初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

【使い分けが重要】FXの基本6つの注文方法を紹介!

FXの注文方法には、基本の注文方法と、それらを組み合わせた応用的な注文方法があります。

基本的な注文方法は、価格を指定しない成行注文と、あらかじめ希望する価格を指定しておく指値・逆指値注文です。

FXで取引を始めるにあたり、まずこの3つの基本的な注文方法の意味と、メリット・デメリットを理解しておきましょう。

記事の後半では、指値・逆指値を組み合わせた応用的な注文方法を解説していきます。

FXの基本となる3つの注文方法とその使い方

成行注文(マーケット注文)

成行注文は、「現在のレートで注文を出す」方法です。ほかの注文方法と違って、価格を指定せず、すぐに注文を成立させたい場合に使います。

成行注文では、まれに注文したときの金額と約定した金額(売買が確定したときの金額)に差が生じることがあります。

これを「スリッページが生じる」「滑る」などといい、通常時に起こることは少ないものの、相場変動が著しいときに発生する可能性があります。

スリッページが発生する原因は、トレーダーの出した注文がFX会社のサーバーに届くまでの間に、レートが変動したことなどです。

成行注文で滑るリスクを減らすため、許容できるスリッページ幅をあらかじめ指定しておける「ストリーミング注文」という方法もあるのですが、値動きが激しくスリッページが多く発生するような場面では、なかなか注文が成立しないことも…。

通常の相場ですぐに注文を成立させたい場合は成行注文、なるべく自分にとって有利な価格で約定したい場合はストリーミング注文と、使い分けることが重要です。

指値注文

指値注文は、希望する価格をあらかじめ指定して注文する方法。自分にとって有利な相場を想定して出しておく注文を「指値注文」といいます。

「〇〇以下になったら買う」「〇〇以上になったら売る」と注文を出しておき、取引成立を待ちます。

長時間チャートを監視できない場合にも便利ですが、指定した価格へ到達しなかった場合なかなか約定しないというデメリットもあります。

逆指値注文(ストップ注文)

逆指値注文(ストップ注文)は、その名の通り指値注文とは逆に、自分にとって不利な相場を想定して出しておく注文です。

「〇〇以上になったら買う」「〇〇以下になったら売る」と設定しておくことで、思わぬ方向へ相場が動いた場合の損失を防止(損切り)することができます。

リスク回避のために非常に重要度の高い注文方法なので、ぜひ覚えておきましょう。

また、「〇〇以上になったら買う」と逆指値しておくことで、価格上昇の波(トレンド)に乗る使い方もできます。

トレンドに乗る注文方法としては「トレール注文」というものもあるので、指値・逆指値が理解できたら、こちらも覚えておくと便利。

トレール注文については以下の記事で詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

関連する記事を紹介

トレール注文とは?対応FX会社4社と注文のコツを紹介

トレール注文を使いこなすコツは?トレール注文に対応している業者はどこ?トレール注文とは、逆指値注文で設定したレート水準をチャートの•••続きを読む

なお逆指値注文では、指値注文と異なり、スリッページが発生することがあります。

これは、指値注文が原則「注文価格に到達した瞬間に約定する」のに対し、逆指値注文が「注文価格を超えたときに約定する」からです。

FX会社によっては、逆指値注文をスリッページさせないようにできるサービスがあります。

IG証券の「ノースリッページ注文」は、決済注文で逆指値した場合に、一定の保証料を払うことで、指定した価格で必ず約定できるサービス。

価格の急落が著しい場合でもスリッページが発生しないため、急なレート変動に備えたいときに覚えておくと便利です。

参照:IG証券「ノースリッページ注文」

指値・逆指値を組み合わせた3つの注文方法

ここまでに紹介した、指値・逆指値を組み合わせた注文もあります。

新規注文から決済まで同時に価格指定したいときや、相場の上下どちらにも対応したいときに便利な注文方法です。

IFD注文

IFD(If done)とは、新規注文と決済注文の指値を同時に指定する注文方法です。

相場の動きを予測しておくことが必要になるため上級者向けですが、使いこなせれば新規注文から決済までを自動で行えて便利です。

ただし予想したシナリオと相場が逆に動くと、想定外の損失が出てしまうことも考えられます。

こうしたIFD注文のリスクをカバーした注文方法として、後述する「IFO注文」があります。

  • パターン1:指値+指値で積極的に追求
  • パターン2:逆指値+指値で価格上昇のトレンドに乗る
  • パターン3:指値+逆指値でリスク回避

OCO注文

OCO(One Cancels the Other)とは、新規または決済注文において、異なる2つのパターンを想定して指値する注文方法であり、相場がどう動くか読みづらいときに有効です。

たとえば、「1ドル=100円で買いのポジション」を保有していたとして、「1ドル=101円まで円安になったら指値売りで利確」もしくは「1ドル=99円まで円高になったら逆指値売りで損切り」したいと考えている場合、利確と損切りを同時に行えるOCO注文を使うとよいでしょう。

ただOCO注文では、一方の注文が成立すると他方はキャンセルされるため、たとえば損切りラインに到達したあと上昇した場合、トレンドに乗る機会を失うというデメリットもあります。

IFO注文

IFO注文は、IFDとOCOを組み合わせた注文方法です。新規注文と決済注文を同時に出し、さらに決済注文において2つのパターンを指定することができます。

取引自動化、利確および損切りを1度に行えるため、前述のIFD注文のリスクを抑えることができます。

ただ前述のOCO注文と同様のデメリットもあることには注意が必要です。

まずはどの注文方法から覚えるとよい?

新規取引の場合、スリッページが発生せず、希望通りの価格で取引しやすい「指値注文」から覚えてみましょう。

指値だと取引成立まで時間がかかるかもしれませんが、チャートの動きを読みながら、じっくり約定を待ちましょう。

ARTICLE LIST入門編の記事一覧

RANKINGランキング

DMMFXのLPキャプチャ_SP
  • FX口座数国内第1位!(※)
  • ドル円のスプレッドは0.2銭
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1,000通貨から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • FX取引高8年連続国内第1位 (※)
  • アプリもチャート上から発注可能
  • 最大33,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 高金利通貨ペアのスワップが高水準
  • 売り買いのスワップ差が0円
  • 最大53,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • オリコン満足度ランキング第1位
  • 1,000通貨に対応
  • 取り扱いペア数が豊富
詳細を見る

※1:2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ。DMMFXと外為ジャパンを合算した数値。
※2:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

SELECT無料診断

診断ページへ進む

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー