FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

2018.10.03更新

FX勉強

FXのファンダメンタルズ分析とは?初心者でも覚えておきたい基本知識まとめ

記事のまとめ
  • ファンダメンタルズ分析とはデータを用いて経済の状態を判断し、相場の動きをよむ方法
  • ファンダメンタルズ分析では市場の関心をつかむことが重要
  • 初心者でも最低限のファンダメンタルズ分析の知識が必要
  • 初心者は景気動向・金利・物価・国際収支・為替介入・地政学的リスクによる相場の動きを知ろう

ファンダメンタルズ分析とは?

FXの分析手法には、「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の2種類があります。

「ファンダメンタルズ分析」は、経済の状態を判断するデータを用いて相場を分析する方法です

「ファンダメンタルズ」とは?
「経済の基礎的条件」を指します。
具体的には、各国の「失業率」や「貿易収支」などの経済指標、財政状態、金融政策などがファンダメンタルズに含まれます。

ファンダメンタルズ分析は中長期の相場を読むのに有効

「ファンダメンタルズ分析」を正しく行えば、中長期の相場を予測することはそれほど難しくありません

ファンダメンタルズ分析は、相場全体の値動きを読む際に基礎となるものです。

ファンダメンタルズの良い国の通貨はいずれ上昇し、ファンダメンタルズの悪い国の通貨はいずれ下落します。ファンダメンタルズに合致しない値動きは、マーケットが何らかの誤解をしており、いずれ時間が経過すれば修正されます。

市場の関心をつかむ必要がある

fxファンダメンタルズ

ファンダメンタル分析を用いて相場を分析するためには、市場の関心がどこにあるのかを知る必要があります。

各国の経済指標で非常に良い経済データが出ても、市場が注目していなければ相場は反応しません。あるいは、極端に悪い経済データが出ても、市場が注目していなければ相場が反応しないこともあります。

しかし、市場が注目している経済指標の場合は、ほんのわずかな経済データの変化であっても相場は大きく反応します

「市場の関心がどこにあるか」をつかむには、随時発表されている相場状況のコメントを読む必要があります。

ファンダメンタルズを分析するには、実は常にニュースなどで世の中の動向をチェックする必要はありません。市場が関心を持つポイントだけを知っておけばいいのです。

初心者が相場を予測するためにチェックするべき情報

初心者がファンダメンタルズ分析を行う上で、常にチェックしておきたい情報は以下の3つです。

  • 米国経済指標
  • 国際的な会合
  • 各国の金融政策

まずは米国の経済指標の知識を得るところから始めましょう。なぜなら、米国の経済指標は注目度が非常に高く、相場にも大きく影響を与えるからです。

各国の経済指標以外にも、定期的に行われるサミットなどの国際的な会合の結果も重要です。会合の結果は外国為替市場や国際金融市場への影響が大きいため、市場の関心が集まります。

また、金融政策もファンダメンタルズに含まれます。金融政策は各国の中央銀行によって行われます。

中央銀行は、景気が良いときは金利をひきあげ、景気が悪いときは金利を引き下げます。これらの利上げや利下げを行うことで相場にも影響が出ることがあります。

テクニカル分析とは?

「ファンダメンタルズ分析」と対比される分析手法が、「テクニカル分析」です。

テクニカル分析は、チャートを基に今後の値動きを予想する分析手法です。

チャートを見れば相場の動きが一目瞭然であり、習得難易度も低いため、初心者にはおすすめです。また相場の動きがリアルタイムで分かるので、短期的な取引の場合はファンダメンタルズ分析よりもテクニカル分析の方が有効です。

初心者でも知っておきたい相場の基本

相場が動くのはなぜ?

ファンダメンタルズが変化することによって、需供関係に影響を与え、為替相場の値動きにも変化が表れます

相場は2国間のファンダメンタルズを比較して、強い国の通貨が買われて上昇し、弱い国の通貨が売られて下落します。

たとえば・・・

ドルと円を比較すると、

ドルのファンダメンタルズが強い・円のファンダメンタルズが弱いドル高・円安
ドルのファンダメンタルズが弱い・円のファンダメンタルズが強いドル安・円高

これを需給の関係で見ると、

需要が高い⇒価値は上がる
需要が低い⇒価値は下がる
供給が高い⇒価値は下がる
供給が低い⇒価値は上がる

こういった仕組みは、株式市場や債券市場なども同様です。さまざまな市場で需要と供給のバランスによってそれぞれの価格が上下動をしています。

価格を決める要因は需要と供給の関係ですが、その需供関係に大きな影響を与えるものが、景気や金利、国際収支などなどの経済の基礎的な要因です。

相場を理解する必要があるワケ

FXにおいて相場をしっかりと理解しておくことで、利益に結びつけることや大きな損失などのリスクを防ぐことができます。

相場に関する知識が備わっていれば、取引のタイミングもつかみやすくなります。相場が上昇しているときは「買い」で参入し、下落しているときは「売り」で参入することで、目先で損失を出してもいずれも利益に結びつきます。

また、経済動向は相場に大きな影響を与えます
ですから、経済動向に関する基本的な知識を身につけておくことは、相場の値動きを分析する上で大いに役立ちます。

ファンダメンタルズ分析により相場の流れをきちんと理解しようとすることで、取引における勝率は高くなるでしょう。

覚えておきたいファンダメンタルズによる相場の動き

では具体的に、以下の5つのファンダメンタルズの変化による相場の値動きについてご説明します。

(1)景気動向

景気が良い⇒金利が上がる⇒相場が上昇
景気が悪い⇒金利が下がる⇒相場が下落

このことから、景気動向に関する経済指標の発表は為替相場を動かす材料になります。

特に、米国の雇用統計やGDP(国内総生産)は重要指標であり、その注目度は高く為替相場に大きな影響を与えます。

(2)金利・物価

物価が上昇⇒金利が上がる
物価が下落⇒金利が下がる

資金は、低金利通貨の国から高金利通貨の国へと流れるため、金利が高い国の通貨は買われて上昇しやすくなります。

(3)国際収支

貿易などの経常収支や、資金の移動による資本収支によって実需が発生します。

経常収支の場合
黒字(経常収入>経常支出)円高
赤字(経常収入<経常支出)円安

日本の経常収支が黒字だと、受け取った外貨を日本円に交換する必要が出てくるので円高傾向になります。逆に経常収支が赤字だと、日本円を外貨に交換する必要が出てくるので円安傾向になります。

資本収支の場合
資金流入>資金流出円高
資金流入<資金流出円安

資本収支において、資金流入のほうが資金流出より多い状態だと日本円が買われて円高傾向になります。逆に、資金が流出する状態だと日本円が売られて円安傾向になります。

(4)為替介入

為替介入とは、各国の金融当局が、為替レートの急激な変動や過度な通貨高や通貨安を防ぐために行う為替売買のことです。

為替介入が行われると為替相場は大きく動きます

過去に日本で行われた為替介入を見ると、その実施された金額は莫大であり、数兆円規模のケースもありました。

また、為替介入は単独で行われることが多いのですが、複数の国が連携して行う協調介入というものもあります。単独介入よりも協調介入のほうが影響力は大きいです。

(5)地政学的リスク

地政学的リスクが高まると、避難通貨としての日本円が買われて円高になるケースもあります。

テロ事件や戦争が起こると、その国に対する政情不安が広がります。そのため、経済活動やその国への投資に悪い影響が出るだろうといった判断がなされ、その国の通貨は売られる傾向になります。

ファンダメンタルズ分析は避けては通れない!

ファンダメンタルズ分析を知らないと相場で致命的な失敗をする可能性があり、最低限のファンダメンタルズの知識は必要不可欠です。

「テクニカル分析」を中心にFX取引を行おうと考えていても、その時々の相場の質・特徴によっては、「テクニカル分析」が役に立たないケースも多々あります。

たとえば、大きな政策の変更や、突発的に重大なニュースが出た際には、予想外の相場の値動きになる場合があります。その場合、「テクニカル分析」は役に立たないという可能性もあります。

まずは、「ファンダメンタルズ分析」とはどのような分析方法なのかを理解しましょう。そのうえで、日々発信される経済情報に常に意識を持ち、わからないことはその都度調べて少しずつファンダメンタルズに関する知識を得て行くことが必要です。

Pocket

FX会社 米ドル円
スプレッド*1
取引
単位
今月の
キャンペーン
詳細
DMMFX 0.3銭 10,000通貨 最大24,000円 DMMFXの詳細
GMOクリック証券 0.3銭 10,000通貨 最大33,000円 GMOクリック証券の詳細
外為どっとコム 0.3銭 1,000通貨 最大103,000円 外為どっとコムの詳細
YJFX! 0.3銭 1,000通貨 最大27,000円 YJFX!の詳細
ヒロセ通商 0.3銭 1,000通貨 最大50,000円 ヒロセ通商の詳細
外為ジャパン 0.3銭 1,000通貨 最大20,000円 外為ジャパンの詳細
インヴァスト証券 0.3銭 5,000通貨*2 最大20,000円 インヴァスト証券の詳細
初心者にオススメなのはDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの提示率も高い

総合力でオススメなのはGMOクリック証券
・FX取引高6年連続世界第1位(2012年1月~2017年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

*1 スプレッドはすべて原則固定(例外あり)
*2 5,000通貨以上は1,000通貨単位

掲載FX会社一覧

DMMFX

GMOクリック証券

YJFX!

外為どっとコム

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • YJFX!
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
ページトップ