初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

FXにおける円高・円安の意味って?初心者向けに為替の見方と取引のポイントを解説!

FXでは円高、円安のどのタイミングで取引するのがいいの?

男性のイラスト

FXでは、円高・円安いずれのタイミングで取引を始めても同じように取引が可能です。

トレーダーは為替レートの動きや各国の経済情勢等から為替の動きを予測することが重要になっていきます。

この記事では、FXにおける円高・円安の意味や、突発的な円高・円安の要因などについてわかりやすく解説します!

FXにおける円高・円安ってどんな意味?

円高円安には「1外貨が〇〇円になったら円高、〇〇円になったら円安」という明確な基準はなく、他国の通貨と交換したときの日本円の価値が「相対的に高いか安いか」を表すものです

たとえば「1米ドル=90円」と「1米ドル=100円」で比べると、少ない円で多くのドルを購入できる前者が、ドルに比べて円の価値が高い、つまり円高となります。

逆にアメリカから見ると、1米ドルで90円分しか買えないためドル安となります。

よくありがちな誤解として「90円と100円なら、100円の方が高い。だから100円の方が円高だ」と考えてしまうケースがありますが、逆なので注意しましょう

高い・安いというのは「価値」です。

こうした交換比率を為替レートといい、各国の通貨の人気度や需給バランスにより常に変動しています。

需要のある通貨ほど、その価値も高くなりやすい傾向があります。FXでは、各通貨が

  • 安いときに買い、高くなったタイミングで売る
  • 高いときに売り、安くなったタイミングで買い戻す
といった取引をすることで、買った時の値段と売ったときの値段の差益(為替差益)を作ることが目的になっています。

円高・円安の原因とは?原因と影響から事前に相場を予測するべし

通常のFX取引では、チャート(値動きを示したグラフ)をもとに売買のタイミングを計る「テクニカル分析」が主流ですが、しばしばチャートだけでは説明できない突発的な為替相場の変動が起こることがあります。

これは、為替市場に参加している投資家たちの心理をひとつの方向に傾けるような、重大なニュースがあったとき(経済・政治的事件や発言、経済指標の発表、災害、紛争など)です

相場から撤退すべきと判断したトレーダーたちによって売りが売りを呼び、「ナイアガラ」と呼ばれるような大暴落も起こり得ます。

外国為替市場に影響を及ぼす、各国の経済的・政治的な指標や条件を「ファンダメンタルズ」といい、これをもとにした「ファンダメンタルズ分析」は、テクニカル分析を補完したり、突発的な大変動に備えたりする上で重要です。

円高・円安になりやすいファンダメンタルズ的要因や、FX市場における歴史的大変動が起こった事例は以下に紹介しているので、こちらもチェックしてみてください。

関連する記事を紹介

FXのファンダメンタルズ分析とは?5分で読める手法の基本

FXにおける「ファンダメンタルズ分析」とは、政策金利や国際収支、雇用統計といった、各国の経済状況を表す基礎的条件(ファンダメンタル•••続きを読む

円高になりやすい政治・経済的要因

円高はつまり、「円の需要が高まっている」ということですが、経済的・政治的不安やリスクが高まったときに、「有事の円買い」で資産の逃避先として選ばれる傾向もあります。

以下に、円高になりやすい要因をいくつか紹介しますが、これらは「可能性がある」という話です。相場が必ずセオリーどおりに動くわけではないので、あくまでも傾向として覚えておきましょう。

 アメリカで景気悪化や利下げが行われたとき(以下はあくまでも一例)

 アメリカで景気悪化や利下げが行われたときの流れ

アメリカの景気が後退したと見られる場合や、FRB(日本でいう日銀)による政策金利の引き下げが行われた場合は、ドル安・円高が起こりやすいと言えます。

具体的には以下のような場合です。

アメリカの景気は、定期的に発表される雇用統計やGDPなどの経済指標で推測できます。

しかし、さらに利下げが行われると、FRBからも景気が問題視されていることになり、投資家たちは景気悪化を再確認せざるを得ず、投資意欲も減少します。

そこで円への資産移動、円高が起こりやすくなります。

なお、アメリカの景気を表す重要経済指標の発表時や、年8回の政策金利決定会合(FOMC)は、相場が動くことが多いので注意しておきましょう。

とりわけ発表時に市場参加者の予想値と大きく異なる発表がなされた場合は、相場が大変動することがあります。

こうした定期的なイベントの日程は、FX会社の「経済指標カレンダー」で確認できます。

輸出増加などで円の需要が増えるとき

日本からの輸出が増え、日本企業が外貨で得たお金を日本円に換える必要があるとき、また日本への外国旅行者が増えているときなどは、円の需要が高まり、円高が起こる可能性があります。

事件や災害で「有事の円買い」が起こるとき

日本円は安全資産と見られており、世界的な金融不安や紛争・災害などのリスクが高まっているときに、資産の逃避先として選ばれやすくなっています

これは「有事の円買い」「リスクオフ(リスク回避)の円高」などと呼ばれ、2001年の同時多発テロや2007年のリーマンショックのときには、円高が急速に進行しました。

また2011年の東日本大震災の際には、風説などの影響もあって、円は1ドル=76.25円という戦後史上最高値を付けました。

ただし、近年では有事においても円高にならない場面も見られるので注意が必要です。

東日本大震災時の為替変動

円安になりやすい政治・経済的要因

円安は、円高とは逆に、外貨の需要が高まっている、経済的・政治的不安が和らいだときに起こりやすい傾向があります。

以下に円安になりやすい要因を紹介していきますが、やはりこれらも「可能性がある」という話です。相場が必ずセオリーどおりに動くわけではないので注意しましょう。

アメリカで景気好転や利上げが行われたとき(以下はあくまでも一例)

アメリカで景気好転や利上げが行われた時の流れ

アメリカの景気が好転したと見られる場合や、政策金利が引き上げられたときは、米ドルの人気が高まるので、ドル高・円安になりやすいと言えます。

輸入増加などで円の供給が増えるとき

海外からの輸入増加で、日本円を外貨に換える動きが加速しているときは、円安傾向となります。

また海外企業の買収や工場建設が多くなされている場合も同様です。

政治・経済的混乱や不安が収まったとき

金融不安や紛争やテロなどの地政学的リスクが収まると、投資家たちはリスク選好(リスクオン)の姿勢となり、ローリスク・ローリターンの日本円を売ってハイリスク・ハイリターンの外貨を買うようになるため、円安になりやすいと言えます。

円高・円安どのタイミングでFXの取引をしたら良い?

FXでは、円高・円安いずれのタイミングで取引を始めても同じように取引チャンスがあります

たとえば、「1ドル=100円」のときにドルを買って「1ドル=102円」のときに売っても、「1ドル=100円」のときにドルを売って「1ドル=98円」のときに買っても、どちらも差額である2円分の利益となります。

ただし、円高(円安)がどこまで進むかは誰にもわかりません。自分の想定とは逆に相場が動けば損失になるので注意が必要です。

また、1外貨何円になれば円高・円安という基準は特になく、現在のレートからの変動により損益が決まるため、レートの動きを読むことも重要です。

このような相場変動を予想するには、過去のチャートをもとにパターンを読む「テクニカル分析」が役立ちますので、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

関連する記事を紹介

FXのテクニカル分析とは?基本13種類の見方を初心者向けに解説

テクニカル分析ってなに?テクニカル分析をする上で気をつけることは?FXで取引をする際、なんとなく上がりそうだから、下がりそうだから•••続きを読む

長期トレードの場合は金利差も考慮して取引の選択をすることが大事

スイングトレードや長期トレードといった、1日を超えてポジション(まだ決済していない通貨)を所有するスタイルの場合、売り・買いのどちらで新規取引を始めるかは、為替相場のほかに金利差も考慮する必要があります

日本円などの低金利の通貨を売って高金利の外貨を買えば、その差額分の利益を得られますが、逆に高金利の外貨売りから入った場合、金利差額分を支払わなくてはなりません。

これを「スワップポイント」といい、毎日のニューヨーク外国為替市場が閉まったあと(※)に、口座に加算または減算されるものです。

スワップポイントに関する詳細は以下の記事で解説しています。

※日本時間では午前7時、サマータイム適用時午前6時前後で、ニューヨーククローズ、NYCと呼ばれます。
関連する記事を紹介

スワップポイントとは?スワップ狙いの運用の仕組みを解説!

FXのスワップポイントってどういうものなの?FXならではの魅力、スワップポイント。この記事ではスワップ運用の特徴や、リスクの高い通•••続きを読む

日本円は低金利が続いているため、通貨ペアによっては買いポジションを保有すればプラスのスワップポイント、売りポジションの保有でマイナスのスワップポイントとなります。

よって、買いから始めれば金利差額分をもらえるのですが、売りから始めて長期トレードをする際は、日々金利差額分を支払うことになるので注意が必要。

デイトレード(日をまたがずに決済するトレード)であれば気にする必要はありませんが、長期トレードをするときは、各FX会社のスワップポイントの額を確認しておきましょう。

記事のまとめ

  • FX取引では円高でも円安でも同じ取引のチャンス
  • 売り・買いのどちらから取引を始めてもよいが、長期トレードの場合は金利差によるスワップポイントにも注意する
  • 外貨の需要が高まると起こるのが円安。円の需要が高まると起こるのが円高
  • 急激な相場変動の要因には金融不安、風説、重要経済指標の発表などがある

ARTICLE LIST入門編の記事一覧

RANKINGランキング

DMMFXのLPキャプチャ_SP
  • ドル円のスプレッドは0.2銭
  • 24時間LINEで問い合わせ可能
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1,000通貨から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • FX取引高8年連続国内第1位 (※1)
  • アプリもチャート上から発注可能
  • 最大33,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 高金利通貨ペアのスワップが高水準
  • 売り買いのスワップ差が0円
  • 最大53,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • オリコン満足度ランキング第1位
  • 1,000通貨に対応
  • 取り扱いペア数が豊富
詳細を見る

※1:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

SELECT無料診断

診断ページへ進む

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー