FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2019.09.04更新

バイナリーオプション

バイナリーオプションを最大購入金額とペイアウト倍率で徹底比較

「ペイアウト倍率って会社ごとに違うの?」

バイナリーオプションでは、ペイアウト倍率(投資額に対する払戻額の比率)によって得られる利益が決まります。

この記事では、バイナリーオプションを始めたいという方に向けて、ペイアウト倍率の種類や特徴、各FX会社のペイアウト倍率について解説していきます!

記事のまとめ
  • バイナリーオプションのペイアウト倍率とは、予測が当たったときの「投資額に対する払戻額の比率」でFX会社ごとに異なります
  • バイナリーオプションの利益見込み額 = 投資額×(ペイアウト倍率-1.0)
  • ペイアウト倍率の提示方法は、取引所ごとに「固定型」と「変動型」があります
  • 日本の登録会社で取引できるのは「変動型」のみです。高倍率を狙えるが専門性の高い相場分析が必須です
  • バイナリーオプションの会社選びでは「1回あたりの取引時間」「1日あたりの最大取引回数」も重要です

まずはバイナリーオプションについて解説

バイナリーオプション(BO)とは、一部のFX取引所で扱う為替先物取引の一種です。


特定の通貨ペア(米ドル/日本円など)のチャートを見ながら、設定されたある価格に対して「これから上がるかor下がるか」を二択式で予測し、的中した場合のみペイアウトとして利益が得られます。予測が外れてしまっても投資額がそのまま損失となるだけで、投資額以上に損失が拡大することはありません。

株式やFXのように値動きを厳密に予測する必要がなく、損失が出ても元本の範囲内に収められることがバイナリーオプションのメリットです。

ペイアウト倍率とは?取引所ごとに違う2種類の方式

ペイアウト倍率とは、判定時刻に予測が当たったときの「投資額に対する払戻額の比率」のことです。バイナリーオプション取引の注文画面に表示されており、その取引で予測が当たった場合の利益額をあらかじめ計算しておくことができます。

ペイアウト倍率は、FX会社ごとに異なるため注意が必要です。

【ペイアウト(pay out)とは?】】

払い戻しを意味し、バイナリーオプションで予測が当たった場合に投資家へ支払われる金額を意味します。

ペイアウト倍率はどう使う?

ペイアウト倍率を利用して、ペイアウト額を計算することができ、ペイアウト=投資額×ペイアウト倍率で求めらます。

たとえば、ペイアウト倍率=1.25倍のBOに800円で購入注文を出し、予測が的中した場合は

ペイアウト額 = 投資額800円×1.25倍 = 1,000円
利益見込み額 = ペイアウト1,000円-投資額800円 = 200円

となります。

ペイアウト倍率と投資額だけで利益見込み額を計算する場合は以下のようになります。

利益見込み額 = 投資額 × (ペイアウト倍率-1.0)

バイナリーオプションで投資効率を考える場合、予測を外した場合の損失額(損切りライン)を考慮する必要はありません。損失額=投資額であることは、あらかじめ分かっているからです。一方で利益見込み額(ペイアウト倍率の数値)は、取引所ごと・注文受付が開始されるごとに変化します。

つまり、時間あたりの利益を確保して投資の手ごたえを感じるには「単純にペイアウト倍率をチェックすれば良い」と言えるのです。

ペイアウト倍率には【固定型】と【変動型】がある

ペイアウト倍率には【固定型】と【変動型】の2種類があります。それぞれについて詳しく説明していきます。

固定型 変動型
ペイアウト倍率 固定 変動
(計算式:ペイアウト額÷オプション購入額)
ペイアウト額 変動(投資額&ペイアウト倍率に比例) 固定
オプション購入額 自分で指定できる 自分で指定できない(オプション価格はリアルタイムで変動する)
採用する取引所 海外を拠点とするバイナリーオプション会社・取引所 日本国内の会社・取引所

固定型

取引所がペイアウト倍率を提示する方法には2種類あり、そのうち一方が「固定型」です。この方式を採用している取引所では、注文受付時間中は倍率が変化せず、自由にオプション購入額を決めることができます。
元手に比例して期待できる利益額も大きくなり、一定の損失見込み額でリターンを得られるのが魅力でした。

ところが2019年現在、日本国内で固定型方式を採用している取引所はありません。ギャンブル性を煽り、バイナリーオプションの仕組みについて誤解を招きやすかったのが理由です。

固定型のメリット・デメリットとしては次のものが挙げられます。

【メリット】
  • 注文受付時間中ならいつでも一定の利益見込み額がある
  • 短時間で大口の利益が見込める
【デメリット】
  • ギャンブル性が高い

ペイアウト固定型は1.8倍~2倍と高倍率なものが多いという事情もあり、投資家のなかには「チャート分析しなくても50%の確率で資金が倍近くになる」と誤認する人もいました。

この点が日本では問題視され、2013年からは倍率ではなくペイアウト額固定を義務付ける業界規制が敷かれています。

参考:金融先物取引業協会資料『個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則』

変動型

ペイアウト倍率を決めるときのもうひとつの方式が「変動型」です。

この方式では、倍率ではなくペイアウト額が固定されます。オプション価格は自分で指定することはできず、FX市場をもとにリアルタイムで計算しなおされており、これを受けてペイアウト倍率が変動する仕組みです。

2019年現在、日本で営業許可を得た取引所は全て「変動型」を採用しています。

【メリット】
  • 固定型に比べて期待できる最大ペイアウト倍率が大きい
【デメリット】
  • 注文タイミングごとに利益見込み額が異なる
  • FXと同レベルの相場分析スキルが必要

変動型を採用する国内取引所では、ペイアウト倍率は最大100倍に達します。しかし、これほどの高倍率はほとんど実現しません。

オプション価格が安い(=高倍率)のは注文受付時間内のごく最初だけです。購入注文~判定時間の間が空くほど、注文時点での相場予想の正確さが失われます。つまり、ペイアウト高倍率を狙ってオプションを買えば、その分損失リスクが高まってしまうのです。

もし判定時刻に向かってオプション価格が安くなったとしても、安易に購入することはできません。価格下落は「投資家の予想が当たる確率は低い=オプションに価値がない」と取引所が結論づけたことが原因で、やはり投資額を失うリスクが高まっているからです。

変動型のメリットを活かすには、何よりも「FXの分析手法を学んで理論的な値動き予測をすること」が欠かせません。FX市場の状況からペイアウト倍率を読み解き、購入注文に最適なタイミングを計る必要があります。

バイナリーオプション各FX社のペイアウト金額&倍率一覧

バイナリーオプションを扱うFX取引所では、オプション購入1単位あたりの最小購入価格が5円~40円の幅で定められています。これを元にペイアウト倍率を紹介すると、次の表の通りです。

FX会社 ペイアウト額 ペイアウト倍率

GMOクリック証券「外為オプション」

1,000円(固定) 計算式のみ公開 ※1

IG証券「バイナリーオプション」

10万円 ※2 1~10倍

FXプライムby GMO「選べる外為オプション」

1,000円 計算式のみ公開 ※1

ヒロセ通商「LION BO」
1,000円 1~100倍

※1 ペイアウト額÷プレミアム(購入)により計算
※2 ドルストレートペア(米ドルと他の外貨のペア)で取引する場合のペイアウト額…1,000USD

特にGMOクリック証券・ヒロセ通称の2社はペイアウト倍率が高くなっています

バイナリーオプションでは購入キャンセル手続きが原則できないところ、紹介した国内FX会社なら「購入したオプションを転売する」という形で損切りすることも可能です。

ペイアウト倍率だけじゃない?バイナリーオプション会社の選び方

バイナリーオプションを扱うFX会社を選ぶ際は、自身の取引スタイルを考慮しながらペイアウト倍率以外の項目もチェックしてみましょう。

投資戦略に関わる次の2つのポイントは、会社選びの際に特に役立ちます。

【ペイアウト倍率以外に見ておきたいポイント】
  • 1回あたりの取引時間
  • 1日の最大取引回数

1回あたりの取引時間

バイナリーオプションの1回あたりの取引時間(注文受付開始~判定)は、その長さによって最適な取引スタイルが変わります。

日本国内の会社の場合、金融機関の規制により最短2時間・長ければ1日とさまざまです。

【取引時間が短い会社:注文開始から判定まで2時間

取引時間が短いFX会社は、バイナリーオプション初心者・1日に繰り返しトレードしたい人・テクニカル分析(チャート形状から値動きを予測する手法)を重視する人が使いやすいでしょう。

【取引時間の長い会社:注文受付開始から23時間

取引時間が長いFX会社は、あまり1回のトレードに時間をかけたくない人・ファンダメンタルズ分析(政治経済ニュースから値動きを予測する手法)を重視する人が使いやすいでしょう。

FXの分析手法はテクニカル・ファンダメンタルズのどちらも重要ですが、前者は短時間トレード向け・後者なら中長期的な値動きを予測できるという特色があります。

あまりに取引時間が長すぎると、判定時間までにトレンドが変化する可能性とともに、ペイアウト獲得の難易度が上がります。まずは短時間の取引から慣れましょう。

1日の最大取引回数

集中してバイナリーオプションをやってみたい人は、1日の取引回数が多い会社を選びましょう。トレード結果の振り返り分析を効率よく進めることができます。

【取引回数の多いバイナリーオプション取扱会社】

ただし、取引回数に応じて運用資金を小さくする工夫は必要です。まとまった額で仕掛けて値動き予想が外れてしまうと、回数をこなさないうちに資金が尽きて撤退の憂き目に遭います。

記事のまとめ
  • バイナリーオプションとは「為替レートが上がるかor下がるか」を選ぶ取引方法です
  • バイナリーオプションのペイアウト倍率とは、予測が当たったときの「投資額に対する払戻額の比率」です
  • バイナリーオプションの利益見込み額 = 投資額×(ペイアウト倍率-1.0)
  • ペイアウト倍率の提示方法は、取引所ごとに「固定型」と「変動型」の2つが存在します
  • 日本の登録会社で取引できるのは「変動型」のみ。高倍率を狙えるが専門性の高い相場分析が必須です
  • バイナリーオプションの会社選びでは「1回あたりの取引時間」「1日あたりの最大取引回数」も重要です
Pocket

FX会社 米ドル円
スプレッド*1
取引
単位
今月の
キャンペーン・特典
詳細
DMMFX 0.3銭 10,000通貨 最大24,000円 DMMFXの詳細
GMOクリック証券 0.3銭 10,000通貨 最大34,000円 GMOクリック証券の詳細
YJFX! 0.3銭 1,000通貨 最大77,777円 YJFX!の詳細
外為どっとコム 0.3銭 1,000通貨 最大105,000円 外為どっとコムの詳細
ヒロセ通商 0.3銭 1,000通貨 最大55,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭 1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭 5,000通貨*2 最大10,000円 インヴァスト証券の詳細
初心者にオススメなのはDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの提示率も高い

総合力でオススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高7年連続世界第1位 ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

*1 スプレッドはすべて原則固定(例外あり)
*2 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載FX会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

YJFX!

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • YJFX!
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
ページトップ