FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2017.11.06更新

FXのスマホアプリ

FXプライムbyGMOのスマホアプリの弱点は?7つの機能を徹底解説

FXプライムbyGMOのスマホアプリの使い勝手って実際どうなの?

FXプライムbyGMOでの口座開設を考えているけど、実際の使い勝手はどうなのか。他社のスマホアプリと比較して優れている点や劣っている点はどこなのか

このページでは、このようにFXプライムbyGMOのスマホアプリ「PRIMEアプリS」に関して詳しく知りたい方に対して、メリットやデメリットはもちろんのこと、アプリの機能や注文方法などを細かいところまで解説します。

記事のまとめ
  • ぱっと見テクニカルが使える数少ないFX会社
  • 1万通貨未満の取引は手数料がかかる
  • 業界トップクラスのチャート機能
FXプライムbyGMO

「PRIMEアプリS」の長所と短所

スマホアプリの長所

【FXプライムbyGMOの長所】
  • チャートを見ながら注文できるハイスピード注文
  • 他社にはない「ぱっと見テクニカル」機能
  • 業界トップレベルの充実のチャート機能

スピード・操作性が魅力のハイスピード注文

PRIMEアプリSでは、レートパネルを1回タップするだけで新規・決済の注文を発注することが可能で、取引チャンスを逃すことなくトレードができます。特に横画面であれば、チャートを見ながらあたかもPCでトレードしているように取引できます

ハイスピード注文では、ドテン注文も1クリックで発注可能で、一旦決済注文をしてから新規注文するという面倒な発注操作は必要なく、FXトレードにおける瞬時の判断が必要な時にも有効な注文方法となります。

PRIMEアプリSのハイスピード注文チャート

また、保有ポジションを全決済ボタン一つで決済可能ですから、確認画面を非表示にしておけば急な相場変動の際にも1タップで決済完了となります。

アプリでは珍しい「ぱっと見テクニカル」

FXプライムで人気コンテンツとなっている「ぱっと見テクニカル」をアプリからも利用することが可能です。

このコンテンツは、最大12年分の過去チャートの中から瞬時に現在のチャートを比較して瞬時に分析するプロの世界で利用されているチャート分析手法で、この相場分析ツールを 1タップで簡単に利用することが可能です。

このようなテクニカルな人気コンテンツが利用できるスマホアプリというのは、他社アプリにはほとんどなくPRIMEアプリSならではというところです。

PRIMEアプリSのぱっと見テクニカルチャート PRIMEアプリSのテクニカルチャート

充実したチャート機能

FXプライムの特徴として高い約定力とともに高機能なチャート機能があるが、このメリットはスマホアプリのPRIMEアプリSにも引き継がれており、アプリとは思えないような機能が提供されています。

取引ツールとして、PC同様にスマホからもトレードしたいという人にも十分満足感のある内容となっています。元々、PC版でのチャートが人気のFXプライムですが、その特徴がそのままPRIMEアプリSにも受け継がれているおり、アプリのチャートを重視する場合には強くおすすめできる1社です

スマホアプリの短所

【FXプライムbyGMOの短所】
  • 1万通貨以下だと取引手数料が発生する
  • アプリの優位性が薄れてきている

1万通貨以下だと取引手数料が発生する

非常によくできたアプリですので、問題点はFXプライムのがアプリにも引き継がれているということになります。パソコンと同様にスマホアプリからも1000通貨単位で取引可能ですが、1万通貨未満の取引の場合は取引手数料がかかります

そもそも1000通貨単位でのトレードを希望する人は、手数料の発生するFXプライムを選択することはないでしょうが、これではせっかくの高機能なPRIMEアプリSも少額取引をしたい人にとっては宝の持ち腐れとなってしまいます。

ちなみに取引手数料、1000通貨当たり片道3銭、往復6銭かかるため、実質「1万通貨以上であれば1000通貨単位の取引ができる」と考えておくのがいいでしょう。

アプリの優位性が薄れてきている

前評判が高いゆえに、実際に使用してみるとそれほど他社との差を感じることはできない可能性もあります。

以前は、PRIMEアプリSにはスマホアプリとしてのかなりの優位性がありましたが、この数年で他社のアプリの性能が飛躍的に向上していますので、同レベルのスマホアプリもいくつか登場しています

約定力やサーバの安定感では定評のある同社ですが、スマホアプリについては他社も相当な力を入れてきていますので、以前のような大きな優位性は感じられなくなりました。

スマートフォンアプリDMMFXのチャート機能

端末を選ばずに利用できるチャート機能

FXプライムでは、PRIMEアプリSからもweb版からもチャート機能が利用することができます

iPhone版からもAndroid版からもほぼ同様に利用することができ、まさに端末を選ばずにチャート機能を利用することが可能です。

最大4分割のマルチチャート機能

PRIMEアプリSでは、最大4分割に利用できるマルチチャート機能を持っており、4つの画面はそれぞれ拡大縮小が可能など高い自由度を有しています。

スマートフォンに搭載されているチャートの分割機能というと、それぞれのチャートについて共通設定しかできないものが多いのですが、PRIMEアプリSでは、通貨ペアや足種、テクニカル指標やカラーパターンまで個別に設定することも可能です。

PRIMEアプリSの4分割チャート PRIMEアプリSの色のパターン選択画面

もちろん、4分割が不要であれば3分割や2分割にすることもできます。あるいは、マルチ機能をオフにすることもできたりと自分の好みに合わせて設定することができます。

ポイント&フィギュアが利用可能

実は、FXでも非常に役に立つことで知られているテクニカル指標のポイント&フィギュアを利用することができます

PCではお馴染みのテクニカル指標ですが、モバイルアプリで提供されている例は非常に少なく、ポイント&フィギュアの利用を目的としてPRIMEアプリSを利用している人もいるくらいです

業界トップクラスの豊富なチャート機能

PRIMEアプリSのポイント&フィギュアチャート PRIMEアプリSのライン描画チャート

チャート機能については業界トップレベルのものを有しています。足種はテイックから月足まで13種類、テクニカル指標はインジケーター系・オシレータ系含めて18種類、さらに、描画ツールでトレンドラインを引くことも可能となっています。

チャートを見やすくできるように、ラインのカラーパターンも豊富に提供されていますので、好みの色のラインに換えることもできるため、自分が見やすいチャートに変えることができます

ぱっと見テクニカルを内蔵

チャート機能の一つとして、上述の「ぱっと見テクニカル」が内蔵されています。この人気のコンテンツは他社のスマホアプリではほとんど搭載されていなく、スマホアプリに内蔵されていることが特徴であり強みでもあります

スマホアプリの経済ニュース・アラート

スマホアプリで見れる経済ニュース

PRIMEアプリSでは、メニューからマーケット情報をタップすることで各種の情報を確認することが可能となっています。確認できるのは、ニュース・Webマーケティング情報・経済指標カレンダー・スワップポイントです。

PRIMEアプリSのMartketWin24のニュース画面PRIMEアプリSのwebマーケティングPRIMEアプリSの経済指標カレンダー

ニュースをタップすると、FXプライムで提供されているMarketWin24とGlobalInfo24が表示されますので、ニュースごとの詳細を見ることができます。

同様に、Webマーケティング情報も一部を除いて、PC用取引画面で提供されている各種のマーケティング情報を見ることが可能です

さらに、経済指標カレンダーでは、通貨ごとの重要経済指標の詳細について確認することができるようになっています。

これらの情報については、見ることができなかったり、あるいは、最低限のものしか見ることのできないアプリが多い中で、PCとほぼ同様の情報をスマホアプリから確認することができます

アラート専用アプリ「外為ウォッチ」

PRIMEアプリSには、個別のアラート機能はありませんが、FXプライムから別に用意されている外為ウォッチというスマホアプリからアラート機能を利用することが可能となっており、これが実は非常に優れた機能を持っています。

外為ウォッチで利用できるアラートは、レート通知・ボラティリティ通知・シグナル通知の3つとなり、設定しておくことでプッシュ通知にて知らせてくれます。

FXプライムbyGMOのスマホアプリ「PRIMEアプリS」にもアラートはありますが、アプリを起動しておかないとアラートはきません。しかし、外為ウォッチの場合にはアプリを起動していなくてもアラートがくるという便利なサービスなのです。

レート通知の実際の利用方法としては、例えば、相場のほとんどの時間を占めているレンジ相場の際には相場から離れ、一定の水準に価格が到達するとアラートで知らせてもらえるようにしたりして利用できます。

ボラティリティ通知は、何分間で価格がどのくらい変動したら通知するかを自分で設定するもので、3分・10分・30分の中から選んで任意の変動幅で設定します。

シグナル通知は、順位づけされている100個のトレードシステムからパフォ-マンスの良いものを選んで売買シグナル通知するものです。

現実的にはレート通知を利用する人がほとんどでしょうが、これら3つの通知の通知音はそれぞれ選ぶことができますので、通知音で何のアラートかを理解することが可能となっています。

「PRIMEアプリS」の注文方法

ハイスピード注文

PRIMEアプリSでは、上述のとおりスピード・操作性が魅力の即時発注ツールのハイスピード発注機能が利用でき、売買チャンスを逃さずにトレードすることが可能です。

発注の操作はレート画面を1回タップするだけの1タップで新規・決済注文を発注可能です。1タップでは逆に心配だという人には、設定画面にて確認画面を表示させる設定に変更することもできます。

ハイスピード注文は、スマホを横向きにして横画面でチャートを見ながら発注できるので、まるでPCでトレードするかのような感覚でトレードできますし、少なくともタブレットを利用する必要性は薄れることになるでしょう。

ドテン注文も1タップ

ハイスピード注文では、決済注文から新規注文というドテン注文も1タップで発注することが可能です。

1タップで簡単に反対ポジションを保有できますから、瞬時の判断が必要となるFXトレードにおいては非常に有効な注文方法となります。

PRIMEアプリSの全決済画面 PRIMEアプリSのIFO注文画面

保有ポジションの全決済も1タップ

保有している通貨ペアのすべてのポジションを、全決済ボタン一つですべて決済できます。

この時も確認画面を表示したい場合には設定画面から設定可能です。

同じ通貨ペアを複数保有している場合にも、全決済ボタン一つですべて決済できますので、相場の急変時にもリスクを最小限に抑えることができます

「PRIMEアプリS」の出入金機能

PRIMEアプリSからの入手金は、メニューから入出金をタップしてネット入金24・出金依頼・出金取消・入出金履歴・ATM窓口入金から行います。

スマホアプリからも入金できるが…

ネット入金24は、FXプライム提携先の金融機関のインターネットバンキングを利用して行った入金を、ほぼリアルタイムで口座に反映させるサービスで、メンテナンス時間以外はいつでも利用できる便利なサービスです

ただし、FXプライムの提携先金融機関は、みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行・セブン銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行の10行のみとなります。

DMMFXやSBIFXなどでは全国約380の提携金融機関でリアルタイムでの入金サービスに対応していますので、これに比べると大手行ばかりとはいえ提携数が少ないことは否めません。

PRIMEアプリSの提携先銀行一覧画面PRIMEアプリSのネット入金24画面PRIMEアプリSの出金依頼画面

スマホアプリからでも出金手続き可能

出金依頼すると登録された金融機関に出金が行われ、0時00分から14時59分までの出金依頼は翌銀行営業日に行われ、15時00分から23時59分までの出金依頼は翌々銀行営業日に、土日祝日の出金依頼も翌々銀行営業日に出金されます。

尚、出金取消は、0時00分から14時59分までの出金依頼は当日の14時59分まで、15時00分から23時59分までの出金依頼はよく平日の14時59分まで取り消せます。

金融機関の口座を登録・変更するにはアプリからは行うことができず、PCブラウザ版かモバイルブラウザ版から行います。入出金履歴からは、代表口座の入出金履歴を確認できます。

ATM窓口入金は、各金融機関の窓口・ATM・インターネットバンキングから一人一人に用意された専用銀行口座に銀行営業時間内に振り込むと、約1時間で取引口座に反映されます。

ただし、ATM窓口入金の場合の振込手数料は顧客持ちになりますので注意が必要です。

その他DMMFXのスマホアプリの優れた機能

ログインせずに利用できるサービス

他のFX会社のアプリはログインしないと利用できないものも多くありますが、PRIMEアプリSはログインしていない状態でも注文機能以外の多くのサービスを利用することができます

ログインしなくともリアルタイムでのレートを見ることができ、レートの更新間隔の設定も可能となります。また、PRIMEアプリSの代表的なサービスである高機能なチャートも未ログイン状態で全機能を利用することができます。

さらに、ぱっと見テクニカルは一部機能、マーケット情報はMarketwin24・GlobalInfo24のヘッドライン、その他、経済指標カレンダーやスワップポイントカレンダーが確認できるため、実際にFX取引をしなくてもアプリだけでもダウンロードする価値があるといえます

業界トップクラスのマーケット情報量

FXプライムといえば、ぱっと見テクニカルをはじめとして、業界トップレベルのマーケット情報を提供することでも知られていますが、一部を除いてスマホからも利用することができます。

特に役立つのがオンラインセミナーで、著名な講師によるセミナーをライブのみならず過去分までさかのぼって視聴できるので、初心者ならずとも非常に参考になります。

スマホで利用できますので、通勤時間やちょっとした空き時間にも利用できますので、勉強したい人には大変役に立つサービスです。

FXプライムbyGMO
Pocket

FX会社 ドル円
スプレッド
取引
単位
11月
キャンペーン
詳細
GMOクリック証券 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大30,000円 GMOクリック証券の詳細
DMMFX 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大20,000円 DMMFXの詳細
ヒロセ通商 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大50,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭
(原則固定)
5,000通貨* 最大10,000円 インヴァスト証券の詳細
YJFX! 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大27,000円 YJFX!の詳細
マネーパートナーズ 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大10,000円 マネーパートナーズの詳細
初心者に1番オススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高5年連続世界第1位(2012年1月~2016年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

取引コストを抑えるならDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの安定性も高い

* 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
ページトップ