初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

FXプライムbyGMOのスマホアプリ「PLIMEアプリS」を解説!シンプルな操作性が特徴

PRIMEアプリSを使ってみたい
自分にあっているFXアプリはどれ?

「PRIMEアプリS」はFX初心者の方にも向いているアプリで、画面の見やすさや取引のしやすさにフォーカスして作られています。

この記事ではFXプライムから提供されている「PRIMEアプリS」の使い方や使う上での良い点・悪い点、基本的な操作方法を紹介していきます。

FXプライムbyGMOのスマホアプリ「PRIMEアプリS」の総評まとめ

「PRIMEアプリS」はFX専用アプリの中でも非常に操作性とデザイン性に優れ、使いやすいのスマホアプリと言えます。

「PRIMEアプリS」はFX専用のトレードツールアプリ群で、スマートフォン(iPhone、Android)、タブレット(iPad、Android)専用ツールが用意されています。

「PRIMEアプリS」にログインすると以下のような「為替レート表示」「チャート」が同一画面でで確認できる「ホーム」画面が表示されます。レート表示をタップするとすぐ注文が発注できるようになっています。

PrimeアプリSのチャート画像

これがログイン後すぐに表示される画面内で為替レートの確認、チャートの確認、そして発注、をストレスなくスピーディーに全て完結できるというのは、非常に優れた操作性が実現されているといえます。

iPadをご利用の方は、こちらのアプリをご利用ください。

FXプライムbyGMOのスマホアプリが向いている人

「PRIMEアプリS」はすでにFXを行っている方、またこれからFXを行う初心者の方、全てに使っていただきたいスマホアプリです。

PrimeアプリSのぱっと見テクニカル画像 PrimeアプリSのチャート画像

「PRIMEアプリS」のチャートには、「ぱっと見テクニカル」という過去のチャートパターン分析をもとに、将来のチャートパターンを表示してくれる分析ツールも搭載されています。

相場予想分析が苦手、慣れていない方は日々のトレードで活用してほしい「分析ツール」が搭載されています

PrimeアプリSのチャート画像

操作性にすぐれているのでFXに慣れていない方にも、「レート変動通知」や「重要経済指標発表の日時」をプッシュ通知してくれるカレンダー機能も搭載されています。この機能は初心者だけでなく、デイトレーダーやスキャルピングトレーダー、アクティブにトレードを行うデイトレーダーも重宝するアプリだといえます。

FXプライムbyGMOのスマホアプリが向いていない人

FXプライムbyGMOのスマホアプリを向いていない人はいません。上記で説明させていただきましたが、FX経験の長さ、トレードスタイルを問わず万人向けする機能性の高いFX専用のスマホアプリです。

PRIMEアプリSの3つ良い点

    FXプライムbyGMOのアプリ「PRIMEアプリS」の良い点

  • 1タップで未来の相場予測ができる
  • スピードを追求した即時発注ツール「ハイスピード注文」
  • 業界トップクラスのチャート機能

1タップで未来の相場予測ができる!

FXプライムbyGMOの注目コンテンツとなっている「ぱっと見テクニカル」をアプリからも利用することが可能です。

このコンテンツは、最大12年分の過去チャートの中から瞬時に現在のチャートを比較して瞬時に分析するプロの世界で利用されているチャート分析手法で、この相場分析ツールを1タップで利用することが可能です。

プロの世界でも活用されているチャート分析方法が1タップで利用できます。

このようなテクニカルなコンテンツを利用できるスマホアプリというのは、他社アプリにはほとんどなくPRIMEアプリSならではというところです。

スピードを追求した即時発注ツール「ハイスピード注文」

「PRIMEアプリS」の「ハイスピード注文」は為替レートとチャートを同時に見ながらスピーディーに発注ができる注文機能です。

横画面表示すると、チャートとレートパネルを同時に表示することができます。マーケットが動く瞬間を見ながらレートパネルをワンタップすれば即時発注できるので、スキャルピング取引がしやすい仕様になってます。

PrimeアプリSのチャート画像

ハイスピード注文では、ドテン注文も可能です。

ドテン注文とは

    大きく為替レートが変動しているときにはワンタップで保有ポジションを決済すると同時に新規ポジションを保有することができる注文方法

ドテン注文について詳しく説明します。

例えばドル円の買いポジションを10万ドル保有しているとします。通常、買いポジションから売りポジション保有にする場合は、ドル円の買いポジションを決済して、あらたに売りポジションを保有するために新規注文を発注する必要があります。

しかしドテン注文を活用すれば、ドル円の買いポジションを10万ドル保有しているときにドル円の売り注文を10万ドル発注すれば、ドル円の売りポジションを10万ドル保有することができます。

この「ハイスピード注文」ドテン注文の考え方は、インターバンク市場のディーラーや、ブローカーが行う一般的なトレード手法になりますので、FXを行う個人投資家の方もこの機会に覚えておいたほうがいいでしょう。デイトレード、スキャルピングでは非常に便利です。

業界トップクラスの豊富なチャート機能

FXプライムbyGMOの特徴として高い約定力とともに業界トップレベルのチャート機能を有しています。

このメリットはスマホアプリのPRIMEアプリSにも引き継がれており、アプリとは思えないような機能が提供されています

取引ツールとして、PC同様にスマホからもトレードしたいという人にも十分満足感のある内容となっています。元々、PC版でのチャートに定評のあるFXプライムbyGMOですが、その特徴がそのままPRIMEアプリSにも受け継がれているおり、アプリのチャートを重視する場合にもおすすめできます。

詳細はページ下部の見出しにて解説しております。

PRIMEアプリSの2つの悪い点

    FXプライムbyGMOのアプリの悪い点

  • 注文方法の切り替え方法がわかりにくい
  • ファンダメンタル分析に必要なFX情報不足

注文方法の切り替え方法がわかりにくい

IFD注文などはどこから発注するのかわからないかもしれません。

PrimeアプリSのチャート画像 PrimeアプリSの注文画面

発注したい為替レートの上をタップすると上記のような発注画面が表示されます。同画面の上部タブ「指値」「逆指値」「イフダン」に切り替えることで各種注文を発注することができます。

ファンダメンタル分析に必要なFX情報不足

非常に使いやすく、高機能な「PRIMEアプリS」ですが、ニュースや経済指標カレンダーは質、量ともに不足しています

primeアプリSの画面 primeアプリSの経済指標カレンダー画面

特に経済指標カレンダーはメニューをタップすると、そのままホームページの経済指標カレンダーに飛ばされるため不自由さを感じてしまいます。

PRIMEアプリSのチャートの特徴と使い方

まず記事冒頭で以下の表を用いて、チャート機能について少し触れていただきます。

「PRIMEアプリS」のチャートで描画できるテクニカル指標の種類、パラメーター設定、ライン描画などは一般的なものは全て網羅されているため、特に不自由さを感じることはありません。

テクニカル 種類
トレンド系 P&F・移動平均・指数平滑移動平均・一目均衡表・ボリンジャーバンド・パラボリック・エンベロープ・フィボナッチ
オシレーター系 RSI・ストキャスティクス・DMI・RCI・モメンタム・ROC・MACD・%Rオシレーター・DMI

足種はテイックから月足まで13種類、テクニカル指標はインジケーター系・オシレータ系含めて18種類、さらに、描画ツールでトレンドラインを引くことも可能となっています。

最大4分割のマルチチャート機能

特長的なのがFXプライムbyGMOは、最大4分割に利用できるマルチチャート機能を持っており、4つの画面はそれぞれ拡大縮小が可能など高い自由度を有しています。

スマートフォンに搭載されているチャートの分割機能というと、それぞれのチャートについて共通設定しかできないものが多いのですが、PRIMEアプリSでは、通貨ペアや足種、テクニカル指標やカラーパターンまで個別に設定することも可能です。

PrimeアプリSのチャート画面 PrimeアプリSのチャート画面
[/sp]

チャートを見やすくできるように、ラインのカラーパターンも豊富に提供されていますので、好みの色のラインに換えることもできたり、もちろん、4分割が不要であれば3分割や2分割にすることもできます。

あるいは、マルチ機能をオフにすることもできたりと自分の好みに合わせてチャートを変えることができます。

為替相場の様相により、トレンド相場を分析するためのチャートパターン、レンジ相場を分析するためのチャートパターンなどを保存しておくと、いざ為替相場でそれぞれのパターンが出現したとき、チャート上の売買ポイントを参照にしながらトレードができるためとても便利です。

ポイント&フィギュアが利用可能

PRIMEアプリSでは、FXの分析で非常に役に立つテクニカル指標のポイント&フィギュアを利用することができます

PCではお馴染みのテクニカル指標ですが、モバイルアプリで提供されている例は非常に少なく、ポイント&フィギュアの利用を目的としてPRIMEアプリSを利用している人もいるくらいです。

⇒FXプライムのスマホアプリ「PrimeアプリS」の公式操作マニュアルはこちら

PRIMEアプリSの使い方!注文時の操作方法

まずはアプリをダウンロードし入金

ログイン後に画面下部に表示されるグローバルメニュー「メニュー」をタップすると各項目が表示されます。

その中の「ネット入金24」をタップし、次画面で金融機関、入金金額を入力し「実行」ボタンをタップします。

PrimeアプリSのメニュー画面 PrimeアプリSの入金画面 PrimeアプリSの入金画面

そうすると選択した金融機関の入金画面が表示されるので、そのまま入金手続きを進めます。

PRIMEのスマホアプリでの新規注文方法

指値注文や、逆指値注文、IFD注文は発注したい為替レートの上をタップすると上記のような発注画面が表示されます。

PrimeアプリSのチャート画面 PrimeアプリSの注文画面

同画面の上部タブ「指値」「逆指値」「イフダン」に切り替えることで各種注文を発注することができます。

出金

ログイン後に画面下部に表示されるグローバルメニュー「メニュー」をタップすると各項目が表示されます。その中の「出金依頼」をタップし、次画面で出金金額を入力し「出金内容確認」ボタンをタップし、そのまま出金手続きを進めます。

PrimeアプリSのメニュー画面 PrimeアプリSの出金画面

なお出金にかかる振込手数料はFXプライムbyGMOが負担してくれます

⇒PRIMEアプリSの公式操作マニュアルはこちら

FXプライムbyGMOアプリのスペック一覧表

基本情報 詳細
注文種類 新規・決済注文(複数決済)、ハイスピード注文(新規・決済注文、ドテン注文、通貨別全決済)、注文訂正・取り消し
時間足種類 ローソク足、平均足、P&F
レート更新時間 1秒、3秒、5秒、10秒、30秒、60秒、手動
テクニカル指標
(トレンド)
移動平均、指数平滑移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド、パラボリック、エンベロープ、フィボナッチ
テクニカル分析
(オシレーター)
RSI、ストキャスティクス、DMI、RCI、モメンタム、ROC、MACD、%Rオシレーター
マーケット情報 MarketWin24、FXi24
トレンドライン種類 記載なし
二段階認証 記載なし
自動ログイン 可能
デモトレード 記載なし
プッシュ通知 【ログイン時】レート通知、レート変動幅通知、経済指標通知(各通知、30件まで設定可能)
【未ログイン時】レート通知、レート変動幅通知、経済指標通知(各通知、1件のみ設定可能)
スワップポイントの表示 可能
カスタマイズ機能 メニューバーの編集(任意のメニューを3つ)をすることが可能
チャート表示 横画面チャート、縦画面チャート、2画面表示、3画面表示、4画面表示

RANKINGランキング

DMMFX 案件バナー
  • FX口座数国内第1位!(※)
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
GMOクリック証券
  • FX取引高7年連続世界第1位
  • 去年8月に11通貨ペアのスプレッドを縮小
  • 最大34,000円キャッシュバック
詳細を見る
YJFX
  • 1,000通貨で少額から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • FX情報量に絶対的自信
  • 1,000~500万通貨まで幅広い取引に対応
  • 今なら最大105,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • オリコン満足度ランキング第1位
  • 1,000通貨に対応
  • 取り扱いペア数が豊富
詳細を見る

※ 2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ。DMMFXと外為ジャパンを合算した数値になります。

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー