初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

ストキャスティクスすときゃすてぃくす

一定期間の高値、安値を使ったオシレーター系指標で、相場の現況が買われすぎなのか、売られすぎなのかを判断する。

1950年代に、アメリカのチャート分析家ジョージ・レーンによって開発された。考え方はRSIと似ているが、RSIが一本の線を使うものに対し、ストキャスティクスは2本の線を使って売買タイミングをあぶりだす。ストキャスティクスの基本となる線は、%K、%Dと呼ばれる2本のラインである。%Kは、一般的に日足なら5日間、週足なら5週間の期間をとり、0%~100%の間で指数化する。数値が70%~80%以上なら買われすぎ、20%~30%以下なら売られすぎとなる。%Dは、%Kの移動平均線で、一般的には3日間、3週間の期間が多い。この2本を使ったものがファスト・ストキャスティクスと呼ばれるが、上下の振り幅が大きすぎるため、ラインを滑らかにするために、SLOW%Dというものが使われる。SLOW%Dは、%Dの平均値で、3日間、3週間の期間が一般的。これは、%Kや%Dより遅効性があるが、ダマシが少なくなるといわれ、これをスロー・ストキャスティクスと呼ぶ。

チャートの見方は移動平均線と同じように、ゴールデンクロス、デッドクロスが用いられる。%D、SLOW%Dがともに20%以下の安値圏内で、%DがSLOW%Dを下から上に突き抜けると買いサイン、%D、SLOW%Dがともに80%以上の高値圏内で、%DがSLOW%Dを上から下に突き抜けると売りサインになる。

COMPANY LIST掲載FX会社一覧

  • DMMFXのロゴ
  • YJFXのロゴ
  • GMOクリック証券のロゴ
  • みんなのFXのロゴ
  • ヒロセ通商のロゴ
  • 外為どっとコムのロゴ
  • SBIFXのロゴ
  • 外為オンラインのロゴ
  • LIGHTFXのロゴ
  • インヴァスト証券のロゴ
  • IG証券のロゴ
  • マネーパートナーズのロゴ
  • マネースクエアのロゴ
  • 外為ジャパンのロゴ
  • FXプライムのロゴ

RANKINGランキング

DMMFXのLPキャプチャ_SP
  • FX口座数国内第1位!(※)
  • ドル円のスプレッドは0.2銭
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1,000通貨から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • FX取引高8年連続国内第1位 (※)
  • アプリもチャート上から発注可能
  • 最大33,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 高金利通貨ペアのスワップが高水準
  • 売り買いのスワップ差が0円
  • 最大53,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • オリコン満足度ランキング第1位
  • 1,000通貨に対応
  • 取り扱いペア数が豊富
詳細を見る

※1:2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ。DMMFXと外為ジャパンを合算した数値。
※2:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

SELECT無料診断

診断ページへ進む

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー