FX会社比較
  • B!
  • twitter
  • facebook

FX会社比較ランキング!初心者が口座開設すべき11社を12項目で解説

オススメのFX会社3社人気ランキング

FX会社
ドル円
スプレッド*
取引単位
月間取引高
(百万通貨)
詳細
GMOクリック証券
0.3銭
10,000通貨
689,000
詳細
DMMFX
0.3銭
10,000通貨
550,000*
詳細
ヒロセ通商
0.3銭
1,000通貨
264,000
詳細
総合力の高さNO.1はGMOクリック証券
・FX取引高5年連続世界第1位(2012年1月~2016年12月)
・初心者から上級者まで大人気のFX会社

取引コストを抑えるならDMMFX
・全20通貨ペアが業界最狭水準
・スプレッドの安定性も高い

*当サイト経由の口座開設申込数が多い順(対象期間:2017/1/1~2017/5/31)
*DMM.com証券の数値(DMMFXと外為ジャパンの合計) *スプレッドは全て原則固定
*月間取引高は矢野経済研究所「有力FX企業16社の月間データランキング-2017年4月-」に基づく

目次

17タイプ別でFX会社を比較!判断基準とおすすめ1社を紹介

「FXを始めたいけどどのFX会社を選べばいいのかわからない…」

このように思っている方は多くいると思います。

FX取引をする上でFX会社をどこにするかはとても重要です。

実は、FX会社はそれぞれ「強み」を持っています。

それぞれの強みを知り、自分がやりたい取引との相性を見ることでより自分にあった取引をすることができます。

注文機能面からFX会社を比較!

取引ツールで比較する|GMOクリック証券

GMOクリック証券キャプチャ
取引ツールの性能重視な人におすすめのFX会社はGMOクリック証券です。

GMOクリック証券の長所 GMOクリック証券の短所
・高機能チャート「プラチナチャートプラス」で他の人が気づかない売買チャンスを発見できる ・プラチナチャートで売買注文ができない
・1万通貨からの取引しかできない

判断基準

FX投資家にとって、取引ツールの性能はそのまま投資パフォーマンスにも及ぶことがあります。

充実したツールを使うことでより利益を多く上げることも可能となります。

長所

GMOクリック証券は、月間取引高が5年連続「世界第1位」というまさに業界トップのFX会社です。

多くの人が利用しているので安心して利用することができるのが大きいです。

パソコンで使用する「プラチナチャートプラス」という高機能のチャートがおすすめです。

「プラチナチャートプラス」は38種類ものテクニカル指標を使用することができます。

移動平均線や一目均衡表といったトレンド系の王道から、陰陽足、ケルトナーチャネル、オーサムオシレーター、ZIGZAGといったマニアックなものまで幅広く揃えています。

また、オシレーター系もMACD、RSI、ストキャスティックスから、オーサムオシレーター、A/Dラインまで初心者から上級者まで満足する機能となっています。

さらに、プラチナチャートプラスは、特に描画機能に優れています。

チャートにコメントを書き込めたり、レクタングルやトライアングル、フィボナッチという基本的なテクニカル分析は当然装備されています。

更に、ギャンラインや五角形チャートという他ではあまり見られないテクニカル分析も備わっており中上級者も納得の充実機能を備えています。

さらに、比較チャートという機能もあり、ドル円やユーロ円などの異なる通貨ペアを同一画面上に表示をして、比較をすることができます。

チャート分析の豊富さはそのままトレード戦略の幅広さにもつながります。

他社ではできない分析を多くすることで他社を利用していては気が付かなかった売買チャンスを発見できるかもしれません。

約定力で比較する|DMMFX

DMMFX
約定力重視な人におすすめなのがDMMFXです。

DMMFXの長所 DMMFXの短所
業界最狭水準のスプレッド ・スキャルピングなどの高速売買には厳しい

判断基準

FX会社によってはスプレッド幅が狭く見えても実際に注文すると注文ができず(リジェクト)、思い通りの取引が出来ないケースがあります。

そういったリジェクトを行わない約定力があるFX会社を選ぶことでとくにレート変動時に狙い通りのトレードをすることが可能です。

長所

DMMFXはカバーディーラーがおらず、他のFX会社と異なるカバー方法を採用しています。

そのため、早朝や相場変動時など、他社のスプレッド幅がワイドになる取引時間帯でも安定したスプレッドを提供することができ、かつ約定力の高さでも有名です。

FX口座数国内ナンバー1の実績もあり、大手の国内FX会社の一つです。

安心して取引をすることができます。

スマホFXツールで比較する|GMOクリック証券

GMOクリック証券キャプチャ
スマホで取引をしたい人におすすめのFX会社はGMOクリック証券です。

GMOクリック証券の長所 GMOクリック証券の短所
・パソコンに劣らないほどスマホアプリが優秀
・「スピード注文」でワンクリック注文ができる
・プラチナチャートで売買注文ができない
・1万通貨からの取引しかできない

判断基準

スマホの普及の波はFX業界にも押し寄せており、最近各社のスマホアプリの開発が進んでいます。

もはやスマホだけでトレードをしている人もかなりの割合で存在しており、パソコンと比較しても遜色ないレベルまで来ています。

スマホメインで取引がしたい人はそんなスマホアプリのツールが充実しているFX会社を選ぶことをおすすめします。

長所

「GMO-FX DASH」はテクニカル分析が数多く用意されている点が特徴的です。

まず、トレンド系は7種類の表示(単純移動平均線、指数平滑移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、平均足、スーパーボリンジャー、スパンモデル)が可能です。

さらにオシレーター系のテクニカル指標を表示することも可能です。

「GMO-FX DASH」では、MACD、RSI、DMI/ADX、ストキャスティクス、RCIの表示が可能です。

こちらもトレンド系、オシレーター系それぞれ設定値を自由に変えることが可能です。

それ以外に平行ライン(チャネルライン)や水平ラインのラインを描画することも可能です。

加えて、フィボナッチリトレースメントまで引くことができ描画機能でもパソコンに劣っていません

また注文機能も優れています。

スマホアプリ「GMO-FX DASH」には、「スピード注文チャート」という機能があります。

この機能を使えばスマホでもチャートを見ながら注文を行うことが可能です。

もちろんワンタッチで全決済も可能です。

そして、スマホから即時入金をすることもなので、FX口座に資金がなくてもスマホから入金をすればパソコンを介さずすぐに取引をすることができます。

短所

「1万通貨単位」からしか取引ができない点が短所です。

最近はより少額からの投資を売りにして、1,000通貨単位での取引ができるFX会社が増えてきましたがGMOクリック証券はまだ対応していません。

例えばドル円1万通貨の場合、1円動くと1万円の損益が発生します。

1,000通貨の場合は10分の1なので、より気軽に始めることができます。

ですので、より少額から取引をしたいという方には、向いていません。

さらに、最大注文数量が1注文当たり100万通貨までに制限されていることも短所です。

取引スタイルからFX会社を比較!

スキャルピングで比較する|ヒロセ通商

ヒロセ通商
スキャルピングを行いたい人におすすめのFX会社はヒロセ通商です。

ヒロセ通商の長所 ヒロセ通商の短所
スキャルピングに寛容 ・スプレッド幅が広がりやすい取引時間帯がある

判断基準

とくにスキャルピングと呼ばれる数秒から数分で新規と決済を繰り返すトレード手法が取引ツールの向上と各社の企業努力によりスプレッド幅が狭くなってきていることにより可能となっています。

ただ、このスキャルピングはFX会社のカバー取引に負担をかけるため、禁止しているFXを会社も多く、目立った取引をするとすぐにアカウントを凍結、口座の強制解約をさせられることがあります。

早い方だと口座開設の1日で解約させられたケースもあります。

長所

ヒロセ通商は「スキャルピングOK」と正式に謳っている会社で、堂々とスキャルピングを行えます。

社として公認してくれているのは投資家にとってはありがたいですね。

デイトレードで比較する|GMOクリック証券

GMOクリック証券キャプチャ
デイトレード目的の人におすすめのFX会社はGMOクリック証券です。

GMOクリック証券の長所 GMOクリック証券の短所
・使い勝手トップクラスの取引ツールはデイトレードにぴったり ・プラチナチャートで売買注文ができない
・1万通貨からの取引しかできない

判断基準

FX会社はそれぞれ独自の注文機能がありますが、人気のある使いやすい機能をそなえたFX会社を選ぶことをおすすめします。

まず、デイトレードを行うためにはチャートを見て適切なタイミングで注文をできる機能が欠かせません。

中長期のトレードとは異なり、操作性とスピードがなによりも重要になります。

長所

GMOクリック証券はスマホアプリのつかいやすさでも有名ですが、パソコン版はより高機能でデイトレードを本格的に行いたい方にぴったりです。

特に、はっちゅう君FXプラスは、GMOクリック証券の中でも最も使い勝手のよい取引ツールです。

はっちゅう君FXプラスには「スピード注文」という機能が備わっており、その名の通りスピーディーな注文が可能です。

新規・決済・ドテン・同一通貨ペアの全決済注文もすべて1クリックで操作することができます。

また、パソコンで行える「キーボードのショートカット機能」もおすすめです。

これを使えば、売買の注文、最大取引数量の変更をキーボードのショートカットキーだけで行うことができます。

これにより、マウスをつかった他のFX会社の取引ツールよりも格段に早く取引を行うことが可能になります。

FXのマーケットで1分1秒を争う場面は多々あるのでそんな中スピーディーな注文を可能にするこれらの機能はトレーダーの圧倒的な強みになります。

スイングトレードで比較する|外為オンライン

外為オンライン
スイングトレードを行いたい人におすすめのFX会社が外為オンラインです。

外為オンラインの長所 外為オンラインの短所
・自動売買ツール「iサイクル注文」は
スイングトレードで最も威力を発揮
・取引手数料が高い

判断基準

FX会社には短期取引や長期取引向きがありますが、中期取引に一番向いているのは バランスが取れているFX会社であることが求められます。

とくに中期取引では、自分のタイミングで売買を行う裁量取引以外にも自動売買を一部取り入れることでパフォーマンスが上がるケースがあり、そういったサービスも合わせて提供しているFX会社を選ぶことをおすすめします。

長所

外為オンラインの特徴的な点が「iサイクル注文」という自動売買のサービスを提供していることです。

iサイクル注文とは、リピート系注文といわれるものの一つで、複数のIFDOCO注文を入れ、設定した変動幅に合わせて自動発注を繰り返す注文方法です。

この注文方法を使えば、パソコンやスマホに張り付いて取引をしなくても、設定さえ行えば取引を行ってくれます。

さらに、自動的に行うので人間の戸惑いなどの感情が入ることもありません。

どうしてもトレードには不安や戸惑いなどの感情が邪魔をして、自分の決めたルール通りにトレードできないことがあるのが常ですが、自動売買はこの点を克服してくれます。

とくに、数日などのスイングトレードで威力を発揮するサービスなので、中期取引向きの方は裁量取引の他に組み入れることを検討したいです。

短所

ちなみに、iサイクル注文及びサイクル注文は、新規及び決済取引のそれぞれに取引手数料がかかるのでその点短所です。

例えばドル円であれば1,000通貨あたり20円の取引手数料がかかります。

他にもスプレッド幅がワイドであることが挙げられます。

例えばドル円、他のFX会社が0.3銭や0.4銭などの1銭を切るのが当たり前のなか、外為オンラインは原則1銭で配信しています。

外為オンラインの特徴

外為オンラインは、有名女優を使ったテレビCMも積極的に行っており、FX会社としての知名度はかなり高いです。

また、口座数は44万口座を超えている日本でもトップクラスのFX会社です。

さらに初心者向けセミナーが充実している点も特徴的です。

セミナーの内容もオンラインだけでなくオフラインを定期的に開催しており、対面で取引ツールの使い方などまで指導してくれるFX初心者にはとてもうれしいサービスです。

スワップトレードで比較する|ヒロセ通商

ヒロセ通商
スワップトレードを行いたい人におすすめのFX会社はヒロセ通商です。

ヒロセ通商の長所 ヒロセ通商の短所
原則固定のスワップポイント
により安定して稼げる
・スプレッドが広がりやすい取引時間帯がある

判断基準

スワップポイントとは、FX取引において取引する通貨間の金利差のことです。

金利を高い通貨を買う(金利の安い通貨を売る)ことで、決済するまで毎日スワップポイント(祝日、休日を含む)を受け取ることができます。

とくに高金利通貨と呼ばれるオーストラリアドルや南アフリカランドなどを長期で保有することでスワップポイントをコツコツ積み立てることができ、長期取引の中にはこういったスワップポイント狙いの投資家が多いです。

ですので長期取引をしようとしている方はスワップポイントが有利なFX会社を選ぶことをおすすめします。

長所

ヒロセ通商は高金利通貨(豪ドル円やNZドル円、南アフリカランド円)について、「原則固定」でスワップポイントを提供しています。

固定でスワップポイントを提供するのは他のFXサービスでは見られない珍しいサービスです。

主要通貨の買いスワップポイントを一例に挙げると、ドル円は1日20円前後、豪ドル円50円前後、南アフリカランド円150円前後です。
(1万通貨単位。南アフリカランドは10万通貨単位。)

このポイントは、他社と比較してもかなり高水準です。

よって長期取引には最適のFX会社といえます。

サービス面からFX会社を比較!

