初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

PCEデフレーターぴーしーいーでふれーたー

個人消費支出デフレーターと訳され、英語ではPersonal Consumption Expenditure Deflatorと表記され、その頭文字を取ってPCEデフレーターと略される。アメリカ商務省が毎月末に発表する経済指標。

個人が、モノやサービスにどれだけ支出したかを示すもので、個人が消費した物価の変動を示す。消費者物価指数(CPI)と似ているが、CPIの調査対象が都市部の家計調査に基づいているのに対し、PCEデフレーターは、すべての個人と非営利組織が含まれ、より広い対象となっている。また、CPIがある商品の価格を対象にしている一方、PCEデフレーターは品目そのものを対象にしているため、より安い商品に消費が集まった場合、しっかり物価の下落方向へ反映されることになる。

2012年1月、FOMC(連邦公開市場委員会)がインフレターゲットを導入したとき、FRB(連邦準備理事会)は「PCEデフレーターで前年比2%の上昇率」を目標に設定した。このとき、FRBがはじめてPCEデフレーターの優位性を示したことで、PCEデフレーターが注目を集めることになった。

PCEデフレーターには総合指数とコア指数があり、FRBが重視するのは総合指数といわれているが、市場ではコア指数を注視しているようだ。コア指数は、すべての品目からなる総合指数とは違って、食料品とエネルギーを除いて算出されており、足元の物価動向を見極めやすいと言われている。コア指数が2%を超えてくると、利上げの期待感が高まる。

日本では、日本経済新聞社が発表する「日経ナウキャスト日時物価指数」(有料)がもっとも近い。

COMPANY LIST掲載FX会社一覧

  • DMMFXのロゴ
  • YJFXのロゴ
  • 外為どっとコムのロゴ
  • SBIFXのロゴ
  • GMOクリック証券のロゴ
  • ヒロセ通商のロゴ
  • みんなのFXのロゴ
  • LIGHTFXのロゴ
  • SBI FXα ロゴ
  • 外為ジャパンのロゴ
  • FXプライムのロゴ
  • インヴァスト証券のロゴ
  • マネースクエアのロゴ
  • 外為オンラインのロゴ
  • マネーパートナーズのロゴ
  • IG証券のロゴ

RANKINGランキング

DMMFXのLPキャプチャ_SP
  • ドル円のスプレッドは0.2銭
  • 24時間LINEで問い合わせ可能
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
yjfx 期間限定サイドバー
  • 1,000通貨から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
外為ドットコム サイドバー
  • FX情報量が豊富
  • 1,000~500万通貨まで幅広い取引に対応
  • 今なら最大106,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1通貨から取引が可能
  • スプレッドが業界最狭水準
  • 新規口座開設で500円キャッシュバック
詳細を見る
gmo サイドバー
  • FX取引高8年連続国内第1位 (※1)
  • アプリもチャート上から発注可能
  • 最大31,500円キャッシュバック
詳細を見る

※1:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

SELECT無料診断

診断ページへ進む

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー