FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2019.09.30更新

FX会社の比較・ランキング

FX取引ツール11社を徹底比較!選ぶときの重要ポイントを2つ紹介

【取引ツール】FX会社比較ランキングベスト3

FX会社
主要取引ツールの特徴
詳細
GMOクリック証券
スピード注文可能な取引ツール
【はっちゅう君FXプラス】
詳細
DMMFX
テクニカル分析に適したチャートツール
【プレミアムチャート】
詳細

(*同率3位)
外為オンライン
シンプルで初心者にもわかりやすい取引ツール
詳細

(*同率3位)
SBIFXトレード
チャート上からでも1通貨から注文できる
詳細

*ランキングはFX利用者へのアンケート結果に基づく

「取引ツールで選ぶならどのFX会社がいいの?」

各FX会社は様々な種類の取引ツールを提供しています。それぞれ個性や特徴があるので、どのツールを利用するかは重要なポイントとなります。なぜならツールやチャートの機能性は取引の結果にダイレクトに影響を与えるからです

そこで、このページでは「取引ツール・チャート選びのポイント」「経験者が取引ツールで選んだFX会社ランキングBEST3」をご紹介します。

取引ツール・チャート選びのポイント

取引ツールとチャートでFX会社を比較する際のポイント

【取引ツール】は「注文のしやすさ」で比較!

FX会社は数多くありますが、それぞれのFX会社は特徴ある取引ツールを提供しています。

取引ツールは実際にFX取引をする上で欠かせないもので、その使いやすさによって取引パフォーマンスが左右されてしまいます。

また、そのFX会社でしかできない注文方法などもあり、そういった各社の特徴を踏まえてFX会社を選ぶことがなにより大切です。

取引ツールを比較する際に重視したいポイントはなんといっても「注文のしやすさ」です。

FXでは、注文したいときにワンクリックで素早く注文できるかどうかで結果が変わってしまうこともあります。

為替は24時間動き、相場が急変することもあるので瞬時に新規や決済注文をしっかりと行える操作性が重要なのです。

【チャート】は「テクニカル分析の種類の豊富さ」で比較!

チャートもFX会社の特色があらわれるポイントです。

FX取引にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析という2つの分析手法があり、テクニカル分析の核となるのがこのチャートです。

テクニカル分析・・・チャートの動きから為替相場の動向を分析する方法。
ファンダメンタルズ分析・・・経済指標などから世の中の動きを予想し為替相場の動向を分析する方法。

テクニカル分析も種類が多くあり、FX会社によって使える分析と使えない分析があります。

チャートを比較する際に重視したいポイントは、なんといっても「テクニカル分析の種類の豊富さ」です。テクニカル分析の種類が多ければ、それだけトレードの幅が広がるのです。

あるテクニカル分析では見られなかった売買サインが、他のテクニカル分析を行うことでくっきり見えて、利益を得ることができたという事例もあります。

また、チャート画面は何枚まで表示できるのか、チャート上から直接注文できるのかも各社によって異なるため、そういった点に注目してFX会社を選ぶことが大切です。

FX経験者が選んだ【取引ツール】比較ランキングBEST3

1位:GMOクリック証券|【取引ツール】比較ランキング

GMOクリック証券キャプチャ

FX経験者が選ぶ優れた取引ツールランキング第1位に選ばれたのは「GMOクリック証券」でした

GMOクリック証券は、業界大手のFX会社。業界の中で存在感を放っています。

多くの人に支持されるということはそれだけの理由があるということです。

メイン取引ツールの特徴

GMOクリック証券のメイン取引ツールは「はっちゅう君FXプラス」です。

GMOクリック証券のはっちゅう君FXプラス取引画面

「はっちゅう君FXプラス」は、GMOクリック証券の中でも特に使い勝手の良い取引ツールで、注文もチャートの確認もできるので万能な取引ツールといえます。

長所

はっちゅう君FXプラスには「スピード注文」という機能が備わっており、その名の通りスピーディーな注文が可能

新規・決済・ドテン・同一通貨ペアの全決済注文もすべて1クリックで操作することができます。

さらに特徴的なのはキーボードのショートカット機能。売買の注文、取引数量の変更をキーボードのショートカットキーだけで行うことができます。

これにより、マウスをつかった他のFX会社の取引ツールよりもスピーディーな取引を行えるようになります。

短所

デメリットは、ダウンロードしないとつかえない点。いつものパソコンで使う分には問題ありませんが、いつもと違うパソコンの場合、ダウンロードする必要があるので注意が必要です。

チャートの特徴

GMOクリック証券のチャートは、「プラチナチャートプラス」。Adobe Flash Playerで起動でき、最大16分割でチャートを表示させることができます。

GMOクリック証券のプレミアチャートプラス画面1

「プラチナチャートプラス」は38種類ものテクニカル指標を使用できます。

これだけ多くのテクニカル分析を扱えるということは、上述したようにトレードの幅が広がります。

また、チャートへの描画機能に優れており、特にテクニカル分析を詳細にしたい方に向いています。

具体的には、チャートにコメントを書き込めたり、レクタングルやトライアングル、フィボナッチという基本的なテクニカル分析はもちろんのこと、ギャンラインや五角形チャートという他ではあまり見られないテクニカル分析も備わっており中上級者も納得の充実機能を備えています。

GMOクリック証券のプレミアチャートプラス画面2

さらに、比較チャートという機能があり、ドル円やユーロ円などの動きを同じチャート上に表示をして、比較をすることもできます。

こういった機能は金融機関に勤めるプロディーラーでもない限り触れることは出来なかったので、大きなメリットです。

その他の取引ツールについて

その他GMOクリック証券のツールとして「FXツールバー」がありうます。

FXツールバーは、ウェブブラウザ(Internet ExplorerまたはFirefoxに対応)で利用するツールバーです。FXはもちろん、指数や商品のリアルタイムレートを確認することができます。アラート付きの経済カレンダー、FXニュース等も表示されます。

このツールバーは、どちらかというと補助的に利用するツールです。

また、GMOクリック証券はスマホアプリでの取引が可能です。

そして、GMOクリック証券では、スマホアプリ「GMOクリック証券 FXneo」があります

「GMOクリック証券 FXneo」はiPhoneとAndroidの両方に対応しています。業界1位のスマホアプリということで多くの人に支持されているバランスのとれた取引ツールです。

このスマホアプリは、パソコンに負けず劣らずの機能を備えています。大きな特徴は2つです。

それは、スピード注文テクニカル分析機能です。

「スピード注文チャート」という機能では、チャートを見ながら注文を行うことが可能です。これはスマホの画面を横向きにした時の画像です

GMOクリック証券のスマホアプリGMOクリック証券FXneoの取引画面

画面配置も短期トレードがしやすい仕様になっており、ワンタッチで全決済も可能となっています。これらの機能は、短期トレードで特に威力を発揮します。ですので短期トレードをする方が特に向いています

次に、テクニカル分析機能について。

「GMOクリック証券 FXneo」の次の長所はそのテクニカル分析機能の豊富さにあります

まず、トレンド系5種類の表示が可能です。

・単純移動平均線
・指数平滑移動平均線
・ボリンジャーバンド
・一目均衡表
・平均足
取引ツール利用料 新規注文の種類 決済注文の種類 時間足の種類 テクニカル指標数
無料 7 7 12 29
チャート表示数 チャート上からの発注 チャート上に注文状況が表示される 描写ツール 経済指標アラート機能
6 × × 8

2位:DMMFX|【取引ツール】比較ランキング

DMMFX

FX経験者が選ぶ優れた取引ツールランキング第2位に選ばれたのは「DMMFX」でした

DMMFXは、DMM.com証券が提供するFXサービスで、FX口座数国内NO.1の業界を代表する大手FX会社です。

また、月間取引高もGMOクリック証券に次いで2位であり、業界を牽引しています。※

※参照:株式会社矢野経済研究所

メイン取引ツールの特徴

DMMFXのメイン取引ツールは、「DMMFX PLUS」です。

メイン取引ツールDMMFX PLUSの注文画面

DMMFXの中でも標準的な取引ツールです。パソコンで利用することができます。

長所

上記の画像を見てわかる通り、ワンクリックですぐに注文ができるようになっています。

また、ダウンロード形式ではなく、ウェブサイトからログインすることで利用することができます。

短所

一方、MacだとブラウザがGoogle ChromeとSafariでしか利用できないなどの制限もあります。

チャートの特徴

DMMFXのチャートは、「プレミアチャート」。これが優れものです。

DMMFXのプレミアチャートの画面

プレミアチャートは、テクニカル分析をすることに優れたツールです。スーパーボリンジャーやスパンモデルといったテクニカル分析も利用できます。

経済指標の「指標発表時の値動き」や「値動きが大きい時間帯の指標発表」などが一目で分かり、分析の幅が広がります。

さらに、アラートを設定したい場合、チャートをドラッグすれば設定できるので、設定しておいて他の作業をしていてもチャンスの時に、気づくことができます

テクニカル分析も基本的な分析から、ピボットポイントやパラボリックSAR、ヒストリカル・ボラティリティなどまで幅広く提供されています。

その他の取引ツールについて

その他のツールとしてあげられるのが、「DMMFX STANDARD」

DMMFX STANDARDは、パソコンとiPadで使用することができます。取引通貨ペアをワンクリックで切り替えられるなど、シンプルな作りながらも使い勝手がよいツールです。

DMMFX ADVANCEの取引画面

また、「DMMFX TRADE」を使えばスマホでもFX取引が可能です。スマホアプリ「DMMFX TRADE」は、スマートフォン用取引ツールで、iPhoneとAndroidそれぞれのアプリが用意されており、2017年7月にリリースされた最新アプリです。

シンプルながらも見やすい画面で、外出先でもトレードができます。主要なテクニカル分析も利用できるので、ちょっとした確認に便利です。

ただ、デメリットは移動平均線などの詳細なパラメータの変更ができない点です。

取引ツール利用料 新規注文の種類 決済注文の種類 時間足の種類 テクニカル指標数
無料 9 4 18 38
チャート表示数 チャート上からの発注 チャート上に注文状況が表示される 描写ツール 経済指標アラート機能
16 25 ×

3位:外為オンライン|【取引ツール】比較ランキング

外為オンライン

第3位タイは、大島優子のCMでおなじみの「外為オンライン」でした

FXの業界内では「外オン」との呼び名で知られています。

メイン取引ツールの特徴

外為オンラインのパソコン版取引ツールはかなりシンプルです。この点、他のFX会社がダウンロード型やFlashなどさまざまな形式の取引ツールを用意しているのとは対照的です。

長所

外為オンラインは初心者の取り込みに注力していることもあって、シンプルで分かりやすい点がメリットです

もちろんワンクリックで注文することができます。

短所

一方、シンプルなのですが、そこまで高機能ではない点がデメリットです。

注文方法などもヒロセ通商などのような独自の注文方法もなく、良くも悪くも一般的といえます。

チャートの特徴

チャートは「外為オンラインチャート」です。このチャートソフトはかなり高機能なチャートツールです。

基本的なテクニカル分析はすべて備わっており、また「比較チャート」という2種類の通貨ペアを重ねて表示する機能もあります

チャート上で売買注文も可能です。さらに、保有中のポジションや注文結果などをチャートに表示することも可能です。

多くのFX会社はチャート機能は優れているのですが、このように売買と密接に関連した機能はあまりないので好評です。

保有中のポジションは、ダブルクリックすると、決済注文画面が表示され決済も可能です。

その他の取引ツールについて

その他、外為オンラインはiPhoneとAndroidスマホに対応したアプリも備えています。

レートとチャートとニュースを一つの画面に表示できることが可能である点がメリットです。

スマホはパソコンに比べてどうしても画面が小さいので、こういった一度にさまざまな情報を俯瞰できるレイアウトはスマホトレードを限りなく有利にします。

ちなみに、iサイクルの注文もスマホで可能です。外為オンラインのスマホ取引ツールを使用すれば外出先でも家と遜色ないトレードをすることができます

取引ツール利用料 新規注文の種類 決済注文の種類 時間足の種類 テクニカル指標数
無料 10 4 16 26
チャート表示数 チャート上からの発注 チャート上に注文状況が表示される 描写ツール 経済指標アラート機能
制限なし 16

3位:SBI FXトレード|【取引ツール】比較ランキング

SBIFX

メイン取引ツールの特徴

SBIFXのメイン取引ツールは、「リッチクライアント」型です。

長所

ワンクリックで発注可能な2WAY注文ができる他、チャート上からの発注、注文変更、取消が可能なチャート発注機能を備えています

チャート上からこういった売買を行える機能は他のFXでも備えていない所が多いのでこの点利便性が高いです。

国内外金融機関で経験を積んできた為替ディーラーがデザインを担当しており、プロ目線で使いやすい取引ツールである点がメリットです。

短所

他社のツールとに比較すると、あまりかっこよくなく、デザイン性で劣っています。

また、アプリケーションをダウンロードしないと使えないのでその手間がかかる点もデメリットです。

チャートの特徴

SBIFXのチャートの特徴はシンプルな構成をしています。

ただ、シンプルながらも多くのテクニカル分析の機能も備えており、上級者から見ても十分使えるツールということができます。またチャート上からの発注も可能です。

その他の取引ツールについて

SBIFXはこの他にブラウザ版取引画面も提供しています。

ブラウザ版取引画面は、インストール型と異なりインストール不要でIDとパスワードを入力するだけで取引をすることが可能であり便利です。

また、SBIFXはスマホアプリの提供もしています。スマホアプリはスマートフォン「新取引アプリ」と「旧取引アプリ」の2種類があります。

まず、新取引アプリについて。2015年の8月にリリースされたアプリで、デザインなどが一新されました。

旧アプリと異なり、チャートを見ながら売買できる機能やスマホで入出金ができる機能が特徴的です。

SBIFXは「ダサい」と評価されることが多いのですが、「スマートフォン用の新取引アプリ」はその評価を変えるデザイン性の高さがメリットです。さらに取引画面の背景を変更できるという機能もあります。

旧取引アプリについてですが、今後は新取引アプリに移行していくと見られるので、とくに使用するメリットはありません。

取引ツール利用料 新規注文の種類 決済注文の種類 時間足の種類 テクニカル指標数
無料 8 5 13 30
チャート表示数 チャート上からの発注 チャート上に注文状況が表示される 描写ツール 経済指標アラート機能
30 15 ×

【11社徹底比較】各FX会社の取引ツール・チャートの特徴一覧

ヒロセ通商

ヒロセ通商

メイン取引ツールの特徴

ヒロセ通商のメイン取引ツールは、インストールタイプとよばれるツールです。インストールタイプは、その名の通りパソコンにインストールして使用するタイプです。

ヒロセ通商の取引ツール画面

パソコンでの取引ツールとして一般的なツールで、ヒロセ通商もこちらの使用を推奨しています。

長所

インストールタイプは、クイック注文も操作性がよく、3種類で使い分けることも可能で、ヒロセ通商が推奨しているスキャルピングも行いやすくなっています

また、アラート機能も充実しており、好きな音を自分でインストールすることも可能です。

かなり頻繁にトレードをする中上級者に好評の機能です。また、インストールタイプはMacにも対応しています。

さらに、ヒロセ通商に特徴的なのが「時間指定注文」。

「時間指定注文」とは、時間を指定して、その指定した時間に注文が執行される、他のFX会社と比較してもほとんど見られない非常にユニークな注文方法です。

レートで決済するタイミングを図る指値注文や逆指値注文と異なり、時間軸で決済のタイミングを決めるので今までとは異なるトレード戦略を試すことができトレードの幅が格段に広がります。

短所

インストールタイプは特に気になるデメリットはありません

チャートの特徴

ヒロセ通商では、「LIONチャート」、「LIONチャートPlus」というチャートを用意しています。これらは、高機能をそなえたチャートシステムです。

ヒロセ通商のLIONチャート画面

チャート分析するだけではなく、注文の発注も可能である点がメリットです。

さらに、単純移動平均性や一目均衡表などの一般的なテクニカル指標はもちろん、非時系列チャートである「ポイント&フィギュア」と「新値足」も利用することができます。

そして、指値・逆指値の注文ラインがチャート上で表示可能です。売買シグナルも表示することが可能です。

加えて、指定した2本のローソク足の間の、値幅や本数をひと目で確認できるツールもあり、2本のローソク足を選択するだけでローソク足の本数が確認できます。

また、LIONチャートでは、チャート上に経済指標のマークが表示され、気になる指標をすぐにチェックすることができます。

そして、比較チャートも利用可能です。比較チャートを使えば、他の通貨ペアのチャートを重ねて比較する事が可能です。

その他の取引ツールについて

WEBブラウザタイプは、WEBブラウザで表示させる取引ツールです。

ヒロセ通商のブラウザタイプ取引ツール画面

インストールタイプが使えない別のパソコンなどで取引したい場合に向いています。

また、必要な機能はすべて備わっており操作性も良いです。画面のレイアウトも変更できて自由度が高い点もメリットです。

次に、FLASHタイプは、複雑機能はいらないというかなりシンプルな取引ツールです。

ヒロセ通商のFLASHタイプ取引ツール画面

文字サイズなどを変更することができ、年配の取引者に配慮しています。

最後にヒロセ通商のスマホアプリについて。ヒロセ通商はスマホ用アプリも用意しており、iPhone用とAndroid用の2種類があり、操作性が優れており好評です。

特にチャート機能が充実しており、チャートを最大4分割にでき、さらにチャートに注文画面を表示させることもできるのでスマホでチャートを見ながら売買が可能です。

SMAとボリンジャーバンドなど、複数のテクニカル分析を一つのチャートに同時に表示させることもできます。

この複数表示機能は他のFX会社ではできないところが多いので「スマホでチャート分析をしたい」という方も大きなメリットです。

さらに、スパンモデル、スーパーボリンジャーなどのテクニカル分析も表示可能です。

取引ツール利用料 新規注文の種類 決済注文の種類 時間足の種類 テクニカル指標数
無料 10 8 13 19
チャート表示数 チャート上からの発注 チャート上に注文状況が表示される 描写ツール 経済指標アラート機能
6 4

外為ジャパン

外為ジャパン

メイン取引ツールの特徴

外為ジャパンのメイン取引ツールは、「外為ジャパンFX PRO」

外為ジャパンの取引ツール画面

「外為ジャパンFX PRO」は、DMMFXの「DMMFX ADVANCE」というツールと同じシステムを使用しており、パソコンとiPadで使用することができます。

長所

取引通貨ペアをワンクリックで切り替えられるなど、シンプルな作りながらも使い勝手がよいツールです。

短所

ツールがDMMFXのツールと同一なので、DMMFXのツールを使用していて使ったことのない機能を試してみたいという方には向きません。

また、特に使い勝手も悪くないのですが、他所に抜きん出た特徴もない点もデメリットといえます。

チャートの特徴

外為ジャパンのチャートは、「プレミアチャート」

基本的なテクニカル指標はもちろん、スーパーボリンジャーやスパンモデルなど、29種類のテクニカル指標を利用できます。カラー設定も可能です。

また、MACDやRSIなどのオシレータ系のテクニカル指標にもトレンドラインを引くことができる点がメリットです。

さらに、あらかじめ設定したレートに到達するとポップアップと音声でお知らせする機能もあります。

設定レートはチャート上に表示されるアラートマークをドラッグすることでも設定可能です。ちなみに、アラート音は5種類から選択することができます。

その他の取引ツールについて

外為ジャパンはこの他に「外為ジャパンFX PLUS」という取引ツールも提供しています

外為ジャパンFX PLUSの取引ツール画面

カスタマイズ性の高い高機能のツールで中上級者向けです

マルチモニターにも最適で、チャートなどの必要なパネルをポップアウトさせる機能もあ流点がメリットです。

こういった機能はプロディーラーが外資系銀行の取引ツールなどに実装されている機能と同様で中上級者にはかなり使い勝手が良いです。

さらに外為ジャパンはスマホアプリも提供しています。

外為ジャパンのスマホツール「外為ジャパン Androidアプリ版」「外為ジャパン iPhoneアプリ版」は、DMMFXのスマホ版取引ツール「DMMFX TRADE」とほぼ同じ仕様です

シンプルながらも見やすい画面で、外出先でもトレードができます。テクニカル分析も主要なものは利用でき、ちょっとした確認に便利です。

取引ツール利用料 新規注文の種類 決済注文の種類 時間足の種類 テクニカル指標数
無料 7 7 12 29
チャート表示数 チャート上からの発注 チャート上に注文状況が表示される 描写ツール 経済指標アラート機能
6 × × 8

インヴァスト証券

インヴァスト証券

メイン取引ツールの特徴

FX自動売買で有名なインヴァスト証券のメインの取引ツールは「ブラウザ版」取引ツール。シンプルな操作性により、初心者から中・上級者までの対応しています。

長所

ブラウザ版なのでアプリケーションをダウンロードすることなく取引をすることができます。また、操作ごとにメニューがまとめられているので使い勝手がかなり良いです。

短所

後述する「リッチクライアント」型と比較すると機能が劣るのがデメリットです。テクニカル分析の種類も上記の取引ツールよりも数が少ないです。

チャートの特徴

画面はシンプルですが操作性は抜群で、さらに特徴的なのが時間足の選択の幅広さです。

たとえば分足であれば1~120分で選択が可能なので、40分足など他社では表示できない時間足を表示させることができます。

その他の取引ツールについて

この他、インヴァスト証券では「クライアント版」取引ツールの提供もあります。インストール型の専用アプリなのでスピーディな取引が可能です。

さらに画面のレイアウトもカスタマイズできるので自由度が高いです。加えて、テクニカル分析の種類も豊富でその数は50種類以上のです。

また、インヴァスト証券は、スマホアプリも提供しています。テクニカルチャートは基本的なものはもちろん、新値足、パラボリックSARといったコアなトレーダーが使う分析手法も搭載しています。

取引ツール利用料 新規注文の種類 決済注文の種類 時間足の種類 テクニカル指標数
無料 7 7 262 50
チャート表示数 チャート上からの発注 チャート上に注文状況が表示される 描写ツール 経済指標アラート機能
5 21 ×

YJFX!

YJFX!

メイン取引ツールの特徴

YJFXのメイン取引ツールはブラウザ版取引画面

YJFX!のブラウザ版取引ツール画面

多くの顧客がパソコンで使用するベーシックな取引画面です。

インストールの必要がなく、ブラウザ上でIDとパスワードを入力するだけで取引を開始することができます。

長所

ボタン配置も迷うことなく、使い勝手の良いツールです。特に、ワンタッチ注文は、かなり素早く売買注文ができるためスキャルピング取引にも便利です。

短所

特に目立ったデメリットはありません。

チャートの特徴

チャートは「Exチャート」。「Exチャート」は、必要な機能はすべて揃っており使い勝手の良いチャートです。

テクニカル分析の種類も多く、スパンモデルやスーパーボリンジャーなどのテクニカル分析も続々追加しています。テクニカル分析のパラメーターも自由に変更することができます。

さらに、CSVで過去の4本値もダウンロードできるので、エクセルなどを使って詳細なデータ分析できる点もメリットです。

デメリットはチャート注文ができない点

その他の取引ツールについて

その他のツールとして、「Cymo NEXT」と「Desktop Cymo」があります

Cymo NEXTは、インストールするタイプの取引ツールです。Adobe AIRを使って動いており、WindowsはもちろんMacにも対応しています。

自動利食い損切りや、指値テープによるクイック指値注文等バラエティーに富んだ注文が視覚的に素早く行えるのがメリットです。中上級者まで対応した取引ツールです。

次に、Desktop Cymoもインストールして使用するタイプの取引ツールです。Cymo Nextと比較して画面はコンパクトです。

パソコン上で他の作業をしている時にレートチェックやニュース、そして実際の売買を行える点がメリットです。
邪魔にならないサイズなので常にパソコンに表示させることができ、便利なツールです。

最後にYJFXのスマホアプリについて。スマホアプリ「Cymo」はiPhoneとAndroidにそれぞれ対応しています

高いデザイン性でオシャレなアプリで、使い勝手もよく、FX初心者でもこのアプリを使えばパソコンいらずのストレスフリーな取引が可能となります。

さらに、発注機能にはワンタッチ注文機能も付いており、スマホアプリからでも短期売買が可能です。もちろん、チャートを見ながらの発注もできます。(下の画像はAndroidアプリを横向きにしたときの画像

YJFX!のスマホアプリチャート画面

また、チャートも見やすいのが特徴です。テクニカル分析も主要なものが揃っておりパラメーターの変更も可能です。

ただ、難点は利用できるテクニカル分析が少ない点です。主要なものしか表示できません。

取引ツール利用料 新規注文の種類 決済注文の種類 時間足の種類 テクニカル指標数
無料 9 10 11 31
チャート表示数 チャート上からの発注 チャート上に注文状況が表示される 描写ツール 経済指標アラート機能
6 × × 8 ×

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

メイン取引ツールの特徴

マネーパートナーズのメイン取引ツールは、「HyperSpeed NEXT」です。業界でもトップクラスに高機能なチャートです。

長所

「HyperSpeed NEXT」のメリットは23種類のテクニカル指標を用いて自由に売買ルールの作成が可能な点がメリット

さらに売買ルールを組み合わせて、自分だけのストラテジを構築することができます。また構築したストラテジを過去のチャートの動きで検証するバックテスト機能も備わっています。

短所

高機能であるだけに、初心者にとっては少しとっつきににくく感じてしまう点がデメリットです。

また、「HyperSpeed NEXT」はアプリケーションなのでインストールする必要がある点もデメリットといえます。

チャートの特徴

チャートは、分足、日足、週足、月足設定が可能で足の設定値を自由に入力できる点が特徴的

テクニカル指標も基本的なものはもちろん、オートマチック・トレンドライン, 高安ポイント表示, ピボット・ポイント表示, 時系列練行足といったかなり玄人受けする分析手法も搭載しており上級者にもしっかり対応しています。

その他の取引ツールについて

その他マネーパートナーズではブラウザベースの「WEB取引サイト」もあります。

ブラウザベースなのでインストール不要な点がメリットです。

また「HyperSpeed Touch」というスマホアプリも提供しています

「HyperSpeed Touch」のメリットは「連続予約注文」の機能がついていることです

最大20件(最低2件)のIF-DONE注文またはIF-OCO注文を1セットで発注し、決められた順番で注文が1件ずつ発注される仕様です。
使いこなせればレンジ相場・トレンド相場のどちらでも対応することが可能です。

また自動売買としては珍しく取引手数料がゼロでかつスプレッドも変わりません。スマホで自動売買を試すことができる稀有なFX会社です。

加えてスマホアプリでは、MarketWin24、フィスコ、グローバルインフォ24といった多くの情報会社からの為替情報を確認することができます。

取引ツール利用料 新規注文の種類 決済注文の種類 時間足の種類 テクニカル指標数
無料 8 7 自由 26
チャート表示数 チャート上からの発注 チャート上に注文状況が表示される 描写ツール 経済指標アラート機能
9 8 ×

IG証券

IG証券

メイン取引ツールの特徴

IG証券のメイン取引ツールは「ウェブベースプラットフォーム」。海外で数多くの賞を受賞した高機能取引プラットフォームで無料で利用できます。

長所

ブラウザベースなので、ソフトウェアのダウンロードが不要な点がメリットです。さらにカスタマイズ性にも優れています。

短所

特筆すべきデメリットはないと言ってもいいでしょう。

チャートの特徴

IG証券の「IGチャート」は基本的なチャートです。

幅広いテクニカル指標が搭載されており、またチャートから直接注文できる機能も備えています。無料で利用することが可能です。

この他IG証券では「ProRealTimeチャート」という高機能チャートも備えています。主要なテクニカル分析はもちろん、自分で新たなインジケーターを設定することも可能です。

さらにプログラム言語による自動取引システムを搭載しています。利用は月々の条件(月間4回以上の取引)を満たせば無料です。

その他の取引ツールについて

IG証券ではこの他にトレーディングアプリを提供しています。iOSとAndroidに対応しています。

特徴的なのは、スピード注文。ワンタップで注文の売買が可能名点がメリットです。また、テクニカル分析機能については基本的なテクニカル分析を備えています。

さらにチャート上から直接発注を行う機能も備えており使い勝手は問題ありません。

取引ツール利用料 新規注文の種類 決済注文の種類 時間足の種類 テクニカル指標数
無料 8 7 18 26
チャート表示数 チャート上からの発注 チャート上に注文状況が表示される 描写ツール 経済指標アラート機能
制限なし 9

FXプライム byGMO

メイン取引ツールの特徴

FXプライム byGMOのメインの取引ツールは「ブラウザ版」取引画面。利便性と機能性を備えた取引ツールです。

長所

画面が見やすく、注文の出し方も初心者に優しい点がメリットです。

短所

一方デメリットとしてはそこまで複雑な機能を備えていないという点です。

チャートの特徴

チャートもシンプルですが高機能な点が特徴的です。特に売買シグナルを作成できる点が魅力です。

移動平均線やボリンジャーバンドはもちろん、雲、抵抗、支持抵抗、遅行スパンを使って売買シグナルを作成できます。

その他の取引ツールについて

この他、FXプライムbyGMOでは、リッチクライアント型の「PrimeNavigator」という取引ツールもあります

高機能で高速取引にも対応しており、またチャートから発注することも可能な中上級者向けの取引ツールです。

さらにFXプライムbyGMOはスマホアプリも提供しています

FXプライムbyGMOのスマホアプリでは、「ハイスピード注文」という注文方法があり、この注文方法をつかえば、通常の売買はもちろん、ドテン注文も1クリックで発注することできる点がメリットです。

スマホを横向きにしたときのハイスピード注文画面はコチラ

FXプライム byGMOのスマホアプリのハイスピード注文画面

また「ぱっと見テクニカル」という珍しい機能もあります

FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル取引ツール画面

「ぱっと見テクニカル」とは、最大約12年分の過去チャートの中から、現在のチャートを比較して瞬時に分析するというFXプライムbyGMO独自のサービス。

この機能を使いたいためだけにFXプライムbyGMOに口座開設をする方も多くいます。口座開設・維持費は無料なので、試してみてはいかがでしょうか。

取引ツール利用料 新規注文の種類 決済注文の種類 時間足の種類 テクニカル指標数
無料 6 4 13 54
チャート表示数 チャート上からの発注 チャート上に注文状況が表示される 描写ツール 経済指標アラート機能
9 × 27 ×

FX会11社の取引ツール・チャートに関する比較表

FX会社名 口座開設費用 取引ツール利用料 新規注文の種類 決済注文の種類 時間足の種類 テクニカル指標数 チャート表示数 チャート上からの発注 チャート上に注文状況が表示される 描写ツール 経済指標アラート機能 詳細
GMOクリック証券 無料 無料 9 4 18 38 16 25 × 詳細
DMMFX 無料 無料 7 7 12 29 6 × × 8 詳細
ヒロセ通商 無料 無料 10 8 13 19 6 4 詳細
外為ジャパン 無料 無料 7 7 12 29 6 × × 8 詳細
インヴァスト証券 無料 無料 7 7 262 50 5 21 × 詳細
外為オンライン 無料 無料 10 4 16 26 制限なし 16 詳細
YJFX! 無料 無料 9 10 11 31 6 × × 8 × 詳細
SBIFXトレード 無料 無料 8 5 13 30 30 15 × 詳細
マネーパートナーズ 無料 無料 8 7 自由 26 9 8 × 詳細
IG証券 無料 無料 8 7 18 26 制限なし 9 詳細
FXプライムbyGMO 無料 無料 6 4 13 54 9 × 27 × 詳細

FX経験者が選んだ【カテゴリ別FX会社11社比較ランキング】

fx初心者が比較したい8項目のランキングタイトル

  • fxランキングスプレッド比較
  • fxランキングスマホアプリ比較
  • fxランキングスワップ比較
  • fxランキング取引ツール比較
  • fxランキング情報力比較
  • fxランキング約定力比較
  • fxランキングキャンペーン比較
  • fxランキングデモトレード比較

Pocket

FX会社 米ドル円
スプレッド*1
取引
単位
今月の
キャンペーン・特典
詳細
DMMFX 0.2銭 10,000通貨 最大24,000円 DMMFXの詳細
GMOクリック証券 0.2銭 10,000通貨 最大34,000円 GMOクリック証券の詳細
みんなのFX 0.2銭 1,000通貨 最大50,000円 GMOクリック証券の詳細
外為どっとコム 0.2銭*3 1,000通貨 最大105,000円 外為どっとコムの詳細
ヒロセ通商 0.3銭 1,000通貨 最大55,000円 ヒロセ通商の詳細
YJFX! 0.2銭 1,000通貨 最大77,777円 YJFX!の詳細
インヴァスト証券 0.3銭 5,000通貨*2 最大10,000円 インヴァスト証券の詳細
初心者にオススメなのはDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの提示率も高い

総合力でオススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高7年連続世界第1位 ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

*1 スプレッドはすべて原則固定(例外あり)
*2 5,000通貨以上は1,000通貨単位
*3 10月15日(火)午後5時~11月23日(土)午前6時55分

掲載FX会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

みんなのFX!

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • YJFX!
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • みんなのFX
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • YJFX!
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • MONEYSQUARE
  • マネーパートナーズ
  • 外為オンライン
  • IGマーケッツ証券
  • FXプライム
  • トレイダーズ証券
ページトップ