情報配信、勉強コンテンツで比較する|YJFX!

YJFX
独自情報配信、勉強コンテンツ重視の人におすすめのFX会社はYJFXです。

YJFX!の長所 YJFX!の短所
・勉強コンテンツ「YJFX!アカデミー」で初心者も安心
・独自のオンラインセミナーでマーケット情報を収集できる
・過去に情報漏洩事件を起こしており、リスク管理が必要

判断基準

現在FXの中には、お客さんの取引の手助けをしようとさまざまな為替の情報を発信している会社があります。

この分野は力を入れているFX会社とそうでないFX会社がはっきりしているので独自情報の配信目的の人は力を入れているFX会社を選ぶ必要があります。

また、口座開設は無料なので情報収集目的だけでそういった力を入れている会社数社に申し込みだけして口座開設者しか得られない情報収集をしている方も多くいます。

長所

YJFXはFX業界大手の中でも比較的マーケット情報の提供に積極的です。

有名な講師陣をむかえて、オンラインでの無料セミナーも多く行っております。

特に雇用統計や重要イベント前などのセミナーは人気で、ためになるマーケット情報を多く仕入れることができると評判です。

また定期的に著名なアナリストのレポートも配信しています。

さらに口座開設を行えばアプリ上で経済ニュースの詳細もチェックすることが可能です。

さらに、現役ディーラーがブログで初心者向けに情報を更新しています。

あまり会社のFXディーラーが公に情報を発信する会社がないので、珍しい取り組みです。

また、YJFXは公式ウェブサイト上に「YJFX!アカデミー」というコンテンツを提供しています。

ここから人気講師のオンラインセミナーやYJFX所属のアナリストのテクニカルやファンダメンタルズ記事を見ることができます。

これらは初心者にもわかりやすく伝えようとしているので勉強コンテンツが充実しているところで一から始めたいという人にピッタリです。

デモトレードで比較する|GMOクリック証券

GMOクリック証券キャプチャ
デモトレードから始めたい人におすすめなのがGMOクリック証券です。

GMOクリック証券の長所 GMOクリック証券の短所
使い勝手トップクラスの取引ツール
・デモトレードも充実
・プラチナチャートで売買注文ができない
・1万通貨からの取引しかできない

判断基準

充実しているツールをデモトレードでしっかり練習しておくことで、本番口座でも快適なスタートダッシュを切ることができます。

その上でツールが充実しており、デモに対応しているFX会社を選ぶことをおすすめします。

長所

上述のはっちゅう君プラスはパソコンの取引画面で業界トップクラスの使いやすさです。

さらにデモトレードも試せるので、その高機能ツールを仮想口座で思う存分練習することが可能です。

キャッシュバックキャンペーンで比較する|ヒロセ通商

ヒロセ通商
キャッシュバックキャンペーンを重視する人におすすめのFX会社はヒロセ通商です。

ヒロセ通商の長所 ヒロセ通商の短所
「ヒロセ通商=食べ物キャンペーン」と言われるほど豊富なキャンペーン ・スプレッドが広がりやすい取引時間帯がある

判断基準

FX会社は新規の顧客獲得や既存の顧客を離さないためにキャッシュバックキャンペーンを積極的に行っています。

口座開設したり、口座開設後の取引高に応じてさまざまなキャンペーンをしているところが多いです。

そんななかキャッシュバックキャンペーンを受けたい人はそんなキャンペーンを業界内で特に積極的に行っているところを選ぶことをおすすめします。

長所

もともとFXのサービスはスプレッド幅や取引ツールなど以外に他社となかなか差別化を図るのが難しいです。

ヒロセ通商は会社としてその点を理解しており、顧客に対してより豊富なキャンペーンを行うことで顧客満足度を上げようとしています。

新規口座開設キャンペーンはもちろんですが、特筆すべきは取引キャンペーンです。

期間限定で取引高に応じて商品をプレゼントするキャンペーンを積極的に行っています。

商品には、食料が多く、有名ラーメン店のラーメンや高級ステーキ、人気店の肉まんなど内容にもこだわりが見られるラインナップです。

普段から頻繁に取引をする方であれば条件達成は比較的容易であり、FXサービス以外の付加価値をFX会社に求める方にはかなりおすすめです。

実際専業トレーダーの多くもヒロセ通商で取引を継続しています。

頻繁に取引をするトレーダーは食べものに困らないほどのキャンペーンの恩恵を受けています。

こういったキャンペーンサービスはとくに30代、40代の男性に人気です。

頻繁に取引をしようとしている30代、40代の男性にはとくにおすすめのFX会社です。

「ヒロセ通商=食べ物キャンペーン」と言われており、その図式は特に中級以上のトレーダーの間で認知されています。

短所

通常は業界最狭水準のスプレッド幅で配信していますが、日本時間の午前2時から午前9時の間のスプレッド幅が広がりやすいのでその取引時間帯にも取引をしたい方は注意が必要です。

自動売買FXで比較する|インヴァスト証券

インヴァスト証券
自動売買をしたい人におすすめのFX会社は、インヴァスト証券です。

インヴァスト証券の長所 インヴァスト証券の短所
自動売買プログラム「シストレ24」で初心者も大きく稼げるチャンス! ・自動売買そのものの「とっつきにくさ」がある
・裁量取引では突出した点がない

判断基準

最近、多くの金融プロがアルゴリズムを用いた自動売買を行っています。

その流れは個人投資家にもあり、その流れを受けて各FX会社はさまざまなFX自動売買サービスを提供するようになりました。

自動売買の場合、裁量取引(自分で通貨ペアを買ったり売ったりすること)に比べて余計な心情が働かない点長所です。

FXはどうしてもこういった余計な心情にパフォーマンスを左右されてしまうことが多いので、そういった点を排除できることはパフォーマンスにプラスになる場合も多いと言われています。

ただ、自動売買は仕組みが複雑で初心者にはとっつきにくいという印象があります。

インヴァスト証券はFX業界でもトップクラスに自動売買に力を入れている会社です。

長所

インヴァスト証券の「シストレ24」は多数のストラテジーと呼ばれる戦略から自分に合いそうなものを組み合わせて自動で取引をすることが可能です。

また、シストレ24の場合は、他の多くのFX会社が提供するリピート系注文と異なりより複雑なストラテジーで運用が可能です。

リピート系だけでは難しい相場もこれらのストラテジーを使えば大きく利益を挙げるチャンスもあります。

さらにシストレ24はかなり初心者にも優しくわかりやすい取引画面ではじめやすいと好評です。

見方や専門的な用語もはじめはギョッとするかもしれませんが、一度覚えてしまえばそこまで難しいことではないのでご安心下さい。

短所

裁量のFXをある程度やってきている人にとってはそこまで敷居は高くありません。

しかし、そもそも「新規注文」と「決済注文」の違いが分からないレベルの初心者の方がいきなり自動売買に挑戦するのは少し敷居が高いかもしれません。

さらにインヴァスト証券は自動売買をするには機能も充実しておりいいFX会社ですが、裁量取引を行う上では際立った特徴のないFX会社です。

審査が短いORサポート充実で比較する|マネーパートナーズ

マネーパートナーズ
サポート力を重視する人におすすめのFX会社はマネーパートナーズです。

マネーパートナーズの長所 マネーパートナーズの短所
・口座開設の手続が最短翌日に完了
・夜11時まで電話での問い合わせが可能
・スプレッドが広くなる取引時間帯が長い

判断基準

FX取引をはじめるためには口座開設の審査を経る必要があります。

初めてで不安ではあると思いますが、審査の心配を払拭できる体制とすぐにFX取引を始めることができるサポート体制があるFXを会社を選ぶことでいいスタートダッシュを切れるはずです。

長所

マネーパートナーズは初心者にも優しいFX会社として有名です。

オリコンの顧客満足度調査でも「顧客満足度1位」に輝いています。

お申し込みはすべてウェブで完結します。

さらに入力フォームに従って入力していけば、約5分で終わります。

そして本人確認書類、マイナンバー書類をスマホのカメラなどで撮影して、お申し込みフォームからアップロードするだけです。コピーや郵送などは必要ありません。

また、マネーパートナーズは外貨の両替や仮想通貨にも積極的な会社です。

ドルやユーロを購入し、そのまま現物として受け取る「外貨両替サービス」ができることも可能です。

さらにポンドやスイスフラン、そして韓国ウォンや中国元も両替が可能なので、FXとしてではなく実際に海外旅行で通貨を使いたいという方にも大変便利です。

加えて、両替した通貨は空港での受取も可能です。

この外貨両替のサービスを利用すれば、銀行や両替所などよりもかなりお得に外貨に両替することができます。

短所

マネーパートナーズの短所は、取引をするにあたってスプレッドが広くなりがちなことです。

とくに早朝の流動性が低い取引時間帯や経済指標後のイベント時には、他のFX会社と比較しても広くなっていることが多いので注意が必要です

マイナー通貨取引で比較する|ヒロセ通商

ヒロセ通商
マイナーな通貨で取引したい人におすすめのFX会社はヒロセ通商です。

ヒロセ通商の長所 ヒロセ通商の短所
・通貨ペア50種類は業界トップクラス ・スプレッドが広がりやすい取引時間帯がある

判断基準

FXにはメインの通貨ペアであるドル円、ユーロ円、ポンド円以外にも、様々な国の通貨ペアを取引できるFX会社があります。

多くの通貨ペアを取り入れお客さんを呼び込もうとしているFX会社があるので、マイナーな通貨で取引をしたい人はそういったFX会社を選ぶとよいでしょう。

長所

取引通貨ペアは50種類に及び、この数は他社と比較しても圧倒的なトップクラスといえます。

今人気のトルコリラ円はもちろん、米ドルメキシコペソ、シンガポールドル円、米ドルポーランドズローチなど実に豊富でマイナーな通貨ペアを積極的に取り扱っています。

ただ、マイナーな通貨を取引するうえで注意が必要です。

マイナーな通貨ペアはそれだけ取引する人がいないことも多いです。

またその国の情勢が不安定なこともあり、レート変動が激しいこともあります。

実際ヒロセ通商では、メキシコペソ、ハンガリーフォリント、ポーランドズロチ、香港ドルについて為替変動の高まりからスプレッド拡大、取引停止などあり得るとのことで取引を控えてもらうよう推奨しています。

それでも、顧客の選択肢を広めるため他社がリスクを恐れて提供できていないこういったマイナー通貨の提供をするのはかなり顧客本位のサービスであるといえます。

短所

通常は業界最狭水準のスプレッドで配信していますが、日本時間の午前2時から午前9時の間のスプレッドが広がりやすいのでその取引時間帯にも取引をしたい方は注意が必要です。

ヒロセ通商の特徴

そもそもヒロセ通商とは大阪に本社があるFX専業の会社です。

ヒロセ通商のサービス名は「LION FX」で2016年3月、東証JASDAQに上場しました。

GMOクリック証券(GMOインターネット株式会社)やYJFX(ヤフー株式会社)のように親会社が上場している例はあるのですが、FX専業会社として上場しているFX会社はかなり珍しいケースです。

コスト面でFX会社を比較!

取引コストで比較する|SBIFXトレード

SBIFX

取引コストを低く抑えたい人に最適なFX会社はSBIFXトレードです。

SBIFXトレードの長所 SBIFXトレードの短所
・業界最狭クラスのスプレッド ・通貨取引数が大きくなるとスプレッドが変化する

判断基準

取引コストを抑えたい場合は「スプレッド」を重視します。

スプレッドとは、買値と売値の差の事です。

現在多くのFX会社は売買手数料がゼロ円になっているので、実質の取引コストはこのスプレッドのみとなっています。

たとえばスプレッドが1銭違うと100円の取引コストが余分にかかります。(レバレッジ25倍、1万通貨の場合)

「たった100円?」と思うかもしれませんが、短期トレードやスキャルピングの場合、このコストが積み重なると大きな差となります。

たとえばスキャルピングの取引の場合月に100回以上取引をすることもあります。

そうすると1万円の差となります。

長所

SBIFXトレードの魅力は、なんといってもそのスプレッド幅の狭さです。

ドル円のスプレッドは0.27銭であり、これは業界で実質トップクラスのスプレッドです。

多くの会社は0.3から0.4銭であるので、取引コストで考えるならSBIFXトレードがおすすめです。

短所

0.27銭で取引できるのは1万通貨までなので、それ以上になるとスプレッド幅がワイドになっていくというFX会社でも独特のプライシングをしています。

具体的には、50万通貨以下の場合は0.29銭、そして50万通貨より大きい場合は0.48銭となります。

50万通貨の場合のスプレッドだと逆に他のFX会社よりも割高となってしまいますので、ポジション数量を多めで取引をしたい方にとっては注意が必要です。

1000通貨(少額取引)で比較する|外為ジャパン

外為ジャパン
少額で始めたい人におすすめのFX会社は外為ジャパンです。

外為ジャパンの長所 外為ジャパンの短所
・1000通貨から取引可能のため少額で始められる ・突出したサービスがない

判断基準

少額で始めたい人が重視する項目すべき比較項目は「取引通貨単位」です。

取引通貨単位は各FX会社によって異なり、少額で始めたい人は取引通貨単位が少ないFX会社を選ぶことで資金を気にせずFX取引を始めることができます。

長所

外為ジャパンの長所は、1,000通貨という少額から取引が可能なことです。

また、外為ジャパンはDMM.com証券の傘下です。

DMMFXという業界でもトップクラスのサービスと同じ会社が運営していることで安心して取引が可能です。

つまりDMM.comは、外為ジャパンとDMM FXという2つのFX事業を行っているという関係にあります。

短所

総合的に過不足はないですが、他のFX会社のように何か抜きん出たサービスがない点が挙げられます。

その他の面でFX会社を比較!

学生で比較する|SBIFXトレード

SBIFX
学生におすすめのFX会社はSBIFXトレードです。

SBIFXトレードの長所 SBIFXトレードの短所
・業界最狭クラスのスプレッド ・通貨取引数が大きくなるとスプレッドが変化する

判断基準

時間がある学生に最適のトレード方法はスキャルピングなどの短期トレードです。

そういったトレードで大切になってくるのがスプレッドであり、狭ければ狭いほど取引コストがかからず有利になります。

長所

SBIFXトレードのドル円のスプレッドは0.27銭であり、これは業界で実質トップクラスのスプレッドです。

また、1万通貨までですが、大きな資金を持ちづらい学生にとっては十分なアマウントです。

さらに取引はなんと1通貨単位からも取引が可能です。

その他

最後に、IG証券、FXプライムについての特徴を解説します。
まずはIG証券について。IG証券は、海外を拠点とするFX会社です。

IG証券
IG証券の長所 IG証券の短所
最先端のサービスを受けられる ・スプレッドが広く、取引コストがかさむ

長所

また、IG証券は、日本で初めてApple Watchでトレードが可能なサービスを提供しました。

新しいことを次々行うので最先端のサービスを受けることができるのが長所です。

短所

短所はスプレッドです。

ドル円のスプレッドが原則0.6銭と他のFX会社よりも広く、取引コストがかかってしまいます。

ですので、スキャルピングなどの短期トレードには向きません。

次にFXプライムについて。

FXプライムbyGMO
FXプライムの長所 FXプライムの短所
スワップポイントが高いため、長期取引に向いている ・スプレッドが広く、取引コストがかさむ

FXプライムbyGMOは、その名の通りGMOクリックホールディングスの傘下の企業です。

もとは伊藤忠商事株式会社の子会社でした。

GMOクリックホールディングスはFXプライムの他に、ご存知GMOクリック証券もあります。

長所

珍しいトルコリラを扱っており、スワップポイントも高いので長期のスワップポイント狙いのトレーダーにとっては魅力的な点です。

また、ちょいトレFXという自動売買のサービスも提供しており、プログラムの知識不要で簡単にシステムトレードのストラテジーを作成することができます。

短所

業界のスプレッド競争に加勢していないため、ドル円のスプレッドが0.6銭と広いことです。

多くのFX会社が0.3銭や0.4銭なので短期間で頻繁に取引する方には取引コストがかさんでしまいます。

おすすめFX会社11社12項目徹底比較!

FX会社
レバレッジ
上場
米ドル/
円スプ
レッド
ランド/
円スワップ
通貨
ペア数
取引
通貨単位
詳細
GMOクリック証券
25倍
0.3銭
180円
19ペア
10000通貨
詳細
DMMFX
25倍
×
0.3銭
120円
20ペア
10000通貨
詳細
ヒロセ通商
25倍
0.3銭
150円
50ペア
1000通貨
詳細
外為ジャパン
25倍
×
0.3銭
120円
15ペア
1000通貨
詳細
インヴァスト証券
25倍
0.3銭
100円
27ペア
1000通貨
詳細
外為オンライン
25倍
×
0.3銭
50円
24ペア
1000通貨
詳細
YJFX!
25倍
0.3銭
130円
22ペア
1000通貨
詳細
マネーパートナーズ
25倍
0.5銭
120円
18ペア
1000通貨
詳細
SBIFXトレード
25倍
0.2銭7
(0.2銭9)
160円
26ペア
1通貨
詳細
IG証券
25倍
0.6銭
110円
90ペア
10000通貨
詳細
FXプライム
25倍
0.6銭
130円
19ペア
1000通貨
詳細
FX会社
スマホ
対応
自動
売買
デモ
売買
為替
ニュース
キャン
ペーン
注文
タイプ数
詳細
GMOクリック証券
×
3つ
最大
30000円
7種類
詳細
DMMFX
×
2つ
最大
20000円
6種類
詳細
ヒロセ通商
×
2つ
最大
10000円
14種類
詳細
外為ジャパン
×
×
2つ
最大
10000円
6種類
詳細
インヴァスト証券
×
4つ
最大
10000円
9種類
詳細
外為オンライン
×
3つ
最大
5000円
8種類
詳細
YJFX!
1つ
最大
27000円
14種類
詳細
マネーパートナーズ
×
×
4つ
最大
10000円
13種類
詳細
SBIFXトレード
×
×
3つ
500円
13種類
詳細
IG証券
×
3つ
最大
4000円
HP記載なし
詳細
FXプライム
×
3つ
最大
10000円
5種類
詳細

【FX会社6社徹底比較!】1000通貨で始めるならどのFX会社が良い?

目次 1000通貨でFXを始めるメリット・デメリット ・1000通貨のメリット ・1000通貨のデメリット 1000通貨取引のFX会社を選ぶ基準 ・スキャルピングの場合~スプレッドがポイント~ ・デイトレードの場合~取引…

続きを読む

FX会社を取引可能時間で比較!口座選びで重視すべき2つのポイント

「取引時間が長いFX会社ってどこなんだろう…」「そもそもFX業者を選ぶ際に、取引時間を考える事は重要なのだろうか?」 FX口座を開設して稼ごうと思ったら、FX会社の取引可能時間を把握しておくことも大切です。取引できない時…

続きを読む

FX会社3社をスワップで比較|実は同じ通貨ペアでも金利が全く違う

オススメのFX会社3社人気ランキング 目次 金利差で稼げるのか?仕組みと外貨預金との違いを解説 スワップポイントの仕組み 外貨預金との違い スワップ狙いでFX会社を選ぶ時に比較したいポイント3つ スワップの安定性を比較 …

続きを読む

FXデモトレード8社比較!非現実的な仮想資金の会社は避けよう

最初から本番で損したくないし、デモから始めようかな… FXには興味あるし稼ぎたいけど、初めから自分のお金を投じてFX取引をするのは損しそうな気がして嫌ですよね。 そんな方々に、デモトレードができるFX会社8社を、どのよう…

続きを読む

【厳選】FX初心者にオススメのキャンペーン3選!11社比較と特徴

「初心者におすすめのキャンペーンをやっているFX会社ってどこ?」 最近ではどのFX会社も「新規口座開設キャンペーン」を行っています。しかし、実はキャッシュバックをもらうためには条件があるため、金額だけにつられてしまうと「…

続きを読む

1000通貨のFX会社を比較|少ない資金で始める為の6つのポイント

FXは「レバレッジ」という仕組みを利用して少額で取引できるのが特徴であり、取引単位が小さければより少額で取引することが可能です。今では1000通貨単位(※例えば、米ドルなら1000ドル)以下で取引できるFX会社が主流とな…

続きを読む

海外FX業者を徹底比較

今回は海外FX業者について紹介いたします。 「英語もできないのに海外のFX業者で取引なんてムリ」「海外のよく知らない業者なんて不安」などと思って、取引を考えていないトレーダーの方、ちょっと待ってください!実は、海外FX業…

続きを読む

平均足利用可能な20のFX業者を比較。スプレッドが狭く、1000通貨対応のfx業者

平均足(コマ足)はFX業者によっては扱っていないところがあります。 平均足のスペック自体にはfx業者間の違いがないので、平均足でFX会社を選ぶ場合は、スプレッドやチャート画面など他の取引スペックの高いfx口座を選ぶとよい…

続きを読む

スプレッドの開きにくいFX会社はどこ?時間帯によっては大きく開く会社も

スプレッドは開くのはどんなとき?そして、なぜ開くの? スプレッドが開くのは主に、流動性が低下する時間帯やタイミングです。重要指標発表時にはFX業者各社から以下のようなメールが届き、スプレッドがが開く可能性があるとの旨を知…

続きを読む

約定力が高く経済指標発表時のトレードに強いFX業者2社を比較

このページでは主要な経済指標発表の際の大きなレート変動を狙って取引する際に、しっかり注文が通る約定力、約定率が高いFX業者を紹介します。 約定力や約定率の高さは実は調べれば分かる。 FX業者の約定率に関する客観的なデータ…

続きを読む

掲載会社一覧

GMOクリック証券

DMMFX

ヒロセ通商

  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • フォレックス.com
  • バイナリーオプションなら みんなのFX
  • ひまわり証券
  • GMOクリック証券
  • DMMFX
  • ヒロセ通商
  • SBIFXトレード
  • 外為ジャパン
  • インヴァスト証券
  • IGマーケッツ証券
  • 外為オンライン
  • マネーパートナーズ
  • FXプライム
  • YJFX!
  • フォレックス.com
  • みんなのFX
  • ひまわり証券
ページトップ