FX入門サイトエフプロ|FXの「難しい」を「やさしい」に

FX入門サイトエフプロ|FXの「難しい」を「やさしい」に

虫眼鏡アイコン

FX14口座スプレッド比較|【毎月更新】取引コストが安い会社とは

男性のイラスト

なるべく費用をかけずにFXトレードをしたい・・・
取引コスト・スプレッドが安いFX会社はどこなんだろう?

FXトレードをする際は、スプレッドをはじめとする取引コストを少しでも抑えてトレードがしたいですよね。

実はスプレッドを見る際は、「約定率」や「スプレッド提示率」も重要だということを知っていますか?

この記事ではトレードをする際にかかる3つの取引コストと、取引コストが安いFX会社14口座を紹介します!

FX会社 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 口座開設
0.09銭~ 0.30銭~ 0.69銭~ 公式
HPへ
「業界最狭準スプレッド」1通貨~取引可能
とにかく少額で投資したい人におすすめ
特徴詳細
0.2銭 0.4銭*1 0.6銭*1 公式
HPへ
1,000lotまでの取引において約定率100%!
無駄な取引コストをかけたくないユーザーにおすすめ
特徴詳細
0.2銭 0.5銭 1.0銭 公式
HPへ
ドル/円のスプレッド提示率が99%超!
取引をするたびにPayPayがもらえて
実質的な取引コストも削減可能できる
特徴詳細

*スプレッドは原則固定(例外あり)
*SBI FXトレードは、1,001通貨からは変動制
*1 キャンペーン期間:2021年8月2日(月)午前9時~2021年9月4日(土)午前3時
提示時間帯:対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時

目次

見るポイントはスプレッドだけじゃない!取引コストが安い会社を選ぶ3つのポイント

はじめに取引コストが安いFX会社を選ぶうえで、重要になってくる3つのポイントについて解説をしていきます。

取引コストが安い会社の3つの特徴

  • スプレッドが狭いこと
  • スプレッドの提示率が高いこと
  • 注文時のレートで注文できること
男性のイラスト

スプレッドが狭ければ狭いほど取引コストが安いわけじゃないの?

確かにスプレッドが狭いこと=取引コストが安いという考えが大前提ですが、ほかにも取引コストとなりうる要素が存在します。

例えば、取引時に「スリッページ」が発生し無意識のうちに支払っている取引コストや、公式サイトで見たスプレッドが実際に提示されないことで実質的な取引コストが高くなることがあげられます。

そのうえで、上記であげた3つのポイントについて解説をしていきます。

【大前提】基本のスプレッドが狭いこと

スプレッド以外に取引コストのポイントがあるとはいえ、まず大前提としてみる点はスプレッドです。

スプレッドとは

    取引にかかるコスト。同じ通貨間であっても、売値と買値がわずかに異なり、その価格差のことを「スプレッド」と呼びます。

日本国内のFX会社のほとんどが手数料を設けていないため、スプレッドは毎回の取引にかかってくる実質のコストと考えてよいでしょう。

メジャー通貨のスプレッドの基準

    日本国内では近年、どのFX会社も概ね提供しているスプレッドが平準化されており、メジャー通貨における狭いスプレッドの基準は「米ドル/円」は0.2銭「ユーロ/円」は0.5銭が目安となります。

また取引に応じたキャッシュバックキャンペーンを利用することで、実質的にスプレッドを抑えることも可能です。

このあと紹介する「約定力」と「スプレッド」と合わせて、実際にどれくらいコストがかかるかシミュレーションした内容もありますので、ぜひご覧ください。

取引コストが安い会社
TOP3へ

公式の数値が提供されないって本当?スプレッド提示率の高さ

FXトレードにおける実質の取引コストとなるスプレッドですが、実は常に同じ幅で提供されているわけではありません。

スプレッドの提示率とは

市場が開いている時間の間に配信された基準スプレッドの範囲内となった割合を示すもの。

相場の急変時や指標発表時、早朝などの流動性の低い時間はスプレッドが拡大する傾向があります

スプレッドの提示率は、高ければ高いほど提供されているスプレッドで取引できる可能性が高まります。そのため、自分自身が取引したいタイミングでスプレッドを気にせず注文・決済をすることができる点でメリットがあります。

一方でスプレッド提示率が低い場合は、自分自身が取引したいタイミングでスプレッドが広がっている可能性が増加します。スプレッドが広がっていることが原因で利益に支障が出る点でデメリットとなるでしょう。

約定力の高さとは?注文時点のレートで注文が確定すること

さいごに、自分自身が成行・設定したレートで注文した際に指定したレートで注文が確定するかも、取引コストが安いFX会社を選ぶうえで1つの指標となります。

FX用語で表現すると「約定力」と「スリッページ」です。

約定力とは

    注文が確定するスピードや正確さのことで、約定率とほぼ同義です。高ければ高いほど、自身が注文したいと思ったレートで注文が確定するため良いとされています

スリッページとは

    為替相場の変動等により注文時に指定したレートと実際に約定するレートとの間にかい離が生じることをスリッページといいます。

    例えば、1ドル100.000円で新規(もしくは決済)の注文を出したときに、100.003銭などで注文が約定することをスリッページといいます。

このように約定力が低く、相場の変動時などにスリッページが起こってしまうことにより、本来であれば獲得できた・回避できた損益が失われる・発生する可能性があります

コストをシミュレーションしてみよう!1年間取引した場合の取引コストはいくら?

ここからは1年間に1人のトレーダーが取引する平均数量である「800万通貨」を取引した場合の取引コストについて、スプレッドと約定力を基に比較していきます。

今回はスプレッドが最狭水準でスリッページが起こらないFX口座と、スプレッドが最狭水準ではなくスリッページが一定確率起こる条件で比較をしていきます。

    【比較条件①】
  • スプレッド0.2銭
  • 取引コスト無料
  • 約定率100%(スリッページなし)
  • 【比較条件②】
  • スプレッド0.3銭
  • 取引コスト無料
  • 10回に1回、0.5銭のスリッページが発生

比較条件①スプレッドが最狭水準で約定率100%のFX口座

まず、米ドル/円を取引した際、スプレッドが0.2銭でスリッページが起こらなかった場合の試算について解説をしていきます。

1通貨あたり0.2銭のスプレッドが米ドル/円の取引では発生します。これが1万通貨になると1回あたり20円になります。

約定率は100%のため、スリッページによる無駄な取引コストは発生しません。

    【スプレッド】
    20円×800回=(年間)16,000円

上記のように1年間取引を続けた場合、実質16,000円の取引コストがかかることになります。

比較条件②スプレッドが最狭水準ではなく約定率が90%

次に、スプレッドが0.3銭で約定率が90%のFX口座で取引をした際、10回に1度の取引で0.5銭発生した場合。

800回取引する中で720回は0.3銭での取引を、80回はスリッページが発生し0.8銭(スプレッドとスリッページ)の取引コストとなった場合を想定します。

    【スプレッド】
    30円×720回=(年間)21,600円
    【スリッページ】
    80円×80回=(年間)6,400円
    21,600+6,400=28,000円

今回はあくまで一例ですが、スリッページが発生した場合とそうでない場合では、大きく取引コストが異なることがわかります。

これに加え、スプレッド提示率が悪いFX口座で取引をした場合、さらに取引コストが加算されていきます。

Q
結局取引コストって気にしたほうがいいの?
A

ここまで2つの例を挙げて取引コストについて紹介をしてきましたが、取引コストも「取引回数」と「取引数量」によって意識の必要性が変わります

例えばスイングトレードといったスワップ狙いの長期トレードの場合であれば、取引回数を重ねるわけではないため、スプレッドをはじめとする取引コストを考慮する必要性が薄れます。

一方でデイトレードやスキャルピングであれば多くの回数取引する分、取引コストも高くなる傾向にあります。そのためスプレッドや約定力を考慮しないと、取引コストが無視できない差異になってしまいます。

ご自身のトレードスタイルにあわせて、FX会社選びの一つの要素として考えてみてください。

取引コストが安い・スプレッドが狭いFX会社TOP3

ここからはスプレッド・約定力・提示率を総合評価したうえで取引コストが安いFX会社TOP3を紹介します。

1位 SBI FXトレード

SBI FXトレードの特徴

  • スプレッドが最低0.09銭~
  • 最小通貨単位1通貨から取引可能
  • 1,000通貨以上のスプレッド提示率が95%以上、1000通貨未満は100%

取引コストが安い・スプレッドが狭いFX会社の1位はSBI FXトレードです。

SBI FXトレードは1,000通貨以上の取引において変動制でスプレッドを採用している会社です。

1から1,000通貨までのスプレッドは最低0.09銭から提供しており、スプレッド提示率は100%です

1,000通貨未満という条件付きではありますが、取引コストをかけずにトレードができるため少しでも取引コストを抑えたいというユーザーの方におすすめです

SBI FXトレードで
取引を始める

2位 外為どっとコム

外為どっとコムの特徴

  • スプレッドが0.2銭
  • ドル/円のスプレッド提示率95%
  • 1,000Lotまでは約定条件を満たせば100%約定

取引コストが安い・スプレッドが狭いFX会社の第2位は外為どっとコムです。

外為どっとコムはFX専業業者として長年サービスを提供し続けており、FX業界の中では老舗の会社になります。

スプレッドは、ドル/円は0.2銭、ユーロ/円は0.4銭に設定されており、業界最狭水準のスプレッドで取引が可能です

ドル/円におけるスプレッド提示率も95%と高く、1,000Lotまでの取引は約定条件を満たしていれば、100%約定します。

最狭水準のスプレッドで、スリッページによる無駄な取引コストを少しでも削減したいという方におすすめです

外為どっとコムで
取引を始める

3位 YJFX!

YJFX!の特徴

  • スプレッドが0.2銭
  • スプレッド提示率99%超え
  • 取引する度にPayPayがもらえる

取引コストが安い・スプレッドが狭いFX会社の第3位はYJFX!です。

YJFX!はスプレッドが0.2銭と業界最狭水準で提供されており、スプレッド提示率も99.34%と高いです。

業界最狭水準のスプレッドに加え、取引をするたびにPayPayがもらえるため、実質的な取引コストを削減することができます

自分が取引したいときにスプレッドの拡大拡大を気にせず取引したい方や、今のスプレッドが安いよりも今度入ってくる「PayPayボーナスを私生活で使いたい」と考える方におすすめです。

YJFX!で
取引を始める

【比較表】FX14口座の主要スプレッドを比較

主要通貨ペア

FX会社 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 ポンド/ドル ユーロ/ドル 詳細
SBIFXのロゴ 0.09銭~ 0.30銭~ 0.69銭~ 0.5pips 0.19pips 詳細
外為どっとコムのロゴ 0.2銭*1 0.4銭*1 0.6銭*1 0.6pips*1 0.3pips*1 詳細
YJFXのロゴ 0.2銭 0.5銭 1.0銭 1.0pips 0.4pips 詳細
LIGHTFXのロゴ 0.2銭 0.4銭 0.9銭 0.6pips 0.3pips 詳細
GMOクリック証券ロゴ*1 0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.69pips 0.4pips 詳細
DMMFXのロゴ 0.2銭 0.5銭 1.0銭 1.0pips 0.4pips 詳細
外為ジャパンのロゴ 0.2銭 0.5銭 1.0銭 1.0pips 0.4pips 詳細
みんなのFXのロゴ 0.2銭 0.4銭 0.8銭 0.8pips 0.3pips 詳細
ヒロセ通商のロゴ 0.2銭 0.4~0.7銭 1.0銭 0.6pips 0.3pips 詳細
マネーパートナーズのロゴ 0.3銭 0.4銭 0.7銭 1.0pips 0.3pips 詳細
FXプライムのロゴ 0.3銭 0.6銭 1.1銭 1.8pips 0.6pips 詳細
0.3銭 0.5銭 1.0銭 1.0pips 0.3pips 詳細
IG証券のロゴ 0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.9pips 0.4pips 詳細
外為オンラインのロゴ 1銭 2銭 4銭 3.0pips 1.0pips 詳細

2021年8月18日時点
※スプレッドは全て原則固定(例外あり)。
*1 キャンペーン期間:2021年8月2日(月)午前9時~2021年9月4日(土)午前3時
提示時間帯:対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時

高金利通貨ペア

FX会社 豪ドル/円 NZドル/円 ランド/円 トルコリラ/円 詳細
SBIFXのロゴ 0.38銭~ 0.90銭~ 0.78銭~ 1.40銭~ 詳細
外為どっとコムのロゴ 0.4銭*1 1.0銭*1 0.3銭*1 1.7銭*1 詳細
YJFXのロゴ 0.7銭 1.2銭 1.3銭 - 詳細
LIGHTFXのロゴ 0.6銭 1.0銭 0.9銭 1.6銭 詳細
GMOクリック証券ロゴ*1 0.7銭 1.2銭 0.9銭 原則固定対象外 詳細
DMMFXのロゴ 0.7銭 1.2銭 1.0銭 - 詳細
外為ジャパンのロゴ 0.7銭 1.2銭 1.0銭 - 詳細
みんなのFXのロゴ 0.6銭 1.0銭 0.9銭 1.6銭 詳細
ヒロセ通商のロゴ 0.6銭 0.8銭 0.8銭 1.6~4.8銭 詳細
マネーパートナーズのロゴ 0.5銭 1.2銭 0.8銭 1.3銭 詳細
FXプライムのロゴ 0.9銭 1.6銭 0.9銭 4.8銭 詳細
0.6銭 1.7銭 1.8銭 1.5銭 詳細
IG証券のロゴ 0.7銭 1.1銭 1.0銭 1.7銭 詳細
外為オンラインのロゴ 3銭 6銭 15銭 6銭 詳細

2021年8月18日時点
※スプレッドは全て原則固定(例外あり)。
*1 キャンペーン期間:2021年8月2日(月)午前9時~2021年9月4日(土)午前3時
提示時間帯:対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時

その他の通貨ペア

FX会社 カナダドル/円 スイスフラン/円 ユーロ/ポンド 詳細
SBIFXのロゴ 1.38銭 1.4銭 0.79pips 詳細
外為どっとコムのロゴ 1.7銭 1.8銭 1.0pips 詳細
YJFXのロゴ 1.7銭 1.8銭 1.0pips 詳細
LIGHTFXのロゴ 1.5銭 1.6銭 0.8pips 詳細
GMOクリック証券ロゴ*1 1.7銭 1.8銭 1.0pips 詳細
DMMFXのロゴ 0.7銭 1.8銭 1.0pips 詳細
外為ジャパンのロゴ 0.7銭 1.8銭 1.0pips 詳細
みんなのFXのロゴ 1.7銭 1.8銭 1.0pips 詳細
ヒロセ通商のロゴ 1.5銭 1.6銭 0.8pips 詳細
マネーパートナーズのロゴ 2.4銭 2.4銭 2.0pips 詳細
FXプライムのロゴ 1.7銭 1.8銭 1.0pips 詳細
1.7銭 1.9銭 1.9pips 詳細
IG証券のロゴ 1.7銭 1.8銭 0.9pips 詳細
外為オンラインのロゴ 5銭 5銭 1pips 詳細

2021年8月18日時点
※スプレッドは全て原則固定(例外あり)。
*1 キャンペーン期間:2021年8月2日(月)午前9時~2021年9月4日(土)午前3時
提示時間帯:対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時

スプレッドの基礎知識

Q
スプレッドとはなんですか?
A

取引にかかるコスト。FX取引では、たとえ同じ通貨だとしても売値(Bid)と買値(Ask)が違っており、その価格差のことをスプレッドと呼びます。

スプレッドの説明
Q
スプレッドと手数料の違い
A

スプレッドは、厳密にはスプレッド分がそのままFX会社の収益になるわけではないので、手数料ではありません。
しかし、投資家からすれば取引コストには変わりがないので、実質的に手数料のようなものと考えても問題ありません。

Q
スプレッドが広がるタイミング
A

重要な経済指標の発表(毎月発表される米国の雇用統計の発表など)の前後や、世界的に大きなニュース(戦争や大規模な自然災害、大統領選挙など)があった場合はレートが急激に変化するため、スプレッドが広がりやすい傾向にあります。
また早朝など市場参加者が極端に少ないときにもスプレッドが開きやすい傾向にあります。

Q
銭とpipsの違いとは?
A

pipsとは為替が動く際の最小単位のことです。基本的に同単位あたりの銭と数値の差異はなく、呼び名が異なるだけで単位は同じです。例えば対円の取引をする場合の1pipsは1銭。よって、pipsの値が小さいほどスプレッドが狭いといえます。

Q
狭いスプレッドの基準
A

スプレッドを重視し、ドル円取引をする場合ならスプレッド0.2銭が一つの基準と言えそうです。

Q
原則固定スプレッドと変動制スプレッドは何が違うの?
A

原則スプレッドは固定されているが、為替相場が乱高下する際(経済指標の発表前後や要人発言がある場合など)は変動します。

FX経験者が選んだ【カテゴリ別FX会社14社比較ランキング】

以下で気になる項目をクリック!その項目のFX会社ランキングを見ることができます。

RANKINGランキング

  • FX取引高世界第1位※2
  • 最短即日で取引開始
  • 最大304,000円キャッシュバック
詳細を見る
DMMFXのLPキャプチャ_SP
  • ドル円スプレッドは0.2銭※1
  • 24時間LINE問い合わせ可能
  • 最大204,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1,000通貨から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大39,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1通貨から取引が可能
  • スプレッドが業界最狭水準
  • 新規口座開設で最大50,000円キャッシュバック
詳細を見る
外為どっとコムサイド案件
  • FX情報量が豊富
  • 1,000~500万通貨まで幅広い取引に対応
  • 今なら最大106,000円キャッシュバック ※3
詳細を見る

※1:原則固定

※2:ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2020年12月)

※3:口座開設月から翌々月末まで(2021年8月2日(月)午前7時00分より開始)

 

SELECT無料診断

診断ページへ進む

INFOお知らせ

お知らせ

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • GMOクリック証券304000円キャッシュバック
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー