FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2019.08.30更新

FXのスマホアプリ

マネーパートナーズのスマホアプリ「HyperSpeedTouch」を解説!初心者から上級者まで幅広く使える

この記事では、マネーパートナーズのスマホアプリ「HyperSpeed Touch」「HyperSpeed Touch nano」の使い勝手を知りたいという方に向けて、アプリのメリット・デメリット、注文方法などを詳しく解説していきます!

マネーパートナーズのアプリ「HyperSpeed Touch」の良い点
  • 操作性が高くアプリ初心者もすぐマスターできる
  • MarketWin24とGlobalInfo24に加えて、日経225との連動性の高いドル円をトレードする人に嬉しいフィスコのニュース配信!
  • 連続予約注文や決済同時発注など注文方法が充実
マネーパートナーズのアプリの悪い点
  • 入出金はアプリでは手続きできない
  • 複数のチャートが同時に見られない

マネーパートナーズのスマホアプリHyperSpeed Touchの総評まとめ

マネーパートナーズは2019年オリコン顧客満足度調査で3年連続1位に輝くなど外部調査機関からの評価が高いFX会社です。

初めてFXにチャレンジする人にも、中・上級者の人にも、マネーパートナーズのHyperSpeed Touchは向いていると言えるでしょう。

チャートが見やすく感覚的に操作できる上に、連続予約注文が可能。PC並みのテクニカル指標を搭載しているので、機能も優秀です。頻度の多い取引や、大きな金額での売買も可能なので、FXの取引に慣れてきて「もっと大胆な取引にもチャレンジしたい」と思ったときも、そのまま同じアプリでスムーズに取引することができます。

短所としてはアプリ内で入出金ができないことと、複数のチャートを同時に表示できないことです。しかし、総合的な評価としては高いと言えるでしょう。初心者にも中・上級者にも幅広く受け入れられるアプリです。

HyperSpeed TouchとHyperSpeed Touch nanoの違い

マネーパートナーズはHyperSpeed Touchのほかに、HyperSpeed Touch nanoというアプリも提供しています。ここではHyperSpeed TouchとHyperSpeed Touch nanoの2つのアプリの違いと、それぞれどういった人に向いているかを解説していきます。

大まかにと言うと、HyperSpeed Touchは「初心者から上級者まで」を幅広く対象としており、本格的にFXをやりたい人向けになっています。多頻度の取引や大きな金額での運用も可能です。一方HyperSpeed Touch nanoは、少額資金から運用が可能なので初心者向けの取引ツールと言えるでしょう。

「細かい違いを知りたい」という人のために、以下の表を基に具体的に解説していきます。

HyperSpeed Touch HyperSpeed Touch nano
取引単位 10,000通貨 100通貨
取引通貨ペア数 20通貨ペア 18通貨ペア
必要最低資金(ドル円) 4,000円〜 100円〜
ロスカット 証拠金維持率40% 証拠金維持率100%
外貨証拠金の利用 ×
1日あたりの取引数量上限(新規) なし 4,000万通貨まで
向いている人 初心者〜上級者 初心者

「最初は低リスク、低コストで試したい」という初心者には、HyperSpeed Touch nanoで慣れてからHyperSpeed Touchに移行するのも良いです。

HyperSpeedTouchの使いやすい機能を3つに凝縮して紹介!

ここでは、実際に編集部が使ってみて「これは良い!」と感じたHyperSpeed Touchの良い点を3つ紹介します。

マネーパートナーズのアプリ「HyperSpeed Touch」の良い点
  • 操作性が高くアプリ初心者もすぐマスターできる
  • MarketWin24とGlobalInfo24に加えて、日経225との連動性の高いドル円をトレードする人に嬉しいフィスコのニュース配信!
  • 連続予約注文や決済同時発注など注文方法が充実

操作性が高くアプリ初心者もすぐマスターできる

HyperSpeed Touchはほかの競合アプリと比べても、感覚的に操作できるのが魅力です。初心者でもアプリを入れれば感覚的に、すぐに使うことができるでしょう。

画面を開いてから取引までのステップも短く、アプリを開くとすぐにレートを見ることができ、取引したいレートをクリックするだけで売買できます。
通貨ペアの売値と買値がひと目で確認できて、その右横にはチャートも載っています。
チャートをクリックするとリアルタイムで相場の変動が分かるので、タイミングをつかみやすいのが嬉しいところ。

例えば競合アプリの「みんなのFX」では、通貨ペアの売値と買値のみの表示になっており、チャートを確認するためには画面下のメニュー画面から「チャート」をタップしなくてはならないので、この点においてはHyperSpeed Touchの方が操作性が優れていると言えます。
初心者の人も、感覚的にアプリを操作しながら、FXの取引を覚えていくことができます。

連続予約注文ができる

忙しい会社員が「仕事の合間にFXをやってみようかな」という場合、1日中チャートに張り付いて取引するのは現実的ではありません。そんなときに活躍するのが連続予約注文機能です。

【連続予約注文機能とは】

売買したい価格(為替レート)をあらかじめ指定し、予約注文を連続してセットする注文方法です。
例えば「○円で買って、○円になったら売る」などの予約注文を最大20回セットすることができるので、ずっとアプリを見て自分で1つずつ注文する必要がありません。

予約価格も設定できるので、小刻みな取引も可能です。ユーザーにとっては、今持っている通貨で評価益が出ているときに、あらかじめ設定した価格で自動で注文してくれることと、アプリを見ずに放っておいても自動で連続して売買してくれることがメリットです。

何度も何度も繰り返し注文できるところから、他社では手数料を取るところもありますが、HyperSpeed Touchでは手数料無料、スプレッドも変更しません

フィスコのニュース配信!

マネーパートナーズのアプリ「HyperSpeed Touch」で提供されるニュースは、MarketWin24とGlobalInfo24に加えて、株式投資家にはお馴染みのフィスコの情報ニュースの3つとなります。
MarketWin24やGlobaiInfo24を提供するアプリはほかにもありますが、フィスコの情報を提供するのは珍しく、日経225との連動性の高いドル円をトレードする人にとっては価値のあるサービスと言えます。

マネーパートナーズのフィスコニュース画面 マネーパートナーズの経済指標画面

また、経済指標画面からは各国の重要経済指標の一覧がチェックでき、前回数値・予想・結果も一覧から確認することが可能。さらに、インフォバーが搭載されており、最新の価格や直近の発表予定を確認しながらニュースや経済指標をサクサクとチェックできるようになっています。
スマホアプリからこれだけの情報をチェックできるところに、マネーパートナーズのスマホアプリへの力の入れようが感じられます。

これまでマネーパートナーズのアプリを解説しましたが、HyperSpeed Touchには「ここが改善されればいいのに」と思う部分もあります。次はアプリのデメリットについて見ていきます。

HyperSpeed Touchの2つの悪い点

マネーパートナーズのアプリの悪い点
  • 入出金はアプリでは手続きできない
  • チャートが同時に見られない

出入金がアプリではできないことと、複数のチャートを同時に見ることができないのはHyperSpeed Touchの弱点と言えるでしょう。慣れてくれば気にならないレベルですが、不便に感じてしまう人も一定数存在するのではないでしょうか。

入出金はアプリでは手続きできない

クイック入金や出金にも対応はしていますが、アプリから直接手続きできるわけではなく、アプリから会員専用サイトにアクセスして手続きする必要があります。

クイック入金についても、マネーパートナーズの提携先金融機関8行しか利用できません。他社には全国約380行の銀行が利用できるところもあるので、少々見劣りします。

出金についても、月6回以上の場合には手数料が発生します。他社では手数料を取るところは少ないので、こちらも改善してほしいのが正直なところです。

同時に複数のチャートが見られない

FXに慣れてくると、取引と同時に複数の通貨ペアで取引することも多くなります。しかし「同時に複数のチャートを見たい」と思っても、HyperSpeed Touchのアプリでは、1つのチャートしか見られません。

チャートをクリックすると、通貨ペアを選択する部分が表示されるのですが、ここで通貨ペアは1つしか選択できないため、複数の通貨ペアをチャートを見ながら取引したいときは不便です。参考にしたいチャートは、通貨ペアごとにそのつどクリックする必要があるのでタイムロスが生じます。

HyperSpeed Touchのアプリのチャートの特徴と使い方

ここでは、HyperSpeed Touchのアプリのチャートの特徴と使い方を分かりやすく解説します。

PCツールにも負けないテクニカル指標

PCツールに比べ、アプリだとどうしてもテクニカル分析がしづらいイメージがありますが、HyperSpeed TouchならPCに引けを取りません

10種類の豊富なテクニカル指標を搭載しているので、通勤時間や外出先でもスマホを見ながらテクニカル分析が行えます。
具体的には、HighLowチャネル、エンベロープ、スーパーボリンジャー、スーパーボリンジャー/スパンモデル、スパンモデル、パラボリック、ボリンジャーバンド(標準)、移動平均(指数)、移動平均(単純)、一目均衡表が搭載されています。

テクニカルの表示は最大3画面まで対応しています。トレンド系1種類のみの表示になりますが、スーパーボリンジャー、スパンモデル、スーパーボリンジャーとスパンモデルの合成チャートなども提供されており、顧客の声を反映してサービスを強化しています。

