FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2017.06.09更新

通貨単位

NDD方式とは?|1000通貨単位でNDDを導入しているFX会社徹底比較

NDD方式を導入しているFX業者をスプレッドの狭さや1000通貨対応、取引ツール等で比較します。ディーラーを介さない取引方式であるNDD方式は、安定した約定率で人気の取引方式です。

NDD方式を導入しているFX会社2社比較

さて、安定した約定率から多くの人に支持されているNDD方式ですが、実は採用している業者は非常に限られています。業者にとってNDD方式は利益の少ないシステムだからです。スプレッドが主な収入源であり、トレーダーがどんどん利益を上げてくれるように約定率の向上などサポートが充実しています。すべてのFX業者の中から、NDD方式を採用しているのか、NDD採用のFX業者の中ではどの業者がいいのかを選ぶのは大変です。そこでエフプロが総力を挙げてNDD採用のFX業者を調べてみたところ、採用しているFX業者は以下の2社でした。

  

最小取引単位 スプレッド(ドル/円) 詳細
ヒロセ通商 1000通貨 0.3銭
(原則固定)
詳細
YJFX! 1000通貨 0.3銭
(原則固定)
詳細

おすすめのNDD方式FX会社はヒロセ通商

取引のしやすさ

オリコン日本顧客満足度ランキングでFX取引部門総合第一位を3年連続で獲得しているFX会社があります。それはヒロセ通商です。

おすすめポイントとしては、扱っている通貨ペアが50種類と圧倒的な通貨ペアの豊富さで、iPhone用アプリは、チャートが充実しているので、外出する際にもFX取引をするのに適しています。

また、デモトレード環境が他社と比べて恵まれています。有効期間が3か月なのですが、それが過ぎても同一のメールアドレスから何度でも登録できるのです。FX初心者にとってはとてもありがたいですね。

更に、ヒロセ通商は数多くのキャンペーンをやっております。その中でも食品キャンペーンというものが通年で行われており、条件さえクリアすれば貰うことができます。そのため、食費を浮かすことができるので、1人暮らしの方にはとてもおすすめなFX会社です。スプレッドが狭くなるなどのキャンペーンもやっており、その都度確認したほうがよいでしょう。

高い顧客満足度

少額取引ならヒロセ通商

ヒロセ通商公式HPキャプチャ
  • スキャルピングOKと公表している希少なFX会社
  • 1,000通貨で少額から始められる
  • 豊富な取扱通貨ペア数とキャンペーン
キャンペーンスプレッド(ドル円)通貨ペア数
最大50,000円0.3銭(原則固定)50通貨ペア
取引単位スマホ対応手数料
1,000通貨無料
キャンペーン最大50,000円
スプレッド
(ドル円)
0.3銭
(原則固定)
手数料無料
取引単位1,000通貨

スキャルピングをやりたい人にはヒロセ通商がオススメです。ほとんどの大手FX会社はスキャルピングを推奨していませんが、ヒロセ通商はスキャルピングOKと公表しているので安心です。 また「少額取引が可能」「圧倒的な通貨ペア数50種類」「豊富な食べ物キャンペーン」などこれといって大きなデメリットのないバランスの取れたFX会社です。

少額取引

リスクの少ない少額から取引をしたい!という方も多いはず。そんな方には通貨単位の小ささで選ぶことをおすすめします。取扱い通貨単位の小ささで選ぶなら1000通貨単位から取引できるヒロセ通商がおすすめです!

そもそもNDD方式とは?

NDD方式とはNo Dealing Deskの略でディーリングデスクというディーラーを介さない取引方式のことです。一般的にはインターバンク直結方式とも言われております。ディーラーの裁量による約定の恣意性を排した注文執行が行われ、投資家とFX業者の利益相反のリスクがありません。

なぜNDDがいいのか

ディーラーを介さないのでFX業者と利益相反する可能性が少なく、ストップ狩りの心配がありません。

ストップ狩りとは、ネット上で噂されるFX業者によるレート操作のことです。

たとえばインターバンクの値が99.95円で、多くのストップロスが100円売りに集中していたとします。このときもし仮に一瞬だけFX業者が自分のレートを100円にしまたすぐ99.95に戻すということをしていたら…多くのトレーダーはそこでストップロスとなってしまいます。それと同時にそれらはすべてFX業者の利益になります。

実際にしているかは別として、DD方式ではこれを行うことが出来てしまいます。

……うーん、なんだかFX業者を信用出来なくなってしまいますよね。

このような事態を防げるのがNDD方式です。インターバンク直結でトレードできるのであなたとFX業者の間に利益相反がありません。

更にユーザー目線から言えば、スプレッドが極端に狭くなる可能性があり、場合によっては売値が買値よりも高い状態になるという逆転が起きることもあるのです。

だからNDD方式が多くの方に支持されているのです。

NDDは完全無欠な取引方法なのか

ではNDDは絶対滑らないトレードができるかというとそういうわけではありません。

スリッページのリスクはあります。しかし必ずしもあなたにとってマイナスというわけではありません。

あなたにとって不利なスリッページもありますが、それと同じだけ自分に有利なスリッページが起こります。これはインターバンク直結で人為的な操作が一切ないので起こります。

そういえばよく考えるとDD方式のFX業者で有利にスリッページしたという話しは聞いたことがありません。もちろん私や周囲の人間、ネット上に書き込む人にたまたま起こらなかっただけかもしれませんが、不利なスリッページはこんなに多く起こっているのに有利なスリッページは一切ないということは人為的な操作がある……と疑いたくなる気持ちも分かります。

まとめ

NDD方式はDD方式と違って、ディーラーがいないので人為的な操作はなされないのですが、その分スプレッドにも影響がでます。上記ではユーザーにとってプラスの場合を記しましたが、逆に人為的な操作が行われないがゆえにスプレッドが大きく開くこともあります。一方、DD方式を採用しているFX会社は原則固定なので、安定しているというメリットがあります。それを考慮すると、スプレッドの上下動が激しい通貨ペアに関しては、NDDを採用したほうが良いでしょう。

Pocket

FX会社 ドル円
スプレッド
取引
単位
11月
キャンペーン
詳細
GMOクリック証券 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大30,000円 GMOクリック証券の詳細
DMMFX 0.3銭
(原則固定)
10,000通貨 最大20,000円 DMMFXの詳細
ヒロセ通商 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大50,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭
(原則固定)
5,000通貨* 最大10,000円 インヴァスト証券の詳細
YJFX! 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大27,000円 YJFX!の詳細
マネーパートナーズ 0.3銭
(原則固定)
1,000通貨 最大10,000円 マネーパートナーズの詳細
初心者に1番オススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高5年連続世界第1位(2012年1月~2016年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

取引コストを抑えるならDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの安定性も高い

* 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
ページトップ