させる注文方法で、新規・決済の区別、決済時の対象ポジションの選択がシステムで自動に行われる。

この方法では、従来のストリーミング注文よりも入力の手間が省け、簡単かつスピーディーな発注が可能となります。

また、HyperSpeed Touchでは、国内では珍しい連続予約注文にも対応しており、同じ範囲で上がっては下がるを繰り返すレンジ相場と、一方向に進んでいく上昇トレンド・下降トレンドで手堅く利益を狙うことができます。

しかも、マネーパートナーズではスプレッド変更なし・完全手数料無料となっており、追加コストゼロ円でトレードすることができます

連続予約注文では、インヴァスト証券のオートパイロット注文が有名ですが、50万通貨未満の場合には手数料が発生しますので、マネーパートナーズの追加コストゼロ円というのは魅力的なサービスです。

HyperSpeed Touchのクイック入金・出金

マネーパートナーズのアプリから会員専用サイトにアクセスすることで、24時間ほぼリアルタイムに振込手数料無料で入金することができるクイック入金を利用することができます。

アプリから直接クイック入金の手続きができるわけではありませんが、会員専用サイトには口座番号・PWを再入力することなくアクセスできます。

メンテナンス時間以外は24時間365日対応ですから、夜中でも平日の祝日でもいつでも口座に入金することができ、トレードチャンスを逃すことはありません。

マネーパートナーズの会員専用サイト マネーパートナーズのクイック入金画面

ただし、クイック入金に対応するマネーパートナーズの提携金融機関は、みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・住信SBIネット銀行・ソニー銀行・ゆうちょ銀行の8行となります。

DMMFXなどでは、Pay-easyを採用し全国約380行の金融機関が利用できますので、8行というのは非常に少ない数となり、改善を期待したいところです。

通常の振込による入金については、顧客一人一人に用意されている専用口座に振り込めますが、振込手数料は顧客負担となります。

マネーパートナーズの外貨入金画面 マネーパートナーズの空港受取手続き画面

また、外貨建てでの振り込みにも対応しており、みずほ銀行の場合にはドル、ユーロなど9通貨に対応し、三井住友銀行ではドルでの入金に対応しています

同様に出金についても会員専用サイトから手続きができ、前営業日13:00から当日12:59までの出金指示については翌営業日午前中に、当日13:00以降の出金指示については翌々営業日午前中に出金手続きが完了します。

外貨の出金については、前営業日13:00から当日12:59までの出金指示は3営業日後の午前中に、当日13:00以降の出金指示については4営業日後の午前中に出金手続きが完了します。

日本円での出金の場合には月5回までは手数料無料となりますが、6回目以降については1回あたり432円の手数料が発生します。

外貨での出金の場合には、1回あたり2500円の手数料が発生しますが、1回あたりの出金額が2万通貨以上の場合には手数料は無料となります。

マネーパートナーズのスマホアプリの魅力的なサービス

1.HyperSpeed Touch nano

マネーパートナーズでは、100通貨単位などの少額トレードに対応したアプリであるHyperSpeed Touch nanoも提供されています。

サービス内容については、HyperSpeed Touchと同様であり口座を所有していなくてもレートやチャート機能など一部のサービスが無料で利用できますので、口座開設前に確認したいものです。

100通貨からの少額トレードに対応していますので、初心者の方には必見のモバイルアプリとなります。

2.空港外貨受取サービス

マネーパートナーズならではのサービスとなりますが、日本国内の主要4空港(羽田・成田・関西国際・中部国際空港)で日本最安の外貨受取サービスが利用できます

モバイルアプリから申し込む場合には、会員専用サイトにアクセスして申し込むことが可能で、空港にスマホ持って行って簡単に手続きができます。

現在対応している通貨は、米ドル・ユーロ・ポンド・スイスフラン・韓国ウォン・中国元の6通貨となります。

3.豊富な動画オンラインセミナー

モバイルアプリを利用する際に、利用したいのがオンラインセミナーです。

せっかくスマホでトレードできるわけですから、スマホの特性を生かした動画によるオンラインセミナーでトレードに役立つ知識や情報を収集したいものです。

マネーパートナーズでは初心者から中上級者まで利用できる豊富な動画オンラインセミナーが提供されていますので、空き時間などを利用してスマホから閲覧することもできます。

4.代用有価証券サービス

マネーパートナーズでは、FXの証拠金に現金の代わりに有価証券を代用するサービスが提供されています

長期保有の株式がある場合などには、有効利用することが可能で株式投資も行っている人にはもってこいのサービスです。

このサービスを提供するFX会社は少なく、また、マネーパートナーズでは代用有価証券を売却する際には手数料無料となり、これもメリットの一つとなります。

マネーパートナーズ
Pocket

FX会社 ドル円
スプレッド
取引
単位
11月
キャンペーン
詳細
GMOクリック証券 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大30,000円 GMOクリック証券の詳細
DMMFX 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大20,000円 DMMFXの詳細
ヒロセ通商 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大50,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭
(原則固定)
5,000通貨* 最大10,000円 インヴァスト証券の詳細
YJFX! 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大27,000円 YJFX!の詳細
マネーパートナーズ 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大10,000円 マネーパートナーズの詳細
初心者に1番オススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高5年連続世界第1位(2012年1月~2016年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

取引コストを抑えるならDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの安定性も高い

* 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
ページトップ