初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

初心者にオススメのFX口座・会社比較|FX入門サイトエフプロ

虫眼鏡アイコン

ボリンジャーバンドぼりんじゃーばんど

1980年代前半、アメリカの投資家ジョン・ボリンジャーによって考案されたトレンド系のテクニカル分析。ボリンジャーバンドは移動平均線を利用したもので、相場の変動は移動平均線を中心とする変動幅に収まる確率が高いということを前提にされている。大きな相場であれば、次につける価格は直前の価格から離れて決まり、保ち合い相場なら同じような価格に決まるだろうと予想される。つまり、次の価格の変動範囲を過去の価格から予想する手法である。

ボリンジャーバンドは、移動平均線と標準偏差で構成され、移動平均線の上下に値動きの幅(ボラティリティ)を示す線が加わっている。もともとは統計学で使われていた手法(18世紀にフランスの数学者ド・モアブルが発見)を、ボリンジャーが相場テクニックに応用した。

標準偏差の単位であるσ(シグマ)を用いて、ボリンジャーバンドが描くラインを1σと呼ぶ。ボリンジャーバンドでは、アッパーバンド2(2σのライン)、アッパーバンド1(1σのライン)、ミッドバンド(移動平均線)、ロワーバンド1(-1σのライン)、ロワーバンド2(-2σのライン)の5本を使う。

下部バンドをサポートライン、上部バンドをレジスタンスラインとし、価格が下部バンドを下に抜けると買い、上部バンドを上に抜ければ売りとなる。

しかし、ボリンジャー自身は、価格が上部バンドを上に抜けたときは新しい上昇トレンドが発生したと考えて買い、下部バンドを下に抜ければ下降トレンド発生として売りに動くことを推奨している。

COMPANY LIST掲載FX会社一覧

  • DMMFXのロゴ
  • YJFXのロゴ
  • 外為どっとコムのロゴ
  • SBIFXのロゴ
  • GMOクリック証券のロゴ
  • ヒロセ通商のロゴ
  • みんなのFXのロゴ
  • LIGHTFXのロゴ
  • SBI FXα ロゴ
  • 外為ジャパンのロゴ
  • FXプライムのロゴ
  • インヴァスト証券のロゴ
  • マネースクエアのロゴ
  • 外為オンラインのロゴ
  • マネーパートナーズのロゴ
  • IG証券のロゴ

RANKINGランキング

DMMFXのLPキャプチャ_SP
  • ドル円のスプレッドは0.2銭
  • 24時間LINEで問い合わせ可能
  • 最大24,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1,000通貨から始められる!
  • 24時間対応なのでサポート体制万全!
  • 最大27,000円キャッシュバック
詳細を見る
外為ドットコム サイドバー
  • FX情報量が豊富
  • 1,000~500万通貨まで幅広い取引に対応
  • 今なら最大106,000円キャッシュバック
詳細を見る
  • 1通貨から取引が可能
  • スプレッドが業界最狭水準
  • 新規口座開設で500円キャッシュバック
詳細を見る
gmo サイドバー
  • FX取引高8年連続国内第1位 (※1)
  • アプリもチャート上から発注可能
  • 最大31,500円キャッシュバック
詳細を見る

※1:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

SELECT無料診断

診断ページへ進む

CAMPAIGNキャンペーン・特典

当サイト経由の申込で、キャッシュバックなどのお得な特典盛りだくさん。

  • DMMFXのキャンペーン
  • GMOクリック証券のキャンペーン
  • みんなのFXのキャンペーン
  • ヒロセ通商のキャンペーン
  • LIGHT FXのキャンペーンバナー
  • FXプライムのキャンペーンバナー