マネーパートナーズの3画面表示チャート画面 マネーパートナーズのトレンド系テクニカル一覧

使い方も簡単で、チャートの設定画面のテクニカルから好きなものを選ぶだけ。デフォルト設定をすることもできるので自分好みにカスタマイズできます。

ただし、残念ながら描画ツールは提供されていません。最低でもトレンドラインぐらいは引けるように改善してほしいところです。

チャートを見ながら即時発注できる

FXで取引するのになくてはならない機能といえば、チャートを見ながらのリアルタイム発注機能。HyperSpeed Touchのアプリももちろん対応しており、初心者でもスムーズに操作できるのが特徴です。

チャート画面で「発注モード」をクリックすると、チャートを見ながら決済できるようになります。チャートで振れ幅を確認しながら取引できるのは大きなメリットと言えるでしょう。
また、チャートを見ながら指値・逆指値の新規発注もできます。リアルタイムで更新されるので、「思っていた相場の動きと違う」と感じたときも、すぐに注文変更・取消が可能です。

マネーパートナーズの横向きチャート発注モード

トレード画面の決済注文設定とリンクしているので、値幅を間違えることもありません
ちなみに、マネーパートナーズに口座を所有していなくても、HyperSpeed Touchのレートやチャート機能などの一部サービスは無料で利用できるようになっています。口座開設前に確認してみることも可能です。

⇒マネーパートナーズのスマホアプリ「HyperSpeed Touch」の公式操作マニュアルはこちら

HyperSpeed Touchの使い方!初心者向けに注文方法を解説

初心者向けに、注文方法を紹介します。

まずはアプリをダウンロード

マネーパートナーズのアプリから会員専用サイトにアクセスすることで、クイック入金(24時間ほぼリアルタイムに振込手数料無料で入金)することが可能です。
アプリから直接クイック入金の手続きができるわけではありませんが、会員専用サイトでは口座番号・PWを再入力することなくアクセスできます。
メンテナンス時間以外は24時間365日対応ですから、夜中でも平日の祝日でもいつでも口座に入金し、好きなタイミングでのトレードが可能です。

マネーパートナーズの会員専用サイト マネーパートナーズのクイック入金画面

HyperSpeed Touchの注文方法

まずは「メニュー」を開き「チャート」を選択します。画面が切り替わるので「発注モード」をタップし「ST(ストリーミング)」もしくは「AS(AS ストリーミング)」と注文方法を選んだら、取引したい「通貨ペア・足種別・Bid/Ask」を選択します。この画面では円換算された本日の確定損益が表示され、差引損益が表示されるので現在の取引余力を確認できます。

取引数量を設定し、許容スリッページ幅を確認します。そのあと、「売」 もしくは「買」のどちらかのレートをタップすると注文完了です。

マネーパートナーズの横向きチャート発注モード

アプリから会員専用サイトにアクセスして出金

アプリ内では出金できないので、アプリから会員専用サイトにアクセスして出金します。銀行口座に反映されるまでに少し時間がかかるので、出金は余裕を持って手続きをするのがです。

HyperSpeed Touchのスペック一覧表

チャートタイプローソク足 / 平均足時間足種類HP掲載なしレート更新時間HP掲載なしテクニカル指標
[トレンド系]highlowチャネル、スーパーボリンジャー、スパンモデル、スーパーボリンジャー・スパンモデル、ボリンジャーバンド、移動平均(指数)、移動平均(単純)、一目均衡表、エンベローブ、パラボリックテクニカル指標
[オシレーター系]HP掲載なしスワップポイントの表示スワップポイントカレンダーありマーケット情報3つの情報ベンダーからのニュース、(経済指標カレンダー、各国政策金利、日銀介入状況、各国通貨ペア情報、FOMC政策状況,スワップポイントカレンダー、売買比率、変動率・高安差)トレンドライン描画HP掲載なしプッシュ通知約定通知自動ログインHP掲載なしカスタマイズ機能テクニカルの各種のカスタマイズ、足種の変更、最大3画面までのチャート分割表示推奨環境iphone(ios9.0~12.0)、アンドロイド(android4.4~9.0)

基本機能 詳細
注文種類 ストリーミング、指値・逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IF-OCO注文、連続予約注文
Pocket

FX会社 米ドル円
スプレッド*1
取引
単位
今月の
キャンペーン・特典
詳細
DMMFX 0.3銭 10,000通貨 最大24,000円 DMMFXの詳細
GMOクリック証券 0.3銭 10,000通貨 最大34,000円 GMOクリック証券の詳細
YJFX! 0.3銭 1,000通貨 最大77,777円 YJFX!の詳細
外為どっとコム 0.3銭 1,000通貨 最大105,000円 外為どっとコムの詳細
ヒロセ通商 0.3銭 1,000通貨 最大55,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭 1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭 5,000通貨*2 最大10,000円 インヴァスト証券の詳細
初心者にオススメなのはDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの提示率も高い

総合力でオススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高7年連続世界第1位 ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

*1 スプレッドはすべて原則固定(例外あり)
*2 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載FX会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

YJFX!

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • YJFX!
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
ページトップ