FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2019.11.07更新

FX会社の比較・ランキング

FX会社を情報力で比較!経験者が選んだ有力情報源の会社ランキングベスト3

FX取引において「情報力」は非常に重要です。情報取得の早さはもちろん、情報の質などもトレード結果に繋がります。

特に初心者は各社の情報力を利用するかしないかで、取引上達のスピードも大きく変わります。

またどのような情報やニュースコンテンツを提供し、どのようなセミナーを開催しているかどうかなどもFX会社によって異なるため、選ぶFX会社も変わってきます。

ここでは、情報・ニュース・セミナーでFX会社を比較するときの3つのポイント、「経験者が情報力で選んだFX会社BEST3」をご紹介します。

経済指標の見方・読み方について詳しく知りたい方はこちら

記事のまとめ
  • FXトレードにおいて、情報の早さ・質がなどの情報力が重要である
  • FX会社から配信される情報は「経済指標速報系」「アナリストレポートや有職者レポートなどのレポート系」「経済ニュース・コラムなどのニュース系」の3種類がある
  • FX会社の情報力を比較するときのポイントは3つ、「初心者が使いこなせるか」「テクニカルな情報がるか」「情報が正確で早いか」である

なぜ情報力がFX会社選びで重要なの?

FXトレードにおいて、情報を持っている方とそうでない方では、その時点で大きく差が開いてしまいます。スタートラインが異なってしまうということです。

例えば日本人にお馴染みのドル円を見てみると、なぜか一方向にチャートが動いていたり、突然大きくチャートが動き出すことがあります。

このような時に、情報をもっていない方だと、突然動き出した理由が全く予測できないでしょう

自分がポジションを保有していた時に、突然マイナス方向にチャートが動き出したことを想像してみてください。

徐々に膨らんでいく含み損に、大きなストレスを感じてしまうのではないでしょうか。

しかし、この時に情報を持っていれば「〇〇日の〇〇時はチャートが大きく動く可能性が考えられるので、取引を控えておこう」と事前に予測しておくことが可能になります。

しかし、FXに関する情報を熟知している方はそういないと思います。

そこを補ってくれるのが、FX会社から配信されている情報です。

FX会社によって差異はありますが、情報配信に力を入れているところでは、経済指標やレポートなど様々な情報を受け取ることができます。

情報力の高いFX会社を選ぶことによって、取引前のスタートラインにおいて、周りの方に差をつけることも可能です。

また情報配信に力を入れているFX会社の中には、独自の研究機関を持っており、日々の経済動向などをFXトレードをする方のために、わかりやすく仕上げたレポートを配信しているケースもあります。

そういったFX会社を選ぶことによって、無料で専門家のレポートをFXトレードに活かすことも可能になります。

FXは情報があるのとないのとでは、大きな差が生じてしまいます。

FXトレードに使える情報をできるだけ多く集めることによって、臨機応変な対応が可能です。

FX会社から配信される3種類のレポートで各社の情報力をみる

FX会社から配信される情報は主に以下の3種類あります。

【3種類のレポート】
  • 経済指標速報系
  • アナリストレポートや有職者レポートなどのレポート系
  • 経済ニュース・コラムなどのニュース系

経済指標速報系

経済指標というのは統計を取っているものが多く、経済指標が発表された際に、それを速報値として配信しています。

この速報値が、市場参加者の思惑に反したものであれば、チャートが大きく動く可能性があります。

注目度の高い経済指標であれば、多くの市場参加者が意識している可能性が高く、それだけ大きく動く可能性は高くなります

反対に注目度が低い経済指標であれば、大きく動く可能性は高くないとも言えます。

アナリストレポートや有識者レポートなどのレポート系

FX会社はそれぞれ為替市場や金融市場の動向や予測など、独自のレポートを発信しています。

専門的な知識を持っている金融アナリストなどが、今後の展望などをわかりやすく説明してくれていますし、専門的な内容はプロの知識を借りることによって、自分は別のことに注力することが可能にもなります。

経済ニュース・コラムなどのニュース系

為替の値動きを長い期間で予想していくには、為替を取り巻く経済の状況や世界情勢などを知っておくのもポイントです。

FX会社はそれぞれ、為替に関わるような経済ニュースや、トレードに役立つコラムを配信しています

コラムはFX会社によって特色はあるものの、FXトレードをする方に、役立つ可能性がある情報になるでしょう。

自分では気が付かなかった内容に気付けたりする可能性があるので、目を通しておいて損はないです。

情報収集力・ニュースコンテンツでFX会社を比較するときのポイント

情報収集力・ニュースコンテンツでFX会社を比較する際に重視したいポイントは以下の3つです。
FX会社情報収集力・ニュースコンテンツ比較の3つのポイント

(1)素早く正確な情報が提供されるか

1つ目のポイントは、情報の正確さと提供するスピードです。

FX会社情報・ニュース比較ポイントその3

情報を判断する上で、「正確で役に立つ情報」と「情報の鮮度」の二つの観点が重要です。

もちろん重要なのは前者の「正確で役に立つ情報」ですが、トレンド転換(レートの上昇、下降傾向が切り替わること)などを判断する場合には後者の「情報の鮮度」が重要となるケースがあります。

「FX取引にかかわる情報はできるだけ早く知りたい」ということは、トレーダーにとっては当たり前のことかもしれませんね。

(2)豊富なテクニカル情報

2つ目のポイントは、テクニカルな情報力です。

まず、そのFX会社がどのくらい高機能なチャートシステムを提供しているかが大切です。

チャートの分析に使うテクニカルインジケーターは、特に高度になれば全てのFX会社で利用できるわけではありません。

また複数のインジケーターを表示できたとしても、チャートの動きを読み解けなければ意味がありません。

せっかくの高機能なチャートシステムも、使いこなせなければただのグラフです。

つまりチャートの分析をトレードに活用するために、チャートの役に立つ利用方法や著名なチャーチストのセミナーなどを多く開催しているFX会社を選択してはいかがでしょうか。

(3)初心者でも使いこなせる情報かどうか

3つ目のポイントは、初心者が使いこなせるかという点です。

FX会社の中には、初心者でも利用し易いように分かりやすく、かつ豊富な情報量を提供するところと、必要最低限の情報量しか提供していないところがあります

このように書くと、「初心者にとって良いのは、わかりやすく豊富な情報を提供するFX会社だ」と考えてしまいがちですが、そうとも言い切れません。

豊富な情報発信を行なっているFX会社は、多くの専門家のレポートや見通しを配信していますが、それぞれ独自の見解や主張になっています。

そのため「これからドルは上がる」という人も入れば、「下がる」という人もいます。

それぞれの見解や主張がどのような根拠に基づいているのかを理解する知識がなければ、混乱してしまうだけです。

多くの情報を得ることができる環境は、必ずしも初心者トレーダーにとって意思決定が行いやすいということにはなりません。

適度に一般的な常識で判断できるニュースのみを配信するFX会社が、初心者向けです。

では実際に、経験者によって選ばれた【情報収集力・ニュースコンテンツに優れたFX会社BEST3】をご紹介しましょう!

情報収集力・ニュースコンテンツに優れたFX会社BEST3

1位:GMOクリック証券

GMOクリック証券キャプチャ

FX経験者が選ぶ情報力・ニュースに優れたFX会社第1位は、GMOクリック証券でした。GMOクリック証券は、投資情報の豊富さや質の高い企業情報など、情報の質・量・速度ともに評価できるFX会社です。どのような点が優れているかについて、さらに詳しく見ていきましょう。

投資情報を24時間随時更新で1日に平均100本以上配信

GMOクリック証券の情報力における強みは、会員向けページにて、豊富な投資関連情報を1日に100〜150件ものハイペースで配信している点です。ニュース提供元は、ダウジョーンズ、日本証券新聞、MarketWin24(ジャパンエコノミックパルス提供)と、国内外で信頼性の高い情報会社を選定しています

為替市場に大きなインパクトを与える指標発表などの場面では、素早い情報確認が重要です。その一方で、情報量が多いほど投資行動の判断材料が増えて、より信頼性の高い判断が可能となります。GMOクリック証券の情報量は、トレーダーの判断を助けるのに十分な量だと言えます

GMOクリック証券のニュース配信画面では、銘柄検索等で必要な情報を探すことも可能です。ニュース一覧画面の上部に探したい単語を入力するだけで、情報を探すことができます。いちいち検索条件入力画面を開く手間もなく情報を探せるので、新規発注をする前に情報を確認したい、という場合にも使いやすい機能です。

また、スマホアプリでは、「ニュース一覧」から各ニュースを確認できます。文字の大きさを変更できるボタンが右下にある点もさりげなく嬉しいポイントです。

GMOクリックTV「投資チャンネル」

GMOクリックTVの「投資チャンネル」は、動画で経済情報を確認できる、GMOクリック初見提供のサービスサイトです。投資チャンネルでは、大和インターネットTVの動画コンテンツ「東京マーケット情報」「海外マーケット情報」「スペシャリストレポート」を見ることができます。

投資チャンネルの主な魅力は以下の3点です。

  1. 東京株式市場の動きを速報で1日5回配信など情報ボリュームの多さ
  2. 番組内で紹介した銘柄や指標、主要な為替レートなども分かりやすく表示
  3. スマホやタブレットでも視聴でき、いつでもどこでもニュースチェック可能

テレビでニュース番組を見るような感覚で動画を視聴することもできれば、専門家による経済状況の詳しい解説も視聴可能。情報収集だけでなく投資に関する知識を身に付ける上でも役立ちます。

アナリストがレポートでポイントを解説

GMOクリック証券のメニュー画面では、アナリストレポート閲覧サービスTIW(アイフィスジャパン提供)の提供する、アナリストレポートを読むこともできます。

アナリストレポートでは、投資情報のプロであるアナリストが企業の将来業績予想などを独自に実施。調査対象の企業について、今後の展望などをわかりやすく確認できます。調査対象企業は約500社、年4回+αの発行回数。レポート上部には、アナリストが独自に判断した5段階の印象が表示され、とても分かりやすくまとめられています。

アナリストは、投資情報のプロであると同時に調査対象の企業について非常に深く調査します。そのため、一般人では調べきれない企業情報も数多く持ち、より有益な情報を提供できます。企業の調査という時間のかかる仕事をアナリストが代わりにやってくれ、分かりやすくまとめた企業情報を無料で見られるという点も、GMOクリック証券の魅力です。

Global info 24 FX wave Market Win 24 ロイター ダウ・ジョーンズ Klug
× × × ×

2位:DMM FX

DMMFX

FX経験者が選ぶ情報力・ニュースに優れたFX会社第2位は、「DMMFX」でした。取り扱っているニュース会社の特徴や、2ヶ月分の経済指標を掲載している点など、DMMFXならではの強みをご紹介します。

ニュースはFXi24と時事通信社の2社で有益な情報を厳選

DMMFXでは、有力な情報ベンダーである「FXi24」と「時事通信社」の2社をニュースの提供元として選定しています。

FXi24は、投資に役立つ情報をタイムリーに紹介するという点が大きな強みです。提供する経済ニュースの種類は幅広く、経済指標、政策金利、債券市場、テクニカル分析、オリジナルコンテンツ、株式市場、オーダー状況、市場概況、要人発言などがあります。DMMFXのスマホアプリでも閲覧でき、いつでもどこでも情報がチェック可能です。

時事通信社は、マーケット情報のほか、政治・経済・社会・国際・スポーツ・エンタメなどのニュースを扱っている会社です。DMMFXでは、時事通信社が提供する各ニュースの中でも、特に厳選されたFXに関する情報を「為替ニュース」として掲載し、トレーダーの投資判断をサポートしています。

2ヶ月分(当月・前月)の経済指標を掲載

経済指標も、ニュースと同様に重要視される情報です。特に、アメリカの雇用統計は世界の経済に多大な影響がある数値として注目され、発表直後には為替相場が大きく揺れるほど。DMMFXでは、前回の結果だけでなく今回の予測や結果も掲載しているので、ファンダメンタルズ分析の手掛かりとして役立ちます

スマホアプリにも売買比率の確認機能を搭載

FXトレードにおける売買比率が確認できると、マーケットの傾きが把握できます。マーケットの傾きは、今後どの方向にマーケットが動いていくのかを検討する上で重要な情報のひとつです。

DMMFXでは、DMMFXユーザーの売買比率について、通貨ペアごとに確認できますが、この機能をスマホアプリでも使うことができます。そのため外出先でも、現在どのくらい買われどのくらい売られているのかを見ることが可能に。

外出中でもトレードを行っている場合や、大きな経済ニュースが飛び込んできたときに、市場がどのように動いているのかを知りたい場合にも便利です。

Global info 24 FX wave Market Win 24 ロイター ダウ・ジョーンズ Klug
× × × × ×

3位:外為どっとコム

外為どっとコム

FX経験者が選ぶ情報力・ニュースに優れたFX会社ランキング第3位は、「外為どっとコム」でした

FXに必要な情報のほとんどは「外為どっとコム」で入手できるというほどの情報力を備えています。

各国の重要経済指標の発表結果を瞬時にお知らせしてくれるサービス「経済指標フラッシュ」外為ドットコム経由でオーダーされている注文数の割合を表で教えてくれる「外為注文情報」など取引を行う上で役立つ便利な機能があります。

また初心者向けの専門用語集を使用すれば、FXを学びながら取引を行っていくことも可能です。

さらに20種類以上のレポートやニュース、毎日更新される動画コンテンツでマーケット情報を掴むことできます。

他にも外為どっとコムは、FX業界の著名人による定期的なセミナー(オンラインもあり)も開催しており、情報力のさまざまな面で強みを持っているFX会社です。

Global info 24 FX wave Market Win 24 ロイター ダウ・ジョーンズ Klug

各社の情報力を徹底比較

経済指標速報系で比較

一口に経済指標と言っても、どれを参考にすれば良いのか、というところで戸惑ってしまう方もいると思います。

多くの方が注目する経済指標として上げられるのは、政策金利やGDP、雇用統計などになります。

政策金利やGDPは、該当国の重要なデータになります。

なかでもアメリカの雇用統計は”祭り”と表現されることもあるくらい、値動きに直結する注目度の高い指標と言えます。

FX会社 サービス名 一言コメント
GMOクリック証券のロゴ
経済カレンダー 経済指標を5段階の重要度で表しており、前回値、予測値、結果の項目で数値を公表しています。
DMMFXのロゴ
経済指標 経済指標を3段階の重要度で表しており、前回値、予測値、結果の項目で数値を公表しています。
外為どっとコムのロゴ
経済指標カレンダー 経済指標の重要度を、小・中・高の3段階で表しており、中の指標はオレンジ、高の指標はで表記しています。
ヒロセ通商のロゴ
経済指標カレンダー 重要な指標を赤文字で表示しています。前回値、予測値、結果の項目で数値を公表しています。
外為オンラインのロゴ
なし
SBIFXトレードのロゴ
なし 今週の経済指標、本日の経済指標の2つに分かれます。経済指標の重要度を3段階で表しており、前回値、予測値、結果の項目で公表しています。

レポート系情報力で徹底比較

金融アナリストなどのレポートは、各社によって力を入れている情報は異なります。

FXトレードを行うユーザーのニーズも異なっているので、自分が求めている情報を提供してくれている、FX会社はどこなのかを選定することが重要になります。

FX会社 サービス名 一言コメント
GMOクリック証券のロゴ
アナリストレポート 年間約2,000本の発行実績を持つアナリストが、将来業績予想・分析結果のポイントなどを分かりやすく解説
DMMFXのロゴ
なし
外為どっとコムのロゴ
なし 7種類のレポートを提供しており、様々な角度から解説
ヒロセ通商のロゴ
なし 日々の売買ポイントを解説したFXレポートと、今週の振り返りや翌週の展望など2種類のレポートを発表
外為オンラインのロゴ
今日のアナリストレポート 通算20年以上、為替の世界に携わっている”佐藤正和”独自レポートを提供
SBIFXトレードのロゴ
マーケットレポート 6個の項目に分けたレポートを提供しており、自分が知りたい情報にアクセス出来るようになっています。

ニュース系情報力で徹底比較

FX会社11社の配信ニュースの比較表になります。

FX会社11社一覧 Global info 24 FX wave Market Win 24 ロイター ダウ・ジョーンズ Klug 詳細
GMOクリック証券のロゴ
DMMFXのロゴ
外為どっとコムのロゴ
ヒロセ通商のロゴ
詳細
外為ジャパンのロゴ
インヴァスト証券のロゴ
外為オンラインのロゴ
YJFX!のロゴ
SBIFXトレードのロゴ
マネーパートナーズのロゴ
IG証券のロゴ
FXプライムbyGMOのロゴ

※2019年8月時点の情報です。

各ニュース発信源の特徴を紹介します。

トムソン・ロイター ロイター通信といえば、誰もが知る世界的な金融情報配信企業の一角です。
元々は、ロンドンの金融街シティーを代表する通信会社ですが、その後にカナダのトムソンに買収され現在はニューヨークに本社があります。
以前に比べれば若干の衰えはあるものの、いまだに多くの金融情報はロイターから発信されており、ここ1社だけでも十分な情報量を入手することができます。
ダウ・ジョーンズ ロイター通信と並ぶ世界的な金融情報配信企業です。
ロイターがロンドンシティーを代表するのに対して、ダウ・ジョーンズはその名の通りニューヨークウォール街発祥の通信会社であり、ウォールストリート・ジャーナル誌の発行元企業です。
ロイターとダウ・ジョーンズの東京・欧州・ニューヨークのマーケットサマリーは世界中の多くの人に読まれています。
Global info24 24時間配信のリアルタイム金融情報サービスで、すべての市場が休場となる土日や年始以外は配信を継続します。したがって、金融取引の判断材料の入手に後れを取ることはありません。
ニュース、経済指標、要人発言などの情報以外にもディーラーやストラテジストなどプロの市場参加者のコメントも豊富に掲載されます。
Fx wave 為替ニュース情報特化型の24時間リアルタイム投資情報サービスです。世界中の為替相場を24時間ウォッチングし、1日当たり約150本以上のニュースを配信しています。
テクニカル情報も豊富で、毎営業日の東京市場寄り付き前に1通貨ペアのチャート分析、週初には週足分析で中長期的な見通しを配信し、また、1日3回、東京・ロンドン・ニューヨーク市場の寄り付き前にフィボナッチピボットを配信します。
MarketWin24 坂本軍治氏監修による24時間リアルタイムの金融情報サービスです。大手金融機関や機関投資家、商社や輸出入企業など幅広いユーザーに資金運用や投資戦略ツールとして利用されています。
市場関連のニュースや解説、経済指標や市況速報、日・週・月の相場予測や具体的な売買ポイントの解説、要人発言など多岐にわたる情報が配信されます。

記事のまとめ
  • FXトレードにおいて、情報力の差は大きい
  • 情報の配信に力を入れているFX会社が存在する
  • 重要な経済指標は、多くの市場参加者が注目している
  • 経済指標の数値は、前回値、予測値、結果の3項目で表されることが多い
  • 専門家の意見が無料で取り入れられる、レポートを有効活用することができる
Pocket

FX会社 米ドル円
スプレッド*1
取引
単位
今月の
キャンペーン・特典
詳細
DMMFX 0.2銭 10,000通貨 最大24,000円 DMMFXの詳細
GMOクリック証券 0.2銭 10,000通貨 最大34,000円 GMOクリック証券の詳細
みんなのFX 0.2銭 1,000通貨 最大50,000円 GMOクリック証券の詳細
外為どっとコム 0.2銭*3 1,000通貨 最大105,000円 外為どっとコムの詳細
ヒロセ通商 0.3銭 1,000通貨 最大55,000円 ヒロセ通商の詳細
YJFX! 0.2銭 1,000通貨 最大77,777円 YJFX!の詳細
インヴァスト証券 0.3銭 5,000通貨*2 最大10,000円 インヴァスト証券の詳細
初心者にオススメなのはDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの提示率も高い

総合力でオススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高7年連続世界第1位 ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

*1 スプレッドはすべて原則固定(例外あり)
*2 5,000通貨以上は1,000通貨単位
*3 10月15日(火)午後5時~11月23日(土)午前6時55分

掲載FX会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

みんなのFX!

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • YJFX!
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • みんなのFX
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • YJFX!
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
ページトップ