初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

FXで失敗する人は4人に1人?トレーダーの失敗談と経験から学んだ教訓

FXでは大きな損をする可能性もあるみたい。自分も失敗したらどうしよう…

男性のイラスト

という不安を抱えている人は少なくありません。FXにおける失敗の大きな要因としては、テクニックよりも感情面です

この記事では、そんなFX初心者にありがちな感情面での失敗とリスク回避方法について実際の体験談を元に詳しく解説していきます!

FXで100万円以上損失する人はなんと4人に1人!データを元に紹介

FXで失敗する人はどのくらいいるのでしょうか。

「失敗=お金を減らすこと」と考えると、失敗する人の割合はおおよそ40%というデータがあります。

ただ、そのうちの28%は損失額が20万円以内

「安い」とは言えませんが、「人生を変えてしまうレベルの大失敗」というわけでもなく、「授業料」と割り切れるくらいの金額と言っていいでしょう。

※出所:金融先物取引業協会

「100万円を入金してFXを始めたが100万円以上の損失を被ってしまった」というような、預けたお金以上の損失を被る大失敗を経験した人はどのくらいでしょうか。

資料を見てみると、そんな手痛い大失敗を経験している人は約25%、4人に1人だそうです。

40%の人が失敗し、25%の人は大失敗する――。

決して少なくない確率ですよね。

だからこそ「自分だけは大丈夫」なんて思わず、今のうちに先人の失敗から学んでおきましょう。

勉強することで防げる失敗もまた、たくさんあります。

※出所:金融先物取引業協会

FX初心者が陥る失敗には「パターン」が存在する

誰しも利益を出したいと思って始めるFXですが、思うように勝てず撤退してしまう人も少なくありません。

とくに「初心者期間」ともいえる最初の1年間をこらえきれずに脱落してしまう人は多いようです。

何が初心者の落とし穴となるのでしょうか。

じつはFXでは初心者が陥る失敗には「パターン」があります

「FXあるある」とも言える落とし穴です。

初心者に典型的な失敗パターンを学んでおけば、回避しやすくなります。

ここでは典型的な失敗パターンを3種類紹介しましょう。

明確な根拠なしに適当にトレードしてしまう

「昨日は1ドル110円だったのに今日は109円か、安くなってるから買ってみよう」。

こんな「値ごろ感」での売買は失敗のもとでしかありません。

そのまま108円まで下がってしまうことだってありえるのです。

110円で買って108円で決済すると、FXの一般的な取引単位である1万通貨だと2万円の損になってしまいます。

根拠のない取引は失敗の原因

為替レートはスーパーの野菜とは違います。

「昨日より安いから」は買う理由になりません。

安くなっている理由を考えて、買うのは「これ以上は安くならないかな」と推定できる根拠を見つけてからです。

理由や根拠なく売買していると、資金がみるみる減ってしまいます

根拠のない売買は失敗のもと。

最初は稚拙でも構いませんから、自分なりの「買う理由・売る理由」を考えてから取引を始めましょう。

ポジションを無駄に持ちすぎる

初心者が失敗しやすい「FXあるある」のひとつに「ポジポジ病」があります。

「ポジ」とはポジションの略であり、決済する前の取引がポジションです。

ポジポジ病には2種類あります。

ひとつは、資金に対して不釣り合いな量で発注してしまうケース

ポジション量が大きいと損失額もそれだけ大きくなり、1度の失敗が致命傷となります。

失敗への直行ルートです。

もうひとつは、ポジション量は適正であっても取引頻度が多すぎるケースです。

とくに初心者は要注意です。

FXに熱中するあまり深夜までチャートを見つめて、チャンスではない場面でも100回、200回と取引を重ね、資金を減らしてしまいやすい傾向があります。

ポジポジ病の解説の図

これらはポジポジ病の典型です。

多額のポジションを持っていると平常心を失いやすく、冷静な判断が難しくなりますし、取引頻度が多すぎるのも考えものです。

「無駄なポジション、火事のもと」と心得ておきましょう。

正しいタイミングで損切りができない

FXで必須でありながらも、初心者にとってハードルの高いスキル、それが「損切り」です。

「上がると思って買ったのに下がった」、「下がると思って売ったのに上がった」。

そんなとき、あきらめて決済するのが損切りです。

損切りすれば、損失が発生し口座資金は減少します。

しかしダメージを最小限に抑え、次回以降の挽回を図ることができます。

損切りしなければ、相場が反転して利益になる可能性も残されますが、反対に損失がふくらみ、資金の大半を失ってしまう可能性もあります。

損切りが遅れると大きな損失になる可能性を解説した図

9回勝って9万円の利益となっても、次の取引で損切りができずに損失20万円となったら残るのは損失だけ。

資金が足りなくなりFX会社が強制的に決済する「強制ロスカット」になるほどの損失だと、資金の大半が失われ、復活への道が絶たれてしまいます。

損切りすべきときはキチッと損切りし、利益確定と小さな損切りを何度も繰り返しながらもトータルでは利益を残すのが、FXで資金を増やす唯一の道です。

失敗する人の共通点とは?FXで失敗しないための回避方法を紹介

FXの失敗はどうしたら防げるのでしょうか。

実は解決策のひとつを、皆さんはすでに手に入れています。

それは「どんな失敗をしやすいか」を知ること。

先に挙げた3つの失敗――根拠のない取引、ポジションの取り過ぎ、損切りの遅れ――を頭に入れておき、取引を始める前には「根拠があるか?」、「ポジションを取り過ぎていないか?」と自問し、損切りをすることで失敗を防ぐことができます。

やっぱりFXの知識不足

しかし、それでも皆さんは失敗することがあるでしょう。

「知識不足」が失敗をもたらすこともあるからです。

FXは雰囲気だけでは利益を出せません。

正しい知識が必要です。

「知識」などというとハードルが高そうにかもしれませんが、最初から100%の知識が必要なわけではありません。

億単位の利益を積み上げているようなトレーダーたちも最初は少ない知識から始めて、失敗と成功を繰り返しながら知識を増やし、取引の精度を高めています。

学んでおきたい重要な分野は次の3つです。

  • チャートから未来を予想するテクニカル分析
  • 経済指標や政治経済などを分析するファンダメンタルズ分析
  • 最適な発注量や利益と損失のバランスを考えるマネー・マネジメント(資金管理)

少しずつ知識を深め、経験を積んでいくことで、取引の精度を高められるようになっていきます。

自分の感情を上手くコントロールできていない

ところが、いくら知識があってもFXは勝てるとはかぎりません。

FXに限らず投資の失敗を招く最大の要因は「自分自身の感情」だからです。

「損切りは大事だ」、「損切りの徹底を」とは誰もが言うことですし、ここにも書きましたし、あなたもどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。

それでも損切りできないのは、あなたの「メンタル」が邪魔をするから

損切りすべき場面では、「待っていれば戻るかも」という根拠のない期待を抱いて、損切りの痛みを回避したくなります。

「放っておけば治るかも」と虫歯の治療を放置するのと同じです。

治療すれば多少の痛みは伴いますが歯は残せます。

放置すれば、虫歯が悪化し抜歯することになるかもしれません。

誰だって損切りはしたくありませんし、最初は心が痛みます。

それを乗り越えて、切るべきときに機械的に損切りするようメンタルをコントロールできば、初心者卒業といえるでしょう。

FX初心者が失敗を防ぐために重視するポイント

ここまでに紹介した、失敗を防ぐためのポイントをまとめておきましょう。

  • 初心者がやりがちな失敗を知る
  • 知識を身につけ、根拠のある取引を行なう
  • 適切なポジション量で取引する
  • 損切りを徹底する
  • 自分の感情をコントロールする

「投資の神様」と呼ばれるウォーレン・バフェットは資金を増やすためのルールをこう語っていたそうです。

「第一の原則は損をしないこと。第二の原則は、第一の原則を忘れないこと

第二の原則を言い換えれば「投資家は、ルールや原則を忘れやすい生き物だ」ということです。

失敗を避けよう、ルールを決めようと思っても、ルールを100%遵守できる人はほぼ皆無でしょう。

甘え、欲、油断、怠けグセ、生活の忙しさ、眠気――あなたの中には、あなたにルールを破らせようとする敵がたくさん潜んでいます。

自分自身に負けず、ルールを守り続けることこそ、FXで利益を出すための最大のポイントです。

FXで失敗したAさん|経験から学んだ教訓とは

ではここで、FXトレーダーのリアルな失敗エピソードも紹介しましょう。

話を聞いたのは、大学生トレーダーのAさん(20歳・男性)。FX歴1年の初心者ということもあり、これまでに数々の失敗を経験しているとか。

そんな彼にとって、今までで一番痛かった失敗は「1回で10万円」の損失になってしまったトレード

「ドル円のレンジ相場で、売りでエントリーしました。すると急にレンジブレイクしてしまい、1万、2万と含み損がみるみるうちに増えていったんです。

そのころはレンジブレイクしてもすぐに落ち着く相場が多かったので、長期戦も視野に入れ取引しようと思ったのですが、日々増え続ける損失にだんだんメンタルが耐えられなくなって…。ついに損失を確定させました。この一連の取引でマイナス10万円です」

Aさんが考える「損切りが遅れた理由」は、いつか戻ってくるはずだという期待と、「利益を吹き飛ばしてしまう」ことのためらい

その月はすでに3万円の利益を出していたそうですが、マイナス2万円で損切りをすると利益の大半が吹き飛ぶことになります。そう考えるとなかなか損切りができなかったとか。

この反省を活かして、現在Aさんは損切りルールの遵守を心がけています。

「ドル円の場合、30pips(30銭)変動したら絶対に損切りをすることにしています。含み損は、中長期的な視点で見たら戻ってくることも多いですが、資金にも限界がありますし、マイナスが増え続ける状況にはメンタルが耐えられなくなりますから」

Aさんにとって10万円の損失は非常に痛いものでしたが、その失敗経験がルールの徹底につながったと語ってくれました。

万が一FXで失敗してしまったらどうすればいいの?

今のあなたのようにきちんと調べて、失敗への備えを万全の備えにして始めたつもりでも失敗することはあるかもしれません。

操作をミスした、発注したつもりの注文が通っていなかった、レートを見間違えた、通貨ペアを間違えた、などなど、初心者のうちは考えられないようなミスをしてしまうことがあります。

もし思わぬ損失を出してしまったら――。

そうやって想像し、いざというときの対処を一考しておくこともリスク管理のひとつです。

失敗を「記録」し、再発を防ぐ

大損したあとは心が痛み、FXのことを忘れたくなります。

そんなときは気分転換も大事ですが、記憶が新鮮なうちに、失敗の原因を自己分析し、同じ過ちを繰り返さないよう教訓としましょう

「損切りが遅れた」だけでなく、「なぜ損切りが遅れたのか」と一歩踏み込んで考えてみましょう。

「心の甘えが原因だったな」ということならば、ポジションを持つと同時に損切り用の逆指値注文を発注することをルールに加えるなど、同じ失敗を防ぐための仕組みまで作るのが理想です。

「失敗は成功のもと」なんて言い古された言葉かもしれません。

でも、失敗には多くの「学び」が隠されているのは事実です。

FX用のノートを作って失敗取引や成功取引をいつでも見返せるようにしておいたり、パソコンのモニターに教訓を書いたふせんを貼っておいたり、取引ルールを声に出して読んでから取引を始めたり…。

先輩トレーダーはさまざまな方法で貴重な経験を将来の利益に変えています。

忘れたい失敗こそ、忘れず記録し、次回への糧としましょう。

復活への「ルートマップ」を描く

FXで大損しやすいのは、負けた直後です。

「今日の損は今日のうちに挽回だ!」なんて考えるのは、非常に危うい兆候です。

大失敗して100万円の資金が60%減ってしまうと、残りは40万円。

もとの100万円に戻すには150%のパフォーマンスが必要になります。

「60%減っただけなのに150%?!」と思うかもしれませんが、元本の減少はそれだけの痛手なのです。

150%を1日で達成するのは到底不可能ですし、「今日中に挽回だ!」なんて考えるのは無謀そのもの。

ところが、大失敗後は冷静さを失っているため、無謀なチャレンジを行なった結果、チャンスを待てずに焦って取引したり、「いつもの2倍の量で取引すれば一挙挽回!」とポジション量を増やしたりと、さらに傷を深めるような行為に及んでしまいます。

損切りしたり、連敗した直後の熱くなりやすい瞬間こそ、冷静にならないといけません。

焦って取り返そうとせず、電卓やエクセルを使って「週に1万円ずつ利益を出せれば、1か月で取り戻せる」など現実的な復活へのルートマップを描いてみましょう。

自分への「ペナルティ」を与える

大失敗のあとには「冷却期間」を設けるのも有効です。

銀行の為替ディーラーは、損失が決められた比率に達すると「ペナルティボックス」に入り、自己取引を一定期間、禁じられます。

これと同じように「大損したら3日間取引禁止」といったように、為替市場から距離を置くルールを作るのです。

大損したあとはメンタルが乱れがちなので取引を休むことで傷口の拡大を防げますし、休んでいる時間を利用して失敗を分析することもできます。

それに大損したということは「今の相場があなたのやり方に合っていない」可能性もあります。

合わない相場で取引するくらいなら「休むも相場」と割り切って、知識の研鑽に励んだほうがいいでしょう。

「資金が1日で20%以上減ったら2日間休む」といったように自分なりのペナルティ・ルールを決めておくといいでしょう。

【でも失敗が怖い人向け】自動売買なら感情に左右されない取引が可能

FXの失敗はルールを守ることで回避できますが、それでも自信がない人や不安な人は、「大失敗を回避するための仕組み」を用意することも考えてみましょう。

ポジションを持ったら自動的に損切りの逆指値注文を発注してくれる機能は、初心者に導入してほしい仕組みのひとつ。

多くのFX会社で、「設定」画面などから利用できます。

ただ、それでもメンタルが邪魔をして、自動発注された注文をキャンセルしてしまったり、損切りの位置を遠くに動かしてしまうリスクはあります。

そこで、さらなる自動化を求めるなら自動売買の導入も視野に入ります。

自動売買なら、あらかじめ決められたルールに従って新規から決済まですべて自動ですから、メンタルの入る余地はほぼありません。

メンタルコントロールが苦手な人には便利な存在となるでしょう。

とはいえ、自動売買任せでは上達しにくいですし、「自動」とはいえプログラムを選ぶのは自分自身。

相場に合わせた調整も必要で、完全に放置できるわけではありません。

「自動売買だから楽して稼げる」なんて安易に考えないことも大切です。

ARTICLE LIST入門編の記事一覧

RANKINGランキング

DMMFXのLPキャプチャ_SP
  • FX口座数国内第1位!(※)
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • FX情報量に絶対的自信
  • 1,000~500万通貨まで幅広い取引に対応
  • 今なら最大106,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1,000通貨で少額から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
GMOクリック証券
  • FX取引高7年連続世界第1位 (※)
  • 去年8月に11通貨ペアのスプレッドを縮小
  • 最大33,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • オリコン満足度ランキング第1位
  • 1,000通貨に対応
  • 取り扱いペア数が豊富
詳細を見る

※1:2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ。DMMFXと外為ジャパンを合算した数値。
※2:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー